エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★まさか妻をレンタルするとは

   

★まさか妻をレンタルするとは

 愛している妻を他人に貸すことは絶対にありえないと思っていた。売上を拡大するために新規取引先の会社獲得コンテストが会社で行われていた。取引金額は1000万円とし、1件として数える。1億は10件としてカウントする。私はトップまで5件に迫っていた。取引先の社長より2億円の話が持ち上がってきた。20件としてカウントしてくれる。

 社長は私の足元を知っていた。これから毎年2億円の発注契約をする。その対価として君の奥さんを毎週1泊で私の妻として貸してくれないか。私が悩んでいると私と妻と社長と食事会を提案してくれた。食事は社長がもってくれると言うことで受諾した。妻は31歳で160センチ、48キロ、バスト88、ウエスト58、ヒップ88でスリムな体型で餅肌が私の自慢だった。バストも大きくはないがお椀を伏せた形と大きさであった。
「奥さん、あなたの夫が会社のコンテストでトップになると役職が上がり給与も年収で300万円アップするとしたら夫に協力をしますか」
「勿論、協力しますわ」
「私が毎年2億円の取引の契約を結ぶと彼は会社でトップになります。トツプにならなければ契約金額を増やします。あなたが私の会社に勤務することを条件とします」
「解りました。私で良ければ-----あなたいいでしょう」

「決まりました。明日、契約書に調印します。奥様は来月の1日から出社してください」 
 狡猾に社長は、妻に社員になる事を勧めた。妻の給与は25万と提示していた。仕事は社長秘書と言う名目の愛人契約になることは明白であったが私はトップになりたかったので黙っていた。

 翌日、社長に契約を交わすために訪問した。
「株式会社〇〇は、△△株式会社久利係長に毎年2億円の取引をすることを約束します」
 会社の契約書に署名、捺印をしてくれた。

 もう1通契約書があった。
「私、久利光男は、妻、美希に株式会社〇〇に勤務することを承諾します。勤務時間は、社長の愛人として仕えさせることを承諾します」

 妻に対する言葉と契約書の内容には愛人とすると明記されていた。仕方なかった。お陰で私は全国500人営業マンの頂点に立つことができた。役職も係長から正課長になり、年収も400万円もアップした。

 翌月からは妻は昔のOLに戻った気分で出社していった。その日は何もなく帰って来ていた。
「あなた、この金曜日に私の歓迎会をしてくれるみたい。遅くなるかも知れませんが宜しくね」

「社長たら秘書は、社長の代理もしなければならない。朝の挨拶はキスすること、と言われました。今朝からキスしました」
「そうなの----」
 美希に対する調教は始まっていた。

 キスは唇を合したキスが最初で、段々と濃厚になって来ていた。お互いの唾液まで交換するところまで来たところで、美希の歓迎会になっていた。社長好みに慣らされていた。

 歓迎会と称して、1次会は全員で行い、2次会は社長と2人きりになっていた。美希は酔わされていた。酒の中に媚薬が入れられて肉体が熱く火照っていた。美希が犯されると気が付いたときは後の祭りであった。ホテルの部屋で全裸で犯されていた。

 - 会社員の体験談 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★山中で女上司が用を催したのがキッカケで

 女上司と一緒に行った打合せの帰り道。車で山越え中のどうしようもないタイミングで、女上司の尿意が限界に。仕方がないので舗装していない林道に車を突っ込み、奥で用を足させる。ソッチ系の趣味はないので車で待っていると、女上司の悲鳴が聞こえた。駆けつけると、女上司はコケてスーツを泥まみれにし、だいぶキレていた。車は自車で、トランクには趣味のフットサル用の練習着がある。  車に戻って練習着を渡すと、女上司は

no image
★職場の飲み会で打ち解けて・・

 職場の(複数の部が合同)飲み会で、業務の話しかしたことが無い女性と隣り合わせになった。最初は話が全然弾まなかったものの、学生時代のクラブが同じだった事が途中で分かり、俄然盛り上がった。一次会が終わり、二次会の店(カラオケ)に向かう途中で『一曲歌うぐらいだろうね』との問いかけに少し真顔の顔で『別の店に行く?』と答えてきた。 こちらの『行こうか?』には答えず腕をくまれ、二次会の店と逆の方向に歩き出した。

no image
★後輩に紹介してもらった出会い系サイト

 出会い系でGカップの女と会ってきた話。欲求不満でムラムラしていたら、後輩が出会い系でアポを取ってきてくれた。そいつは、そういうのばっかやってるやつだけどなかなかの成功率、というか性交率を誇っていてよく武勇伝を聞かされていた。今回は俺が「女抱きてぇー!」とか言ってたら、その後輩が「僕のセフレでよかったらどうぞ」だと。 後輩からの紹介ということで出会い系サイトを通じて、メールのやり取りをしてさっそく

no image
★幸運続きの出張先でした

 出張で京都へ行った時、土曜に打ち合わせが終わる予定だったが、月曜にも打ち合わせをすることになり、そのまま週末を過ごす事になった。土曜に夕食をしていると、隣のテーブルの二人組の女性(ゆうこ・まゆみ)とふとしたきっかけから話をし、意気投合し、夜の街へでかけた。11時も過ぎホテルへ戻り、部屋で再び飲むことに。 二人とも既婚者で、次第に、酔いと旅先の開放感で、会話もH系で体のタッチもOK状態だった。先に

no image
★出張で嬉しかった同伴者の変更

 会社の出張で二泊三日で行くことになった。当初男の先輩と行く予定で経費節約でツインルームを予約していた。が、出張前日先輩が顧客トラブルで行くことが出来なくなり、別の女先輩と行くことになった。  女先輩は29歳。顔もスタイルも良く、社内でもトップクラスの人気で、顔は米○涼○似。婚約者あり。俺は25歳。若干のデブ、社内でも女性社員からは全く相手にされないモテナイ男。もちろん彼女なし、風俗大好き男。そんな先輩

no image
★俺のペニスにむ夢中になった女上司

 俺が25歳ぐらいの時の上司が、松嶋菜々子級の38歳の女性だった。仕事はできるがかなり性格もキツく、近寄り難い人だった…5年ぐらい前に離婚をし、美人だが男の噂も無く、仕事一筋って感じで、プライベートは誰も知らなかった。 俺は休みの日に遠方で買い物してたら菜々子(菜々子にしときます)を見かけ、あれ?って思うぐらい可愛らしい格好をしてて、興味本位で付いて行ったらアダルトショップに入って行った…

no image
★チョイノマSEXのお勧め

 最近で一番面白かったのは、昼休みにホテルへGOでした。セックスする子の一人に会社のオンナノコがいるんですが、ちょっとセックスの期間が空いたんです。(と言っても、一週間程度ですけどヾ(´▽`;)ゝ)でも毎日会社で見るし、高いヒールの薄い黒パンストの足を見てるとどうしてもしたくなっちゃって。 制服ってのもどんなかなぁと思って。近くのビジネスホテルに昼のプランが在る事を知り、呼び出しちゃいました。まぁ、部

no image
★就職活動中の清楚な女子大生とのエロ事・・1/2

 俺、33歳。某地方の中小企業の人事。女子大生、綾瀬はるか似なので以下はるかで。清楚な感じ。160センチくらいかな?おぱーいは魅惑のEカップ。話は約一年半前の春ですが、新卒面接のために東京に出張したのです。うちの会社は少しおかしくて、一次面接は現場の役職者が、最終面接は僕がやるんです。で社長に電話で報告してOKもらったら内定、みたいな。  でその時も東京で3名最終面接するために上京してました。最初の二人の面

no image
★林の中で空気がエロムード

 文筆家のA子さんと知り合ったのは三年前、仕事を通じてだった。彼女は女性誌関連のエッセイをかいたりしていた。郊外に住んでいるため、駅の近くのシティホテルのカフェが打ち合せの場所だった。 40代半ばだったが、色白で首から胸元のラインが美しく、胸元にのぞくネックレスがアクセントとなり、品と透明感を感じた。目が美しい女性だった。あるとき、たまたま自宅で打ち合わせをして、帰路に送ってもらうことになった。

no image
殴る癖の快感に目覚めて・・

 私は気の弱い中年サラリーマンです。若い頃から体を鍛えていたため、体格はガッチリしていますが、マジメでケンカなどしたこともないので、人を殴る快感など知りませんでした。でも、心のどこかに人を痛めつけることへの憧れ、そういうことで快感を得たいという欲求が何時もありました。私は30歳になる少し前から、テレクラやメル友、チャットなどを利用し、自分の中に眠るそういった欲求を解消しています。