エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★泥酔いした同僚の人妻をホテルに連れ込み

   

★泥酔いした同僚の人妻をホテルに連れ込み

 うちの会社に京大出たちょっと生意気な女がいて、今26歳だったかな。でもすでに人妻で。ちょっとスレンダーでよくみりゃ可愛い女だったし、いちどヤリたいほうだいやって、ヒーヒー言わせてやりたいと思ったわけ。ある日、飲み会の帰りに彼女が泥酔したところを家まで送るといいながら、ホテルに連れ込んでやった。

 服を脱がせると、細いながら乳はいい形でプリンのようでヘアも薄めでもう、初っ端からムスコはビンビン。とりあえずマンコなめはじめたら、寝てたはずの女の息が荒くなってきた。旦那にでもされてるとおもってだんだろうな。ものすごい濡れようで、いつもスマして、セックスなんてしらんみたいな顔していた清楚な女が(でも生意気、はあはあ全開クリや乳首を舐めたりさわると体を海老そらして感じまくる。
 そんなにほしけりゃ入れてやるよと、チンポをまんこ穴にあてがったあたりでヤツめ気がついた。ナニしてんの、Bさん。やめて、というか言わないか、びしょびしょに濡れたまんこにぐいぐいチンポをいれピストンしてやった。薄いヘアが濡れてよけい薄く見えて、割れ目も正面からくっきり少女みたいな童顔だから、よけいに萌えてきてこちらも絶好調。


 あ、ダメ、そんなことしてタダですむと思うの…と抗議の声を張り上げようとするんだがなにせ、体に火がついてるもんだから、快感に勝てないんだろうな。ヤダ、ヤダ、おねがいだから止めてよ。といいながら泣き始めた。といいながら、しっかり腰を動かしてる。

「でも、ちゃんと感じてるじゃん」
「違う、感じてなんかない…」
といい張るから、さらにクリに手を伸ばしながらピストンすると
「あ、ダメ、ダメ、ダメ、そんな、ああああ」

俺れが「そんな、なんだよ」と聞くと「ああ、いい、気持いいよう」と本音を出した。その後「T君、ごめんね、ごめんね、T君…」と旦那の名前を出して、快感に身をまかせている自分を責めるようになった。

「あはは、なんだ旦那より漏れのほうがいいんじゃん」
「違う、違う」とまだ、気持を抵抗させているんだが
「き、気持いいよう、ちくしょー」とふだんの彼女らしからぬ汚い言葉を吐いた。
「それじゃ、まず一発目、中に出させてもらうからな」
「いやだ、いやだ、お願い中だけはやめて」
「こっちこそ、いやだ。たっぷり出してやるよ、ほれ、スパートだ」
さらにグイグイ子宮を壊すような勢いでピストンする漏れ。

「いやああ、いい、いいいよう、いい、まんこ…」と言いかけて、一瞬だけ我に返ったのか、キっと怖い顔になる彼女。「ああ、か、感じるもんか、感じるもんか」と、ものすごい勢いで彼女、腰を動かしながら体の反応とは真逆なことを口走る。その言葉を聞いた漏れは興奮が絶頂に達して

「ドピュ、ドピュ、ドクドクドク」
「きゃあああああ」

 どうやら絶頂に達したのか、太ももを痙攣させ放心状態になる彼女。「さあ、これからゆっくり第2ラウンドを楽しもうぜ」とベッドの上に大の字になっている彼女に声をかけると、涙を目にいっぱいためながら、再び旦那の名前を口にした。「ごめんねT君、ごめんね」その日から彼女は俺の女になった。

 - レイプ・セクハラ体験談 , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★会社の女性の不倫現場を目撃し脅し種に・・2/2

「お前スケベなマン毛してんなー?清楚ぶってドスケベマ◯コじゃねーかよ」と言うと顔を真っ赤にしていた。僕はビラビラを引っ張って、マ◯コを広げると、中から「プチュッ」と音がして透明なマン汁が垂れてきた。「おいおい、もうマン汁垂れてきたぞ!感じてんじゃねーかよ、スケベ奥さん!」と言うと、泣きそうな顔で横を向いてしまった。 どうやらミサは言葉攻めに弱いみたいで、言われる度にブルッと体を震わせて、トロッとマン

no image
★あのときの女の子が職場に

 数年前、大学生だったとき。夏休みに某地方(*県)へ後輩二人と農業関係の長期バイトにいった。最終日、バイト先に女子中学生数人が見学にきた。そのなかの清楚で可愛い一人に目をつけた我々は、車で尾行し、一人になったところで声をかけた。「送ってあげるよ」彼女は警戒し戸惑っていた。我々は有無を言わさずワゴンに連れ込んだ。 我々は鬼畜だった。何しろ若かった。後はご推察の通りの惨状。先輩特権で僕が一番槍。処女だ

no image
★人には言えないが社長夫人をレイプした

 俺が27歳の頃、勤めていた建築会社の社長夫人をレイプしてやった事がある。夫人は会社でも事務員をしていて、見た目は真矢みき似の美人さんなんだけど、いつも人を見下す態度で嫌味な事をサラっと言う人だった。なので俺を含め他の従業員からも嫌われる存在だった。 ある日、夫人の原因もあって嫌気がさした俺は他の会社に転職が決まったので、会社を辞めることを社長に言いにいった。すると社長は俺の将来の事を考え退職するの

no image
刺激が欲しくて性が乱れて行きます。

 私達夫婦は30代の結婚生活6年になるマンネリ夫婦です。刺激が欲しく変な道に歩んでます。妻は他の男に抱かれたい願望があり、私はそれを見たい願望が有ります。後日に行動に出ました。仕事が休みの水曜日の事です。テレクラに電話をさし40代の男とテレホンSEXをさし、男に妻のベチョベチョに濡れたオ○コの音を聞かしオナニーをさし、感じる悶え声を聞かしてました。

no image
★犯してやろう~と言う妄想を・・

 俺には同じ職場にセックスフレンドがいる。名前は、仮にK子としておこう。もともとアパートが近いので、仕事が終わってから一緒に飲みに行ったりすることが多かったので、そのうちにハメ友達になった。去年、短大を卒業して俺の職場に採用された21歳で、結構な美人。芸能人に例えるなら、永作博美似のちょっとロリ入った娘だ。 で、二週間くらい前に、違う部署の友人達三人で俺のアパートで飲み会をやった。友人二人は、あま

no image
★気取った顔しているけど俺は陰部を知っている

 女の名前は「菊川奈緒」俺がバイトしている居酒屋に面接にきたときからずっと狙っていて、当然オナニーのネタは奈緒で更衣室に置いてあったバッグから盗んだハンドタオルを匂いながら、毎日のように頭の中で犯していた。 地元の私立中村学園女子高校を卒業し、そのまま同じ中村大学のほうに進学し、週3日俺と同じ居酒屋で5月からバイトしている。奈緒の父親はどこか大手会社の重役クラスらしいが、持ち物や服装も質素な生活でお

no image
★女子大生を性の奴隷に・・

 大学時代とびっきりの巨乳女子大生を奴隷にしていた。その女子大生の名前は優子というんだが、ずっと女子校だったらしく、すげえエロい身体してるのに男に無警戒。俺たち2年生が主催した歓迎コンパに参加した時も、巨乳の谷間の見える服にミニスカートという格好。しかも、お酒は全然飲んだことがないという・・。 最初は、大学進学のために一人暮らし始めて、ちょっと寂しいだの、ごく普通の話をしてたんだが、2杯カクテル(

no image
ビルの谷間で黒人の暴行を目撃した告白

 都内でバーテンしてる26才の男です。昨日の事なんですけど、俺は六本木駅近くのビルの7階のバーで働いていて、深夜2時位に休憩に入ったんで、バックヤードで一服してました。そしたら、窓のすぐ近くで女の悲鳴みたいなのが聞こえたので、恐る恐る窓に耳をあてて聞いてみました。すると、太い英語っぽい声が聞こえて、何かヤバそうな感じだったけど、ゆっくり窓を開けて覗き込みました。

no image
■インポの検査での事、若い女男研修生に・・

 3年前に神奈川のある有名な大学病院での検査のことです。当時女性経験の少なかった私はSEXの時、緊張と不安からペニスが完全勃起しない、いわゆる心因性インポの状態で、せめて肉体的な異常はないか思い、精密検査を受けることにしたのです。 最初の診察時に若い看護師さん2人にかこまれ、ペニスを消毒された時も屈辱でしたが、2度目の検査の時、ペニスに強制勃起剤を注射して人工的に勃起させて、超音波検査器で勃起時の

no image
学生の頃の夜這いの体験談告白

 学生の頃のことです。下宿に彼女が泊まりにきて風呂も入って、彼女が先に寝てしまったところに友達が遊びにきました。寝ている彼女は風呂あとなのでTシャツ一枚に短パンで布団もろくにかけずに寝ていました。「彼女いてるん悪い悪い帰るわ」と友人。「寝てるからええよ」とおれ。ひそひそ声でしばし談笑ののち、彼女は体がかゆいのかTシャツの中に手を入れ胸のあたりを掻き始めました。