エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★こんな事が有るんですね!?

   

★こんな事が有るんですね!?

 商品を紹介(あわよくば買ってもらえたらなんて思っています)をして回っていた時の出来事なのですが、自分は家庭の器具の修理を主でまわってるので、ついでな感じで「修理する器具ありますか?」と一言言って回ったりもしました。その時のお客で自分の中で事故?は起きたのです。

 その家に行った時、チャイムを鳴らしてスピーカー越しの声が女性にしてはトーンが低く、声も小さかったので「風邪気味かな?」と思っていました。器具が調子悪いと言われたので、家に入ろうかと思いドアを開けたら、昼間にしてはカーテンを閉め切っていてほの暗い感じだったのです。
 そしてお客さんがこちらに来て、小さい声で「こっちです。」と言ってきて場所に案内されました。その時に確信したのが、見た目は女性だったのですが、声が確実に女性ではなく『男』でした。ニューハーフだったのです。確信してからは、早くこの家から出たいと思っていました。

 場所に案内されて見づらいからと電気を付けようとしたら「付けないで」と言われたので、仕方なく見づらいまま作業をしました。でもどこも悪い所はなくて帰ろうとしたら「そんな事はない」と言ってきたのでもう少し作業をする事にしてやっていたら、初めは自分を見ているだけだったのですが、次第にちょっとぶつかってくる様になり、しまいには自分の「アレ」を急に触ってきました。


 何すんだと思い離れようとしたのですが、もとは男ちょっとの力では離れず、かと言ってお客なので本気で行く訳にはいかなかったので「止めて下さい」といってもまるで聞かず、仕方ないと思い早く切り上げたかったので、そのまま作業をする事にしました。そしたらこっちが抵抗しないのを良い事にいきなりチャックを降ろして直で触ってきました。

 なので手をアレから離して「調子悪くないです」と、言い帰ろうとしたのですが、いきなりハグしてきました。もう泣きたい感じだったのですが、もう客でなかったら本気でなぐってやろうとおもいましたが、会社に連絡でもされたら問題になるので、力を入れて離す事が出来ずほっとけば帰れるだろうと思い、力を抜いら、触っていたアレをフェラしてきたのです。

 離そうとおもったのですが、あまりにも上手く不覚にもイってしまいました(泣)そしてポケットに何かを入れてきました。逃げる様に急いで家を出て、ふとポケットを見たら『アドレス入りのメモ書き』が入っていました。もう泣きそうになり「レイプされるとこういう気持ちかぁ...」としばらくテンション低いまま仕事をしました。


 男にやられたというショックとレイプ気味なフェラで完全にトラウマです...あ、メモ書きはその日に捨てました。皆さんレイプはやめましょう。やられた方はたまったものではありませんので・・

 - セールスマンの体験談 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★営業マンのエロ体験談

 俺は某不動産屋に勤めて6年目の30歳でした。お客は大手の商社に勤める32歳の旦那さんと、30歳の綺麗な奥さんが来店されました。新築を探されていたのでいくつか物件を紹介し、何度か自宅にもお邪魔させていただいたりと ご夫婦とも大変俺の事を信頼していただいてました。 お子さんは男の子が2人いて、何度かご案内しているうちに子供も俺にだいぶ懐いてきました。ようやく物件も決まり、間取りの打ち合わせや、資金の相

no image
★本屋で私好みの熟女に目がいきました

 気の乗らない営業廻りをした後に本屋で本を立ち読みしていると、ミニのスーツを着て本を立ち読みしている女性が気になり、しばらく様子を見ることにしました。彼女はキャリアウーマン風で背が高くロングヘアーで、脚のラインもすごく綺麗でした。 年齢も40代後半に見え、熟女好きの私にとっては見ているだけで勃起してくるようなタイプでした。その後彼女が店を出たので後をつけるとすぐに近くのパチンコ店に入ってしまいました

no image
★援交希望の人妻との体験談

 今回ははじめて円を利用?したときの話を書きます。自分は外回りの仕事をしているのですが、数年前のある日、非常にむしゃくしゃしていて円のサイトを見ていたら、近くで32歳の主婦の募集があったので「別1でどうですか?」と返事したら「いいですよ」との事。 仕事中?もうどうでもいいや!ということで、待ち合わせ場所に駆けつけました。まあ、年齢なりといった感じのちょいヤンキー入った感じの女性。ぎこちないながらも

no image
★満足するまで人妻とスケベな事をしました

 私は営業職でノルマさえ上げれば直行、直帰などかなり自由で、しかも成績は優秀で毎月上から1番か2番、上司との関係も良く結構自分の時間を取る事は自由だった、勿論その為には朝早くから客の家に行ったり日曜も無く、夜遅くまで客と上司を交えて飲む事も仕事ではあったけれど。 そんな状態だったから、妻も私に対して家をいつ出るかいつ帰るのかなどもう気にもしていなく、彼女の家に昼、夜と無く行く事は容易かったしその店

no image
★ベランダの熟女のパンチラに反応して

 俺は、家庭用常備薬の営業で毎日外回りをしてます。常連さんで、小綺麗な熟女さん(50前後に見える)の裏道で、昼飯を食べて休憩してると。二階のベランダで物干しをしているのが見えました。角度を変えると、奥さんのパンツがチラチラみえます。思わず、俺の手は股間に。奥さんが見えなくなったので、ファスナーを下ろしペニスを触りながら気持ち良くなっていると。 コンコンと、窓をノックされ、慌ててペニスをなおしながら顔を

no image
★ピンサロ嬢と偶然出会って

 俺は37歳の外回りのリーマンです。先日、仕事用品を買いに大型スーパーに立ち寄ると、以前に行って仲良くなったピンサロ嬢とたまたま出会した。嬢は彼氏と買い物に来ていたみたいで、ニコニコしながら仲良く手を繋いで歩いていたが、俺と目が合うと嬢の笑顔が消え少し焦りの色を見せていた。 そこで俺は嬢とすれ違いざまに「2Fトイレ・・」と呟きトイレの前で待っていると、少しして嬢と彼氏がトイレにやって来た。そして嬢と彼氏

no image
★営業中のチョットしたエロな出来事

 異常な暑さっだった日の出来事です。私は不動産建築関係の仕事をしています。営業職でたまに車の中で寝るぐらいでこれまで結構マジメに仕事をしてきました。そしてその日、初めて仕事中誘惑に負けました。 現場の打ち合わせを終えた私は業者と別れ、喫茶店で休憩しようと思っていました。目の前の団地内をショートカットしようと、団地の駐輪場の日陰でスマホをいじって周辺地図を見ていました。

no image
★OLさんが股を開き脚き寝ていたので

 ブラック高偏差値で有名な車の営業会社で働いてた時の話。そこは21時位になっても数字足りないと『今日の数字足りねぇけどどーすんだよ?』と店長から詰められる会社。そんな時間に言われても確実なアポなけりゃどーにもならん。で、とある日。事務所で詰められるのが嫌だったおいらは『直訪とポスティングしてきます』と言って逃げ出す。『さてどーやって時間潰すか…』と適当に車流す。以前アタリのあった顧客へアポ梨突撃。

no image
★女性の下着類が乱散した池の土手

 先日昼休憩時間に弁当を買ってため池の土手に行きました。営業途中に自然の中でおいしく弁当を食べようと思ったのです。何気なく見た水位の下がった池の斜面に布切れが見えました。その時は気にも留めなかったのですが、食後の後に散歩を兼ねて近寄るとブラジャーとショーツだったのです。 ブラジャーは二枚だったけど、ショーツは5枚位散乱していました。状況から判断するとおそらく下着泥が捨てたのでしょう。「こんなところ

no image
援交女が白い粉を入れる不審な行動

 俺は、営業系なので外に出る機会は多い、得意先回りをする気分になれない時は、『人妻新生活』で暇つぶしをする。掲示板を眺めるだけだが、たまに知り合った女と会う機会も幾らかある、大半がセックスレスになっている主婦がメインになる、数少ない会える機会の中で、強かな女を懲らしめた経験談を話そう。