エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

友達と銭湯で…2

   

※『友達と銭湯で…』を知らずとも読めます※

俺・Tは友達Iと銭湯にやってきた。
それも友達Iの入浴料金までおごって。
オマケに忙しい平日の夜に。まあ明日は休日だが。

純粋に「何故その忙しい平日の夜に、銭湯へ?」となるであろう。
こんな掲示板に書き込むくらいだから察しがいい人は気付いたであろう。
そう、身体を癒すためである。じゃなく友達Iのチンポを見るために決まっている。

俺とIは、脱衣場に入った。
俺「それじゃあ入ろうか!」
とうとう拝めるぞチンチン。

俺が上着を脱いでいる間にIはスッポンポンになった。
Iはタオルでチンポを隠さずスグ銭湯へ入ってしまった。
僅かしか見えずだったが、俺は小さなドリチンを確認した。

俺は、タオルでチンポを隠し銭湯へ入る。
時間は流れ、サウナに入ることになった。
このサウナ、2人しか入れないほど狭い。
俺は先に入り、タオルで隠すのをやめた。
そして、チンポと金玉を前に出し座った。

Iはサウナに入り座るなり、俺のチンポを見てきた。
I「くそっ・・・」
Iがチンポの大きさで悔しがっているのが分かった。
俺「どうしたの?」
I「何でもないよ」
Iのチンポを見た。俺より倍小さなドリルチンポだ。
俺のチンポの長さ・太さに負けているのは一目瞭然。
俺「I君、アソコの大きさ気にしてる?」
I「そうだよ・・」
俺「俺も小さいし気にする事じゃないよ」
I「は?小さい?」
Iの左手で俺は両手を抑えられ、右手で俺のチンポを掴まれた。
I「お前罰ゲーム」
俺「何するの!!」
チンポが硬くなる。ビンビンに立った。この状況じゃ当たり前?
I「くそっ・・・」
Iのチンポもビンビンに立った。残念ながら俺の平常時並みだ。
I「こうしてやる」
Iは手こきを始めた。
俺「離してよ!!あっ」
I「何だよ今の声・・・」
Iは手こきを続けた。コシコシコシコシコシコシコシコシコシ…
俺「んっ、やめて、あんっ」
Iは構わず続けた。コシコシコシコシコシコシコシコシコシ……
俺「あっ、許してごめ、んっ」
Iは構わず続けた。コシコシコシコシコシコシコシコシコシ……
俺「あっ、あっ、んんん〜!」
ドピュ。俺は射精させられた。
I「ざまあみろ。」
俺「負け惜しみ。」
俺は左手でIの両手を抑え、右手でIのチンポを掴んだ。
Iのドリルチンポは小さく、手の中に収まってしまった。
俺「今度はそっちの番だね。」
I「いいよ。これでお互い様だな。」
俺は手こきを続けた。コシコシコシコシコシコシコシコシコシ…
I「んっ」
ドピュ。Iは射精した。ドリルチンポな上に早漏なのか…

この日Iはどのステータスにおいても俺に勝ってない事が判明。
ただ一つ、太さはIが上だったかもしれない。また二人で勝負したい。

※『友達と銭湯で…』を知らずとも読めます※

俺・Tは友達Iと銭湯にやってきた。
それも友達Iの入浴料金までおごって。
オマケに忙しい平日の夜に。まあ明日は休日だが。

純粋に「何故その忙しい平日の夜に、銭湯へ?」となるであろう。
こんな掲示板に書き込むくらいだから察しがいい人は気付いたであろう。
そう、身体を癒すためである。じゃなく友達Iのチンポを見るために決まっている。

俺とIは、脱衣場に入った。
俺「それじゃあ入ろうか!」
とうとう拝めるぞチンチン。

俺が上着を脱いでいる間にIはスッポンポンになった。
Iはタオルでチンポを隠さずスグ銭湯へ入ってしまった。
僅かしか見えずだったが、俺は小さなドリチンを確認した。

俺は、タオルでチンポを隠し銭湯へ入る。
時間は流れ、サウナに入ることになった。
このサウナ、2人しか入れないほど狭い。
俺は先に入り、タオルで隠すのをやめた。
そして、チンポと金玉を前に出し座った。

Iはサウナに入り座るなり、俺のチンポを見てきた。
I「くそっ・・・」
Iがチンポの大きさで悔しがっているのが分かった。
俺「どうしたの?」
I「何でもないよ」
Iのチンポを見た。俺より倍小さなドリルチンポだ。
俺のチンポの長さ・太さに負けているのは一目瞭然。
俺「I君、アソコの大きさ気にしてる?」
I「そうだよ・・」
俺「俺も小さいし気にする事じゃないよ」
I「は?小さい?」
Iの左手で俺は両手を抑えられ、右手で俺のチンポを掴まれた。
I「お前罰ゲーム」
俺「何するの!!」
チンポが硬くなる。ビンビンに立った。この状況じゃ当たり前?
I「くそっ・・・」
Iのチンポもビンビンに立った。残念ながら俺の平常時並みだ。
I「こうしてやる」
Iは手こきを始めた。
俺「離してよ!!あっ」
I「何だよ今の声・・・」
Iは手こきを続けた。コシコシコシコシコシコシコシコシコシ…
俺「んっ、やめて、あんっ」
Iは構わず続けた。コシコシコシコシコシコシコシコシコシ……
俺「あっ、許してごめ、んっ」
Iは構わず続けた。コシコシコシコシコシコシコシコシコシ……
俺「あっ、あっ、んんん〜!」
ドピュ。俺は射精させられた。
I「ざまあみろ。」
俺「負け惜しみ。」
俺は左手でIの両手を抑え、右手でIのチンポを掴んだ。
Iのドリルチンポは小さく、手の中に収まってしまった。
俺「今度はそっちの番だね。」
I「いいよ。これでお互い様だな。」
俺は手こきを続けた。コシコシコシコシコシコシコシコシコシ…
I「んっ」
ドピュ。Iは射精した。ドリルチンポな上に早漏なのか…

この日Iはどのステータスにおいても俺に勝ってない事が判明。
ただ一つ、太さはIが上だったかもしれない。また二人で勝負したい。

 - 未分類 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
風俗店の性感マッサージの体験

 2年前独身の私は、溜まってくると鴬谷の性感マッサージ等の風俗店で遊んでいました。平日の昼間の仕事時間中でしたが、駅近のラブホから雑誌広告で選んだ店に電話して、好みの女性を指名して待つ事15分。やって来ました。勃起ものの熟女ケイコさん(推定45歳、160センチ、バスト85、ヒップ90かな?AVに出てきそうなスケベ目線のすごい人)大きなボストンバッグからバイブやスケベな下着やレオタードなんかを引っ張り出してき、てソ

no image
★人妻ですが見られる覗かれる快感に濡れます

 おはようございます。昨日の午後から初出勤しました。主人が見立てた洋服で行きました。ブラは半カップブラ(おっぱいを持ち上げる様なレース物で乳首は丸見え)パンティーは(レースで真ん中が割れてる物)に上はブラウス、下は裏地の無いフレアーのミニスカートです。 主人の部屋に机が用意されていました。小さい会社ですが社長室です。上にコート羽織り事務所に行き社長室に入りました。事務所には、専務と事務の男の子が二

no image
部活動で乳首

バスケで中3の時、千幸ちゃんという子がいました。かなり可愛くて、それなりに胸もありました。そのとき、彼女の乳首を見れるとは思っていませんでした。筋力トレーニングに手押し車というのが有ります。ウチはコレを坂道でします。いつも斜めうしろから女の子の胸を見るんで…

no image
義姉の秘密

嫁さんの姉さん、まだ独身なんで家に良く泊まりに来る。30代後半なんだけど、結構キレイでスタイルも良い。嫁より数段上。そんな事もあり、泊まりに来る日は風呂場の脱衣所に盗撮カメラを仕掛けていた。その日は俺が先に風呂に入り、脱衣所にカメラをセットし出てきた。そし…

no image
受付嬢とのこと

史織が妊娠したらしいと聞いたので思い出を買いてみる。自分は某複合施設に勤めていて、史織はそこの総合受付にした。色白でたれ目気味、おっとしたお嬢様という感じだった。その年の四月に勤務を始めて、半年以上はこれといって接触があるわけではなかった。朝には挨拶を交…

no image
変態プレーにはまっているわたし・・・

わたし(仮名・カナ)は現在28歳のOLです。普通に付き合っている彼氏もしますし、そろそろ結婚も、と考えたりもしています。ただ、普通に結婚して上手くやって行けるのだろうか?と心配も多いのです。それは、わたしが今の彼とのSEXで満足していないからです。彼は真面…

no image
★風俗の裏バイトに足を踏み入れた告白

 私は、結婚五年目の33ですが、最近の不況により旦那の収入が激減し、パートだけでは苦しくなり、未経験の風俗勤めをしました。たまたま、同窓生の知り合いが風俗店を経営していたので、思いきって相談してみたんです。 知り合いの店と言うのが不安というか、躊躇したのですが、風俗とか水商売とかに無知な私は、知らない店で働く方が不安だったのと、前に紹介された時に働かないかと誘われてもいたんです。知り合いと言っても、

no image
ある訪問販売をしている24歳

 私はある訪問販売をしている24歳です。大学卒業して半年して、この会社の求人を見つけて 入社しましたが。それから、3か月の研修を受けて、実践の訪問販売するまでまさか、大人のおもちゃの 会社とは気づきませんでした。3ヶ月間は、社会人のマナー・営業の基本を教…

no image
息子のアレにチョット興奮

■息子のアレにチョット興奮(主婦の告白) 今年の8月頃、夜中の2時過ぎころふと目を覚ましました。息子(1浪)が夜遅くまで勉強中でしたので、コーヒーでも入れてあげようかと階段中ほどまで下りて1階の廊下を見渡しました。お風呂場の更衣室の電気が煌々と点いており、何故かドアーは半開きです。息子(一浪)が風呂から上がっているような気配です。その時は別に悪る気はなく軽い気持ちでしたが、そっとドアーの側まで近寄り

no image
★年増のパンテーラインに興味津々  

 僕はおばさんの大きなお尻に小さいパンティーラインが大好きです! 僕はある小さな雑居ビルの2階にある居酒屋でバイトをしていますが、3階にはスナックが入っていて50歳ぐらいのママさんと30歳ぐらいの女性が働いていて、まあぼちぼちはやっているみたいで、いつも7時ごろ店にやって来ます。 その店の50歳ぐらいのママさんは、ややふっくらしていてお尻も大きく90センチ以上あってとても魅力的で、しかもいつも白いスラックスや