エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★官能がわき上った私のレイプ体験

   

★官能がわき上った私のレイプ体験

 私は、42歳の女性です。夫が亡くなってから田舎で一人暮らしをしています。娘婿が仕事の出張で近くの町まで来るので、一晩泊めてほしいということで喜んで承諾しました。夜、話が弾んで遅くまでずいぶん飲みました。私も普段は一人で飲んでもつまらないからあまり飲まないのですが、このときは彼の薦め上手にのせられて気持ちがよくて、おいしくて、いくらでも飲めました。

 夫との夜の営みの夢を見ていました。「あなた、久しぶりね、いいわ、行くわ」うずくような官能の高まりに体の芯が熱くなり、夫にしがみつきました。重苦しいような、そして、たまらなく気持ちのよい、感触で、目が覚めたものの、もうろうとして、なかなか現実が飲み込めませんでした。
 だんだん頭がはっきりしてきて、目も見えてきました。なんと言うことでしょうか。私は全裸で、その上に彼が覆い被さって私の乳房にむしゃぶりついているんです。その彼も全裸ではありませんか。あっと声を上げて私は起きあがろうとしましたが、身体がぐにゃぐにゃで全然 言うことを聞きません。


「秀樹さん、だめよ、だめ、何をするのよ」秀樹さんは、1メートル80センチ、80キロの大男でレスリングの選手です。私を押さえつけてびくともさせず、今度は、私のあそこに指を入れてきました。「あっ、いけません、止めて、許して、よして」指を動かしてかきまわされると、女の官能がわき上がってきます。

 クリトリスをなでられると、びくっと身体が反応してしまいます。「いけませんわ、止めて、許して、秀樹さん」今度は秀樹さんは、そこに口を持って行ってなめたり、吸ったりするんです。もう、私は、女の喜びが体の芯から突き上げてきてのけぞりました。知らず知らずのうちに両足を大きく広げて、両手で秀樹さんの頭をつかんでいました。


「ああ、来て、来て、あなた、早く入れて」と叫んでいました。「お義母さん」秀樹さんが言って、私の両足をVの字にもちあげ、あそこに熱くて堅く大きいものがぐいっと入ってきました。「あああっ」私は思わず声を出しました。そして、秀樹さんが腰を動かすと、私のあそこは気持ちよくて、気持ちよくてだらだらと愛液が流れ出るのが分かりました。


 秀樹さんが、両手で私の乳房をもみます。また、官能の嵐が打ち寄せ、声を出してしまいます。あそこはもう熱くたぎってとろけそうです。何がなんだか分からなくなりました。声が出てしまいます。秀樹さんの動きが一段と激しくなりどくどくと中に噴射するのを感じたとたんに、私は絶叫し、腰が、がくんがくんと痙攣したのです。

 それから、しばらく気を失っていたようです。再び気がつくと、秀樹さんが私の横に寝ていて、私の身体を優しくなでてくれていました。私は秀樹さんに抱きつきました。「お義母さん、素晴らしい身体をしてますね」と私の背中からお尻の方をなで回してくれました。私は恥ずかしくなって、また、嬉しくて、秀樹さんの胸に顔を埋め、秀樹さんは私をしっかりと抱きしめました。


 そのまま、自然的に、秀樹さんが仰向けになり、私は秀樹さんの胸から腹へ、そしてそのまた下腹部の方へ唇を移動しました。そこに、半立ち状態になったあれがありました。その長さにびっくりしました。男はなくなった夫しか経験がありませんが、その2倍はあります。思わずそれを口に含みました。

 するとそれは、むくむくと、堅くなってそそり立ってきましたが2度びっくり。夫のそれとは太さも、」長さも堅さも何もかも比べものにならない大きさです。こんなすごいのが、私のあそこに本当に入ったんだろうか。手でかんでも指が回らないほどです。長さはどのくらいあるんでしょうか。

 口いっぱいにほおばっても、亀頭の下数センチまでしか入りません。それが私の口の中で熱くぴくんぴくんと脈打つっているんです。「お義母さん、もう我慢できないよ」秀樹さんは起きあがり、私を押し倒してその巨大なものをまた、」私のあそこにずぶりっと突き入れました。


「ひーっ」とのけぞり、また、激しく腰を使います。私も下から応じます。その最中にも秀樹さんは、私の脇腹をなでたり、太ももからお尻に手をはわせたり、胸をあいぶしたり、口を吸ったりしてくれます。私は、また、頭の心まで真っ白になり、何がなんだか分からなくなりました。のけぞって、絶叫して、痙攣して、再び気を失ってしまいました。

 三度、気がついて、三度同じことになって、三度記憶を消失しました。今度、気がついたときは、すでに朝日が窓に差し込んでいました。秀樹さんも、私も全裸のまま眠ってしまっていたのでした。思い出しただけで体の芯がうずきました。夫と最後にセックスをしたのが4年前か。しかも、夫とでは一度も味わったことのない強烈な官能の喜び。

 ああ、セックスってこんなに素晴らしいものだったのか。ぐっすり眠りこけている秀樹さんに抱きついてしまいました。それで、目覚めた義男さんも私を抱きしめて、そして、たちまち、秀樹さんのものがむくむくと堅くなってくるんです。そして、そのまま、また昨夜の再現になってしまったんです。


 朝日の差し込む明るい中での全裸のセックスは、もう、なんとも興奮しました。汗びっしょりで終わった後、息を沈めるまでずいぶん時間がかかりました。そして起きあがろうとしても、体中の骨がバラバラになったようで、なかなか起きあがることができませんでした。これが私のレイプ体験です。ちょっと変ですかしら。

 - 近親相姦の体験談 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★おばさんの娘婿との共同性活

 愛子48歳です。今年25歳の娘が結婚して、30歳の娘婿が建てた二人の住居に同居しています。娘婿は、仕事上夜勤が多く、娘が出勤した後帰って来るので、食事やお風呂の支度は私がしています。 いつもの様に婿さんが帰って来て、食事の前にお風呂に入っている時シャンプーが切れたので呼ばれて持っていきました。私がお風呂場の前で渡そうとしたら、扉が開いて婿さんが裸で私の前に立ってました。「ごめんなさい」と言って出ようと

no image
★主人の甥との営みエロをズルズルと

 昨日の午前中、主人と子供達を送り出した直後に電話が。主人の甥のまさるちゃんでした。どうしても、セックスしたいから今から行っていいと?私は娘の学校の用事があり、余り時間がありませんでしたが近くまで来ているとのことでOKし、いつものお約束通り下着を彼の好みに付け替え彼を待ちました。 すでに、濡れ初めて‥彼はすぐにやって来ました。「なみ叔母さん、ごめんね時間がないのにここでしよう」とソファーに腰かけるま

no image
★妹二人へ連日発射した告白

 去年、俺と彼女とでイタリアに旅行に行く計画を立ててたんですけど、そこに俺の妹達も便乗するってことになったんです。まぁ別に彼女とのエッチも飽きてるし、まぁどうでもいいやと・・妹は二人いて、高3と中2です。二人とも海外は初めてということもあり、はしゃぎっぷりはすごいものがありました。 保護者の俺としては、大人しくしてほしいところもありましたが、俺の彼女も妹達と気があったみたいで3人ではしゃぎまくり・

no image
★従妹はいい女になり性欲が

 墓地に向かう途中、小さな川のほとりを100mくらい歩いた。そこには無数の曼珠沙華が真っ赤に咲いていた。従妹の真紀と手を繋いで曼珠沙華に囲まれて歩いた。盆と正月と春秋の彼岸、年に4回会う真紀ちゃんは2歳年下、俺をお兄ちゃんと呼んで慕っていた。いつも一緒にお風呂に入り、本家の2階で仲良く寝ていた。 でも、成長するにつれあまり本家に泊まる事はなくなり、会うのは年1回、お盆だけになっていた。俺が東京にある大学

no image
★妹が4人いてエロやり放題

 僕は、恵まれた家庭に生まれた17歳の長男です。5人兄弟なんですが、他は全員女なんです。16・14・10・9歳です。16歳の妹とは結構年も近いので月に一回くらいエッチするのですが、14歳の妹は彼氏がいる為に出来ません。しかも、あんま可愛くない妹です。 僕が今狙っているのは(もう犯したけど)10歳の妹なんです。何故か、最近オナニーを覚えたみたいで、僕と一緒にテレビを見てる時でも、妹は自分でクチュクチ

no image
★兄貴の嫁は過去にSEXした女だった

 兄貴が婚約者を家族に紹介した。相手は、自分が高校時代に何回か寝たことがあった女だった。当時、隣県の不良が集まる高校に下宿して通っていたが、そこのボス格の女だった。気分によって俺を含む3~4人の子分にもお裾分けがあった。自分の童貞はこの女によって失った記憶がある。 婚約者の方もなんとなく分かった様子だったが、その場では2人とも黙っていた。式が終わって、1月ほど経ってから兄貴の新婚家庭を一人で訪れた

no image
★温泉旅行で偶然彼のお父さん会い

(長文) 去年の夏の出来事でした。彼氏と計画していた温泉旅行だったのに、彼から旅行二日前に突然のドタキャン。彼の話では車で事故を起こしてしまい、とてもじゃないけど温泉旅行をしている場合じゃないから、行くのは無理ということでした。なら私もキャンセルしようと思ったんですけど、せっかく予約をしたのだから一人でもいいから行ってこようかなと考え、宿の方にも一人分のみのキャンセルを申し出て久しぶりの一人旅行に

no image
★義母との禁断な愛欲な日々を告白

 嫁の目を盗み、義母とSEXしています。嫁とは同じ会社ですが、出勤シフトが2パターンで、主に派遣やパート・アルバイトの専門職系はA番8時~勤務(嫁がこれに当たります)私は総合職で9時半~B番勤務がメインです。嫁が出勤の時刻はまだ私はたいがい寝てるので、二三日に一回は義母のフェラで起こしてもらっています。 家族構成は、私(サラリーマン)良治39才(良ちゃん)、嫁(派遣)・瑞穂33才(みず)、義母(専業主婦)・

no image
★義父と肉体関係をもつ淫乱な嫁です

 実は私は同居している夫の父、私にとっては義父と肉体関係を遂に持ちました。夫は長男の為、両親と同居しています。義父はすでに60歳を過ぎて定年退職、後妻の義母は50代後半なので会社で働いています。 その為に結婚して専業主婦をしている私は必然的に、夫よりも義父と過ごす時間が多くなり、ましてや、義父は夫に似て私の好みのタイプでありました。私は好みのタイプであれば、基本的に年齢や血縁関係などは特に問いませ

no image
★血の繋がりはない兄と

 兄、と言っても血の繋がりのない兄です。母と私、母子家庭でした。小学校三年の正月、突然母が再婚の話しをしました。正直、私は乗り気ではありませんでした。今の苦しい生活から抜け出したい、母の強い説得で相手に会うことを承諾しました。 身なりのいい紳士と、人の良さそうな中学生、それが最初の印象でした。それもそのはず、継父はお医者さん、連れていかれた家も凄い立派なもので、母が再婚したらここに住めるのかと、私