エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

兄嫁も交えて

   

 優希とは、某サイトで知り合った。  とはいっても、彼女が書き込んでいる「ブログ」に、オレがまめに「コメント」を書いているうち、メールのやり取りをするようになった。
 優希は、32歳、2歳と3歳、の子持ち、旦那の実家に、3世帯で暮らす、兼業主婦さんだ。

優希は、サイトには、ほとんど参加できず、メールでのやり取りが主なのだが、、ある日「今度、逢って、会話しようか??」ってメールを送ったら、しばらくして「私は、このサイトは、兄嫁さんから紹介してもらったんで、兄嫁さんも一緒でもいいですか??」と返事が来た。

 オレは、、「えっ、聞いてないようぉ〜〜」ってな感じだったけど、、、まぁ、気晴らしで「それでもいいよ」って返事をした。
 普通に考えれば、兄嫁は、優希の(オレの)監視役で同席することはわかっている。

彼女たちは、平日の午前中、午後の早い時間しか、都合はつかないらしい。
彼女たちの都合にあわせて、郊外のファミレスで待ち合わせをした。  程なく現れた彼女たちは、優希は150センチそこそこだが、兄嫁は、165センチくらいあって、スレンダーな体系をしていた。名前は、真由美という。 38歳、10歳の子持ちだという。

 オレは、ただ、「聞き役」、、兄嫁が会話の主導権を握っている感じだ。
今日は、このまま、終わるんだろうなぁ〜〜、なんて、思っていたら、真由美が「カラオケにでも行こうか!!」なんて、言い出し、、オレは、「もう、どうにでもなれ!!」という気持ちで、「いきましょう」と調子を合わせた。

 さすが、平日だけあって、お客は、まったくいなかった。車できてるので、酒は飲めないので、ただ、歌うだけ。。。
 もう、オレは、開き直って「真由美さん、一緒に歌いましょう」と、誘った。もう、逢うこともないだろう、って思いながら、真由美の腰に手を回しながら、なるべくカラオケの画像が、いやらしい曲を選んだ、、、。オレは、歌いながら、真由美の腰から、わき腹をやさしく撫でるように服の上から、愛撫??していった。 そして、時折、耳元で、ささやくように歌い続け、、、た。
 真由美は、初めのころは、、「だめだよぉ〜〜」なんて、いっていたが、次第に、、無言になっていった。優希は、恥ずかしそうに、その「光景」を、見ていた。
 オレは、真由美のスカートの上から、彼女のお尻をゆっくり、ゆっくり、撫で回し、、そして、スカートを捲くりながら、太腿を撫で回していった。
 部屋の照明を暗くして、、、、真由美を、ソファーに腰を掛けさせ、、曲は、もう、BGMになっている。、、「あのぉ、、お姉さん、、」優希が、話しかけるが、、、、「優希さん、いま、真由美さんは、気持ちよくなってるんだから、、、少し、見てて、、。」と言って、、優希の声を遮った。

 飲み物を、口移しで飲ませてあげると、、そのまま、ディープキスをした。もう片方の手は、パンティーの上から、ゆっくり、クリットのところを撫でている、、。「真由美さん、少し、湿り気があるよ、、」「あぁ、、もう、、言わないでぇ〜〜」、、、「旦那さんとセックス、あんまりしてないんでしょ、。」と言いながら、、パンティーの中に手を入れて、、、、指で、ゆっくり、ゆっくり、撫で回していく、、。「あぁ、、、、」、、「真由美さん、、、指を、入れるよ、、、あなたの、感じやすいところに〜〜」といいながら、指を、ゆっくり、挿入して、出し入れをしてやる、、「真由美さん、、、、大洪水、、だよ、、」「あぁ、、、、もう、、、、、、言わないでぇ〜〜」  優希は、ただ、呆然と見ていた。

 オレは、意外な展開を楽しみつつ、肉棒を真由美の大事なところに、あてがって、、、そして、一気に挿入した、、。真由美は、、「あぁ、、、あぁ、、、ちょっ、、、ちょ、、、生じゃ、、つけて、、つけて、よぉ〜〜」「もう、おそいよ、、真由美!!」 オレは、変な「征服感」を味わっていた。。。先ほどまで、「場の中心人物だった、女が、見知らぬ男の肉棒で汚されている、、、そして、、卑猥な声でよがっている。
 オレは、挿入のピッチを上げた、、、、。真由美は、上半身はブラウスは着けているものの、下半身は、淫らに、男の肉棒をくわえ込んでいる、、。
 オレは、ピッチを早めながら、、、優希を見ていた、。。「真由美さん、こんなにいい声を出しているよ、。」「次は、あなただから、、、、ね。。」
 真由美を四つんばいにして、バックから、思いっきり入れた。。「あぁ、、イィ、、ああ、、、」

 その時、、、、「もうすぐ、お時間ですが、、、延長なさいますか、、」とインターホンから、呼ばれた。。。

                             続きは、、、、また、、今度です。

 

 

 優希とは、某サイトで知り合った。  とはいっても、彼女が書き込んでいる「ブログ」に、オレがまめに「コメント」を書いているうち、メールのやり取りをするようになった。
 優希は、32歳、2歳と3歳、の子持ち、旦那の実家に、3世帯で暮らす、兼業主婦さんだ。

優希は、サイトには、ほとんど参加できず、メールでのやり取りが主なのだが、、ある日「今度、逢って、会話しようか??」ってメールを送ったら、しばらくして「私は、このサイトは、兄嫁さんから紹介してもらったんで、兄嫁さんも一緒でもいいですか??」と返事が来た。

 オレは、、「えっ、聞いてないようぉ〜〜」ってな感じだったけど、、、まぁ、気晴らしで「それでもいいよ」って返事をした。
 普通に考えれば、兄嫁は、優希の(オレの)監視役で同席することはわかっている。

彼女たちは、平日の午前中、午後の早い時間しか、都合はつかないらしい。
彼女たちの都合にあわせて、郊外のファミレスで待ち合わせをした。  程なく現れた彼女たちは、優希は150センチそこそこだが、兄嫁は、165センチくらいあって、スレンダーな体系をしていた。名前は、真由美という。 38歳、10歳の子持ちだという。

 オレは、ただ、「聞き役」、、兄嫁が会話の主導権を握っている感じだ。
今日は、このまま、終わるんだろうなぁ〜〜、なんて、思っていたら、真由美が「カラオケにでも行こうか!!」なんて、言い出し、、オレは、「もう、どうにでもなれ!!」という気持ちで、「いきましょう」と調子を合わせた。

 さすが、平日だけあって、お客は、まったくいなかった。車できてるので、酒は飲めないので、ただ、歌うだけ。。。
 もう、オレは、開き直って「真由美さん、一緒に歌いましょう」と、誘った。もう、逢うこともないだろう、って思いながら、真由美の腰に手を回しながら、なるべくカラオケの画像が、いやらしい曲を選んだ、、、。オレは、歌いながら、真由美の腰から、わき腹をやさしく撫でるように服の上から、愛撫??していった。 そして、時折、耳元で、ささやくように歌い続け、、、た。
 真由美は、初めのころは、、「だめだよぉ〜〜」なんて、いっていたが、次第に、、無言になっていった。優希は、恥ずかしそうに、その「光景」を、見ていた。
 オレは、真由美のスカートの上から、彼女のお尻をゆっくり、ゆっくり、撫で回し、、そして、スカートを捲くりながら、太腿を撫で回していった。
 部屋の照明を暗くして、、、、真由美を、ソファーに腰を掛けさせ、、曲は、もう、BGMになっている。、、「あのぉ、、お姉さん、、」優希が、話しかけるが、、、、「優希さん、いま、真由美さんは、気持ちよくなってるんだから、、、少し、見てて、、。」と言って、、優希の声を遮った。

 飲み物を、口移しで飲ませてあげると、、そのまま、ディープキスをした。もう片方の手は、パンティーの上から、ゆっくり、クリットのところを撫でている、、。「真由美さん、少し、湿り気があるよ、、」「あぁ、、もう、、言わないでぇ〜〜」、、、「旦那さんとセックス、あんまりしてないんでしょ、。」と言いながら、、パンティーの中に手を入れて、、、、指で、ゆっくり、ゆっくり、撫で回していく、、。「あぁ、、、、」、、「真由美さん、、、指を、入れるよ、、、あなたの、感じやすいところに〜〜」といいながら、指を、ゆっくり、挿入して、出し入れをしてやる、、「真由美さん、、、、大洪水、、だよ、、」「あぁ、、、、もう、、、、、、言わないでぇ〜〜」  優希は、ただ、呆然と見ていた。

 オレは、意外な展開を楽しみつつ、肉棒を真由美の大事なところに、あてがって、、、そして、一気に挿入した、、。真由美は、、「あぁ、、、あぁ、、、ちょっ、、、ちょ、、、生じゃ、、つけて、、つけて、よぉ〜〜」「もう、おそいよ、、真由美!!」 オレは、変な「征服感」を味わっていた。。。先ほどまで、「場の中心人物だった、女が、見知らぬ男の肉棒で汚されている、、、そして、、卑猥な声でよがっている。
 オレは、挿入のピッチを上げた、、、、。真由美は、上半身はブラウスは着けているものの、下半身は、淫らに、男の肉棒をくわえ込んでいる、、。
 オレは、ピッチを早めながら、、、優希を見ていた、。。「真由美さん、こんなにいい声を出しているよ、。」「次は、あなただから、、、、ね。。」
 真由美を四つんばいにして、バックから、思いっきり入れた。。「あぁ、、イィ、、ああ、、、」

 その時、、、、「もうすぐ、お時間ですが、、、延長なさいますか、、」とインターホンから、呼ばれた。。。

                             続きは、、、、また、、今度です。

 

 

 - 未分類 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
混浴で男性客を女性だと勘違いして・・・

大学の友達(奈緒、加奈)と3人で秘境の温泉に行ってきました。水着で温泉に入ると、加奈が「ここ水着禁止だった!」と気づく。混浴だけど、おばさんが3人入ってるだけ。みんなその場で水着を脱ぎました。隠す必要もないし、タオルを取りに戻りませんでした。温泉の面積は…

no image
高校の同級  不倫告白 続き

ミッコとの久し振りの再会、ミッコに教えられた色々な体位やフェラ等を再びの体験で体がミッコを求めていたのが分かったようでした、1度終えて2人で裸のままミッコのチンコを握ったまま寝てましたが夜中に目が覚め、夫に悪い事をした気持ちになりましたが、ミッコの大きい…

no image
女性教師

 高1のころ、大学を出たばかりの女性教師と関係を持ちました。 冗談っぽくラブレターを何通か出しアピールしたんですが、さり気なくかわされていました。 そうなることは僕自身も分かっていて。でも嫌な関係になるとかではなく、良く話したりしてました。 その人は英語の…

no image
朋子と漫画喫茶

【レス抽出】対象スレ:職場であったエチーな体験談Part8キーワード:R1y3OjLY0たしか9月頃のはなし。7時くらいに一人寂しく家に帰っていたんだが、朋子先輩(26)と駅で偶然一緒になった。俺は一人暮らしでほとんど外食かコンビニ弁当ばっかり食ってたから、思い切って食事に…

no image
世界で一番愛しい人 (3)

 わたしがここに来てから、何日くらい経っただろう。日の上り下りがなく、時計もないここでは僅か数日だったとしてもそれを知るのは難しい。もっとも、今のわたしにはどうでもいい事でしかないが。 ここにいると、日々はいたって単純に流れていく。起きている時はご飯を食…

no image
上司が無理矢理

26歳の会社員です。私は,結婚していて夫がいます。でも,いつも,男の人たちは,私が結婚していることを知っていて誘おうとします。「人妻」というのは,一つのブランドなのですか?男の人たちは,若い子が好きだと思っていましたが,「人妻」というのは後腐れなく遊べる…

no image
★レズ天国な女子テニス部なんです

 17才の高三の香里です。テニスクラブに属してます。つい先日クラブ練習の終了後、部室で同期で同じクラブの沙緒里と明子そして私の三人で着替えをしていました。女性だけなので三人とも上はノーブラ下はシーツ一枚で、汗をタオルで拭いていました。 沙緒里が突然に香里の乳は大きくていいな・・と言いながら、沙緒里はわたしの乳に触れてきました。三人の中では、確かに一番大きい(B83)だからいやだ沙緒里ったら。と両手

no image
淫乱人妻の他人棒ブログ 1

ブログより(転載本人了解済) 今日は、ネットで知り合った 私の1つ年上だけど主人よりは 10歳も若い男性と朝から 浮気えっちフルコースでした。 メールでの約束通り ノーパンでA羽で待ち合わせて 満員電車で触られながらI袋駅へ 途中気づいた隣のおじさんにまで 太ももか…

no image
おじいちゃんでも立派な逸物を入れられ・・

 友達からはバイオリストの、高嶋ちさ子に似ていると言われる、31歳のパート主婦です、子供ができ家庭の為に、私は知人に紹介された、小さな町工場にパートとして働き出して、半年がたちました時です、定年するはずの61歳の部長に犯されたの、皆さんが想像する最終目的まで私はされ、子供ができ旦那とは何年もレスなのです。 私は工場の休憩室に連れ込まれて、押し倒された場所は毛布上でした、私は必死の思いで抵抗したのだ

no image
職場の人妻と不倫

5年前のことひょんなことから職場の同僚の女性とメール交換が始まった。30代前半にしてバツイチになってしまった俺は、女性不信に陥っていてやけっぱちな状態で、このメール交換が後々まで続く関係になるとは思ってなかった。彼女は既婚で子梨、数年前から知ってはいたが、職…