エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

妻、有紗と先輩(3)最終章

   

 有紗のアヌスにストッパーが捻じ込まれて、すでに10分を経過している。吊られている有紗の裸身の揺れが小刻みで震えている。
「お願い---おトイレに行かせて-----」

 有紗のお腹がときどき、
「ゴロゴロ-----ゴロゴロ-----」
 と鳴っている。苦しさに耐えかねて有紗が泣いているように聞こえる。

 そこに赤いローソクを2本持って現れた。勿論、火が灯されている。蝋を溜めているようにも思えた。
その赤い蝋を有紗の背中に落としていった。
「グェー-----」
 余りの熱さとお腹の苦しさに裸体が大きく揺れている。頃合いと観た調教師がアヌス ストツパーを
引き抜いた。丸く空いた空洞から汚物が噴出してきた。水鉄砲のように水が吹きだし、次に軟便がポタポタとバケツの中に落ちていく。

 数分位力んでいたが少し硬めの排便をして終わった。お尻をお湯で洗っている。三人三様の排便を
行っていた。アヌスにオイルを塗り込んでいる。肉棒にもオイルを塗り込むとアヌスに肉棒が突き刺さって行った。
 有紗は吊られている苦しさの中で、アヌスに初めて異物が進入してきたことにと、
「ウッツツツ-----」
 と悲鳴をあげるが、開けた口中にもう一本の肉棒が突き刺さった。

 抵抗も出来なかった。目から涙を落としながら喉まで刺し込まれた肉棒と格闘していた。頭を押されて、大きな肉棒が喉の奥まで押し込まれた。肉棒が引き出されると、
「コボゴボ----」
 と咽ている。吐き気に襲われていた。

 アヌスに入れられた肉棒からは、心地よい快感と膣よりも痺れるような淫靡な官能に包まれていた。
完全に自己を見失っなっていた。アヌスと口の中に見知らぬ男の精液が注がれた。
「吐き出すな、全部飲め----」
 と反抗することを許されないようなどす声で命令された。仕方なく飲み干した。飲み干したことで吊り攻めから解放してくれた。

 それで許された訳ではなかった。長時間吊られていたこともあり、逃げようと思ったが脚が思うように
動かなかった。そのまま持ち上げられて、産婦人科の診察台の様なベッドに乗せられ、両手と両脚を固定されてしまった。両脚が180度になるくらいまで開脚された。

 恥ずかしい姿で撮影され、陰毛が剃られた。白人の2mを越える様な大男が現れた。デカくて長い
ペニスをブラブラさせている。無毛の丘になった秘丘のクリストスを、
「チュウ-----チュウ----」
 と吸い上げていく。花弁を開き愛液を吸い出した。ブラブラしていたペニスの角度が段々に上がってきた。最後にはお腹に着く勢いで反り返ってきた。

 そのデカチンが有紗の膣を犯している。田辺の肉棒よりも確実にデカかった。根元まで膣の中に納まるとお腹にペニスの陰が浮かんでいた。有紗は、アヌスを犯され、今膣も犯されている。主人が観ている中で、狂わされていった。
 1時間にも及ぶ長時間のセックスで何回失神したかも記憶になかった。気絶してしまっていた。

 有紗の意識が戻った時は、夫と田辺が心配そうに見つめていた。
「怖いよ-----もう、帰ろう-----」
「明日に帰るから--------」
 二人して全身の汗と股間の汚されたところを暖かなタオルで拭いてくれていた。

 意識が戻り、三人でお風呂に入った。全身を石鹸で洗い、股間はビデで何度も洗った。歯磨きを終えるといつもの有紗に戻っていた。
「こんなこと、二度としないで-----有紗、殺されるのかと思った」

 その夜は、愛する夫と田辺に愛された。

 福岡に戻ってきた。平凡な日常生活に戻っていたが金曜日の夜は、田辺のマンションで泊まる有紗がいた。この関係も長くは続かなかった。

 10ケ月後、田辺は青森営業所に異動になった。営業所の所長として転勤した。人生の出会いは、突然に始まり、あっ気ない幕切れとなった。正直、田辺が転勤したことで安堵していた。

 田辺が転勤すると有紗の携帯を替えた。田辺の番号を消して有紗に渡した。

 田辺が転勤した数週間は、身体の悶えに苦しんでいた。何度も求めてくることもあったが現在は完全に納まってきた。二人の娘の母親として明るく家事に追われている日々を過ごしている。

 私から田辺のことを話すことも無くなった。田辺から有紗の携帯が掛からないと電話があったが過去のことはすべて清算しょうと言った。
「そうか------」
 と言って携帯を切った。
 有紗は意外と速く田辺とのことを忘却していった。

 有紗のアヌスにストッパーが捻じ込まれて、すでに10分を経過している。吊られている有紗の裸身の揺れが小刻みで震えている。
「お願い---おトイレに行かせて-----」

 有紗のお腹がときどき、
「ゴロゴロ-----ゴロゴロ-----」
 と鳴っている。苦しさに耐えかねて有紗が泣いているように聞こえる。

 そこに赤いローソクを2本持って現れた。勿論、火が灯されている。蝋を溜めているようにも思えた。
その赤い蝋を有紗の背中に落としていった。
「グェー-----」
 余りの熱さとお腹の苦しさに裸体が大きく揺れている。頃合いと観た調教師がアヌス ストツパーを
引き抜いた。丸く空いた空洞から汚物が噴出してきた。水鉄砲のように水が吹きだし、次に軟便がポタポタとバケツの中に落ちていく。

 数分位力んでいたが少し硬めの排便をして終わった。お尻をお湯で洗っている。三人三様の排便を
行っていた。アヌスにオイルを塗り込んでいる。肉棒にもオイルを塗り込むとアヌスに肉棒が突き刺さって行った。
 有紗は吊られている苦しさの中で、アヌスに初めて異物が進入してきたことにと、
「ウッツツツ-----」
 と悲鳴をあげるが、開けた口中にもう一本の肉棒が突き刺さった。

 抵抗も出来なかった。目から涙を落としながら喉まで刺し込まれた肉棒と格闘していた。頭を押されて、大きな肉棒が喉の奥まで押し込まれた。肉棒が引き出されると、
「コボゴボ----」
 と咽ている。吐き気に襲われていた。

 アヌスに入れられた肉棒からは、心地よい快感と膣よりも痺れるような淫靡な官能に包まれていた。
完全に自己を見失っなっていた。アヌスと口の中に見知らぬ男の精液が注がれた。
「吐き出すな、全部飲め----」
 と反抗することを許されないようなどす声で命令された。仕方なく飲み干した。飲み干したことで吊り攻めから解放してくれた。

 それで許された訳ではなかった。長時間吊られていたこともあり、逃げようと思ったが脚が思うように
動かなかった。そのまま持ち上げられて、産婦人科の診察台の様なベッドに乗せられ、両手と両脚を固定されてしまった。両脚が180度になるくらいまで開脚された。

 恥ずかしい姿で撮影され、陰毛が剃られた。白人の2mを越える様な大男が現れた。デカくて長い
ペニスをブラブラさせている。無毛の丘になった秘丘のクリストスを、
「チュウ-----チュウ----」
 と吸い上げていく。花弁を開き愛液を吸い出した。ブラブラしていたペニスの角度が段々に上がってきた。最後にはお腹に着く勢いで反り返ってきた。

 そのデカチンが有紗の膣を犯している。田辺の肉棒よりも確実にデカかった。根元まで膣の中に納まるとお腹にペニスの陰が浮かんでいた。有紗は、アヌスを犯され、今膣も犯されている。主人が観ている中で、狂わされていった。
 1時間にも及ぶ長時間のセックスで何回失神したかも記憶になかった。気絶してしまっていた。

 有紗の意識が戻った時は、夫と田辺が心配そうに見つめていた。
「怖いよ-----もう、帰ろう-----」
「明日に帰るから--------」
 二人して全身の汗と股間の汚されたところを暖かなタオルで拭いてくれていた。

 意識が戻り、三人でお風呂に入った。全身を石鹸で洗い、股間はビデで何度も洗った。歯磨きを終えるといつもの有紗に戻っていた。
「こんなこと、二度としないで-----有紗、殺されるのかと思った」

 その夜は、愛する夫と田辺に愛された。

 福岡に戻ってきた。平凡な日常生活に戻っていたが金曜日の夜は、田辺のマンションで泊まる有紗がいた。この関係も長くは続かなかった。

 10ケ月後、田辺は青森営業所に異動になった。営業所の所長として転勤した。人生の出会いは、突然に始まり、あっ気ない幕切れとなった。正直、田辺が転勤したことで安堵していた。

 田辺が転勤すると有紗の携帯を替えた。田辺の番号を消して有紗に渡した。

 田辺が転勤した数週間は、身体の悶えに苦しんでいた。何度も求めてくることもあったが現在は完全に納まってきた。二人の娘の母親として明るく家事に追われている日々を過ごしている。

 私から田辺のことを話すことも無くなった。田辺から有紗の携帯が掛からないと電話があったが過去のことはすべて清算しょうと言った。
「そうか------」
 と言って携帯を切った。
 有紗は意外と速く田辺とのことを忘却していった。

 - 未分類 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
禁欲+小悪魔

俺が23歳の時バイクで事故って入院した時の事。右手母子靱帯一部断裂により右手ギプス左肘骨折こちらもギプス。両手ギプスの状態で入院生活を送っていました。当然その状況は、強制禁欲生活・・・orz2日目位までは痛みで特に気にならなかったが、3~4日目にもなると、だ…

no image
取引先の人と飲んでた・・・疲れちゃった

『お前の奥さん犯られちゃうぞ!』友人の渡辺から突然のメールが入った。渡辺というのは妻の会社の同僚だ。かつては俺も妻と同じ会社だったため渡辺とは同期であり、友人でもあった。妻とは社内恋愛の末、結婚し、俺は結婚後に転職して今は別の会社に勤務している。妻の由希…

no image
剣道部合宿最終日

2001年、高3の夏、剣道部の合宿で館山に行きました。10日の合宿の間、普段は午前2時間半、午後4時間の練習で泳ぐどころじゃなかったけど、最終日だけは午後の練習が無く、みんなで泳ぎにいきました。練習でくたびれ果て、しかもミニ国体の候補選手ということで3年…

no image
姉のPC修理してたら元彼とのメール発見ww

姉貴が旦那さんと遠距離恋愛中に元カレを部屋に呼んだ時の想い出を最近元彼がメールしてきて、気持ちが再び燃え上がろうとしている所だと思われる。さて、どーするか。以下、仮名に変換しただけで、原文ママ。———-ユウジが綴ってくれたメールそれでも感情たっぷり過ぎ…

no image
変態夫婦主催のパーティでのエッチ体験談

先月とある変態夫婦が主催するオフ会に行ってきました。個人バレするので詳しくは書けませんが、友人のおかげで参加できました。この夫婦は、時々ネットでも募集するらしいです。奥さんが可愛いくて競争率がハンパないって有名な夫婦らしい。参加費用は男が1万円支払って、ゴム必須&カメラ持ち込み不可。ホテルの部屋は少し広めのキングサイズベッドが置いてある部屋でした。参加した男は俺と友達、そして他に3名。俺と友達以外は

no image
ヘルス体験記

彼女いない歴=30歳童貞 先月素人童貞になりました。文章書くの下手なので読みにくい方はスルーしてください。関西住んでいるので、福原に行き1週ほど回ってから無料案内所にいった。(特に店を決めていなかった)無料案内所で予算3万と伝えると某店を紹介されたのでその…

no image
不倫

ゴルフのコンペでお知り合いになった方と、不倫を始めました。私は、ここ13年セックスしていませんでした。所が先日、知り合った方と居酒屋に行き飲んで帰るときに、町外れに赤いカーホテルの看板が見えたので私から、誘いました。そして中に入り私が先にお風呂に入り、そ…

no image
新宿のホテルで 3

32歳のカイといいます。事実にもとづいた「フィクション」…です。掲示板の投稿に感想メールをもらい知り合った15歳のゆきこと、新宿で会った時の話の続きです。ゆきこは一回イカされて僕の下で息を荒くしています。「どう?ゆきこ?きもちよかった?」「…はぁ、はぁ……

no image
★痴漢の微妙なタッチに病みつき

 通学で電車を使ってます。毎朝身動きできないくらいのラッシュ。ある日、お尻にもぞもぞと動く感触に痴漢だ!とすぐにわかりました。周りを見ても誰だかわからないし、動くにも動けずもともと小心者の私は声も出す事も出来ずにいると、 プリーツスカートの中の太ももに手が入り込んで、撫でまわされ、お尻をつかまれ、揉まれ、何も出来ない私をいい事にエスカレートして、直にお尻をまさぐられワレメにも手が・・処女でオナニー

no image
幼なじみの恋人と友人カップルで5

隆と俺はこたつの中で、お互いに相手に彼女を寝取られるという経験をしたことで、今まで以上に仲良くなっていた。特に隆は寝取られ性癖が強いので、しきりに俺に由貴ちゃんとセックスするように誘ってくる。俺としても断る理由はないのだが、涼子とほとんど同棲している状況…