エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

主人と

   

 由紀子です、う?んちょっと嬉しいことがあったから一時的にカキコ。その後(二日後かな?)です。

 あの件があって主人の提案で、週末主人のご両親に家へ来てもらうようにしてくれたんです。ご両親は、子供と一緒に週末居られるって喜んで引き受けてもらえました。
 私と主人は二人で外食することに……もちろん私が晩御飯も作ってからですよ”笑”

 主人はホテルのレストランを予約してくれていて、すごく美味しかったです。で、その後は、予約してあった部屋へ。今日は何の日って言うくらいビックリしました。
 部屋に入ると主人とは別々にシャワーを浴び、主人が待つベッドへ。また愛してもらえると思うと、嬉しさで涙が出てきて……。
 主人は何も言わずに私を抱いてくれて、その後キス。私も応えようと此方からもキス。目が回りそうな気持ちになって、主人に抱きついていました。

 そのまま主人はキスを続けながら、私の胸に手をやりずっと揉んでくれました。
 主人は私の下着をすべて脱がせてくれて、胸を吸ったり触ったりしてくれました。
 私は本当に嬉しくって、すごく感じていたんだと思います。
 主人の手が私のアソコに触れたときはもう音が聞こえるくらいに濡れていたんだと思います。

 その時初めて主人が、「由紀、感じてる? すごい濡れ方、、、いままでこんなに濡れてたか?」
「すごく嬉しいし、感じてる、……言わないで、もっと触って。ねっ」
 主人は意地悪して、私のあそこを優しく叩くようにして音をたてるんです。
「あぁ、、、すごいの、、、意地悪しないで、、、そんなにしないで、、、駄目、すぐイっちゃいそう、、」とか言って、私は自分から腰を動かしました。

「今日はゆっくり出来るから、由紀がおかしくなるまで頑張るぞ!」
「いや、、、恥ずかしい、、、嬉しい、、、もっと触って、、、触って、、、。」
「、、、、。」
「もっと、、、もっと、、、」
 主人の前に足を広げて座るような格好になって、主人は自分の足で私の足が閉じないように。私は触られているだけで、目の前が急に明るくなったり暗くなったりして何度かイッってしまいました。
 主人はずっと私のおっぱいを揉みながら、私のアソコや敏感なところを触っていたんです。
 私は動けなくって、主人にされるがまま。イキそうになって足を閉じようと思っても主人に抑えられて……。

 そうしているうちに主人が離してくれて、私に主人のものを舐めるように言ったんです。私はもう夢中になっていて、主人のもの直ぐ口に入れたんです。
 主人のモノもヌルヌルになっていて、私が口に入れたとたん小さな声で「あぁー」とか言って私の頭を両手で掴んだんです。
 そのまま主人は私の頭を上下するようにゆっくり動かしました。私は舌で先の丸いところを舐めたり、吸ったりしてあげました。主人は気持ちよさそうに何度も声を出してくれました。

 しばらくして主人は69の格好になり私と舐め合いっこしました。
 私は上になって主人のものを一生懸命触ったり舐めたりしました。
 でもいつもなんですが、私のほうが先にイッてしまい、主人のものを口から離してします。
 私も頑張ってしてあげたんですが、先に……。

 主人は「こんなに濡れて、、、こんなにエッチになって、、、」って言いながら、私のアソコを広げたり、指を入れたり、舐めたりしていました。
「もう、、、駄目、、、そんなに触らないで、、、、。」
「いや、今日は許さない、、、おかしくなるまでするって言ったろ、、、、。」
「もうおかしくなってるよ、、、、体も言うこと効かない、、、、力が入らない、、、。」
「だぁーめ、まだまだ苛める。」
「、、、、もう入れて欲しい、、、。入れてくれたら、すぐイッちゃうから、、、。」
「入れない、、、、由紀が泣いて頼むまで入れない、、、。」
「もう、泣いてるもん、、、、泣いてるもん、、、。」
「じゃあ、頼んでみて、、、、。」
「、、、、。」
「じゃ、触るだけ、、、。」
「いやだ、して欲しいの、、、、。」
「もっと、お願いして、、、。」
「、、、、。」
「、、、、。」
「あなた、お願いだから入れて、、、、お願い、、、。」
「それだけ、、、?」
「由紀のアソコに入れて、、、気持ちよくして欲しい、、、。」
「それだけじゃ駄目、、、、由紀が上になって自分で入れたいなら自分で入れて、、、。」

 そう言われて、主人に跨って主人のものを自分で入れたんです。明るくって凄く恥ずかしかったけど、入れて欲しかったから自分で入れたんです。
 いつもならキツク感じたんだけど、スルッと入る感じで入ったんです。
「自分で動いて、、、、イク顔みせて、、、。」
「恥ずかしい、、、、」
 恥ずかしかったけど、いつの間にか腰を動かして気持ちよくなるように動いてました。自分の敏感なところ(クリトリス)が、たまに主人のどこかに当たって電気が走るように感じました。

「動いて、、、おっぱいも触って、、、、お願い、、、、気持ちよくして、、、、。」
 私は主人の両手を自分の胸に持ってきたのですが、なにもしてくれないんです。私はやっぱり浮気の事を気にしてるんだと思い悲しくなってまた泣いたんです。
 今、考えたら、主人の上で動きながら泣いてた自分の姿がどんなだったか……。恥ずかしいです。

「、、、、気持ちよくって泣いてるの?」
「、、、、ちがう、、、気持ちよくない、、、。」
「由紀が自分でイクところ見たいのに、、、なんで?」
「あなた、、、、私が許せなくって、、、なにもしてくれないんでしょ?!」
「、、、、浮気のこと?、、、、そんな事、もう気にしてないし、、、それで泣いてるの?」
「してくれないから、、、、もっとしてくれたのに、、、、。」
「違うって、由紀が僕のアソコで感じて、自分でイクところを見たいだけ!」
「、、、、あなたにイかせて欲しいもん。」
「由紀のエッチな姿を見たいから、、、、自分でイッてみせて。」
「私はあなたも気持ちよくなって欲しいもん、、、、私、変なこと言ってる?」
「、、、、解った!」

 それから主人は下から私を突き上げるように、敏感なところを、ちょんと触ったり、おっぱいを優しく揉んだり、強く揉んだりしてくれて……。
 その後は、あんまり覚えてないんです。3度くらいにイッた後は……恥ずかしい!

 少し休憩して、主人のものがまだ大きかったので、イッてないんだと思って、私から口でしてあげたんです。そのときに思ったんですが、男の人を気持ちよくしてあげようと思っても、口でしてあげるしかなんです。
 いくらセックスしても、私が上にならないと動けないし、でも入れてもらったら、私のほうが先にイッてしまって。口で絶対にイッてもらおうと頑張ったけど、やっぱり駄目で、結局、私が四つん這いになって、また後ろから。

 私も動いたんだけど、主人にお尻を掴まれたら全然動けなくなって、されるがままになっていました。
 主人に音がするくらい激しく動かれたら、やっぱり私が先……。
 それでも主人は出してくれなくって、だって主人が出そうなとき、「由紀、駄目、、、動かないで、、、、、、ふー」って、動かずに。
 初めて気がついたけど、、、、男の人もイキそうになったら止まるんですね。

 後ろからされてる時も、やっぱり胸や敏感なところをちょんちょんって触られて、なんども私の方がイッちゃったんです。
 私が朦朧としていたら主人が、「満足されましたか?」って。
「、、、、一緒にイッて欲しい、、、」
 そんな事を言ったように思います。
 主人に寄り添うように休んでいた時、「私って気持ちよくないの?」

「私ばっかり、、、口で気持ちよくしてあげる、、、、だからどうすれば良いか言って、、」
 そう言って、主人を寝かせて、また口に入れたんです。
 主人のアソコはたぶん私のアソコのためにネチャネチャして……。頑張りました。
 主人に言われるとおり、口だけじゃなくって胸ではさんだりとか手でしてあげました。

 一番恥ずかしかったのは、主人と目を合わせながらする事かな? でもいつかは慣れると思うけど。
 最後は、私の口の中に出してもらって、その顔が見たいって言ったので、、、、見せてあげました。
 口の中いっぱいになる位出してくれたんです、あーんてした時は、とっても恥ずかしかったです。キャッ!

 でも主人の顔をみながら口に出してもらったとき、あそこがびくびくして射精している時が凄く気持ちよさそうな顔が印象的でした。
 勿論、口の中のものはティッシュに出したのですが、ちょっとだけ飲んでしまいました、、、苦かったような気が、、、微笑
 ひとつ勉強になったのは、手で主人のものを上下しているときに、たまたま主人の乳首を舐めてあげたんです。主人がとても気持ちよさそうにしてくれたので、またしてあげたいと思ってます。

 終わった後、主人と二人でお風呂場で洗いっこしたんです。
 洗いっこしてる最中に主人が、「また、元気になってきた、、、ここでしよ」
「、、、、うん。」
 主人が私のアソコを立ったまま舐めてくれて、、、、まだ濡れてたまま(?)だったから、そのまま立って抱き合うようにして私が壁にもたれ左足を主人に抱えられるように入れてもらいました。
 立ったまま何度かイッたあと、お風呂に入って、お風呂の中で私が上になったり、湯船から上体だけ出して四つん這いになって、後ろからもしてもらいました。
 最後は主人も私の背中に射精してくれました。

 その夜は主人が、「もう駄目、許してぇー”笑”!」って最後に言って止めたんです。
 私もじゅうぶん満足させてもらったし、主人も満足してくれたようでした。
 その日は主人にぎゅっとひっついて(くっついて?)眠りました。翌朝は、ベッドで二人でゆっくりして、私が上に乗ってイかせてあげました。笑!
 以上です、、、、卒業論文でした。笑!

 由紀子です、う?んちょっと嬉しいことがあったから一時的にカキコ。その後(二日後かな?)です。

 あの件があって主人の提案で、週末主人のご両親に家へ来てもらうようにしてくれたんです。ご両親は、子供と一緒に週末居られるって喜んで引き受けてもらえました。
 私と主人は二人で外食することに……もちろん私が晩御飯も作ってからですよ”笑”

 主人はホテルのレストランを予約してくれていて、すごく美味しかったです。で、その後は、予約してあった部屋へ。今日は何の日って言うくらいビックリしました。
 部屋に入ると主人とは別々にシャワーを浴び、主人が待つベッドへ。また愛してもらえると思うと、嬉しさで涙が出てきて……。
 主人は何も言わずに私を抱いてくれて、その後キス。私も応えようと此方からもキス。目が回りそうな気持ちになって、主人に抱きついていました。

 そのまま主人はキスを続けながら、私の胸に手をやりずっと揉んでくれました。
 主人は私の下着をすべて脱がせてくれて、胸を吸ったり触ったりしてくれました。
 私は本当に嬉しくって、すごく感じていたんだと思います。
 主人の手が私のアソコに触れたときはもう音が聞こえるくらいに濡れていたんだと思います。

 その時初めて主人が、「由紀、感じてる? すごい濡れ方、、、いままでこんなに濡れてたか?」
「すごく嬉しいし、感じてる、……言わないで、もっと触って。ねっ」
 主人は意地悪して、私のあそこを優しく叩くようにして音をたてるんです。
「あぁ、、、すごいの、、、意地悪しないで、、、そんなにしないで、、、駄目、すぐイっちゃいそう、、」とか言って、私は自分から腰を動かしました。

「今日はゆっくり出来るから、由紀がおかしくなるまで頑張るぞ!」
「いや、、、恥ずかしい、、、嬉しい、、、もっと触って、、、触って、、、。」
「、、、、。」
「もっと、、、もっと、、、」
 主人の前に足を広げて座るような格好になって、主人は自分の足で私の足が閉じないように。私は触られているだけで、目の前が急に明るくなったり暗くなったりして何度かイッってしまいました。
 主人はずっと私のおっぱいを揉みながら、私のアソコや敏感なところを触っていたんです。
 私は動けなくって、主人にされるがまま。イキそうになって足を閉じようと思っても主人に抑えられて……。

 そうしているうちに主人が離してくれて、私に主人のものを舐めるように言ったんです。私はもう夢中になっていて、主人のもの直ぐ口に入れたんです。
 主人のモノもヌルヌルになっていて、私が口に入れたとたん小さな声で「あぁー」とか言って私の頭を両手で掴んだんです。
 そのまま主人は私の頭を上下するようにゆっくり動かしました。私は舌で先の丸いところを舐めたり、吸ったりしてあげました。主人は気持ちよさそうに何度も声を出してくれました。

 しばらくして主人は69の格好になり私と舐め合いっこしました。
 私は上になって主人のものを一生懸命触ったり舐めたりしました。
 でもいつもなんですが、私のほうが先にイッてしまい、主人のものを口から離してします。
 私も頑張ってしてあげたんですが、先に……。

 主人は「こんなに濡れて、、、こんなにエッチになって、、、」って言いながら、私のアソコを広げたり、指を入れたり、舐めたりしていました。
「もう、、、駄目、、、そんなに触らないで、、、、。」
「いや、今日は許さない、、、おかしくなるまでするって言ったろ、、、、。」
「もうおかしくなってるよ、、、、体も言うこと効かない、、、、力が入らない、、、。」
「だぁーめ、まだまだ苛める。」
「、、、、もう入れて欲しい、、、。入れてくれたら、すぐイッちゃうから、、、。」
「入れない、、、、由紀が泣いて頼むまで入れない、、、。」
「もう、泣いてるもん、、、、泣いてるもん、、、。」
「じゃあ、頼んでみて、、、、。」
「、、、、。」
「じゃ、触るだけ、、、。」
「いやだ、して欲しいの、、、、。」
「もっと、お願いして、、、。」
「、、、、。」
「、、、、。」
「あなた、お願いだから入れて、、、、お願い、、、。」
「それだけ、、、?」
「由紀のアソコに入れて、、、気持ちよくして欲しい、、、。」
「それだけじゃ駄目、、、、由紀が上になって自分で入れたいなら自分で入れて、、、。」

 そう言われて、主人に跨って主人のものを自分で入れたんです。明るくって凄く恥ずかしかったけど、入れて欲しかったから自分で入れたんです。
 いつもならキツク感じたんだけど、スルッと入る感じで入ったんです。
「自分で動いて、、、、イク顔みせて、、、。」
「恥ずかしい、、、、」
 恥ずかしかったけど、いつの間にか腰を動かして気持ちよくなるように動いてました。自分の敏感なところ(クリトリス)が、たまに主人のどこかに当たって電気が走るように感じました。

「動いて、、、おっぱいも触って、、、、お願い、、、、気持ちよくして、、、、。」
 私は主人の両手を自分の胸に持ってきたのですが、なにもしてくれないんです。私はやっぱり浮気の事を気にしてるんだと思い悲しくなってまた泣いたんです。
 今、考えたら、主人の上で動きながら泣いてた自分の姿がどんなだったか……。恥ずかしいです。

「、、、、気持ちよくって泣いてるの?」
「、、、、ちがう、、、気持ちよくない、、、。」
「由紀が自分でイクところ見たいのに、、、なんで?」
「あなた、、、、私が許せなくって、、、なにもしてくれないんでしょ?!」
「、、、、浮気のこと?、、、、そんな事、もう気にしてないし、、、それで泣いてるの?」
「してくれないから、、、、もっとしてくれたのに、、、、。」
「違うって、由紀が僕のアソコで感じて、自分でイクところを見たいだけ!」
「、、、、あなたにイかせて欲しいもん。」
「由紀のエッチな姿を見たいから、、、、自分でイッてみせて。」
「私はあなたも気持ちよくなって欲しいもん、、、、私、変なこと言ってる?」
「、、、、解った!」

 それから主人は下から私を突き上げるように、敏感なところを、ちょんと触ったり、おっぱいを優しく揉んだり、強く揉んだりしてくれて……。
 その後は、あんまり覚えてないんです。3度くらいにイッた後は……恥ずかしい!

 少し休憩して、主人のものがまだ大きかったので、イッてないんだと思って、私から口でしてあげたんです。そのときに思ったんですが、男の人を気持ちよくしてあげようと思っても、口でしてあげるしかなんです。
 いくらセックスしても、私が上にならないと動けないし、でも入れてもらったら、私のほうが先にイッてしまって。口で絶対にイッてもらおうと頑張ったけど、やっぱり駄目で、結局、私が四つん這いになって、また後ろから。

 私も動いたんだけど、主人にお尻を掴まれたら全然動けなくなって、されるがままになっていました。
 主人に音がするくらい激しく動かれたら、やっぱり私が先……。
 それでも主人は出してくれなくって、だって主人が出そうなとき、「由紀、駄目、、、動かないで、、、、、、ふー」って、動かずに。
 初めて気がついたけど、、、、男の人もイキそうになったら止まるんですね。

 後ろからされてる時も、やっぱり胸や敏感なところをちょんちょんって触られて、なんども私の方がイッちゃったんです。
 私が朦朧としていたら主人が、「満足されましたか?」って。
「、、、、一緒にイッて欲しい、、、」
 そんな事を言ったように思います。
 主人に寄り添うように休んでいた時、「私って気持ちよくないの?」

「私ばっかり、、、口で気持ちよくしてあげる、、、、だからどうすれば良いか言って、、」
 そう言って、主人を寝かせて、また口に入れたんです。
 主人のアソコはたぶん私のアソコのためにネチャネチャして……。頑張りました。
 主人に言われるとおり、口だけじゃなくって胸ではさんだりとか手でしてあげました。

 一番恥ずかしかったのは、主人と目を合わせながらする事かな? でもいつかは慣れると思うけど。
 最後は、私の口の中に出してもらって、その顔が見たいって言ったので、、、、見せてあげました。
 口の中いっぱいになる位出してくれたんです、あーんてした時は、とっても恥ずかしかったです。キャッ!

 でも主人の顔をみながら口に出してもらったとき、あそこがびくびくして射精している時が凄く気持ちよさそうな顔が印象的でした。
 勿論、口の中のものはティッシュに出したのですが、ちょっとだけ飲んでしまいました、、、苦かったような気が、、、微笑
 ひとつ勉強になったのは、手で主人のものを上下しているときに、たまたま主人の乳首を舐めてあげたんです。主人がとても気持ちよさそうにしてくれたので、またしてあげたいと思ってます。

 終わった後、主人と二人でお風呂場で洗いっこしたんです。
 洗いっこしてる最中に主人が、「また、元気になってきた、、、ここでしよ」
「、、、、うん。」
 主人が私のアソコを立ったまま舐めてくれて、、、、まだ濡れてたまま(?)だったから、そのまま立って抱き合うようにして私が壁にもたれ左足を主人に抱えられるように入れてもらいました。
 立ったまま何度かイッたあと、お風呂に入って、お風呂の中で私が上になったり、湯船から上体だけ出して四つん這いになって、後ろからもしてもらいました。
 最後は主人も私の背中に射精してくれました。

 その夜は主人が、「もう駄目、許してぇー”笑”!」って最後に言って止めたんです。
 私もじゅうぶん満足させてもらったし、主人も満足してくれたようでした。
 その日は主人にぎゅっとひっついて(くっついて?)眠りました。翌朝は、ベッドで二人でゆっくりして、私が上に乗ってイかせてあげました。笑!
 以上です、、、、卒業論文でした。笑!

 - 未分類 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★コーチに体を許すのを一度だけ我慢すれば

 今考えれば、何て馬鹿な約束をしてしまったんだと後悔しています。2年前、私は1人の男性に身体を捧げたんです。息子は小学校からバレーを習い、中学ではエースとして活躍し3年の大会では県大会3位の成績を収めました。もちろん高校も地元で有名な強豪校に入り、バレーを続ける勢いでした。 母親としても、息子の活躍を祈り精一杯のバックアップをしてあげようと考えたんです。毎日クタクタになって帰ってくる息子を見て続けて

no image
初バック

この前は初めてバックで嵌めました(^_^) いつも正常位ばかりで偶に女性上位とかなので、何回か前から正常位でズブズブ突きながら、「バックでやろうよ(^・^)」とか「後からしてみたいなぁ(^・^)」などと言いながら、耳の周りや首筋に舌を這わせておねだりをしていたんですね…

no image
★婚活パーティーの女性と良い関係に

 婚活パーティーで知り合った39才のミカ。福祉関係の仕事をしていて、かなり普段は気の強そうな感じの性格だ。しばらく、メールでやりとりした後、お茶に行ったり、食事に行ったりとちょこちょこ会っていた。 ある日、いつもの様に食事していると、かなり酔ってきたミカ。ボディタッチやキス迄してきて、興奮してきた俺は、とりあえずホテルへ誘った。エッチは嫌がっていたミカ、ホテルに入っても恥ずかしがり服を脱がなかった。

no image
取引先の会社を辞めた子がネット通販サイトで

この前の夜、同僚から、これ見るべし!とアドレスが届き、アクセスすると、そこには、仕事の取引先の人で、年末に辞めた○○さんの姿が笑顔で。そのサイトは大手ネット通販のサイトで、彼女の写真の横のコメントはお花をたくさんあしらったレースを使用したカップは清楚な感…

no image
彼女の秘密を見られた

会社の同僚達と忘年会をした後のことです。そのまま先輩女性の家で飲みなおそうということになり先輩女性と先輩男性と僕と新入社員である僕の彼女の4人で家に向かった。先輩社員2人は恋人同士なのだが、僕と彼女は付き合っていることを会社で内緒にしていたのでただの同僚と…

no image
★妻がAVに出ていたなんて(悲)

 今日年末の大掃除をしていたら、妻の凄いビデオを見つけてしまいました。妻が5年前にAVを撮ってました。しかも無修正でタイトルは女子大生の性の悦びでした。設定は男優が演じる大学教授と妻が演じる女子大生が、 誰もいないキャンパス内の保健室のベッドの上で、教授と女子大生役の妻が嵌めあうシーンです。が無修正のモザイクなしですから、妻のオマンコニ教授のチンポが奥深く刺さっているのが、はっきり映し出されていまし

no image
真面目な女子のスカートが短くなった理由

自分達が通っていた高校は、わりと校則がゆるかった。だから入学後に、スカートの丈を短くする女子はどんどん増えていった。女子高生の短いスカート姿は、それまで生きている中で何度も見てきている。きっと当り前のことなんだろうなと思い、特に気には留めなかった。だけど…

no image
★便秘に悩む営業職のOLです

 昨年初夏の話です。大学を卒業し就職した先は営業職。厳しかった研修期間を終え、初めての一人営業。営業といっても、アポイント先で契約を遂行してくるだけの仕事。とは言っても初営業。緊張感を持ち、事前に契約場所の下見もすましていました。 最寄駅から徒歩25分。万全の態勢で出発したはずでしたが、思わぬ計算違いが…。物心ついたころから便秘症の私。そもそもの排便が3日に1度程度。月に1度程度5日目に突入してし

no image
上と下で、、、?ウッフ?ン

 親が若くして結婚し、息子が早々と嫁さんをもらうと、親子二代で同じ屋根の下でオマンコタイムになる、特に最近は五十すぎても母親が老けないので余計そうなる。と言う家庭も多いかな。うちも割と早く父親が結婚して私が出来たので、今老若ダブルキッチン状態である。親が…

no image
★こんなおじさんでも若い女を

 PCMAXサイトで知り合った20歳の子。小柄で白いワンピースの似合うロリ系の子だった。俺は39のオッサン。ふつうに過ごしてたら出会いはない歳の差。 聞くと彼氏とは半年前に別れたとか。1人暮らしを始めてお金がないとのこと。「援助してあげるよ」と言ってやった。こういうことをするのは2回目だとか。ほんとかうそかはわからんが、それは大変だねと話を聞いてやった。