エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★若い女体を好きな様にして良いのだろうか

   

2015/02/04(水)
 新入社員の有希子は高校を出たばかりの18歳で、長い髪の清純無垢な美少女でした。それは半年前、酔っ払いに絡まれていたところを助けた女子高校生でした。半年振りの偶然の再会は、俺よりも有希子の方が感激が大きく、声を掛けようか迷っているうちに有希子の方からアプローチをかけてきました。

 断る理由などありません。こんな清純派の美少女を手に入れられるのは、私レベルの男では今後ありえないと思いました。私は入社2年目の23歳でした。
 私は高校2年生の秋に塾の40歳の講師と初体験して、高校卒業まで女を教え込まれました。その影響で年上好きとなり、大学時代前半は27歳のOL、後半は旦那が単身赴任の35歳の人妻と付き合っていました。従って有希子は初めての10代で初めての年下、そして初めての処女でした。

 付き合い始めて3ヶ月、7月の初め、海へのドライブの帰り、思い切ってラブホテルに誘いました。下を向いて小さな声で「はい」と有希子は答えました。お城のような外観のホテルは、天蓋つきのベッドでした。恥ずかしそうに顔を真っ赤にしている有希子のバスローブを脱がせ、白くか細い体をお姫様抱っこしてベッドまで運んだのです。

 ほとんど無毛に近い薄い陰毛の下に縦に一本の溝がありました。何もはみ出ていないそれをゆっくりと拓けば、そこには眩い白桃の神秘が覗けました。舌先で膣穴を味わうと、ピクンと有希子が反応しました。まだ包皮から完全に出ていない小豆を舌先が触れるか触れないかのタッチで転がしました。

 今度はビクッと反応しました。まだ幼さが残る清純無垢な体に、年上の女性達から仕込まれた前戯をたっぷりサービスしました。「有希子のココ、綺麗だね、可愛いね…」有希子は羞恥と快感で大洪水になったばかりでなく、相当感じているらしく両手でシーツを握り締めて体全体を硬直させていました。

 きっと、必死で声が出るのを我慢していたのでしょう、小豆を少し吸いながら転がしたら「はうっ」とついに声を漏らしました。そろそろ入れ頃と、立膝になって有希子の目の前に晒したチンポを見て、有希子はゴクリと唾を飲み込みました。恐る恐る右手の中指で亀頭に触れて、そして上目遣いで私を見上げ、何かを察してペロペロ舐めました。

 一応、知識としてはフェラを知っていましたが、咥えて舌で舐めあげたり唇で扱くようなことは知らず、ひたすらペロペロ舐めていました。でも、清純な美少女がチンポを舐める姿だけで十分でした。ゆっくりチンポを有希子の中へ入れました。長い前戯でヌルヌルの膣はよく潤滑してスルン!と入りました。

 破瓜の瞬間「んー」と唸りました。「痛いかい?」の問いには何度も健気に首を横に振りました。俺にしがみついて目と口をギュッと閉じていた有希子の表情が次第に緩み、やがて口を半開きにして「はあはあ」と息が荒くなりました。そして、破瓜の証でベトベト感があった膣内が再びヌルヌルになり、ついにブジュブジュっと嫌らしい音をたてました。

 私は、処女は痛がって上手く出来ないと聞いていたので耳を疑いましたが、その音は、熟女が感じて腰を振るときに良く聞く音と一緒でした。少し体を浮かせて有希子を見たら、有希子は完全に感じて虚ろな目をしていました。そして私の腰の動きに合わせて「あ、あ、あ、あ」と声を出し始め「はあうー」と身を捩りました。

 汚れなき美しい美少女が見せる性の快感を享受する姿に俺が限界となり、有希子のお腹に勢いよく射精しました。強烈な快感とともに、それは有希子の顔まで跳びました。大量ではないものの、顔に精液がかかったのにもかかわらず有希子はただボーっとしていました。私はティッシュペーパーで有希子の体と顔を拭いてやりました。

「セックスって、素敵なことね・・」虚ろな目で有希子が呟きました。シーツには直径50cm以上の染みが出来ていて、深紅のグラデーションになっていました。有希子は、処女喪失から感じました。これ以降、有希子は俺がベッドへ誘えば生理でない限り断ることはなありませんでした。

 有希子は3回目のセックスであっけなく逝きました。でもそれは、挿入前、前義のクンニで逝ったのでした。当然、挿入後には、身を捩って綺麗な顔を快感に歪めてもう一度逝きました。付き合って1年が過ぎた頃には、有希子は「はあぁーん、あんあん、あぁーっ!あぁーっ!」と快楽を解放してセックスを堪能するようになりました。

 もちろん、シャワーを浴びて清らかな衣を纏えば、清純な美少女に戻りました。私と深い交際をしていることなど知らない職場の連中は、有希子を処女だと疑っていなかったでしょう。性の悦びを完全に知ってしまった有希子は、私に抱かれるために自分から私のアパートを訪ねることも珍しくありませんでした。

 それは、生理が来る前のことが多く、私は有希子の生理周期が至って正確なことに目をつけ、処女喪失一周年の記念に、合意の上で初中出しをしました。有希子は、膣の中に注がれた熱い精液を感じて、「うあぁぁ~」と叫んで白目を剥きました。「ぐふぅ・・」と深呼吸して、普段逝くより疲れた様子でグッタリとなりました。有希子の膣穴から白濁液がこぼれました。

 この1年、週に3回、4回、休日は朝から晩までヤリまくった有希子の縦溝からは、ツブ貝の刺身のようなビラがはみ出ていました。ビラが発達していくに従い、有希子の体は感度を増していきました。交際も2年が過ぎ、有希子は20歳になり、私と有希子は結婚を考えるようになったのですが、別れは突然、些細なことで訪れました。

関連記事

↓他のHな体験談を見る


 - 会社員の体験談 , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★どんくさい新人女性と何時の間にか

 四月から入って来た新人(まきちゃんとする)を一人受け持つ事になって教えてるんだけど、覚えは悪くないが鈍くさい。初めて女の子を指導する事になったから、女の子はこんなもんかと思いながら、やってたんだけど他の女の子を受け持つやつに聞くと、どうやら人一倍どんくさいみたい。 金曜日も仕事が終わりきらなくて、残業だったんだけど、最後は俺とまきちゃん二人になって、連休は実家に戻る予定だったから早く帰りたくて、

no image
★慰安旅行での悪夢な事

 数年前の慰安旅行のときのお話です。その年は、混浴で有名な温泉旅館に行きました。旅館に着いて宴会までの空いた時間に各自温泉に浸かりのんびり過ごしました。宴会が始まり、お酒の弱いあきは、なるべく断るようにしていたんですが・・そこは上司から注がれるお酒・・なかなか断れず、飲み進めているうちにかなり酔ってしまったようで、 男性社員の膝を枕に寝てしまいました・・。目を覚ますと・・男性社員の何人かがあきの顔

no image
★外資系の客室乗務員と至高のSEX

 恵美と知り合ったのはメールでだった。アメリカ在住、44歳、外資系の客室乗務員をしているとのことだった。写真が好みだったのでアプローチしてみたら、見事返事があったのだ。それでもアメリカ在住なら、日本で会うチャンスはないだろうと思いながら、やり取りをしていた。 スラッっとした体型はとても44歳にはみえず、ましてや子供がいるとは思えない清潔感漂う女性に見えた。写真からは笑顔が素敵だったので、さわやかな雰囲

no image
★育ちの良い美しい令嬢の女体はつる肌

 俺三十代既婚、彼女二十代独身。彼女、目パッチリ鼻筋通って唇ぽってりの、まあ所謂超美人。髪の色が結構明るいので、夜見ると銀座の高級クラブのお姉さんに見えなくもない。こんないい女なのに彼氏なし…何故かと言うと、父が同じ旧財閥系企業の元役員という事もあり、なかなか皆手を出しづらいようだったから。 見た目は凄いんだけど、育ちが良いのか中身は結構素朴で感じの良い女の子だった。ある飲み会の二次会、既に大半は

no image
★社員旅行でコンパニオンとエロ体験

 もう、だいぶ前ですがある会社で社員旅行が企画されました。都内に8営業所あり年中無休なので一同に集まるのは不可能で、一つづつ交代で実施する事に。酒が飲めない私は幹事に任命されました。女性事務員のいない、10人の小さい営業所です。マイクロバスの手配から旅館の予約、観光地の見学予定と慣れない幹事の仕事をこなし当日を迎えました。 バスの中からみんな、飲み始め楽しい旅行となりました。旅館に到着し宴会が始ま

no image
★女性社員に懲戒解雇を覚悟して挿入

 体験としてはたいした話じゃないけど、俺にとってはものすごい出来事だったので ぜひ読んで欲しい。俺の会社は夏と冬に飲み会があるのだが、今年の夏の飲み会のことを話します。某居酒屋の3階で行われた夏の飲み会。総勢36名の飲み会で結構な人数だった。 俺の職場は責任者が一人と、その他の社員が5名、あとはパートとアルバイトで成り立っていた。俺は恥ずかしながら22歳でフリーター。社員5名のうち3名が女子で、そのうちの

no image
★体育祭で不良ヤンキー達に妻が

 私はごく普通の会社員32歳、妻は30歳。中学生の息子が居ます。私達夫婦は高校生の頃の先輩後輩の仲で、早くにいわゆる出来ちゃった婚をしました。妻は三十路に突入したものの、まだ見た目は20代前半に間違われるほど若くて美人です。つい先日、子供の中学校で体育祭がありました。 私はビデオカメラを持って息子の勇姿を撮影しようと気合充分です。妻は体育祭だと言うのに動きやすい格好ではなく、短めのスカート穿いて気合充分

no image
★同期入社の女性の枕借金に・・

 同期入社の美希から、昼休みに呼び出された。第三会議室、二人きり。美希はとうとつに「お願い。お金貸して」と私を拝んできた。聞けば、数日前、出会い頭に車をぶつけてしまい、相手の男から55万円の修理費見積もりを突き出されたそうだ。美希とは知らぬ仲ではない。入社7年。同期同士の仲良しグループから始まって、二人で飲みにいったこともある。正直、好きになりかけたこともある。 だが、彼女は別の男を選び、私たちは

no image
★今年の夏の出来事の一つでエロ話

 私は37歳の会社員です。結婚して10年、小学校1年の娘が1人おります。2〜3年前から妻がチャットを始めるようになり、特定な人と私に隠れてメールのやり取りをし始め、それが私に見つかって「もう2度としません」と約束したのは1年位前でした。  そして、8月15日のこと・・朝の早い時間に妻の携帯からYahooメールを何気なしにチェックしてみたら、そこには妻の不倫相手A(以後Aと呼びます)との赤裸々なやり取りが残されていました

no image
20年ぶりに再会した女性とラブホテルへ

 私は40代、金融関係の会社でお客さまサポートの仕事で管理職をしています。昨年、あるリストのお客さまにお詫びの電話を入れる仕事がありました。普段は私は電話をかけることはないんですが、急ぎだったので、全員で手分けすることになり、わたしもリストを手にとりました。そのリストには大学時代につきあっていた美枝と、住所は違いますが同姓同名で生年月日まで同じ人がいました。