エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

下の階に住んでいるおじさんと人妻美佐子 3

   

 美佐子は、家路に着くときに木戸の暑い胸と男の汗の臭いを感じながら 胸の鼓動がドキドキしているのを感じることができた。真夏の外は歩くだけで汗をかいてしまう。美佐子は、家に帰るとすぐにシャワ-を浴びた。おおきな胸に水滴が流れていき、むっちりとした太もも、おおきなお尻へと流れていくのである。美佐子は、浴室から出て、ティ−シャツと短パン姿になり、ク−ラの聞いた部屋で、すこし居眠りをしていると、チャイムの音がした。下の階の木戸が「奥さん こんにちは木戸です」という声がしたので、急いで居眠りから目覚めてドアを開けた。木戸は、おおきなスイカを持っていて「仕事場で貰ったんだけど、たくさんあるから奥さんと旦那さんで食べてくださいよ」と言って美佐子に差し出したのである。美佐子は、せっかく持ってきていただいたので、お断りするもの悪いので。快く お礼を言ってスイカをいただいた。 美佐子は ノ−ブラだったし、肌にぴったりのティ−シャツだったので大きなおっぱいの形がはっきりと わかるほどだ、しかもぷっくりした乳頭が飛び出していてその形さえ目につく
美佐子は、あわてて起きたので 少し顔を赤くしてしまった。玄関から部屋につるしてある美佐子のパンティ-とブラジャ−も丸見えであった。木戸は、美佐子の派手な色付のパンティ−を見て、心の中で「大人しい顔をしているのに、なんて エロイ、下着を履いているんだ、この淫乱女め」と思いながら。美佐子の全身を食い入るように見つめて、「それじゃあ奥さん。失礼しますね」と言って玄関のドアから出ていった。美佐子は、部屋をみて、「わたしの下着みられたかなあ。たぶん大丈夫でしょう」って呑気なことをつぶやいているのである。木戸さんはいい人だから大丈夫ねって思いながら。
 木戸は家につくと部屋につるしてあった洗濯物のおおきなブラジャ-そしてパンティ-
美佐子の大きなおっぱいと 突起していた乳頭を思いうかべて木戸のアソコははちきれそうに大きくなっていた。自分のちんぽに向かって、あともう少しの辛抱だぜ、あの女のアソコの中へ招待してやるからなと囁いた。
3日後の昼過ぎに、美佐子の家の電話が鳴った。木戸からである。「木戸です。今部屋にいるんですけども、おいしい野菜が実家から届いたのでおすそ分けしたいので、ぜひお越しください、大根もまるまるとして美味しそうですよ」って言うのである。美佐子も、夫も野菜は好きだったし、木戸のやさしい口調に乗せられて 美佐子はティ−シャツ短パン姿から、以前 公園を散歩したときのワンピ−スに着替えて下の階にすんでいる木戸の家へと向かったのである。 

 美佐子は、家路に着くときに木戸の暑い胸と男の汗の臭いを感じながら 胸の鼓動がドキドキしているのを感じることができた。真夏の外は歩くだけで汗をかいてしまう。美佐子は、家に帰るとすぐにシャワ-を浴びた。おおきな胸に水滴が流れていき、むっちりとした太もも、おおきなお尻へと流れていくのである。美佐子は、浴室から出て、ティ−シャツと短パン姿になり、ク−ラの聞いた部屋で、すこし居眠りをしていると、チャイムの音がした。下の階の木戸が「奥さん こんにちは木戸です」という声がしたので、急いで居眠りから目覚めてドアを開けた。木戸は、おおきなスイカを持っていて「仕事場で貰ったんだけど、たくさんあるから奥さんと旦那さんで食べてくださいよ」と言って美佐子に差し出したのである。美佐子は、せっかく持ってきていただいたので、お断りするもの悪いので。快く お礼を言ってスイカをいただいた。 美佐子は ノ−ブラだったし、肌にぴったりのティ−シャツだったので大きなおっぱいの形がはっきりと わかるほどだ、しかもぷっくりした乳頭が飛び出していてその形さえ目につく
美佐子は、あわてて起きたので 少し顔を赤くしてしまった。玄関から部屋につるしてある美佐子のパンティ-とブラジャ−も丸見えであった。木戸は、美佐子の派手な色付のパンティ−を見て、心の中で「大人しい顔をしているのに、なんて エロイ、下着を履いているんだ、この淫乱女め」と思いながら。美佐子の全身を食い入るように見つめて、「それじゃあ奥さん。失礼しますね」と言って玄関のドアから出ていった。美佐子は、部屋をみて、「わたしの下着みられたかなあ。たぶん大丈夫でしょう」って呑気なことをつぶやいているのである。木戸さんはいい人だから大丈夫ねって思いながら。
 木戸は家につくと部屋につるしてあった洗濯物のおおきなブラジャ-そしてパンティ-
美佐子の大きなおっぱいと 突起していた乳頭を思いうかべて木戸のアソコははちきれそうに大きくなっていた。自分のちんぽに向かって、あともう少しの辛抱だぜ、あの女のアソコの中へ招待してやるからなと囁いた。
3日後の昼過ぎに、美佐子の家の電話が鳴った。木戸からである。「木戸です。今部屋にいるんですけども、おいしい野菜が実家から届いたのでおすそ分けしたいので、ぜひお越しください、大根もまるまるとして美味しそうですよ」って言うのである。美佐子も、夫も野菜は好きだったし、木戸のやさしい口調に乗せられて 美佐子はティ−シャツ短パン姿から、以前 公園を散歩したときのワンピ−スに着替えて下の階にすんでいる木戸の家へと向かったのである。 

 - 未分類 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
高慢女上司の災難?

前の会社をやめた僕は、契約社員ではありますが、けっこう有名な通信機器関係の会社に転職することができて喜んでいました。しかも紹介された直属の上司であるグループリーダーのSさんは、僕より5歳くらい上だと思いますが30代前半くらいで、はやりの細いメガネをかけたいか…

no image
「姉と弟」あるある公開!! 弟は植物系男子に成長!? リアルすぎる姉の生態が明らかに

世間には女性陣の輪に違和感なく溶け込める男性がいるが、それはたいてい、姉のいる弟だ。きょうだいの関係は家族の数だけあり、全体の男女構成や年齢差によってその形は違う。決して一般化できるものではないが、姉がいる男性、妹がいる男性、男兄弟の男性が醸し出す雰囲気…

no image
主人が懇願する変態な要求

 私35歳。結婚してもう13年になります。子供はありません。夫婦仲はすごくいいんです。とてもやさしい主人ですが、ただ最近一つだけ無理なことを言われ、やむなく先日それを実行したんです。その内容というのは・・ある晴れた日の平日(人が少ないという思い出)二人で500m程の山に日光浴に出かけました。

no image
水泳の授業をサボろうとした結果

 夏なので体育で水泳をやったときのことですが、私は泳ぎも苦手で見学してぼーっとしてる方が好きなので、生理を理由にしてさぼることにしました。 ところが、体育の先生は、よくチェックしてるんですよね。 生理の時期が違うことに気づき、それでつっこまれたので返答に…

no image
やっとなのかな?

"以前も投稿させていただきましたが今回は、昨夜の出来事を…。大好きな彼が昨日、泊まりにきたんです。いつもは私が彼の家に行くので、今回で数回目。もう何十回もHをしているけど、ここ最近「奥」が気持ちよくなってきた。というのも、女の子の「イク」ポイントって幾つか…

no image
体育会系な彼女寝取られ

一年位前の話だがようやく最近心の整理がついた話。高3の時から付き合ってて俺が1っこ上で出会ったのは彼女はダンス部で、俺は吹奏楽部。で、うちの高校が甲子園に出たから一緒に応援する機会が多くて、その時に告白された。実際は俺が行ってた塾に彼女も通っててそれで俺…

no image
高校の時学年一可愛い女子の肛門を見た思い出

本日時点では、あの日が僕の人生のピークです僕が高校3年の時、クラス対抗の創作ダンス大会がありましたその練習の時、思いがけないハプニングによって学年1可愛い女子のケツの穴を見ることが出来たのでありますおそらくあんなに可愛い子のケツの穴を生で見られる事なんても…

no image
★義理の兄が私の下着を頭からかぶり臭いを・・

 私が21才の時です。友達と合コンに行って、2人の男性の誘いを断り家に帰ったら姉夫婦が来ていました。そして家に入ると姉しか居らず「義兄は?」と訪ねると「散歩に行ったと思う」と言ってきたので、私は黙って自分の部屋に行って電気を点けた時に私の目に入ったのは、タンスの前で下半身を丸出しで私のパンティを頭にかぶり、パンティとブラの臭いをかきながらオナっている義兄の姿がありました。 私は驚きましたが義兄に「何を

no image
強気なアノコにまいりました

 注1のコ、食えました(^^;)。念願叶って嬉しいのですが、夢のようなできごとでしたので、覚えてるとこだけ書いときます。 彼女との付き合いは専用サイトの掲示板。シュミがあって仲良くしているウチにメール、電話、手紙、写真などと交換してました。そのウチに「会…

no image
★妻の不倫を公認する雰囲気

 3P、他人棒、この文字を見る度に興奮していました。妻に何度かお願いしてみたんですが 変態じみた事は絶対嫌ですと・・断固拒否されてしまいました。私は妻に隠れてレンタルDVDの3P物を借りては見ていました。熟女が旦那の前で若い男とヤルんです、この女優を妻に置き換えて見ると余計興奮が増すんです。 自然と股間に手が行き オナニーしてしまいます。一度抜くと興奮も収まりDVDを返却し その足で妻のパート先の