エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

小学校時代の恥ずかしい思い出?

   

 僕の教室がある4階まで駆け足で一気にのぼったので、パンツ一枚の裸でも寒さは感じなかった。教室の前まで来ると、もう一度あたりを見回し、何か身につけるものはないかと思った。せめて体育着でもあればよいのだが、そんなものが廊下に落ちているはずはない。今、身にまとうことができるのは、このパンツ一枚だけだと観念し、深呼吸した。
 教室に入れば、パンツ一枚の僕の姿にクラスの女子達や担任(女)の先生は驚き、冷やかしの言葉を浴びせるだろうが、それも一時の辛抱、机の上に置いた服を素早く着込めばよいだけの話ではないか。教室に入ってから服を着るまで10秒もかからないことだろう。
 そう思って僕は覚悟し、教室の引き戸をあけた。一瞬にしてクラス全体が静かになったようだった。算数の時間で、担任(女)の先生は黒板の前で数式を示したまま、ぽかんとした表情で僕を見つめていた。それから、「どうしたのよ!その格好」と言った。
 クラスの女子達はたちまち爆笑の渦となった。僕はその隙に急いで自分の机に向かって服を着ようとしたが、先生に呼び止められた。「いいからこっちに来なさい。その格好のままでいいからこっちに来なさい」と、裸で恥かしがっている僕を強引に呼びつけるのだった。
「ねえ、パンツいっちょうで、どこうろついていたのよ」
 教壇でパンツ一枚の裸のままうなだれている僕に、先生の怒気を含んだ声が落ちてきた。僕は身体検査を受けていたこと、Y美の指示で教室で服を脱いでから保健室に行ったことを話さざるを得なくなった。クラス中の女子の視線がパンツ一枚だけをまとった僕の体に集中しているよう気がして、何度も詰まりながら言葉を継いだ。その赤面ぶりに先生はさすがに哀れを催したのだろう、Y美に事実の確認をした。Y美はあっさり僕の言ったことを認め、のみならず自分の指示が間違いだったことを、小学五年生とは思えない大人びた口調で詫びたのだった。
 先生もこれに気をよくし、僕のほうを向いて、「Y美もああやって謝っているでしょ。悪気があった訳ではないでしょ。お前も災難だったけど、許してやりなさいよ」と言い、自分の席に戻ってよいと手で合図した。
 これで服が着れると安堵したのも束の間、僕の机から服がきれいさっぱり消えてなくなっていた。椅子の下にあるはずの上履きも、ない。僕は机の中はもちろん、後ろのロッカーまで行って調べた。しかし、服と上履きはどこにもなかった。
 他の人のロッカーまで必死になって調べている僕に向かって、「ねえ、どうしたのよ」と先生が声をかけた。
「服と上履きがないんです」僕は半べそをかきながら、言った。「机の上に置いといたはずなのに」
「おい、誰かこの子の服を隠してない。かわいそうだから出してやりなさいよ」と、先生が笑いをこらえたような調子でみんなに言った。この女の先生は、怒った時はどんな生徒の背筋でもぴんと張るぐらい怖かったけど、普段は友だちのような感覚で生徒に接するのだった。この時も面倒見のよいお姉さんが仲間に協力を呼びかける調子で、クラス全員の顔を見回した。教室中がざわついた。
「でも、机の上に出しっぱなしにして行っちゃうほうが悪いと思います」風紀委員の女の子が手を挙げて、先生の許可を得てから発言した。「だから」
「だから、なんなのよ?」先生は、恥かしそうにうつむいた風紀委員の女の子を励ますように、やさしく次の言葉を促した。
「だから、服を没収されたんだと思います。授業が始まる前に授業と関係のないものは身の回りに置いといたらいけないことになっています。その場合は没収されるんです。これはクラスの規則です」まじめなだけが取り得のような風紀委員の女の子は、それだけ言うと、真っ赤になった顔を誰にも見せまいとして机に顔を伏せてしまった。
「それもそうね、それは確かに出しっぱなしにするのが悪いわよね」その規則を定めたのが他ならぬ自分である手前、先生は意を決したように命じた。
「よし、仕方ないその格好のままで授業を受けなさい。授業が終わったら、ちゃんと詫びて服を返してもらいなさい。分かったの」
 僕ひとりパンツ一枚の裸のまま授業を受ける。あまりのことに反論しようとすると、先生の逆鱗に触れてしまった。手を挙げず許可を得ないまま発言しようとしたことが原因だった。この女の先生は、こういう細かい規則にうるさいのだった。教室は再び、誰かがつばを飲み込む音すら聞き取れるほどの静寂に包まれた。
「お前、勝手に規則を破って、これ以上、私の授業の邪魔をしないでね。パンツ一枚の裸でも授業が受けられるだけ、ありがたいと思いなさい、恥ずかしいけどがまんしてね」
 この恥かしい格好のまま、教室の外に追い出されたら、たまったものではない。僕は観念して裸のまま席についた。咳払いして、先生は何事もなかったように授業を再開した。 授業では3人ずつ前に出て、教科書の問題を解いていた。黒板に数式を書き、答えを書く。いやな予感がしたが、案の定、僕の番まで回ってしまった。
「どうした、パンツ一枚の裸ちゃん。前に出て、この問題を解いてよ。君なら簡単にできるはずだけどなあ」先生の冷やかしにクラスの女子達みんながどっと笑った。僕は立ち上がり、素足でパンツ一枚の裸のまま黒板の前で答えを書いた。すると、「式も書いてね。答えはどうせ合ってるんだろうけど、式がないと分からないよ、白いパンツの裸ちゃん」と先生が笑いながら言った。続いてクラス全体に笑いが起こった。僕は緊張で震える手を抑えながら、なんとか数式を書き終えた。先生は他の二人を席に戻し、僕だけ黒板の前に立たせると、
「今、私、この子のパンツつくづく見てたんだけど、真っ白できれいだよな。小便の染みとかウンチとか、何も付いてねえんだよ。みんなも下着は、いつもきれいなのを履いときなさい。この子みたいに、いつみんなの前で下着をさらすか、分からないからな」と言った。みんなは照れたように笑い、それから僕のパンツに対して拍手を送った。
「でもな」先生が口を挟むと、拍手が途絶えた。「体が生白いね。全然お日様にあたっていないような肌じゃないか。白いのはパンツだけにしといたほうがいいわよ」
 よけいなお世話だ、と内心つぶやきながら僕は席に戻り、着席した。
 
 四時間目の授業がやっと終わって、僕は自分の席から風紀委員の女の子を呼んだ。すると、横からY美が「人に物を頼むなら自分から出向かなくては駄目でしょ」と言い、風紀委員にこっちに来なくてよいと伝えた。僕は相変わらずパンツ一枚の裸のままだったけど、このまま服を返してもらえないと困るので、恥かしさをこらえて風紀委員の席まで行き、服を出してくれるように頼んだ。しかし、風紀委員は、知らないと言う。そんなはずはない。風紀委員以外の誰が没収するのか。気づいた人がその場で没収する。僕の服や上履きを没収したのは誰か分からない、という返事だった。
 あせった僕はクラスの一人一人に服のありかを尋ねた。「知らない」「自分で探せば」みんなの返事はそっけなかった。服を探してうろうろしている僕は、机の移動など給食の準備で忙しいみんなにとって邪魔者だった。結局、誰が僕の服と上履きを没収したのか分からず、服も上履きも見つけることができないまま、パンツ一枚の裸の格好で給食の時間を迎えることになってしまった。

 僕の教室がある4階まで駆け足で一気にのぼったので、パンツ一枚の裸でも寒さは感じなかった。教室の前まで来ると、もう一度あたりを見回し、何か身につけるものはないかと思った。せめて体育着でもあればよいのだが、そんなものが廊下に落ちているはずはない。今、身にまとうことができるのは、このパンツ一枚だけだと観念し、深呼吸した。
 教室に入れば、パンツ一枚の僕の姿にクラスの女子達や担任(女)の先生は驚き、冷やかしの言葉を浴びせるだろうが、それも一時の辛抱、机の上に置いた服を素早く着込めばよいだけの話ではないか。教室に入ってから服を着るまで10秒もかからないことだろう。
 そう思って僕は覚悟し、教室の引き戸をあけた。一瞬にしてクラス全体が静かになったようだった。算数の時間で、担任(女)の先生は黒板の前で数式を示したまま、ぽかんとした表情で僕を見つめていた。それから、「どうしたのよ!その格好」と言った。
 クラスの女子達はたちまち爆笑の渦となった。僕はその隙に急いで自分の机に向かって服を着ようとしたが、先生に呼び止められた。「いいからこっちに来なさい。その格好のままでいいからこっちに来なさい」と、裸で恥かしがっている僕を強引に呼びつけるのだった。
「ねえ、パンツいっちょうで、どこうろついていたのよ」
 教壇でパンツ一枚の裸のままうなだれている僕に、先生の怒気を含んだ声が落ちてきた。僕は身体検査を受けていたこと、Y美の指示で教室で服を脱いでから保健室に行ったことを話さざるを得なくなった。クラス中の女子の視線がパンツ一枚だけをまとった僕の体に集中しているよう気がして、何度も詰まりながら言葉を継いだ。その赤面ぶりに先生はさすがに哀れを催したのだろう、Y美に事実の確認をした。Y美はあっさり僕の言ったことを認め、のみならず自分の指示が間違いだったことを、小学五年生とは思えない大人びた口調で詫びたのだった。
 先生もこれに気をよくし、僕のほうを向いて、「Y美もああやって謝っているでしょ。悪気があった訳ではないでしょ。お前も災難だったけど、許してやりなさいよ」と言い、自分の席に戻ってよいと手で合図した。
 これで服が着れると安堵したのも束の間、僕の机から服がきれいさっぱり消えてなくなっていた。椅子の下にあるはずの上履きも、ない。僕は机の中はもちろん、後ろのロッカーまで行って調べた。しかし、服と上履きはどこにもなかった。
 他の人のロッカーまで必死になって調べている僕に向かって、「ねえ、どうしたのよ」と先生が声をかけた。
「服と上履きがないんです」僕は半べそをかきながら、言った。「机の上に置いといたはずなのに」
「おい、誰かこの子の服を隠してない。かわいそうだから出してやりなさいよ」と、先生が笑いをこらえたような調子でみんなに言った。この女の先生は、怒った時はどんな生徒の背筋でもぴんと張るぐらい怖かったけど、普段は友だちのような感覚で生徒に接するのだった。この時も面倒見のよいお姉さんが仲間に協力を呼びかける調子で、クラス全員の顔を見回した。教室中がざわついた。
「でも、机の上に出しっぱなしにして行っちゃうほうが悪いと思います」風紀委員の女の子が手を挙げて、先生の許可を得てから発言した。「だから」
「だから、なんなのよ?」先生は、恥かしそうにうつむいた風紀委員の女の子を励ますように、やさしく次の言葉を促した。
「だから、服を没収されたんだと思います。授業が始まる前に授業と関係のないものは身の回りに置いといたらいけないことになっています。その場合は没収されるんです。これはクラスの規則です」まじめなだけが取り得のような風紀委員の女の子は、それだけ言うと、真っ赤になった顔を誰にも見せまいとして机に顔を伏せてしまった。
「それもそうね、それは確かに出しっぱなしにするのが悪いわよね」その規則を定めたのが他ならぬ自分である手前、先生は意を決したように命じた。
「よし、仕方ないその格好のままで授業を受けなさい。授業が終わったら、ちゃんと詫びて服を返してもらいなさい。分かったの」
 僕ひとりパンツ一枚の裸のまま授業を受ける。あまりのことに反論しようとすると、先生の逆鱗に触れてしまった。手を挙げず許可を得ないまま発言しようとしたことが原因だった。この女の先生は、こういう細かい規則にうるさいのだった。教室は再び、誰かがつばを飲み込む音すら聞き取れるほどの静寂に包まれた。
「お前、勝手に規則を破って、これ以上、私の授業の邪魔をしないでね。パンツ一枚の裸でも授業が受けられるだけ、ありがたいと思いなさい、恥ずかしいけどがまんしてね」
 この恥かしい格好のまま、教室の外に追い出されたら、たまったものではない。僕は観念して裸のまま席についた。咳払いして、先生は何事もなかったように授業を再開した。 授業では3人ずつ前に出て、教科書の問題を解いていた。黒板に数式を書き、答えを書く。いやな予感がしたが、案の定、僕の番まで回ってしまった。
「どうした、パンツ一枚の裸ちゃん。前に出て、この問題を解いてよ。君なら簡単にできるはずだけどなあ」先生の冷やかしにクラスの女子達みんながどっと笑った。僕は立ち上がり、素足でパンツ一枚の裸のまま黒板の前で答えを書いた。すると、「式も書いてね。答えはどうせ合ってるんだろうけど、式がないと分からないよ、白いパンツの裸ちゃん」と先生が笑いながら言った。続いてクラス全体に笑いが起こった。僕は緊張で震える手を抑えながら、なんとか数式を書き終えた。先生は他の二人を席に戻し、僕だけ黒板の前に立たせると、
「今、私、この子のパンツつくづく見てたんだけど、真っ白できれいだよな。小便の染みとかウンチとか、何も付いてねえんだよ。みんなも下着は、いつもきれいなのを履いときなさい。この子みたいに、いつみんなの前で下着をさらすか、分からないからな」と言った。みんなは照れたように笑い、それから僕のパンツに対して拍手を送った。
「でもな」先生が口を挟むと、拍手が途絶えた。「体が生白いね。全然お日様にあたっていないような肌じゃないか。白いのはパンツだけにしといたほうがいいわよ」
 よけいなお世話だ、と内心つぶやきながら僕は席に戻り、着席した。
 
 四時間目の授業がやっと終わって、僕は自分の席から風紀委員の女の子を呼んだ。すると、横からY美が「人に物を頼むなら自分から出向かなくては駄目でしょ」と言い、風紀委員にこっちに来なくてよいと伝えた。僕は相変わらずパンツ一枚の裸のままだったけど、このまま服を返してもらえないと困るので、恥かしさをこらえて風紀委員の席まで行き、服を出してくれるように頼んだ。しかし、風紀委員は、知らないと言う。そんなはずはない。風紀委員以外の誰が没収するのか。気づいた人がその場で没収する。僕の服や上履きを没収したのは誰か分からない、という返事だった。
 あせった僕はクラスの一人一人に服のありかを尋ねた。「知らない」「自分で探せば」みんなの返事はそっけなかった。服を探してうろうろしている僕は、机の移動など給食の準備で忙しいみんなにとって邪魔者だった。結局、誰が僕の服と上履きを没収したのか分からず、服も上履きも見つけることができないまま、パンツ一枚の裸の格好で給食の時間を迎えることになってしまった。

 - 未分類 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
まゆの告白

まゆの告白こんにちは、翔様まゆです。課題命令、自転車羞恥をやってしまいました。早めにご報告しておきます。服装:股下8センチまでつめた、白のフレアミニ昨夜裏地はずしてしまいました、(電気の光だけでも、下着はうっすらと透けてしまいます)前回のご報告遅れの罰だ…

no image
この前嫁と初めてカップル喫茶に行った

この前嫁と始めてカップル喫茶に行った。寝取られたりするのはまったく理解出来ないが、昔友人の彼女を寝取ったことはあり、何となくカップル喫茶も存在は知っていた。嫁も興味があったのか、誘うと意外にあっさりOKだった。俺と嫁は結婚して2年目で、俺が29歳、嫁の香菜は26…

no image
★子作りってアレするんですよね

 ある奥様です。「私と子作りしてくれるかしら?」「え?!子作りって、あの~」「本気なのよ、あなたならいいわ」営業担当で外に出るのも多く、よく立ち寄ってお昼の弁当を買い、そこでレジをしていや奥さんと顔見知りになってました。 駐車場で弁当を食べたりしていた、そんなある日のこといつもように店に入った。「お昼のお弁当ですか、よろしければ、私の家が近くで一時までですから、待っていてもらえるなら家で一緒にいか

no image
職員旅行で

恥ずかしいが、漏れは社会人になるまで童貞だった。女友達は結構いたが、女の子にしてみれば安全パイ扱いだったのかもしれない。仲は良かったが、所詮友達止まりだった。高校は田舎だったから、どんなに進んでる奴でもキスぐらいなもんだった。大学は女子が圧倒的に少なく、…

no image
★美人で上品な女性に咥えられると

 43歳の会社員です。私には結婚17年の39歳の妻の里美がいます。出産後は里美は専業主婦になりましたが、元は会社の同期でした。私は大卒、里美は高卒だったので4歳差なんです。実は、同期の中で一番美人だったのは清楚な優子で、大卒なので同い年でしたが社外にもライバルがいる状態で、私は、優子が取引のある銀行員と交際していることを知って諦めました。 そんなときに、同期でも、高卒なのでファッションにも疎く目立たない

no image
風俗関係はスレ違い?

あんまり文才ないし、2年近く前の話だからうろ覚えで皆みたいに上手く書けないけど・・・彼女スペックは21歳身長156バスト85(C)ウエスト56ヒップ86少し茶髪の可愛い系でしょこたんに少し似てる感じ。出会からしてすでに風俗なんだけどw仕事仲間と打ち上げでデリヘル呼ぼう…

no image
歴代彼氏は最低でした。

私の場合は自分は決してかわいいタイプではないし美人でもありません。それに、ドン臭い方だと思います。流行の物は知らないし、パソコン画面に向かって「うはwwちょwwおまっwww」とか書いてる暇人です。出会い系もした事が無いし、今は親元に住んでパラサイトしてま…

no image
★セクハラされ続けると

 わたしは携帯ショップに勤めています。27歳です。39歳の男性主任とあと33歳、32歳の女性の4人で働いてます。渡された制服はサイズが小さく胸が強調されスカートも座ればパンチラする位のミニにされています。わたしは新人で仕事もわからないのでいつもあやまっていました。 すると主任に胸やお尻を触られるようになり、職場のみんなはみてみぬふりです。あるとき失敗をしてその失敗を許す代わりに主任に抱かれました。それから

no image
人助け

会社の取引先に勤めていた女(A子 26歳)であったが、その取引先でも非常にガードが固く有名であった。顔は普通、スタイルは中々良い感じであったが、噂どおりガードは固かった。取引先の人たちと飲む機会に恵まれ、A子も来ていた。飲み会が終り、2次会に行く人は2次会へ、…

no image
★神社の巫女さんと神秘的な体験談

 結婚8年の36歳、妻は32歳ですが、このお話に妻は直接関係ありません。私の1年先輩の元同僚で、今では課長代理に出世している三浦さんの話です。実は、三浦さんの奥様の小春は、私の元カノだったのですが、秘密はそれにとどまらなかったのです。 13年前、私は新卒で採用されましたが3流大卒なので、県庁所在地の本社ではなく片田舎の営業所へ配属になりました。私は、あんまり田舎町に住みたくなかったので、電車で15分の隣の市