エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

続・餓鬼がプールで?

   

(1)
原付で自宅へ戻っていると、信号待ちでクラクションを鳴らされた。
振り返ると妻と子供たちが手を振っている。
俺の荷物を見たのだろう。
「プールに来たの?」と妻に聞かれた。
「うん、若いお嬢さんの水着姿を鑑賞して今帰るところさ」ととぼけておいた。
シャワー小屋で覗いていたなんてとても言えない。
「声かけてくれたら良かったのに」といわれたけど、
困るのは妻自身だと思ったのだけどね。

その時、名案が頭に浮かんだ。
いや、名案かどうかは判らないけど。
今夜の夕食は庭でバーベキューってのはどうだい?
提案してみた。

息子や友達たちは大喜びだが、妻は少し心配そうな顔。
その心配顔の理由が少しわかる俺は内心ほくそ笑んでたけどね。
俺は妻たちと別れて、近所のスーパーにより食材を買い込んだ。
妻が好きなワインもしっかり調達したしね。

(2)
小さな庭で子供4人と俺たち夫婦で、ささやかなパーティーが始まった。
息子と岡島君はホント楽しそう。
でも、松井君と鈴木君は、妻の側によりちょくちょく声をかけている。
さすがに俺がいるせいかおおっぴらに纏わりついたりはしていないが、
妻が足りなくなった食材を取りに行ったり、食器を下げたりするのを
かいがいしく手伝うのは、やはりあの二人組だった。

俺は「ちょっとタバコを買ってくる」と言うと庭の方から廻り込んで
ジャロジーの窓の隙間から、キッチンの中を覗き込む。
なんだか今日は一日覗き見だなと苦笑しつつも、期待している愚息が元気になった。

酔ったせいかほんのり顔が赤くなった妻の横に鈴木君が立っている。
二人でキッチンに向かってるようだが、彼の手は妻のお尻のあたりに伸びている。
妻は手を避けようとしているが、顔は笑っている。
そこへ松井君がやってくる。
多分私がタバコを買いに出たことを告げたのだろう。
鈴木君のタッチが積極的になる。
二人して妻のスカートを持ち上げ始めた。
さすがに妻は片手で押えてはいるが、お尻の部分は丸出しである。
胸を触っていた松井君は、今度はパンツを脱がそうとしていた。
少年二人から下着をずり下ろされるとさすがに少し怒ったようだが
とうとう、足元まで落ちた紺色に花柄の下着は、足から抜きとられてしまった。
鈴木君と松井君はキッチンに立つ妻の後ろに膝立ちになり、
妻の下半身に手を伸ばしている。
キッチンに掴まる様に立つ妻の下半身は4本の手に操られる様にゆっくりうねっている。

そこへリビングの方から息子が顔を出す。
対面式のキッチンだからリビングの方から二人の姿は見えない。
妻は肉を盛り付けた皿を松井君へ持って行くように指示を出し、
ビールとジュースは鈴木君に頼んだようだ。

息子たちがいなくなると妻は下着を探しているようだが、目的のものは見つからないようだ。
そこへ私はわざと中の妻へ声をかけた。
「ただいま〜」

はじかれた様に妻はこちらを見る。
そして、慌てて「おかえりなさい」と返してきた。
ちょっと休憩するからと言って、キッチンの勝手口を開けてもらった。
妻は平静を装い、キッチンで洗い物をしている。

妻の後ろに立つと、今日の君の水着姿を見て、息子さんが元気になってしまったよ。
妻の腰を掴んで後ろから囁いた。
「でも、今日泳ぎ教えてもらってたようだけど・・・どさくさまぎれに触られてなかった?」
「まさか、こんなおばさんの身体を触っても誰も喜ばないよ。」と言っていたけどね。
堅くなった愚息を妻の身体に押しつけ妻のお尻に手を伸ばす。
「ん?パンツはいてないの?」
「うん、ちょっと暑かったから・・・。」
苦しい言い訳をする妻に
「今日はサービス満点だな」
そういって妻の尻を撫で続けた。
まあ、子供たちに脱がされたなんて、想像する人はいないだろうけどね。

(1)
原付で自宅へ戻っていると、信号待ちでクラクションを鳴らされた。
振り返ると妻と子供たちが手を振っている。
俺の荷物を見たのだろう。
「プールに来たの?」と妻に聞かれた。
「うん、若いお嬢さんの水着姿を鑑賞して今帰るところさ」ととぼけておいた。
シャワー小屋で覗いていたなんてとても言えない。
「声かけてくれたら良かったのに」といわれたけど、
困るのは妻自身だと思ったのだけどね。

その時、名案が頭に浮かんだ。
いや、名案かどうかは判らないけど。
今夜の夕食は庭でバーベキューってのはどうだい?
提案してみた。

息子や友達たちは大喜びだが、妻は少し心配そうな顔。
その心配顔の理由が少しわかる俺は内心ほくそ笑んでたけどね。
俺は妻たちと別れて、近所のスーパーにより食材を買い込んだ。
妻が好きなワインもしっかり調達したしね。

(2)
小さな庭で子供4人と俺たち夫婦で、ささやかなパーティーが始まった。
息子と岡島君はホント楽しそう。
でも、松井君と鈴木君は、妻の側によりちょくちょく声をかけている。
さすがに俺がいるせいかおおっぴらに纏わりついたりはしていないが、
妻が足りなくなった食材を取りに行ったり、食器を下げたりするのを
かいがいしく手伝うのは、やはりあの二人組だった。

俺は「ちょっとタバコを買ってくる」と言うと庭の方から廻り込んで
ジャロジーの窓の隙間から、キッチンの中を覗き込む。
なんだか今日は一日覗き見だなと苦笑しつつも、期待している愚息が元気になった。

酔ったせいかほんのり顔が赤くなった妻の横に鈴木君が立っている。
二人でキッチンに向かってるようだが、彼の手は妻のお尻のあたりに伸びている。
妻は手を避けようとしているが、顔は笑っている。
そこへ松井君がやってくる。
多分私がタバコを買いに出たことを告げたのだろう。
鈴木君のタッチが積極的になる。
二人して妻のスカートを持ち上げ始めた。
さすがに妻は片手で押えてはいるが、お尻の部分は丸出しである。
胸を触っていた松井君は、今度はパンツを脱がそうとしていた。
少年二人から下着をずり下ろされるとさすがに少し怒ったようだが
とうとう、足元まで落ちた紺色に花柄の下着は、足から抜きとられてしまった。
鈴木君と松井君はキッチンに立つ妻の後ろに膝立ちになり、
妻の下半身に手を伸ばしている。
キッチンに掴まる様に立つ妻の下半身は4本の手に操られる様にゆっくりうねっている。

そこへリビングの方から息子が顔を出す。
対面式のキッチンだからリビングの方から二人の姿は見えない。
妻は肉を盛り付けた皿を松井君へ持って行くように指示を出し、
ビールとジュースは鈴木君に頼んだようだ。

息子たちがいなくなると妻は下着を探しているようだが、目的のものは見つからないようだ。
そこへ私はわざと中の妻へ声をかけた。
「ただいま〜」

はじかれた様に妻はこちらを見る。
そして、慌てて「おかえりなさい」と返してきた。
ちょっと休憩するからと言って、キッチンの勝手口を開けてもらった。
妻は平静を装い、キッチンで洗い物をしている。

妻の後ろに立つと、今日の君の水着姿を見て、息子さんが元気になってしまったよ。
妻の腰を掴んで後ろから囁いた。
「でも、今日泳ぎ教えてもらってたようだけど・・・どさくさまぎれに触られてなかった?」
「まさか、こんなおばさんの身体を触っても誰も喜ばないよ。」と言っていたけどね。
堅くなった愚息を妻の身体に押しつけ妻のお尻に手を伸ばす。
「ん?パンツはいてないの?」
「うん、ちょっと暑かったから・・・。」
苦しい言い訳をする妻に
「今日はサービス満点だな」
そういって妻の尻を撫で続けた。
まあ、子供たちに脱がされたなんて、想像する人はいないだろうけどね。

 - 未分類 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
専業主婦ですが火遊びに夢中なんです

 去年、夫が単身赴任で家を空けていたのですが、寂しさと欲求不満で出会い系サイトで男性と知り合ってはセックスしていました。はっきりは覚えていませんが、1年間で10人程度の男性と会ってはホテルに行きセックスしたでしょうか!? その中で5才年下ですが、私のことを気に掛けてくれて優しくしてくれた男性がいて、何度か会ってはホテルに行きセックスをしました。

no image
20才になってから経験しました

20才を過ぎて初めてできた彼女だった。バイト先の同級だが学校が違うN。小顔でロングの黒髪が似合う僕には不似合いな彼女。バイト先でも女子とあまり口を聞けない僕を気遣ってくれたのか、話しかけてくれていたNだった。ある日帰りが一緒になって駅まで恥ずかしいから気持ち…

no image
★幼少期に目撃した母の淫乱した姿・・2/2

 やがて母の乳房を揉む男の手は、母の上体を支えていた左手に変わる。母の上体は男の左上腕部に挟み込まれ、その掌は右の乳房を後ろから揉みしだく。そして・・男の右手は黒いタイトスカートのジッパーを引き下ろした。そして、男の手は緩くなったスカートのウエスト部分から差し込まれる。母は言葉で抵抗した。「だめよ あの人に悪い あの人に悪い いけません・いけ ません」しかし、言葉とは裏腹に、母の身体はされるままに

no image
山本直樹のマンガに出てくるような

創作だとしても上の二作とも面白かった。最近流行ってる倒産店グッズを売りに来る子とやった俺の体験談なんかより余程興奮したわ倒産店の品を大型ショルダーで売りに来る子ってのは普通の営業なんかと違ってエロいスーツじゃねえの。ジーンズにTシャツ、その上に紺のカーディ…

no image
ビッチ化した私がここ3カ月で会った5人について語る

とりあえずスペック22歳ラストJD161cm52kg筋肉質なのでスタイルはいい方ビッチ化前の経験人数元カレ1人まず1人目スペック20歳(たしか)170cmないかも若干ぽっちゃり出会い系アプリ(ラインみたいなもん)でやり取りしてたやつ。とにかくホテル行きたいと言ってきてめ…

no image
★主婦は女として寂しいので・・

 私は39歳の主婦です。夫と子供2人は既に別室で寝付いたようで、一人ぼっちで寂しくインターネットでたどり着きました。酔ったついでに告白します。普段は家庭思いな妻として母として凛と振る舞う私、薬指のリングも虚しく、女としての私を隅々まで愛してくれるのは年下の交際相手だけです。 短大を卒業して数年後に職場で知り合った10歳年上の主人と出会い、1人目の子供を2年後に、2人目を4年後に出産した私にとって、以前は不

no image
入学式で見つけた「いい女」と知り合い

 初めて見かけたのは、子供の入学式だっただろうか?彼女は、ベージュのスーツに身を包み、女性の色気を醸し出していた。一目見て”いい女”と分かる容姿!息子の友人母だった彼女の情報は直ぐに分かった。飯田 梨恵(28歳)夫(34歳営業職)子供1人(6歳)息子が同じクラスだった事もあり、何かと顔を合わせる。数か月後には、家も分かり行き来する仲になった。

no image
Fカップの奥さんのアソコは大洪水

昨夜は不倫人妻さんと逢ってきましたが、残念な事に生理になってしまい、エッチは無し。 居酒屋で飲んで、カラオケしておとなしく帰ってきました(笑 で、愚息が物足りないと駄々をこねまして、つい新規エッチしてしまいました。 今日は休みだったので、朝からサイトを物色、投稿したら早速返信が。 プロフを見ると、36才、B90Fカップの記載が! 一発でOK返事来たので、待ち合わせ場所を決めて出陣です。 待ち合わせ場所に現れたの

no image
★人妻事務員の机の中を覗き見

 まだ関係とかしてないけど、今日の出来事。今日は、残業で9時まで一人で会社にいたんです。そしたら、斜め向かいの席にいる34歳の人妻A子の机を見たら、引き出しが僅かに開いていた。 そういえば、いつもは鍵を掛けて帰るんだけど、今日は用事があるらしく急いで帰ったが、鍵を掛け忘れたようだ。そうっと一番下の引き出しを引くとポーチ発見、早速中身をチェックしてみた。

no image
★出会いの人妻がエロ女に変身した体験談

 MAXで知り合った人妻美幸、41才。旦那さんと高校一年の娘さんと、小学六年の息子さんの四人家族。知り合って十ヶ月。俺利彦、25才独身一人暮らしサラリーマン。美幸は旦那さんとレスではないという。月に二回~四回ほど営みはあるという。普通に会ってセックスする仲だった。しかし先日会ったときの美幸は度エロ女に変身していた。 理由。娘さんの受験と家庭の事情(旦那さんのお母さんが亡くなったとか諸々)で約三ヶ月ほど会