エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

「 初体験 」 一覧

no image

★女だから遭遇する悲しい出来事

 (長文)悲しい事件は1年前の11月、高校2年のときでした私の住むところや通っていた高校は都市部より離れていて、電車は単線で一両ないし朝は二両のワンマン電車だったんです当時、学校が終わるとそのまま塾に通っていたため帰りはほとんど最終電車の前、夜の9時半過ぎの電車を利用していました。 その日も普段と変わらない時間に電車に乗って帰宅していました。いつものようにわずか数人でほぼ貸切状態の車内でしたが…私は後

no image

美樹の白い三つ折りソックス

  2015/12/23    未分類 , , , , , , ,

皆さん三つ折りソックスって知ってますか?今でも売ってないわけではないし、履いている女性も全くいないわけじゃありませんが、おそらく今の若い人は知らないでしょう、でも俺と同じ年代(40代)なら知らない人はいないはずです。リブ付きの白いソックスで、伸ばして履けば…

no image

叔母との3P

  2015/12/22    未分類 , , , , ,

皆さんの刺激的なお話し興奮しました。変則的な出会いでのセックスは一生覚えているものですね。私もそのような体験がありますよ!田舎に行った時に亡くなった叔父さんの奥さんと夜中に・・・50代の未亡人は久しぶりのセックスにヨダレをたらしながら・・・オメコは濡れ濡…

no image

★SEXに不純で性欲な私

 高校2年の時に初体験を私は1つ上の先輩に奉げました。別に付き合っていた訳でもなく、その先輩を好きと言う訳でもありませんでした。ただその先輩の家に夜遅くまでいて、気づいたらHしていたという感じでした。 でも、そこからほとんど毎日のように先輩とHをしていました。回数を重ねれば、重ねるほど、私は先輩とのHにはまっていました。場所は、基本は先輩の家か私の家でした。休みの日に私服で出掛けるとホテルにも行きまし

no image

★SEXに不純で性欲な私

 高校2年の時に初体験を私は1つ上の先輩に奉げました。別に付き合っていた訳でもなく、その先輩を好きと言う訳でもありませんでした。ただその先輩の家に夜遅くまでいて、気づいたらHしていたという感じでした。 でも、そこからほとんど毎日のように先輩とHをしていました。回数を重ねれば、重ねるほど、私は先輩とのHにはまっていました。場所は、基本は先輩の家か私の家でした。休みの日に私服で出掛けるとホテルにも行きまし

no image

漫画喫茶でサボってたらサポった

  2015/12/21    未分類 , , , , , , ,

会社をサボって漫画喫茶でまったりしてたら、隣からジュポ!っと水っぽい音がした。おぉ!? っと思い、耳を澄ませてみると、隣の個室の客がフェラで楽しんでるらしい。普通座席の並びなのに、何と言うバカップル。実に羨ましい!! 正直、フル勃起ですわ。で、数分感ジュポられて…

no image

妻が職場の後輩に・

  2015/12/18    未分類 , , , , , , , ,

会社に入社し早8年が経ちます。元々仕事が遅い私は、職場の仲間からもドンくさいだの、ミスが多いと馬鹿にされていました。容姿も、カッコいいとは程遠い感じで、学生時代から目立たない存在だったかも知れません。そんな私も、先輩になる日が来ました。初めは、後輩達に教…

no image

うしろエッチ

  2015/12/18    未分類 , , , , , , ,

会社に出入りしている派遣の40代のおばさんと仲良くなり『 私は、Hの経験がない・Sex出来ない 』というのをベッドに行けば何とかなると思いホテルに誘った。ムスコの先っぽを唾液で濡らしたぐらいじゃ入って行かず風呂場のソープを塗り挿入しようとしても、何うしてもダメ。…

no image

★大学時代のチアガールのエロエロ思い出

 大学でチアをやっていた時の思い出です。体育会の先輩たちと、色々ありました。ふと思い出したので書かせてください。アメフト部の先輩との思い出。この先輩は、チアマニア。ある日、試合後にホテルで合流しました。私が試合のあとの汗をシャワーで洗い流している時、私のカバンからコスチュームを出して浴室に乱入。「なっ…何をするんですか…!?」と私が慌てるのを見てニヤリと笑い、有無を言わさずコスチュームを着けるように

no image

★私の初エッチはバイト先の先輩社員

 私の初体験は、バイト先の人でした。チェーン店のファミレスでバイトする事になった私の指導係りの社員の人が初めての相手です。そこは深夜2時まで営業してるので、帰る頃には3時過ぎです。 平日は学校に通っていたので「今からドライブ行かない?」と言われても断っていました。しかしあまりにも誘ってくるので、一緒にドライブする事にしました。朝までドライブして、人気のない所に車を止めて色々話してました。「眠いから