エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★上司の女課長がバックから入れてと

   

★上司の女課長がバックから入れてと

 昨今、女性の管理職も増えてきたのか、内の職場でも部長クラスの人も出て来て、私の課にも女性の課長が来るようになってきました。最初の印象は、体格もいい女性で、少し厳つい感じの人でした。私は万年主任をして、あまり人がしたがらない仕事を捜しては、片付けているモノですから、あまり評価も高くないせいか、

 それとも人が嫌がる仕事をしているせいか、人よりは転勤が多いみたいです。新しく来た、課長に早速呼出されて、部屋に行くと「そこに座って」「はい」私は席に着くと、課長は私の前に来ると、書類を見ながら
「主任の評価があまり良くないようだから、調べてみたら良くこれだけの問題を片付けて、評価を受けないのには少しビックリしたわ、もう少しは、アピールした方がいいのじゃないかしら」
「どうも、その方は苦手なので、それに一人でやっていますから」その後は、たわいのない世間話して終りました。
 それから、しばらくして残業でかなりの残業になってしまい、その時部屋に課長が入ってきて
「まだ、居たのそんなに残業しても、手当は出ないわよ」
「ついつい、夢中になってしまい・・」
「いいわ、どうこれから一緒にいかない」
「一緒にですか?」
「私じゃイヤ」
「いえいえ」
「それじゃ、下で待っているから」

 課長は出ていき、私は急いで帰る支度をして、下まで急いでいき課長と飲みに行くことになり、結構身の上話やら、仕事のことなど結構盛り上がり、時間はあっという間に過ぎて終電近くまで、飲んでしまい、駅に行く途中で、課長が急に「ごめんなさい、少し飲み過ぎたみたい、どこかで・・」確かに、結構飲んだからと思いましたが「タクシー呼びますから」「少し、横になりたいから」さすがに、横になりたいからと言ってこんな所では、

 しょうがないと思い、この近くに確かビジネスホテルがあったと思い、そちらの方に向かうと酔っているせいか、看板も確かめずにはいると、ラブホテルでもうしょうがないと思い、課長を支えながら、部屋にはいるとベッドに横にすると、私はソファーに座ると、睡魔に襲われそのまま寝てしまい、しばらくすると課長に起こされ、しかも何時間にかバスローブ姿で、私はビックリしして

「すいません、間違えて・・」
「いいのよ、すっかり良くなったから」
「それじゃ、すぐに出ましょう」
「ダメよ、シャワーを浴びてきて、これは命令よ」
私は、観念して浴室に行き、シャワーを浴びて、すっきりとして出てくると、部屋は、暗くベッドに課長は横になっていて、

「主任早くここに来て」「はい、」
私は、課長の横に行くと、課長は
「主任、こんなおばさんとはイヤでしょう、本当に少し飲み過ぎて、でも主任とこんな形にもなりかったの」
「すいません、こんな所に入ってしまい、ちゃんと見れば良かったのですが、」

 その後は、課長は私の上に覆い被さってきて、口を塞がれそして課長の舌が入ってきてもう私は観念して、それに答えるように、舌を絡めてお互いに身体を真探り合い、最初は、私より年上の人と思いましたが、妻子世は課長が私の身体に、舌をはわせながら、元気なモノに舌をはわせ出して

「課長、私も課長の・・」「判ったわ」
69の形になって、お互いのモノを舌で愛撫していると
「入れて、バックで入れて」
課長が叫びだして、私はバックスタイルになっている課長の秘部に自分
のモノを宛がうと、一気に挿入すると、激しく課長の中で暴れると、課長は
一気に上り詰めて、
「私の中にぶちまけて、」
「逝きますよ、課長」

 私は、課長の中に大量に放出すると、課長の秘部は収縮するように私のモノを包み込み課長は余韻を楽しんでいるようで「凄かった、久々に男の人のもの入れたから」とても、満足してくれたようで「よかった、」内心、冷や冷やしましたが、課長は満足してくれてそれから二人で、シャワーを浴びて、ホテルを後にしました。


 その後、色々と仕事の方では、後押しをしてもらい、順調に仕事は行くようになりました。その代わりと言ってはなんですが、課長のペットにされて一週間に一度は、お相手をすることになりました。それでも、課長は気を遣っているのか、インナーにもオシャレをして、私との混じり合いを楽しみにしてくれます。

 課長のテクも凄く、特にフェラは凄く恥ずかしいことに、一度我慢できずに、課長の顔面にめがけて放出してしまい、さすがにまずいと思いましたが、課長は怒るどころか、凄く喜んでくれて、しかも顔面に着いた私の放出したモノを指で拭うと、全部飲み干してくれます。

 時々顔面シャワーをリクエストされ、もう一つ混じり合うときの体位は、さいころを振って決めています、課長のリクエストです、課長はバツイチでそんなに結婚生活は短かったのか、若いときそれなりに、関係はあったようですが、結婚生活はうまくいかなかったようです。


 それでも指には結婚指輪があるのですが、それもやはり世間体があるようで、色々と役に立つとかで、関係を言い寄ってくる人もいるようで、これで断ることが出来るとかで、何かと便利だそうです。転勤族なので、どちらかが転勤になるまで関係は続くでしょうが、課長は、転勤するときは、私を呼んでくるそうです。

 - 会社員の体験談 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★温泉旅館であり得ない事を体験しました

 その日はちょうど明日からお盆休みで残業もなく定時に上がれたので、たまには仕事帰りにゆっくり温泉にでも入りに行こうと思いました。その温泉旅館は小さい所で泊まり客が10人程。宿泊せずに温泉だけでも利用できる旅館です。 温泉場は露天風呂が有り、露天風呂は男性と女性が時間帯によって交互に入れ替わるシステムで、ちょうど私が来た時間はまだ男性の時間帯でした。あと30分位で次の女性の時間帯になります。 私はさっそ

no image
★酒で酔わせて人妻事務員に中出し

 先週末に職場の忘年会があり、以前から目をつけていた人妻の事務員をぐでんぐでんに酔わせて、ラブホに連れ込み合体に成功。意識はそこそこあったものの、足にきていて真っ直ぐ歩けなかったので、腰に手を回して抱きかかえながら、歩けるようになるまで「休むだけだから大丈夫。」などと騙し騙し強引にIN。 「早く帰らないと旦那に叱られる…」とか「子供が待ってるから…」とか言っていたが、部屋の入口でキスをしながら尻をな

no image
★社員旅行でコンパニオンとエロ体験

 もう、だいぶ前ですがある会社で社員旅行が企画されました。都内に8営業所あり年中無休なので一同に集まるのは不可能で、一つづつ交代で実施する事に。酒が飲めない私は幹事に任命されました。女性事務員のいない、10人の小さい営業所です。マイクロバスの手配から旅館の予約、観光地の見学予定と慣れない幹事の仕事をこなし当日を迎えました。 バスの中からみんな、飲み始め楽しい旅行となりました。旅館に到着し宴会が始ま

no image
★泊まった宿のエロな行為の目撃談

 当時25歳の僕は、大手電力会社の設備工事を請け負う会社で働いておりました。2月の中旬宮津の、エネルギー研究所の工事で夜遅くなりX X荘で宿をとることになりました。夜遅くの押し掛けだったので風呂もなし夕食もなし朝食もなしで、本当のす宿りを気にしてか上品なおかみさんが、何度もすまないと気遣ってくれました。 疲れてお布団に横になると、波の音がよく聞こえる部屋ですごくよく眠れて、翌朝すっかり疲れがとれてました

no image
★酔い潰れた女性後輩の女体にムラムラ

 この前、前の職場のみんなと久々に飲んだ。男2女4。職場の女はかわいいが全くムラムラ。こないので、エロい下心は持ってなかったのだが、新人の女が入ったらしく、この場にも来ていた。のだが、なかなかかわいい顔をしていた。それはさておき、時間が経ち、女が一人つぶれた。この女はいつもつぶれるので、これは想定内。 みんな勤務先がビジネスホテルで、つぶれた子は翌日朝から仕事だったので、働いてるホテルの部屋に寝せよ

no image
★事務員募集に応募してきた女性

 会社の事務員募集のチラシに応募してきた彼女。選考面接日は 8人と面接 午前中に終える事ができました。採用にはかなり迷いましたが、真紀の印象は強く感じました。二年前に離婚してとかでバイトして生活し、安アパートに住んでました。 36才でもまだ20代後半に見え、身体は太ってる訳じゃなく可愛い。子供もいないし、既婚者みたいに休みの多い人でもない。パソコンのできる事も条件に合う。即採用を決めた。夕方に携帯に電話

no image
★神社の巫女さんと神秘的な体験談

 結婚8年の36歳、妻は32歳ですが、このお話に妻は直接関係ありません。私の1年先輩の元同僚で、今では課長代理に出世している三浦さんの話です。実は、三浦さんの奥様の小春は、私の元カノだったのですが、秘密はそれにとどまらなかったのです。 13年前、私は新卒で採用されましたが3流大卒なので、県庁所在地の本社ではなく片田舎の営業所へ配属になりました。私は、あんまり田舎町に住みたくなかったので、電車で15分の隣の市

no image
★タクシー待ちの酔った女性と・・2/2

「うっちょーん!」と彼女は元気よく起き上り、俺を見ながら爆笑。やられた・・・と思い、今度は俺が倒れ掛かってみました。別に逃げるわけでもなく、俺は彼女の太ももに顔を付けてる状態です。「ちょっとーっ!寝ちゃダメだぞ!起きなさい!」もう俺の顔に伝わる太ももの温かくて柔らかい感触にヤラれてましたw「もう眠過ぎて・・・」とわざと顔を擦りつけるように振ると、くすぐったいと暴れる彼女。

no image
酔った女課長を送ってエロした体験談

 2年前、我が社の人材派遣部門が吸収合併して玲子課長がおいらの上司となった。45歳独身、都内にマンション所有のバリバリのキャリアウーマン。会社では目をつりあげて仕事しているけど、毎晩おいらのチンポでヒーヒーです。きっかけは飲み会で珍しく酔っ払った課長を送って行く役は一番下っ端のおいらです。

no image
★泥酔した同僚に中出しした体験談

 先日、会社内で飲み会があり同僚のKちゃんが呑み過ぎて意識不明になり、なりゆきで僕が車で家まで送る事になった。Kちゃんの家はクルマで20分ぐらいの場所にあり送っている最中に道が分からなくなったので・・  後部座席の彼女に道を尋ねると返事がないので、のぞいてみるとぐっすり眠り込んでる様子。この日の彼女はジーパンに上はビビットカラーのキャミソールで胸元からほんの少しのぞいてる。白くふくよかな胸元が何とも