エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★こんな処女喪失なんて屈辱です

   

★こんな処女喪失なんて屈辱です

 私はつい最近までバージンでした。友達にはみんな彼氏がいるのに、私にはいません。好きだと言ってくれる人はいたのですが、いかにも体目当ての男ばかりでその気になれませんでした。それがこんなに恐ろしい形でバージンを失うことになるなんて想像もしていませんでした。大学2年の夏、携帯に電話がかかってきました。

「ある方から文化祭のミス大学の推薦をもらったのですが、出来ましたら、今から投票用の写真を撮らせていただけませんか?」と言うことなので、快くお受けしました。近くの喫茶店で待ち合わせをし、スタジオに連れて行かれました。スタジオと言っても、プレハブの建物の中にカメラなどの機材が置いてあるだけですが、写真館のような大きなバック紙がぶら下がっていて、まさに撮影用の部屋に見えました。
 そこで数枚の写真を撮った後「次は服を脱いで」と言われました。私は聞き間違いだと思い「えっ、」と聴きなおしました。するとカメラの男が、「脱げって言ってんだよ!」とドスのある声で脅しました。少し恐くなってじっとしていると、4人の男が近寄ってきて「じゃぁ、脱がしてやるよ」と言って一気に襲い掛かりました。

 あわてて必死になって抵抗しましたが、両手に手錠をかけられ、お腹を何度も殴られ、苦しくてのたうち回る事しか出来ません。ついには下半身を全部脱がされ、右足首と右手首、左足首と左手首を手錠でつながれ、両脚を屈辱の形に開かれたまま、4人の男の指が何本も体に入ってきて、恐ろしい勢いで膣をまさぐりました。私は痛さのあまり泣け叫びました。「助けてください、許してください」と。股間から血が流れる感触がしました。


「お高くとまってるんじゃないぜ、佳代子!」と私の名前を呼び捨てにしながら、カメラを回している男がいました。「おい、カメラを代われ、まず俺からだ」男がズボンを脱ぎ覆いかぶさってきました。もう何が何だかわからなくなっていました。カメラの回る音と、携帯のシャッター音とストロボだけが、恐怖でした。

歯を食いしばり目を閉じて悪夢の時間が過ぎ去るのを我慢しようとしましたが、涙が止まりません。「オオーッ」と言う雄たけびは、やっと一人目の男の終了でしかありませんでした。二人目、三人目、四人目、五人目と、どんどんエスカレートしていきました。4本の指を入れられたり、

 お尻にコーラの瓶を突っ込んだままセックスさせられたり、クリトリスに洗濯ばさみを挟んだまま犯されたり、3人に体を持ち上げられて女性上位のセックスをさせられたり、卵形をした小さなバイブレーターを複数個スイッチを入れたまま入れられて、苦しくてのた打ち回る姿をカメラで撮られ続けました。


 一番の屈辱は、鼻をつままれ、口の中に一気にウイスキーの小瓶を流し込まれた「もう一度、皆さんのオチンチンで私をイカシてください。満足できるまで中で出してください。妊娠させてください、と言え!。言わなければ、殺すぞ!」と脅かされ、その通りに口にさせられました。そして、男が果てそうになると「行く、出して」と言わないと、鼻からウイスキーを流し込まれるのです。屈辱でした。5人の男たちに再び犯されながら「イク、出して、お願い」と言わなければならなかったのです。

 5人が終わると、今度は縛られたままでモニターを見せられました。屈辱どころか死にたくなりました。股間からは、精液と血がとめどなく流れているのに、脚を閉じることも許されません。モニターを見ていると男たちはまた興奮してきて私を襲います。そしてまたカメラを回しながら、「もっと激しく、もっと強く、もっとイカせて」と言わせるのです。


 それからと言うもの男たちは、毎日のように入れ替わり、私のマンションにやってきては私を抱いていきます。ある男は、テレビにあの屈辱の光景を映し出しながら犯し続けます。あれから2年、幸いにも妊娠は避けられました。就職も決まりました。何とかこの地獄の状態が終了することだけを願っています。

 - 痴漢・強姦・セクハラ , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
主人の同僚の人に強引に連れ込まれ

 34歳、結婚して9年になる専業主婦です。友人の家にお邪魔していた時に、友人のご主人の同僚の人が来られていました。お互い自己紹介して、4人でお茶しながら二時間程話しました。ご主人の同僚は体格が良く、精悍な顔つきで紳士な方でとても好感の持てる人でした。旦那は残業で帰りが遅くなる日でしたがあまり遅くなってはいけないと思い、5時には自宅に戻れるように友人宅を出ました。

no image
★簡単なアンケートで簡単に犯されました

 高校の時、道端で声をかけられ「化粧品の簡単なアンケートで10分くらいで終わる」って言われたのでついて行ったら小さいビルの一室に案内されて、(そこにはいくつかのイスと簡易テーブルしかなかった)「ここで待っててね」と言われてそのあと4人くらいの男性が入ってきて私をひょいっと、 テーブルの上に寝かせてスカートをまくられて、パンティ脱がされて、チューブ入りの(今思えばローション?)なにかよくわからないネタ

no image
嫌いだった家庭教師に襲われたエッチ体験談

 はじめまして。私は二十歳の大学生です。高校1年生の時、当時大学生の家庭教師がいました。いつもさりげなくボディタッチしてきたり、私は胸が小さいのですが(ちょうどBカップぐらい)服の上から胸を見て「くみちゃんのおっぱいってかわいいよね」とかセクハラ発言をしょっちゅうしていました。度重なるセクハラに嫌気がさし私は彼が大嫌いになっていました。

no image
★深夜の女性の一人での外出は・・

 夜2時ぐらいに急ぎの用事があって、自転車しか足なかって悩んでたら、マンションの駐輪場で溜まっている後輩のビックがキー刺しっぱになってた。 直ぐに返す積もりでノーヘルで無免でチョイ乗りした。曲がる時に鉄板の上でずべって ひっくり返りました。怪我はなかったけど、ビックの横が傷ついた。 ここまでは 私が悪いと思う! 押して帰ってる途中に、後輩からメールがあって「今ドコ?あ、そうなん、じゃあパチ屋の駐車場で

no image
雑誌企画の撮影会と言う罠

■雑誌企画の撮影会と言う罠(OLの告白) 以前、一度だけ雑誌企画の撮影会というものに参加したことがあります。当時交際していた男性の強い要望で、断りきれませんでした。私自身、まったく興味がなかったとはいいませんが、やはり不安の方が大きかった。できればやめておきたいと思っていました。ただ企画の内容が行為なしの単純なH撮影会とのことだったので、わずかながら安心感があったのは事実です。

no image
私達は男達の玩具になった体験を告白します。

 私は今はOLをして普通に暮らしている何処にでもいる普通の女性の一人です。昔、私は父のせいで母とともに犯された事があります。あれは高校生の頃ですから、今から数年前の事です。私が学校から帰る途中、家の近くで父が近くに止まっている車の中の人と話してるのをみかけて、駆け寄って話しかけました。それが悪夢の始まりとは思いもしませんでした・・。

no image
OLのセクハラ体験記の告白

 私は札幌に住む30歳のOLです。中堅の販売代理店に勤めています。ある仕事上の失敗で担当していた取引先に迷惑をかけ、損害は会社が責任を負って解決しましたが、それ以来取引先の社長の誘いなどを断れなくなってしまいました。20人くらいの、ほとんど社長のワンマンな会社です。私は担当した当初から、高圧的で不潔そうな50代の社長に、生理的に受け付けないものを感じました。

no image
貸し別荘で夫の目の前でレイプされた告白

 家族(主人43才、私35才、息子14才、娘12才)で千葉の貸し別荘に行きました。そこは別荘一棟一棟が離れていて子供たちのはしゃぐ声が回りに迷惑にならないので良い感じの別荘です。私たちは初日別荘近くの水族館で遊んでから、麓のスーパーで一週間分の食料の買い物をして駐車場に向かいました。

no image
部長のセクハラ

■部長のセクハラ(OLの告白) 4月に小さな会社に入社したOLです。実は私も会社のオヤジ系部長にセクハラされています。でも私自身なれたと言うか・・内緒ですが病みつきになりそうです。入社間もない頃は、部長のデスクに書類を持って行った時などに、ポンと制服の上からソフトタッチでお尻を触られる程度でした。

no image
★お酒の弱い私を酔わせてエロされました

 私は、お酒に弱くて酎ハイも飲めません。あんなのジュースだって言われるけど、なんだかアルコールの味?が気になって、美味しいと思った事もない…そんな私がもう二度とお酒を飲むもんかと誓わせた出来事です。ある日、仕事関係で知り合って間もない方(男性)2人に飲みに誘われて、紳士的な方だと思っていた私は断る理由もなく最初に『お酒は飲めませんが…』と事前に話してからお店に行きました。「本当に飲めないの?」と何度も