エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

34歳独身兄のその後

   

 妹(32歳)の夫婦ハメ撮りビデオを見つけてそれを持ち帰り、毎日毎日それでオナニーばかりしている独身彼女なしの男のその後の話です。

 強烈な妹のハメ撮りを見せ付けられた私は、それから妹に対する思いがかなり強くなった。

 妹の家に行き、目を盗んでは下着などを物色、オナニーした。妹の下着でのオナニーはとても気持ちよくすぐに絶頂した。
洗濯前の下着もいいが、タンスにしまってある下着を取り出すのも興奮した。 汚れた部分を夢中で舐めまわし、チンポをしごくとすぐに射精した。

 ある日妹が私の家(実家)に遊びに来たときは、私のザーメン入りのコーヒーを飲ました事もあった。 妹が履いてきた靴を舐めて(もう変態だね)コーヒーカップに射精。 妹は気づかずにそれをおいしそうに飲んだ。私は射精したばかりだが、私の精子入りのコーヒーを夫の隣で飲む妹を見てるとすぐに勃起してすぐにオナニー。

 もう妹とやりたい。そんな事ばかり考えて毎日悶々した日々を送っていた。

 ある日の昼間私は妹の家を訪ねた。 妹は台所で洗い物をしていた。服装が例のハメ撮りの時の服装と同じだ。 紺色のワンピースにエプロン、私はその姿に頭はパンクした。

 私は後ろから抱きついた。妹はかなりビックリして「キャッ」と声をあげた。何をするのやめてと抱きつく私を引き離そうとした。 私は力にまかせて後ろに抱きつき両手で胸をグイグイと揉んだ。

 妹はやめてやめてと言ったが私はもう狂ったように抱きしめ胸を揉み、前に向かせキスをせがんだ。妹は両手で私の顔を押し拒否したが無理にキス。

 妹の身体が一瞬離れたが、すぐに後ろから抱きついた。 胸を揉み、ギンギンに勃起したチンポをお尻にグイグイと押し付け、あたかも挿入してるかのように腰を上下に激しく動かした。

 気のせいかもしれないが妹がイヤイヤと言いながらも感じてるよう気がした。その横顔を見たら私はパンツを履いたままその姿勢のまま射精した。 ドックドックとどんどんと出てくる快感に私は気を失うかの気持ちよさを感じた。

 いくらでも精子が出るような気がした。私は胸を揉み続けながらも力が抜けていった。 妹は私の身体を引き離し、もう出て行ってと鬼の形相で私に怒鳴った。私はようやく我に返り逃げるように家を出た。

 車に乗り猛スピードで走った。途中向こうから大型ダンプがやってきてそのまま突っ込もうかと思った。もうオレは何をやってるんだ。

 もう死ぬしかない。私は猛スピードで車を走らせそれしか考えられなかった。

 妹(32歳)の夫婦ハメ撮りビデオを見つけてそれを持ち帰り、毎日毎日それでオナニーばかりしている独身彼女なしの男のその後の話です。

 強烈な妹のハメ撮りを見せ付けられた私は、それから妹に対する思いがかなり強くなった。

 妹の家に行き、目を盗んでは下着などを物色、オナニーした。妹の下着でのオナニーはとても気持ちよくすぐに絶頂した。
洗濯前の下着もいいが、タンスにしまってある下着を取り出すのも興奮した。 汚れた部分を夢中で舐めまわし、チンポをしごくとすぐに射精した。

 ある日妹が私の家(実家)に遊びに来たときは、私のザーメン入りのコーヒーを飲ました事もあった。 妹が履いてきた靴を舐めて(もう変態だね)コーヒーカップに射精。 妹は気づかずにそれをおいしそうに飲んだ。私は射精したばかりだが、私の精子入りのコーヒーを夫の隣で飲む妹を見てるとすぐに勃起してすぐにオナニー。

 もう妹とやりたい。そんな事ばかり考えて毎日悶々した日々を送っていた。

 ある日の昼間私は妹の家を訪ねた。 妹は台所で洗い物をしていた。服装が例のハメ撮りの時の服装と同じだ。 紺色のワンピースにエプロン、私はその姿に頭はパンクした。

 私は後ろから抱きついた。妹はかなりビックリして「キャッ」と声をあげた。何をするのやめてと抱きつく私を引き離そうとした。 私は力にまかせて後ろに抱きつき両手で胸をグイグイと揉んだ。

 妹はやめてやめてと言ったが私はもう狂ったように抱きしめ胸を揉み、前に向かせキスをせがんだ。妹は両手で私の顔を押し拒否したが無理にキス。

 妹の身体が一瞬離れたが、すぐに後ろから抱きついた。 胸を揉み、ギンギンに勃起したチンポをお尻にグイグイと押し付け、あたかも挿入してるかのように腰を上下に激しく動かした。

 気のせいかもしれないが妹がイヤイヤと言いながらも感じてるよう気がした。その横顔を見たら私はパンツを履いたままその姿勢のまま射精した。 ドックドックとどんどんと出てくる快感に私は気を失うかの気持ちよさを感じた。

 いくらでも精子が出るような気がした。私は胸を揉み続けながらも力が抜けていった。 妹は私の身体を引き離し、もう出て行ってと鬼の形相で私に怒鳴った。私はようやく我に返り逃げるように家を出た。

 車に乗り猛スピードで走った。途中向こうから大型ダンプがやってきてそのまま突っ込もうかと思った。もうオレは何をやってるんだ。

 もう死ぬしかない。私は猛スピードで車を走らせそれしか考えられなかった。

 - 未分類 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
父が4人の女性と母に囲まれていた

じゃあさ、俺の両親の話なんだけど家に帰ってくると父が4人の女性と母に囲まれていたのは修羅場になる?あの光景は忘れられないわw内容によるんじゃないか?仲良く談笑してたら修羅場とは言えないし、その状況だけ書かれてもな。仲良く談笑ではない。女性4人は父の不倫相手…

no image
★女の体の性は奥深いと思う出来事・・1/2

 もう5年前のことです。私が大学の4年生、母が46歳だったと思います。母に陶芸講習付き2泊3日のパック旅行につき合わされました。館内のレストランで、同じパックできたご夫婦が2組と男性2,3人と私たちの一団が同じテーブルで食事をしました。 同じ趣味ということで、食事もお酒も盛り上がり、もっと飲もうということで、2組のご夫婦を除いて、私たちと男性二人(40歳前後?)は館内のスナックに行きました。そこはダンスも

no image
痴漢されレイプされ処女を失った悲惨なエッチ

マ○コは指を出し入れされたり、かき回されたりしました。何本もの手が私の体を這いまわって気持ちが悪く、これが2時間(私の自宅の最寄り駅までの時間)も続くかと思うと、地獄のように感じられたのです。しかし、本当の地獄はここからでした。私は進行方向右側の扉から入って押し込まれましたので、左側の扉に近い位置にいました。自分の降りる駅はまだだったのですが、駅が近くなるにつれて、痴漢たちの手が引っ込み、パンティは戻

no image
元彼

以前一人暮らしをしていた時の話です。かなり前に別れた元彼のカオリから携帯に着信があり出てみると仕事の研修で俺の住んでる街に来ているとのこと。はじめは友達の家に泊めてもらう予定だったがドタキャンされ泊まるところが無く困っているようでM君(俺)の家に泊めて欲し…

no image
何処でも私の体を求める彼氏

 今、つきあって四ヶ月くらいの彼氏がいます。彼はすっごいエッチ好きで、週に2,3回くらいしちゃってます。ペースはすっごい普通なんですけど、彼はすっごい元気だから、一回エッチしはじめたら5回くらいやられちゃうんです。最初はちゃんとホテルに行ってましたが、学校で会ってるときとか、事務室の前の人のこない階段に行きよくいちゃいちゃしていて、学校にいるのに我慢できなくなることがよくあるようになってきました・

no image
あなた ごめんなさい

あなた(主人)、ごめんなさい。先日あなた以外の男性に抱かれました。あなたも知っているA課長です。結婚して20年、今までこんな事は思ってもいませんでした。A課長は余り仕事が出来ない私を常にフォローしてくれ上司としてとても尊敬していました。単身赴任のA課長は本社に…

no image
待てば恋路のヒヨリちゃん

※誰かこれ、萌えコピ(萌えた体験談コピペ保管庫)にコピペして!オネガイ。 あらすじ。新人女子社員の本音を偶然聞いてしまい、印象は「カワイイ!」から「ムカつく!」へ。しかしそこには・・そして女はパンツを脱いだ。一体ナニがあったのか?今嫁かどうかは内緒だ。そ…

no image
作家志望

ある日人通りが少ない道を歩いてたらいきなり一人の男に口を抑えられうつ伏せにされる。人通りがほとんどないため誰も助けにこない。男に着ていたTシャツをまくりあげられて男の目的に気づき『やめて』と必死に叫ぶが口を抑えられてるため声が出ない。そして男に馬乗りにさ…

no image
下の階に住んでいるおじさんと人妻美佐子5

 わたしは、木戸の絶妙な舌使いに身体全身が 痙攣さえおこし始めている。愛液がどんどんと溢れだし、木戸の顔をみると口のまわりは 水あめ舐めたようにベトベトして光っているのである。木戸は 「うめぇぜ-。。。。。女の卑猥な味は最高だよ。  とくに美佐子のようなお…

no image
★上司と飲みに行く事は危険です

 35歳で派遣社員です。待遇も交通の便利もよく、とても気に入ってる会社なのでどうしても契約更新したい時でした。タバコ臭くて不潔感漂う、ハゲていて太っている58歳の上司に飲みに行こうと誘われたので・・この年令でなかなか次がない私は仕方なく行きました。 上司は車で来ているからとビール1杯しか飲まず、私ばかりススメられてだいぶ飲んでいました。(ビール焼酎、日本酒)そして帰り、送ってもらうときでした。少し