エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

新婚生活の夜

   

?妻が誘いかけてくれた夜?
ともに童貞と処女が一緒になった新婚夫婦だった。
その新婚生活を送った家は、駅前の呉服屋さんの離れで、
八畳と三畳に狭い台所で、風呂はなかった。
その八畳和室で、毎晩、妻の肌と交あわせる新婚生活が始まった
僕が、眠りかけていると
「ねえ…、もう眠ったの…?。背中を掻いて欲しいの…!」
と妻が問いかけてきた。
僕はそれに応えて妻の背中に手を回した。
僕は妻の背中を掻くうちに男は昂振り、その我慢は限界に達した。
僕は妻のからだを仰向けにし、浴衣の合わせ目を拡げてその柔肌に触れ、
激しく妻と互に愛撫しあい、そしてからだを繋いで呆気なく果てた。
結婚して女の悦びを次第に知りつつあった妻が、
眠りかけた僕の寝姿を見て、熱くうずくような女の性欲の昂ぶりが抑えきれずに、
妻は「背中を掻いて…」と、暗に僕に性行為を誘いをかけた初めての夜だった。

?ガリ刷の好色雑誌?
その頃は現在のように氾濫する性描写の雑誌はなかった。
性描写を数枚のガリ版刷りにまとめた好色物語がある程度で、
それを友達から借りて帰った。
更紙に謄写された好色物語を借りた僕は、
寝床で腹這いに伏せて妻と一緒にそれを拡げ読んだ。
ささやかな好色物語りではあったが、二人とも黙ってそれに目を通すうちに
二人はその物語によって次第に性欲のるつぼの中に誘い込まれていった。
僕は、妻のヒップに掌を当てて擦り、そして太腿を擦った。
ゴムに手をかけパンティをずらし柔らかいヒップに直に触れ
盛り上がったお尻の谷間を更に下に進むと、
背後からアヌスを抜けて柔らかな肉襞に辿り着いた。
そこはすでに潤んでいた。
妻も熱くうずくような性の欲望が昂ぶっていると思った。
僕は妻のからだをゆっくりと仰向けにさせた。
仰臥した妻のショーツを刷り下げ両足から抜き取ると、
何もつけていない女の下半身が布団の中に曝さらされた。
全裸にされた下半身が肌触りの良い布団に触れて
女の性欲を更にもり立ているようだった。
妻はされるままに身体を僕に任せていた。
僕は太腿を拡げさせて性器を愛撫し、
固くなった肉棒を挿し前後に抜き差しすると
妻の肉壁が凄い圧力で肉棒に絞り込みをかけてきた。

?深夜に妻の手が?
僕はよく眠っていた。
僕は、腿の当たりや陰茎の辺りに甘い感触を夢うつつの中に感じ、快い快感を覚えてた。
夢の中で誰かわからぬ女の人の肌に触れ、触れられ、握られ、刺激を与えられている。
腿や陰茎にしっとりと重みが加わり、
ちらちらと快美な炎が、太い腿の内側をはい上がってくる。
解けるような素晴らしい快い感覚が伝わってきた。
「もっと強く…!」と夢心地に願う快い感触を感じ、その快い快感に浸ってた。
自分の陰部が熱く疼いてくるのを感じその快感が極点に達し我に帰って目が覚めた。
気が付くと、妻の手が僕の陰茎をブリーフの上から揉んでいる。
その陰茎は鋭く硬く太くなっている。
僕は寝たふりを続けた。
妻の手が陰茎をパンツの上からなぞっている。
僕のものは固くそびえ立ち、さらに強い刺激を欲しがっていた。
やがて妻の手が僕のパンツのゴムに架けられ、下げられ、陰茎が取り出さた。
直立した陰茎が上下に緩やかにしごかれた。
僕はもう我慢ができなくなった。
僕は、乾いた獣のように横臥して妻のからだにしがみついてた。
豹のように妻の泉え掌を伸ばしていき、弾けるような妻の太腿を拡げ、そこ割りこみ、
自分の固いものを妻の柔らかいその部分を目掛けて挿し込んでいった。
あまりの昂ぶりに、妻の柔肉に触れただけで吐精していった。
妻から誘ってくれた夜だった。
結婚して五ヶ月が過ぎた新婚二十六歳の妻が、
男から受ける性の快感を知り始め、女の性欲が燃えだしたことを物語っていた。
明くる晩、
妻と抱き合ってお互いに愛撫しているとき、妻はそのときのことを、こう話してくれた。
「あなたと一緒になって半年、毎晩性行為に誘われ、
あなたによって女の性の昂ぶりを感じ、
その悦びを覚えるようになってたの…。
昨日の夜は、眠りにつけなかったし、からだは火照って仕方がなかったの…
あなたは横で軽いいびきを掻いて眠っているし、
自分であそこに指を当て擦り柔らかく揉んでみたが、
女の昂ぶりは治まるどころかますます昂ぶったの…。
女から手を差し出すということは賎ないし恥ずかしいと思ったが、
私にはもう我慢できなかったの…。
高鳴る胸の鼓動を押さえ、勇気を出して手を伸ばしたの…。
パンツ越しにあなたのものに触れてみたが
あなたのあれは柔らかく、ぐにゃぐにゃしていたが、
少し揉み続けるとその反応は早く
それは見る見る太さを増し、固さを増してきたの…。
男のものはこんなに素早く反応し変化するものかとビックリしてたの…」
と、そのときの心境を語ってくれた。
それを聞いた僕は妻の体をがむしゃらに強く抱きしめて、
呆気なく果てた。

?妻が誘いかけてくれた夜?
ともに童貞と処女が一緒になった新婚夫婦だった。
その新婚生活を送った家は、駅前の呉服屋さんの離れで、
八畳と三畳に狭い台所で、風呂はなかった。
その八畳和室で、毎晩、妻の肌と交あわせる新婚生活が始まった
僕が、眠りかけていると
「ねえ…、もう眠ったの…?。背中を掻いて欲しいの…!」
と妻が問いかけてきた。
僕はそれに応えて妻の背中に手を回した。
僕は妻の背中を掻くうちに男は昂振り、その我慢は限界に達した。
僕は妻のからだを仰向けにし、浴衣の合わせ目を拡げてその柔肌に触れ、
激しく妻と互に愛撫しあい、そしてからだを繋いで呆気なく果てた。
結婚して女の悦びを次第に知りつつあった妻が、
眠りかけた僕の寝姿を見て、熱くうずくような女の性欲の昂ぶりが抑えきれずに、
妻は「背中を掻いて…」と、暗に僕に性行為を誘いをかけた初めての夜だった。

?ガリ刷の好色雑誌?
その頃は現在のように氾濫する性描写の雑誌はなかった。
性描写を数枚のガリ版刷りにまとめた好色物語がある程度で、
それを友達から借りて帰った。
更紙に謄写された好色物語を借りた僕は、
寝床で腹這いに伏せて妻と一緒にそれを拡げ読んだ。
ささやかな好色物語りではあったが、二人とも黙ってそれに目を通すうちに
二人はその物語によって次第に性欲のるつぼの中に誘い込まれていった。
僕は、妻のヒップに掌を当てて擦り、そして太腿を擦った。
ゴムに手をかけパンティをずらし柔らかいヒップに直に触れ
盛り上がったお尻の谷間を更に下に進むと、
背後からアヌスを抜けて柔らかな肉襞に辿り着いた。
そこはすでに潤んでいた。
妻も熱くうずくような性の欲望が昂ぶっていると思った。
僕は妻のからだをゆっくりと仰向けにさせた。
仰臥した妻のショーツを刷り下げ両足から抜き取ると、
何もつけていない女の下半身が布団の中に曝さらされた。
全裸にされた下半身が肌触りの良い布団に触れて
女の性欲を更にもり立ているようだった。
妻はされるままに身体を僕に任せていた。
僕は太腿を拡げさせて性器を愛撫し、
固くなった肉棒を挿し前後に抜き差しすると
妻の肉壁が凄い圧力で肉棒に絞り込みをかけてきた。

?深夜に妻の手が?
僕はよく眠っていた。
僕は、腿の当たりや陰茎の辺りに甘い感触を夢うつつの中に感じ、快い快感を覚えてた。
夢の中で誰かわからぬ女の人の肌に触れ、触れられ、握られ、刺激を与えられている。
腿や陰茎にしっとりと重みが加わり、
ちらちらと快美な炎が、太い腿の内側をはい上がってくる。
解けるような素晴らしい快い感覚が伝わってきた。
「もっと強く…!」と夢心地に願う快い感触を感じ、その快い快感に浸ってた。
自分の陰部が熱く疼いてくるのを感じその快感が極点に達し我に帰って目が覚めた。
気が付くと、妻の手が僕の陰茎をブリーフの上から揉んでいる。
その陰茎は鋭く硬く太くなっている。
僕は寝たふりを続けた。
妻の手が陰茎をパンツの上からなぞっている。
僕のものは固くそびえ立ち、さらに強い刺激を欲しがっていた。
やがて妻の手が僕のパンツのゴムに架けられ、下げられ、陰茎が取り出さた。
直立した陰茎が上下に緩やかにしごかれた。
僕はもう我慢ができなくなった。
僕は、乾いた獣のように横臥して妻のからだにしがみついてた。
豹のように妻の泉え掌を伸ばしていき、弾けるような妻の太腿を拡げ、そこ割りこみ、
自分の固いものを妻の柔らかいその部分を目掛けて挿し込んでいった。
あまりの昂ぶりに、妻の柔肉に触れただけで吐精していった。
妻から誘ってくれた夜だった。
結婚して五ヶ月が過ぎた新婚二十六歳の妻が、
男から受ける性の快感を知り始め、女の性欲が燃えだしたことを物語っていた。
明くる晩、
妻と抱き合ってお互いに愛撫しているとき、妻はそのときのことを、こう話してくれた。
「あなたと一緒になって半年、毎晩性行為に誘われ、
あなたによって女の性の昂ぶりを感じ、
その悦びを覚えるようになってたの…。
昨日の夜は、眠りにつけなかったし、からだは火照って仕方がなかったの…
あなたは横で軽いいびきを掻いて眠っているし、
自分であそこに指を当て擦り柔らかく揉んでみたが、
女の昂ぶりは治まるどころかますます昂ぶったの…。
女から手を差し出すということは賎ないし恥ずかしいと思ったが、
私にはもう我慢できなかったの…。
高鳴る胸の鼓動を押さえ、勇気を出して手を伸ばしたの…。
パンツ越しにあなたのものに触れてみたが
あなたのあれは柔らかく、ぐにゃぐにゃしていたが、
少し揉み続けるとその反応は早く
それは見る見る太さを増し、固さを増してきたの…。
男のものはこんなに素早く反応し変化するものかとビックリしてたの…」
と、そのときの心境を語ってくれた。
それを聞いた僕は妻の体をがむしゃらに強く抱きしめて、
呆気なく果てた。

 - 未分類 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
おばさん

いとこのヒロキ君のところに行った。ヒロキ君の家の裏のボロアパートにきれいな女の人がいます。ヒロキ君と道端で遊んでたら、その女の人に声をかけられました。二人でその人の部屋に上がりました。けっこう暑い日だったんでジュースを出してくれました。パソコンのゲームと…

no image
元風俗嬢の嫁と寝取られ生活29

あれだけ衝撃的な動画を見せつけられて、髪型や服装まで変えられ、指輪まで取り替えられてしまって、望んでいた以上の状態になった。ただ、圧倒的な敗北感と、焦燥感が襲ってきていたが、嫁は前にも増して俺に対してラブラブに接してくるようになった。とにかく子犬のように…

no image
犬をつかって

愛子年令 : 18告白内容 :  初めて投稿します。実は、私は犬を使ってオナニーしているんです。私の高校は女子校なので知識だけは豊富に得られます。それで、バター犬のことを知ったときに興味本位でやってみて、それからずっと続いています。今ではバターなんか塗らなくても…

no image
★PCから始まったSMへの入門

 バレンタインに旦那にチョコをプレゼントしたんですが、こんな事になるとは思いませんでした。最近、自宅にPCを購入したんですが旦那には隠れてSMのコミュニティーを利用していました。そこで知り合った一人の男性とメールのやり取りをしていてのが旦那にばれてしまったみたいです。 不味い事がその男性とのメールの中に私の隠していた性癖を暴露していたんです。私は旦那にはナイショにしていたんですが、SMに昔から興味があ

no image
★痴漢されやすい私の妄想

 満員電車に乗ると痴漢される確率が多く最近癖になってきて、電車に乗るときはヒモパンや生地の薄いやつをはいてて、実は昨日痴漢された。もちろん、満員電車で、隅っこ出はないのに、いきなり、パンツ上から触ってきたら、興奮してしまい、簡単に濡れてしまい、しかも生地が薄いから、濡れてるのはもちろんばれる。 だから、また次の駅で人が入ってきたら、わざと隅っこになるように、私を押し、また扉がしまったら、パンツの中

no image
★45歳ですがアレがしたくて我慢ができません

 30才で結婚して15年…現在45才になる専業主婦です。こぶ付き(2人男兄弟で、現在は24才と22才独立してます。)の、当時37才(現在52才)の人と結婚したので、私には出産経験はありませんので、今は旦那と二人暮らしです。52才で旦那のアソコは、糖尿病で 役に立たなくなってしまっています…。 私は45才ですが、まだまだしたいのに…。なので、私の結婚直前まで不倫関係でしたが、付き合っていた元彼に15年振りに連絡してしまいました

no image
八つ熊村

ぷち修羅場話?彼…30ちょい過ぎオタクだけどがっちり体型で俺様風味自称皆の兄貴な性格私…30成り立てオタネラー16の時に彼と出逢い十代辺りは付き合っていたその後はつかず離れず友人以上セフレ未満実際はかなり彼好キー今はちょっと中距離関係ロり子…27成り立て私の次に彼と付き…

no image
リクルートスーツの女子大生との体験談

 俺 大阪、♂、当時30既婚、営業。163/70 三瓶を少しだけ普通に近づけた感じ。相手 兵庫、♀、22 某有名私立大学生(就活中)、彼無。写メは菅野美穂。ノリがよさそうなので いきなりメールを送ってみる。就職活動中で履歴書の書き方に悩んでいるというので、社会人ヅラして添削してあげる約束。

no image
忘年会で数人の男達の餌食になる妻

以前、妻が社員旅行で廻された話をしました。    (妻と一緒に行った社員旅行で淫らな写真を撮られていた)今回は、忘年会での出来事です。前にも書きましたが、妻は無類の酒好きで、ただ酒は大歓迎!何処にでも出かけ酒を飲みます。酒を飲むだけで済むんなら良いんです…

no image
★海外を周っていた時のエロな話

 当時20歳の自分は東南アジアを中心に色々な国を周っていました。特に理由はなかったのですが、ただ漠然と行ってみたいという衝動に駆られ、1ヶ月程ですが初めて一人で海外に出ました。 右も左もわからずに空港から放り出された時はどうしようと思いましたが、意外とどうにかなるもので3日も経てばゆるい感じで旅をしている自分がそこにいました。さて、旅にも慣れてきた所でタイのバンコクからチェンマイまでナイトバスを使