エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

少女愛美?

   

?少女愛美?-2?
Bは少女の股間に顔を埋めた。
『い、いやぁーーーー!やめてやめてぇ』
B『ガキのオメコはたまらんのう!』
『いや!いや!』
Bは顔をあげると指で弄り始めた。
『ひぃっ!やめてっ』
B『ほれ、ここがいいやろ』
少女の体がビクッと震えた。
『やめて…』
執拗に指でいじくるB。
『いや…いやっ』
B『さすがにまだ濡れたりしいひんな』
C『無理ですよ』
B『ま、ええわい。それはお前に任せるわ。おい、撮影係!ちゃんと映せや』
A『はいよ』カメラがBの股間によっていく。勃起したペニスから我慢汁が滴っている。しかも、ペニスに何か埋めたのだろう、いぼいぼがてでいる。
B『後で出来なくなったら大変や』Bは自分のペニスにローションを塗り、少女の陰唇にも塗った。
少女は泣き続けている。
多分、これからされる事がわかっているのだろう。
Cから逃げようと暴れている。
B『あきらめ、お嬢ちゃん。いたいんははじめだけや』
Bは少女の脚を肩にかけてペニスをあてがうと腰を落とした。
『あ!キャアアーーイヤー』
ローションのおかげか、Bのペニスがズブズブ少女の中に入ってゆくアップが映る。
『痛いっいたぁーい。いやあ!いたいいたいっ』
少女の悲痛な叫び。
B『うぉきっついでー!たまらんわ』
カメラがひいて、Bは担いだ少女の脚を下ろし、くのじに曲げて大きく開いた。Bがゆっくり腰をグラインドする。痛みに顔を歪め、のけ反る少女。
『んぐ、痛いっ痛いーっいやだー!ヤメテェ!』
腰の動きを速くするB。ローションがヌプクチュとリズムを刻む。
『痛いよー痛いよー』
B『痛いんは初めだけや。そのうち、チンポ欲しくてたまらんようになるわ!ガキでもヒーヒーヨガリ声あげるようになるで!おうったまらん!』
『ひぎぃぃ!痛い……痛いよう』
じゅぷじゅぷいやらしい音、少女の泣き声。
B『このガキ、なかなか、ええオメコしとるわ!このために一週間我慢したんや。ふぅ、たっぷり出させてもらうでぇ!』Bの腰の動きが速くなった。
『いやーー!いたいっ!動かないでっ!いたいぃぃ』
B『久々に濃いのだすさかいにな!!孕むかもしれんで!うぉーー!』Bの腰の動きが止まり、痙攣する。Bは少女の小さな胸を両手で揉みながら、呻いた。
『いやあ!』
B『おぅっ!おぅっ……』二、三度腰を振るB。
『うぇぇーん』号泣する少女。Bが少女から離れた。
B『ふぅ。あとたのむで。慣れたらまた呼びや。今度はヒーヒーヨガらせたるさかいに』Bはペニスをティッシュでふきながら画面から消えた。
少女は開いたままの脚を閉じようともせず、号泣した。股間から破瓜の血と精液のまじったものがしたたりでて、マットにも血が滲んでいた。
??完?

?少女愛美?-2?
Bは少女の股間に顔を埋めた。
『い、いやぁーーーー!やめてやめてぇ』
B『ガキのオメコはたまらんのう!』
『いや!いや!』
Bは顔をあげると指で弄り始めた。
『ひぃっ!やめてっ』
B『ほれ、ここがいいやろ』
少女の体がビクッと震えた。
『やめて…』
執拗に指でいじくるB。
『いや…いやっ』
B『さすがにまだ濡れたりしいひんな』
C『無理ですよ』
B『ま、ええわい。それはお前に任せるわ。おい、撮影係!ちゃんと映せや』
A『はいよ』カメラがBの股間によっていく。勃起したペニスから我慢汁が滴っている。しかも、ペニスに何か埋めたのだろう、いぼいぼがてでいる。
B『後で出来なくなったら大変や』Bは自分のペニスにローションを塗り、少女の陰唇にも塗った。
少女は泣き続けている。
多分、これからされる事がわかっているのだろう。
Cから逃げようと暴れている。
B『あきらめ、お嬢ちゃん。いたいんははじめだけや』
Bは少女の脚を肩にかけてペニスをあてがうと腰を落とした。
『あ!キャアアーーイヤー』
ローションのおかげか、Bのペニスがズブズブ少女の中に入ってゆくアップが映る。
『痛いっいたぁーい。いやあ!いたいいたいっ』
少女の悲痛な叫び。
B『うぉきっついでー!たまらんわ』
カメラがひいて、Bは担いだ少女の脚を下ろし、くのじに曲げて大きく開いた。Bがゆっくり腰をグラインドする。痛みに顔を歪め、のけ反る少女。
『んぐ、痛いっ痛いーっいやだー!ヤメテェ!』
腰の動きを速くするB。ローションがヌプクチュとリズムを刻む。
『痛いよー痛いよー』
B『痛いんは初めだけや。そのうち、チンポ欲しくてたまらんようになるわ!ガキでもヒーヒーヨガリ声あげるようになるで!おうったまらん!』
『ひぎぃぃ!痛い……痛いよう』
じゅぷじゅぷいやらしい音、少女の泣き声。
B『このガキ、なかなか、ええオメコしとるわ!このために一週間我慢したんや。ふぅ、たっぷり出させてもらうでぇ!』Bの腰の動きが速くなった。
『いやーー!いたいっ!動かないでっ!いたいぃぃ』
B『久々に濃いのだすさかいにな!!孕むかもしれんで!うぉーー!』Bの腰の動きが止まり、痙攣する。Bは少女の小さな胸を両手で揉みながら、呻いた。
『いやあ!』
B『おぅっ!おぅっ……』二、三度腰を振るB。
『うぇぇーん』号泣する少女。Bが少女から離れた。
B『ふぅ。あとたのむで。慣れたらまた呼びや。今度はヒーヒーヨガらせたるさかいに』Bはペニスをティッシュでふきながら画面から消えた。
少女は開いたままの脚を閉じようともせず、号泣した。股間から破瓜の血と精液のまじったものがしたたりでて、マットにも血が滲んでいた。
??完?

 - 未分類 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★今は女と無理やりでもやりたい盛り

 昨日俺は彼女とやった。やったというか、俺が無理やり倒してやった。俺は1人暮らしで昨日は彼女が俺の家に来る事になっていた。朝の10時。「ピンポーン」げんかんのベルがなった。俺は急いでドアを開けた。彼女が居て笑っていた。その笑顔で俺は勃起してしまった。 彼女が家に入ると、とっさに俺は抱きしめた。「我慢できねぇ、やろうぜ・・」俺は言った。「だめだよ!まだ来たばっかなのに・・」彼女が言った。俺は彼女の言

no image
妻が混浴で密着されて性器を…

隣の湯船にいたワニ男。しばらくは妻を眺めているだけでした。しかし。「よいしょっと」男はそう言いながら、隣の湯船から体を出すと…何と我々の湯船に、入って来ました。「えっ…?」思わず、自分も妻も、目が点です。妻はあまりのことに、つい笑ってしまいました。あまり…

no image
フィギュアスケーター明日香

女子C学生のフィギュアスケーターの明日香。私立女子C学のフィギュアスケート部の部長として後輩の面倒見も良く、人望も厚い。練習終了後も部員が帰った後も、コスチュームのまま控え室で明日の計画を立てる明日香。そこへ乱入するデブ女不良たち。理由も告げられぬまま、…

no image
★ゴミを出すわずかの時間に入られ・・

 結婚二年32歳で妊娠5ヶ月の主婦です。実は、まだ主人には切り出せなくて話していないんですが、4日前にいつものように朝主人を仕事に送り出し、ゴミを集積場所に捨てに行ってるほんのわずかな時間に鍵をかけ忘れた玄関から、暴漢に入られ待ち伏せされレイプされました 本当に不意を突かれてしまって抵抗すらできませんでした、相手は見たこともない年配の白髪まじりの背の高い男で、短めの果物ナイフを持っていて(妊娠して

no image
もう時効だから言うけど女子小学生と性器をいじりあった話する

当時、大学生だった俺はボランティアをやっていて小学生のチームをまとめる役だった少年ボランティア隊(仮称)を引率して、山登りをしながら、山のゴミを拾おうという企画があった初日はホテルに泊まって、翌朝出発して、ゴミ袋を持って登山するというのもだった夜は小学生が…

no image
真夏の夜の夢[13]

 マサルは私たちに背中を向け、掛け布団をギュッと抱きかかえるようにして眠っている。背中は豆電球のオレンジに照らされ、焼き立てパンのようにこんがりして見えた。細い腕は日焼けのせいか他よりも濃いオレンジで、何とも言えないほどセクシーなかたちに折れ曲がっている…

no image
★犯してやろう~と言う妄想を・・

 俺には同じ職場にセックスフレンドがいる。名前は、仮にK子としておこう。もともとアパートが近いので、仕事が終わってから一緒に飲みに行ったりすることが多かったので、そのうちにハメ友達になった。去年、短大を卒業して俺の職場に採用された21歳で、結構な美人。芸能人に例えるなら、永作博美似のちょっとロリ入った娘だ。 で、二週間くらい前に、違う部署の友人達三人で俺のアパートで飲み会をやった。友人二人は、あま

no image
★兄貴の嫁は俺がエロした女だった

 兄貴が婚約者を家族に紹介した。相手は、自分が高校時代に何回か寝たことがあった女だった。当時、隣県の不良が集まる高校に下宿して通っていたが、そこのボス格の女だった。気分によって俺を含む3~4人の子分にもお裾分けがあった。自分の童貞はこの女によって失った記憶がある。 婚約者の方もなんとなく分かった様子だったが、その場では2人とも黙っていた。式が終わって、1月ほど経ってから兄貴の新婚家庭を一人で訪れた

no image
再会 4

部屋に戻る時も一度入ったのに“入っていい?”とまた聞く彼女。入っちゃ駄目とこの期に及んで言う男がいるか!当然“あぁいいよ”と答える俺。そして“自分の部屋だと思っていいよ 遠慮は本当に無用”と言うとこの日何度目の微笑だろうか、素敵な表情を見せてくれた。部屋…

no image
屈辱の診察(3)

先日、どうも足の付け根あたりがかゆくなり、皮膚科に行ってきました。とりあえず、足の付け根周辺だったので、短パンでいきました。もともと、その医者では以前に胸と背中のあたりにニキビのようなものがたくさんできたことがあり、通っていた病院でした。前回通院してから…