エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★熟女とのSEXに満足

   

★熟女とのSEXに満足

 3年程前まで前の会社の5歳年上の熟女とお付き合いしていました。初めは、会社帰りに若い男性社員と3人でカラオケに行ったり 遊びに行っていましたがある日、二人で帰る時があり車でラブホに直行してみました。ラブホに入っても初めは嫌がる素振りでしたが途中から、しても好いよって言ってくれて思いっきり3回もぶち込んでしまいました。

 とっても締りがよくすぐに逝ってしまいましたが聞いたら、旦那とは随分していないとの事。してないから二人も子供産んでいるのにこんなに締りが良いんだと思いました。それからです、毎日会社帰りに車の中でフェラチオをしてもらいカーSEXかラブホに行っていました。
 熟女は、一度やっちゃうともう、何でもありでした。初め、大人しかったのに自分から進んで恥ずかしい事を何でもするようになっちゃいました。またこのような熟女と巡り合いたいものです。

 - 人妻・不倫の体験談 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★旅館の若女将と嘘のような体験談

 学生時代から神社仏閣巡りが好きな俺はゴールデンウィークを外して休みを取り、京都に旅に出た。お寺なんか嫌だ、USJに行きたいと言う彼女と軽い喧嘩をして一人で来た。泊まるのもホテルではなく古びた旅館を選ぶ。 泊まった宿は小さくて不便な場所にあるが四代続いた老舗らしい。部屋に入ると若女将という女性が今は珍しい宿帳を持ってきた。細面の美人だが和服の下に隠れた肉付きの良さそうな体にドギマギした。 三十代前

no image
★一夜だけの浮気の切ないSEX

 先日、大学のときのサークル仲間と5年ぶりの同窓会のようなものをしました。2次会のカラオケが終わり、「そろそろ終電もなくなるし、帰ろう」ということになりました。みんな社会人で明日も平日。俺は明日は休みなのでもっと飲んでもよかったのだが、家には結婚3年目の奥さんが待っているので帰ることにした。 その帰り道、後輩のKちゃんと同じ電車に乗る。終電間近ということで車内は込み合っていた。その後輩は学生時代か

no image
★男を奮い立たせる「奥まで入れて」

 まだ三十歳の友人がED(勃起不全)と診断されたそうです。彼は真面目な仕事人間でストレスが原因だそうです。そこで僕に刺激を与えてくれと言うのです。彼の計画は、自分達夫婦と私の三人で温泉混浴する事でした。 スケベなお前が、裸の妻を視姦すれば、嫉妬が刺激になるんじゃないかと言うのです。僕は良いけど奥さんはと聞くと、最初は戸惑っていたけど見せるだけならと承諾したそうです。彼も、くれぐれも見るだけだぞと念

no image
★男って奴は1人の女に我慢できない

 私はよく男友達のAと二人で飲みにいっては、女の子2・3人でのみに来ている子達に声をかけ、おごってあげたりしていた。特にその後の展開を考えているのではなく、声をかける、一緒に飲む。そういう行為が、私もAも早くに結婚していたので、楽しみとなっていました。 反対にホテルで朝までと言われても困るし。そういう飲み方をして2年くらいが過ぎました。年齢もそれなりになり、小遣いも増えたので切符のいいおごり方がで

no image
★手軽にカーセックス出来る人妻

 彼女の名は友美恵、私とは彼女が結婚する前からの知り合い、ラブホテルとかへも幾度かいった仲で、私と寝ていた。偶然近くに住み連絡も取り合い、ラブホテルへ誘っても二つ返事でOKをして、不倫の関係になり約3年位になる。待ち合わせの場所は家から当然離れた場所、その日は私の車の後部座席を倒しカーセックスをできる様に準備をしていた。『待った?』『私も10分位前なの・・』彼女が後ろを見た『なあに、もしかして車の中?

no image
★お隣のOLさんと不倫しています

 アパートのお隣さんと淫らな関係を続けてる。俺・29、嫁・30で子無し、共働き。結婚して2年目の事で元々気の強い嫁だったが、結婚してから完全に鬼嫁化してしまって半年近くレスに。家に帰っても安らぎが全くない毎日に嫌気がさし始め正直、離婚も考えてたけど鬼嫁が恐ろしくてそれすら切り出せなかった。 そんな時に出会ったのが、お隣に住むOLの由美28歳。お互いに(ジャンルは別の)販売の仕事で休日は働いて平日休む生活だっ

no image
★面接に応募してきた色っぽい人妻

 僕はあるチェーン店で、責任者をしている幸一40歳。もちろん家族はいます。最近スタッフが数名退職していき、補充をしようとしているのですが、なかなか、、本当に仕事をしようとしている人にめぐり合えず、もうだいぶ面接もどうでもよくなってきていました。 僕の考えが変わっているのか、面接にはスーツで来るものと思っているのだが、結構ラフな格好で来る人が多いのだ。それがもう何人目だろうか、ようやく見た感じ面接のし

no image
★精液の有効活用はやはり女性と絡む事

 社会人1年生の俺が配属先はある地方都市、借りたアパートの隣に51歳の一人暮らしのおばさんがいた。名前を春子さんといい、エクボが可愛い優しい女性で、知らない街に住む俺に親切にしてくれて、週末は一緒にご飯を食べたりしていた。ゴールデンウィークに帰省したお土産を持って、それを肴にお酒を飲んだ。 可愛いと思っていた春子さんが少し上気して色っぽくなった。母子ほどの年の差なのに俺は春子さんに女を感じてしまった

no image
★子作りってアレするんですよね

 ある奥様です。「私と子作りしてくれるかしら?」「え?!子作りって、あの~」「本気なのよ、あなたならいいわ」営業担当で外に出るのも多く、よく立ち寄ってお昼の弁当を買い、そこでレジをしていや奥さんと顔見知りになってました。 駐車場で弁当を食べたりしていた、そんなある日のこといつもように店に入った。「お昼のお弁当ですか、よろしければ、私の家が近くで一時までですから、待っていてもらえるなら家で一緒にいか

no image
★覚えのある体は今は綺麗な人妻

 まだ正月気分も抜け切らない1/5その電話は鳴った。なんと学生時代に付合っていたE子からの27年ぶりの電話だった。旧友に会って懐かしくなり、うちの実家に尋ね掛けて来たのだと言う。あまりに突然で、ほんとうに他愛も無い話をしメルアドを教えて貰い、電話を切った。  E子とは大学に入って直ぐに知り合い、濃密な時間を過ごした仲だった。ほとんど毎日会い、激しく求め合った仲だ。風の噂に結婚した事は知っていたが、普段思い