エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

下の階にすんでいるおじさんと人妻美佐子

   

 美佐子は、すぐ下に住んでいるおじさんの部屋へと向かった。外へ出ると真夏の暑さで熱風が美佐子の全身を襲った。「やはり、外は暑いわね。家の中はク−ラがよき効いていて涼しいから、よけいに暑く感じられるわね」 公園からは蝉の鳴き声が盛んに聞こえてくる。夏休みとあって外では、子どもたちが虫かごを持って走りまわっていた。 美佐子は木戸のドアの前に着くと チャイムを鳴らした   すると すぐに木戸がドアを開けた。木戸は上半身裸で短パンだけの姿である。
 「やあ 奥さん、暑いよね-。俺んちはク−ラがなくて扇風機だけなんだよ。部屋の中は蒸し風呂だよ。だからこんな恰好でごめんね」と 子供のような表情をして笑った。 部屋の中を見ると 美佐子の部屋と同じ2DKなのに いろんな物が散乱していて 台所をみると カップラ−メンの食べ後とかゴミでいっぱいである。美佐子は玄関で、木戸からの野菜のおすそ分けを貰って帰るつもりだったが
 木戸は、「奥さん、ちょっと中で休んでいきませんか? 役所から届いた書類があり、俺は中卒だから よく分からないだよ。ちょっとでいいからみてくないかなあ?」と手をあわせて、頼んできたのである。美佐子は 野菜のおすそ分けを頂くのだから 「はい、わかりました。それでは失礼します」と言って奥の部屋へと入っていった。木戸は、美佐子の後ろ姿を見ながら ニヤリと獲物を捕らえたハイエナのような目つきをした。そして、静かにドアの鍵を閉めてチェ−ンロックを掛けたのである。
 木戸の部屋は、窓は開いているのだが本当に蒸し風呂のあつさである。そして、掃除をしていないせいか 異臭さえするのである。美佐子はお嬢様育ちで大学をでてからも今まで苦労しらずで過ごしてきたせいか 木戸のような部屋は初めてである。 木戸の言う書類はどこにもない 「あれ どこかしら 木戸さん書類を拝見していいでしょうか?」って言った瞬間 後ろから木戸の両手が 美佐子の大きなおっぱいをワンピ−スの上から いきなりわしづかみにしたかと思うと はげしく揉み始めてのである。「美佐子よ。やはりたまんねぇ乳してんなぁ-」 美佐子は突然の事で声するあげることができなかった。「ひひひぃ うれしくて声もでねえかぁ そのうち外まできこえるような喘ぎ声を出させてやるよ」 木戸は、そういいながら美佐子の首筋を舐めまわして 美佐子のかわいらしい耳を口に含み ロングの髪から漂う甘い匂いを嗅ぎ いきよいよく美佐子のワンピ−スの裾を両手に持ち 思いっきり美佐子の首元まで たくし上げると、真っ白なパンティ-が表れたのである。
美佐子は、はじめて声をだした「や や やめてください」 聞こえないくらいの小さな声である。
「なにぃ- もっと虐めてほしいだとお」 木戸は 色白で肉付きのいい大きな太ももそして白いパンティ-がお尻の割れ目に食い込んでいるのである。木戸は、美佐子のパンティ−の中へと指を入れた
そしてアソコをかき回し 美佐子のクリトリスを人差し指と親指で転がし始めたのである。
美佐子は 自分の身になにが起こっているのか判断する能力さえ失われているのである。
木戸は、慣れた手つきで美佐子のワンピ−スをすっかり脱がしてしまい。ブラジャ−をはぎ取ると
隅へと投げつけて、パンティ−も一気に足元までずり下されてしまった。
今や 美佐子は素っ裸されてしまった。 そして、染みだらけの布団の上へ押し倒されて
 木戸は美佐子の大きなおっぱいを吸い始めて 片方の手は美佐子の乳頭を摘まみ始めたのである。いやらしい音が部屋中に響きはじめた。「うめぇぜ。 美佐子よ」 美佐子は ただ天井を見つめているだけである。もう 本当にまな板の鯉って感じで。「これは夢なのよ これは夢なのよ」と心の中で自分に言い聞かせていた。 木戸は、美佐子をまんぐりかえしにすると 美佐子のオマンコに舌を入れて 舐め始めた。    しばらくすると 美佐子は こんな状況なのに 身体が感じ始めてきたのである。「うひぃいいい ああああぁぃぃぃぃぃぃぃ・・・・・」 喘ぎ声を出し始めたのである。
木戸の舌も美佐子の生温い愛液を捕らえた。 さらに木戸がクリトリスを舌で転がすと
美佐子は さっきよりも大きな声で「あああああぁぁぁぁぁ いいぃぃいぃあんあんぁん」と喘いだ
 美佐子は足の親指は反り返っている。頭の中では 気持ちいい こんなの初めてだわ」
美佐子は、木戸の舌つかいにすっかりとメロメロにされていた。もう美佐子の顔からは端正さは無くなり性の喜びの顔へとなっていた。

 美佐子は、すぐ下に住んでいるおじさんの部屋へと向かった。外へ出ると真夏の暑さで熱風が美佐子の全身を襲った。「やはり、外は暑いわね。家の中はク−ラがよき効いていて涼しいから、よけいに暑く感じられるわね」 公園からは蝉の鳴き声が盛んに聞こえてくる。夏休みとあって外では、子どもたちが虫かごを持って走りまわっていた。 美佐子は木戸のドアの前に着くと チャイムを鳴らした   すると すぐに木戸がドアを開けた。木戸は上半身裸で短パンだけの姿である。
 「やあ 奥さん、暑いよね-。俺んちはク−ラがなくて扇風機だけなんだよ。部屋の中は蒸し風呂だよ。だからこんな恰好でごめんね」と 子供のような表情をして笑った。 部屋の中を見ると 美佐子の部屋と同じ2DKなのに いろんな物が散乱していて 台所をみると カップラ−メンの食べ後とかゴミでいっぱいである。美佐子は玄関で、木戸からの野菜のおすそ分けを貰って帰るつもりだったが
 木戸は、「奥さん、ちょっと中で休んでいきませんか? 役所から届いた書類があり、俺は中卒だから よく分からないだよ。ちょっとでいいからみてくないかなあ?」と手をあわせて、頼んできたのである。美佐子は 野菜のおすそ分けを頂くのだから 「はい、わかりました。それでは失礼します」と言って奥の部屋へと入っていった。木戸は、美佐子の後ろ姿を見ながら ニヤリと獲物を捕らえたハイエナのような目つきをした。そして、静かにドアの鍵を閉めてチェ−ンロックを掛けたのである。
 木戸の部屋は、窓は開いているのだが本当に蒸し風呂のあつさである。そして、掃除をしていないせいか 異臭さえするのである。美佐子はお嬢様育ちで大学をでてからも今まで苦労しらずで過ごしてきたせいか 木戸のような部屋は初めてである。 木戸の言う書類はどこにもない 「あれ どこかしら 木戸さん書類を拝見していいでしょうか?」って言った瞬間 後ろから木戸の両手が 美佐子の大きなおっぱいをワンピ−スの上から いきなりわしづかみにしたかと思うと はげしく揉み始めてのである。「美佐子よ。やはりたまんねぇ乳してんなぁ-」 美佐子は突然の事で声するあげることができなかった。「ひひひぃ うれしくて声もでねえかぁ そのうち外まできこえるような喘ぎ声を出させてやるよ」 木戸は、そういいながら美佐子の首筋を舐めまわして 美佐子のかわいらしい耳を口に含み ロングの髪から漂う甘い匂いを嗅ぎ いきよいよく美佐子のワンピ−スの裾を両手に持ち 思いっきり美佐子の首元まで たくし上げると、真っ白なパンティ-が表れたのである。
美佐子は、はじめて声をだした「や や やめてください」 聞こえないくらいの小さな声である。
「なにぃ- もっと虐めてほしいだとお」 木戸は 色白で肉付きのいい大きな太ももそして白いパンティ-がお尻の割れ目に食い込んでいるのである。木戸は、美佐子のパンティ−の中へと指を入れた
そしてアソコをかき回し 美佐子のクリトリスを人差し指と親指で転がし始めたのである。
美佐子は 自分の身になにが起こっているのか判断する能力さえ失われているのである。
木戸は、慣れた手つきで美佐子のワンピ−スをすっかり脱がしてしまい。ブラジャ−をはぎ取ると
隅へと投げつけて、パンティ−も一気に足元までずり下されてしまった。
今や 美佐子は素っ裸されてしまった。 そして、染みだらけの布団の上へ押し倒されて
 木戸は美佐子の大きなおっぱいを吸い始めて 片方の手は美佐子の乳頭を摘まみ始めたのである。いやらしい音が部屋中に響きはじめた。「うめぇぜ。 美佐子よ」 美佐子は ただ天井を見つめているだけである。もう 本当にまな板の鯉って感じで。「これは夢なのよ これは夢なのよ」と心の中で自分に言い聞かせていた。 木戸は、美佐子をまんぐりかえしにすると 美佐子のオマンコに舌を入れて 舐め始めた。    しばらくすると 美佐子は こんな状況なのに 身体が感じ始めてきたのである。「うひぃいいい ああああぁぃぃぃぃぃぃぃ・・・・・」 喘ぎ声を出し始めたのである。
木戸の舌も美佐子の生温い愛液を捕らえた。 さらに木戸がクリトリスを舌で転がすと
美佐子は さっきよりも大きな声で「あああああぁぁぁぁぁ いいぃぃいぃあんあんぁん」と喘いだ
 美佐子は足の親指は反り返っている。頭の中では 気持ちいい こんなの初めてだわ」
美佐子は、木戸の舌つかいにすっかりとメロメロにされていた。もう美佐子の顔からは端正さは無くなり性の喜びの顔へとなっていた。

 - 未分類 , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
友達の妹

大学行ってた時、友達に貸していたDVDを返してくれって言ったら、そいつがこれから学会の発表の為の作業で、どうしても手が離せないからと住んでいるアパートの部屋のカギを渡してきた。DVDだけ取りに行ってすぐカギを返そうと思い、そのままアパートに直行して鍵を開けてドアを開く…

no image
憧れの人妻と

もう2年以上も前の震災の時の話です。私の家は大通りに面していて、その時は帰宅困難者が歩いて列をつくっていました。そんな時、近くのコンビニに買い出しにいくと、目ぼしいものは何も売っていない…。仕方なく家に帰ろうとすると、ふいに「Oさん!」と声をかけられた。…

no image

あれは、15年前、私が27歳、姉が32歳の時です。私はその当時の彼女と結婚しようと思い、両親に報告したところ、彼女は長女、私も長男と言うことで、両親(両方の)に反対され、結局、彼女とは別れました。そのことが痛手で実家を飛び出して一人で住むと、両親に言った…

no image
不倫嫁と間男を地獄へ落とした男

834 名無しさんといつまでも一緒 sage 2007/02/17(土) 20:05:53 0元嫁が先日自殺未遂をした。慰謝料で実家を経済的に追い詰めたのが原因もちろん高価な花を大量に持ってお見舞いに行った。花はゴミ箱に直行したざまーみろ837 名無しさんといつまでも一緒 sage 2007/02/17(土)…

no image
デリヘル初体験

デリヘルと言うものを初めて体験しました。ネットでリサーチしてオプションサービスが充実してる場所に電話しました、オプションはセーラー服とパンストを選びました。昔からセーラー服と黒いパンストが大好物で一度でいいからそんなスタイルの女の子とエッチなことをしたか…

no image
けんちゃんの出会い系日記

なおぼんのセフレ、けんちゃんの視点で書きました。またオナニーしてしまった。賢者タイムになると、猛省してしまう毎日。ぼくは、ダメな人間だ。「あ~あ、彼女ほしいなぁ」Xhamster とかyou pornの動画で抜きまくっている自分がなさけなかった。おかげでパソコンの周りは精…

no image
ちんこを見せたい。それも同級生に

ちんこを見せたい。それも同級生に。それが始まりだった。露出癖に気づいた俺は高校内での露出法を考えた。偶然を装う以外に方法はない考え抜いてある方法に至った。うちの高校では、体操着に着替える時、女子は更衣室、男子は教室で着替えることになっていた。多くの男子は…

no image
車内で

I was very happy to see ?an elegant woman having slept on the train?.思い出せば、ずいぶんと若い時のことのように思える。あれは、20歳の時だった。12月頃だった。あるイベントの帰りの電車内でのことだった。時刻は18時ごろだった。帰りに電車は、すごくすいていた。両…

no image
★DV被害にあっていた若い人妻との話

 毎日小さな女の子を連れて散歩で通る女性(礼子)がいたが、しばらく通らないと思っていたら、久しぶりに会うと、顔に怪我の跡がある。聞くと、夫のDVらしい。お茶に誘って、招き入れて、離婚調停を考えていることが分かった。 裕福な俺は、寒い冬場を田舎の別荘で過ごしていた時期が近づいていたので、しばらくうちに来て、離婚調停を勧め、そうすることになった。礼子は、3歳の女子を連れて俺の別荘に匿われることになった

no image
俺の彼女が胸揉まれた

俺の彼女が胸揉まれた気が弱くって、あまりきついことを言えない性格。そんなところが欠点でもあり、いいところでもあり、悪く言えば気が弱い。良く言えば優しい<相手を傷つけてしまいそうで悪い。そんな子だった。身長は155cmで黒髪で微妙にぽっちゃり?でもないかな…