エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

彼女の妹

   

(無題) 投稿者:(無名) 投稿日:10月8日(日) 17時03分51秒

この間彼女の妹とやっちゃいました。
その日彼女はバイトだったので先に彼女の家で待ってることに。俺はちょっと
街で買い物して彼女の家にいきました。部屋には居ないはずなのに電気がつい

ました。おかしなぁ,と思いながら合い鍵で部屋に入りました。
声をかけても返事なし。ベッドをみると誰か寝てます。まぁ誰かって彼女の
部屋なんで彼女以外そのときは考えてませんでした。
寝てる彼女のベッドへ潜りこんでそのままセックスなんていつものことなの
で,
いつもどおり,全部脱いで足の方からベッドに入りました。
服を脱いで寝てたみたいで,足の先から太ももまでなでていくとそのまま
パンティに手があたります。膝をおさえて足を大の字にひろげて,あそこに
顔をうずめてまずはパンティの上から。ほどよく濡らして,パンティずらして
ゆっくりなめあげます。寝たままでもたまにピクっと身体が反応します。
なめつつ,胸に手をまわし,ブラをずらしてゆっくり愛撫。いつもより柔らか

感触。でもそのときはあまり気がつきませんでした。良い具合に濡れてきたの

パンティずらしてそのまま挿入。なんかいつもより感触がいい感じ。
ふとんの中で足を持ち上げてピストン開始。
「うん うん・・・ん? え? 何?? いやぁん あん」
目が覚めて,いつも通りやられてるのに彼女が気がついたと思った俺はさらに
ピストンを強めました
「きゃぁーー やん あん あん 誰よ! やめて ん ん ん」
「誰って俺以外いるわけないだろ里美」奥まで突き入れます
「わ 私 おねえちゃん じゃ ないで す あん や やめ てぇ」
そこまで言われて初めて気がつきびっくり
「え??」布団めくると知らない女の子。胸は布団の中で触ってたので服まで
気にしてなかったので,そこで初めてセーラー服だと・・・。
「里美の妹の由美ちゃん?」由美ちゃんは吐息をもらしながらうなずきます。
でもかわいくって,しかもセーラー服がはだけて,胸もちょっと大きくて形も
よくて,びっくりして動けなかったけどそんな由美ちゃんみてたら,さらに
興奮してそのまま続行(笑)
「え? あ あん お ねえちゃ んに 言います よ あん やん
やめて く ださ ああん い」
「でも,感じてるんでしょ?俺もここまできちゃったらやめれないよ」
入れたまま抱き起こしてセーラー服を脱がし,ブラをとった。
そのまま騎乗位で下からグラインド。
「やあああん あん だめぇ やめてぇ おねえ ちゃん かえってきち
ゃ・」
このときには自分でグラインドにあわせて腰を動かしてた
「大丈夫,里美はバイトだからあと1時間半は帰らないよ」
こんなに興奮したセックスは初めてだったかな。
「こんなつもりじゃ あん あん 気持ちぃぃ だめ だめ だめぇん
動いちゃいやぁん あん い いく いく いっちゃうぅ・・・・」
騎乗位のまま身体をのけぞらせて由美はいった。
俺はいった由美に余韻は与えず,そのまま下からつきまくった。
「あん あん あん だめ い いった ばっかり なんだ から・・・
あはん あ あ だめぇ また い いっちゃうううううう」
「はぁ はぁ き 騎乗位 弱いの・・・ いきやすいの・・・ はぁ」
そこまで聞いたらSのスイッチはいるよね(笑)
「そうなんだね」さらにピストン続行。1分も動いてたまたいった。
3回いったせいか由美はなされるがままだった。
「由美ちゃん,今日のことは二人の秘密だよ いいよね」
「うん こ こんなこと おねえちゃんに いえないよ」
「え あ あん お おわり じゃ ないの?? あぁん」
今度は俺が上になって,由美の足をおもいっきり開いて,膝をもって
突きまくった。
「我慢できないからいくよ。里美と同じように中で出すからね」
俺はピストンを速めた
「え あ あん 中は だめぇ あん あん 外にしてぇ 気持ちいい!!」
由美は中だしされることに言葉では抵抗しても身体は抵抗できてなかった。
由美の奥でおもいっきり出した。
「これでできちゃったら二人でおねえちゃんに殺されちゃうよ」
そういいながらキスしたけど,セックスの余韻がのこっててかなり激しい
キスだった。
それからあわてて二人で服を着て,里美が帰ってきたときは何食わぬ顔で
二人でテレビみてた。里美は全然気づいてなかった。3人で飯くって,
由美はそのまま泊まっていくっていうので,3人別々に風呂に入った。
里美が風呂のときには,二人でキスして,俺は由美のマンコを触ったりした。
由美が風呂のときは,里美の身体を触りまくり,やるテンションまでもって
いきそのままじらされた里美は由美の目を盗んでは俺のむすこを触ってきた。
あとはそのまま寝ることに。俺と里美は里美のベッドで,由美は床に布団
しいて寝た。
「私がいるんだから,二人でエッチするの我慢してよね〜」と由美がいった
が,
里美は我慢できるわけもなく,「わかってるよ」といいつつ,由美が寝息を
立てると里美は本気モードでからんできた。
次の日,里美は朝からバイトで俺も午後からバイトだったんで,俺は由美を
送りながら帰ることに。
昨夜は由美は寝たふりで,俺ら二人のセックス聞きながら一人でしてたらし
い。
由美がどうしても,っていうんでそのまま駅裏のホテルで2回やった。
それからは里美にかくれて由美ともやってる。

(無題) 投稿者:(無名) 投稿日:10月8日(日) 17時03分51秒

この間彼女の妹とやっちゃいました。
その日彼女はバイトだったので先に彼女の家で待ってることに。俺はちょっと
街で買い物して彼女の家にいきました。部屋には居ないはずなのに電気がつい

ました。おかしなぁ,と思いながら合い鍵で部屋に入りました。
声をかけても返事なし。ベッドをみると誰か寝てます。まぁ誰かって彼女の
部屋なんで彼女以外そのときは考えてませんでした。
寝てる彼女のベッドへ潜りこんでそのままセックスなんていつものことなの
で,
いつもどおり,全部脱いで足の方からベッドに入りました。
服を脱いで寝てたみたいで,足の先から太ももまでなでていくとそのまま
パンティに手があたります。膝をおさえて足を大の字にひろげて,あそこに
顔をうずめてまずはパンティの上から。ほどよく濡らして,パンティずらして
ゆっくりなめあげます。寝たままでもたまにピクっと身体が反応します。
なめつつ,胸に手をまわし,ブラをずらしてゆっくり愛撫。いつもより柔らか

感触。でもそのときはあまり気がつきませんでした。良い具合に濡れてきたの

パンティずらしてそのまま挿入。なんかいつもより感触がいい感じ。
ふとんの中で足を持ち上げてピストン開始。
「うん うん・・・ん? え? 何?? いやぁん あん」
目が覚めて,いつも通りやられてるのに彼女が気がついたと思った俺はさらに
ピストンを強めました
「きゃぁーー やん あん あん 誰よ! やめて ん ん ん」
「誰って俺以外いるわけないだろ里美」奥まで突き入れます
「わ 私 おねえちゃん じゃ ないで す あん や やめ てぇ」
そこまで言われて初めて気がつきびっくり
「え??」布団めくると知らない女の子。胸は布団の中で触ってたので服まで
気にしてなかったので,そこで初めてセーラー服だと・・・。
「里美の妹の由美ちゃん?」由美ちゃんは吐息をもらしながらうなずきます。
でもかわいくって,しかもセーラー服がはだけて,胸もちょっと大きくて形も
よくて,びっくりして動けなかったけどそんな由美ちゃんみてたら,さらに
興奮してそのまま続行(笑)
「え? あ あん お ねえちゃ んに 言います よ あん やん
やめて く ださ ああん い」
「でも,感じてるんでしょ?俺もここまできちゃったらやめれないよ」
入れたまま抱き起こしてセーラー服を脱がし,ブラをとった。
そのまま騎乗位で下からグラインド。
「やあああん あん だめぇ やめてぇ おねえ ちゃん かえってきち
ゃ・」
このときには自分でグラインドにあわせて腰を動かしてた
「大丈夫,里美はバイトだからあと1時間半は帰らないよ」
こんなに興奮したセックスは初めてだったかな。
「こんなつもりじゃ あん あん 気持ちぃぃ だめ だめ だめぇん
動いちゃいやぁん あん い いく いく いっちゃうぅ・・・・」
騎乗位のまま身体をのけぞらせて由美はいった。
俺はいった由美に余韻は与えず,そのまま下からつきまくった。
「あん あん あん だめ い いった ばっかり なんだ から・・・
あはん あ あ だめぇ また い いっちゃうううううう」
「はぁ はぁ き 騎乗位 弱いの・・・ いきやすいの・・・ はぁ」
そこまで聞いたらSのスイッチはいるよね(笑)
「そうなんだね」さらにピストン続行。1分も動いてたまたいった。
3回いったせいか由美はなされるがままだった。
「由美ちゃん,今日のことは二人の秘密だよ いいよね」
「うん こ こんなこと おねえちゃんに いえないよ」
「え あ あん お おわり じゃ ないの?? あぁん」
今度は俺が上になって,由美の足をおもいっきり開いて,膝をもって
突きまくった。
「我慢できないからいくよ。里美と同じように中で出すからね」
俺はピストンを速めた
「え あ あん 中は だめぇ あん あん 外にしてぇ 気持ちいい!!」
由美は中だしされることに言葉では抵抗しても身体は抵抗できてなかった。
由美の奥でおもいっきり出した。
「これでできちゃったら二人でおねえちゃんに殺されちゃうよ」
そういいながらキスしたけど,セックスの余韻がのこっててかなり激しい
キスだった。
それからあわてて二人で服を着て,里美が帰ってきたときは何食わぬ顔で
二人でテレビみてた。里美は全然気づいてなかった。3人で飯くって,
由美はそのまま泊まっていくっていうので,3人別々に風呂に入った。
里美が風呂のときには,二人でキスして,俺は由美のマンコを触ったりした。
由美が風呂のときは,里美の身体を触りまくり,やるテンションまでもって
いきそのままじらされた里美は由美の目を盗んでは俺のむすこを触ってきた。
あとはそのまま寝ることに。俺と里美は里美のベッドで,由美は床に布団
しいて寝た。
「私がいるんだから,二人でエッチするの我慢してよね〜」と由美がいった
が,
里美は我慢できるわけもなく,「わかってるよ」といいつつ,由美が寝息を
立てると里美は本気モードでからんできた。
次の日,里美は朝からバイトで俺も午後からバイトだったんで,俺は由美を
送りながら帰ることに。
昨夜は由美は寝たふりで,俺ら二人のセックス聞きながら一人でしてたらし
い。
由美がどうしても,っていうんでそのまま駅裏のホテルで2回やった。
それからは里美にかくれて由美ともやってる。

 - 未分類 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
虐められ続けた男の復讐。

携帯とかポケベルさへ無かった時代のお話です。中学校で虐められてるクラスメートの女をちょっと庇ったらそれから俺への虐めが始まり、二年間虐められ続けた。特に女チームからの虐めが酷くて、「死ね」とかそんなのは当たり前の様に教科書に書かれてたし、給食なんてゴミ入…

no image
E美

ベッドにE美を押し倒したオレは、バックから電気シェーバーを取り出した。ビックリした表情のE美。ツルツルマンコが見たい痛くしないからとオレが言うと、納得してE美自ら服を脱いだ。オレがE美のアンダーをシェーバーで剃り終わると、風呂場へ行きシャワーを浴びはじめ…

no image
偶然に

うちのマンションの同じ階に3ヶ月前に引っ越してきた夫婦がいた。引越しの時その奥さんを見て、俺も向こうも驚いた。2年くらい前に俺は嫁に内緒ではまっていたイメクラがあり、そこでいつも指名していた女だった。1ヶ月に3?4回は行っていた。マイという名前で、かよって…

no image
お金の代わりに妹が

俺は大学2回生です去年の夏に友達から2万お金を借りましたそのお金を返す機会がなく月日が流れてしまい今年の1月に友達から「そう言えば去年貸した2万返せ」と言われたしかし俺には今の全財産は5000円弱ぐらいしか持ってなく「まだ無理やわ」と言うといつもは親切な…

no image
幽霊強姦

「あなた四天王といわれて天狗になっているでしょう」恭佳が徹に吐き台詞を喋り立ち去りとそこに隆雄が来た。「ずいぶん言われたな、あの女は生意気だからな」「お前に頼みがある手を貸してくれないか」二人は耳打ちしてひそひそ話をする。数日後、徹たちは恭佳を呼び出した…

no image
友達の妹の卒業式

つい最近の事なんだけど、俺の友達の誘いでそいつの妹の卒業式に何故か行かなてはならなくなってしまったのです。その妹は、女子校だったので俺はドキドキしながら車を正門で止めて待っていました。卒業式が終わったのか、制服姿の女の子が出てきました。こんなにマジマジと…

no image
★久しぶりに妻の顔が美しく艶色顔に見えた

 ゴルフや釣りによく行く同年代(四十代)の友人と飲んだ時です。私が、最近やってねえな~と愚痴ると、エッ、やってないってアレか?と聞くんで、あ~それだよ夫婦生活だよと言ったんです。すると友人が、絶対内緒だぞと言って、実話な、俺んとこも数年前から倦怠期て言うのかな、レス状態だったよと言うんです。 そこでだな少し刺激をと思い3Pしてみようと家内に言ったらよ、変態、馬鹿と罵られてしまったよと言って笑うんで

no image
成長に関するデータ集め

今から20年位前、昭和50年代の話です。当時の私達が通っていた地区には医大がありある年検診の要望が学校に来ました。検診の目的は成長に関するデータ集めだそうで小学校4年生から中学3年までの6年間同じ生徒の追跡記録をとるという事で県の教育委員会を通じて県内数校の小、…

no image
★乱交、輪姦、スワッピングを経験

 地元の友達とみんなで集まって、パーティをするみたいだったので参加してきました。普段なら参加しないんですがKは地元だし暇だったんです。男女合わせて18人ぐらいで男10人女8人で私以外全員地元の高校です。 大部屋でみんなでいろんな曲を歌いすごく盛り上がりました。そのあと、グループに別れて2次会をしました。わたしのグルー^プは女友達の家に男3人女2人でみんなで遊びに行きました。わいわい遊んでいると一緒にいた友

no image
エロノートに書けば

俺は今日、しずかが馬に犯されるとエロノートに書いた。犬に犯されると書いたときはやはり犯された。しかし、今回は馬だ。こんな普通あり得ないことでも、やはり起こるのか、楽しみにしていた。・・・・朝。先生が教室に来て〈皆さんにお知らせがあります、校長先生が皆さん…