エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★俺が思う不倫の定説

   

★俺が思う不倫の定説

 人妻と不倫するときに気をつける事として、こちらから性欲を前面にだして若さをアピールする事が大切。なぜなら、サイトに登録している人妻もナンパ待ちしている人妻も合コンに参加している人妻も、不倫する目的は大体の女性が「旦那の体に飽きた(若い刺激が欲しい)」と言うものだからだ。

 旦那とセックスレスじゃなくても、結婚して何年も経っていればイヤでも飽きてくるのが夫婦の問題。20代の若妻でさえも、セックスレスやマンネリで悩む事があるので、出会い系に登録している人妻や外出している人妻が若い男性と関係を持つという事も少なくない。
 今回、俺は29歳の若妻とセックスをした体験談を書くわけだが知り合ったきっかけは、癒し妻新空間というサイト。近所の人妻を検索してたらヒットしてメールを始めたことで会う約束まで発展した。

 実際に会ってホテルへ。パイズリ、手コキ、フェラで1時間くらい責められてバックで30分以上突き続けた。俺のアソコも限界に達した頃「ああ、イク!イクイク!」と言って体を仰け反らせイッてしまった。それの姿を見た俺のアソコも快感が上りつめバックで思いっきり、腰を叩きつけた。 そして中出し。人妻は必ず中出しをさせてくれるから最高だ。

 - 人妻・不倫の体験談 , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★年上のご近所さんの人妻

 2年くらい前からの関係です。ご近所さんの明子は今年48歳になります。俺よりも一回り年上。明子には、今年高校に進学した息子さんがいて、息子さんが将来、俺と同じ職業に就く事が夢と言う事が縁になり、仲良くなりました。 知り合ったのは、5年くらい前で、地元の方が主催した子連れの飲み会で知り合いました。そこで息子さんと俺が親しくなり、息子さんとたまに外で会って、話したり、勉強を教えているうちに、明子とも顔を合

no image
★喫茶店で女性に声を掛けてみた体験談

 その日は、仕事も休みで街中をブラブラしていました。何も予定がなく喫茶店に入り、時間をつぶしていました。ふと周りをみると、綺麗な人妻(水野真紀)の美人女性が、一人でお茶してます。これはチャンスと思い声を掛けました。な、なんとその女性も暇を持て余していたらしくOK。 ふたりで世間話をして車でドライブ。数十分走るとホテルの看板が。俺は勝手にホテルへGO。奥さんもびっくりした様子。なんとか強引に部屋に誘いまし

no image
★SEXさせて頂いているパートの人妻

 2年ほど前からパートで工場にきてる人妻のK(現在39歳)さんにSEXさせてもらってます。Kは見た目もきれいで年令よりも若く見え、ノリもよく職場でもすぐにみんなに好かれていました。ただ胸が小さいのが難点だったけど、子どもを3人生んでるのでそこは仕方ないです。 Kと最初にセックスしたのは会社の忘年会でした。ベロベロに酔ったKを介抱してた時にムラムラしてしまい、障害者用のトイレでなかば強引に襲ってしまい

no image
★エレバーターに同乗したのが縁で人妻を

 約ひと月前、私が住んでるマンションでの出来事でした。私は、B1Fの駐車場フロアーからエレベーターに乗り、1Fのエントランスフロアーからかなりの大荷物を持った34歳美穂(仮名)が同乗して来た。沢山の荷物を抱えていたので「何階ですか?」と尋ねた所「あっ、すいません。28Fをお願いします。」とのこと。 28Fは私と同じフロアーなので「凄いお荷物ですね?すこしお手伝いしましょうか?」と声をかけたのですが美穂は「大丈

no image
★人妻先輩を口説くのにスムーズに行き不倫エッチ

 私の職場にはケイコさんって先輩がいます。仕事は厳しくしっかり者ですが、休憩で一緒になると仕事の話はせず、私がつまらないギャグを言ってもゲラゲラ笑ってくれる…そんなギャップのある彼女の事が好きになってしまいました。ただ残念な事に彼女は旦那持ち。それでも、食事や映画に誘うと断りもせず付き合ってくれました。 ある日、私は彼女を誘いドライブしながら思い切って下ネタを交えながら聞いてみました。「旦那さんと

no image
若い人妻のパートを手当たり次第に・・

 私は女性ばかりの大所帯職場で働いている。女性といっても若い人妻のパートばかりだ。若い人妻は性欲旺盛で不倫願望が強い。私はこの10年間。100人以上の人妻に生姦生射精を繰り返してきた。人妻達はしばらく働くと私の子を身ごもって退職し、新人が入って来るを繰り返した。半分以上の人妻は私の子供を産んでくれた。

no image
★男って奴は1人の女に我慢できない

 私はよく男友達のAと二人で飲みにいっては、女の子2・3人でのみに来ている子達に声をかけ、おごってあげたりしていた。特にその後の展開を考えているのではなく、声をかける、一緒に飲む。そういう行為が、私もAも早くに結婚していたので、楽しみとなっていました。 反対にホテルで朝までと言われても困るし。そういう飲み方をして2年くらいが過ぎました。年齢もそれなりになり、小遣いも増えたので切符のいいおごり方がで

no image
★いよいよその時が来ました

 これは以前お客さんのところでの話です。そのお宅の奥さんは46歳ですごく上品で、まじめそうなそれでいて和風の美人で私はひそかにあこがれていました。その奥さんの家に行って手続きをしようとしたとき、その地域はすこし田舎でもあるので、鍵はかかっていません。 いつものように門を入って、チャイムをならさずに玄関あけて声をかけて入ろうとすると、奥からなにやらあやしい声、うめくような声がしてきました。そのときはほ

no image
★SEXで挿入して体がひとつになる時

 体が本当にひとつになるとき、男はさらに奥に、女は自分の体の底の底に男を招く。セックスが生殖の義務から解放されたとき初めてそれは成立する。私の愛する熟女はその境界線に現在いる。妊娠する確立は少ないけれどゼロではない。だが、彼女は知っている。もうそろそろ大胆になれることを・・。 彼女の体が本当のセックスの境地を求め始めているのが私にはわかる。ご主人とは裸でしたことがないという。私と出会わなければ彼女

no image
禁断の団地妻とのSEXの告白

 田中さん、福井さん、玉木さんとは、それから寝る暇もないほど毎日来る日も来る日も遣らされた。玉木さんは、早くに結婚出産をし、19になる一人娘は地方の国立大へ進学し、普段は夫婦だけの生活、旦那は一部上場会社の管理職らしい。その旦那が娘の進学を境に仕事にかこつけ、毎晩遅く、今では会社の近くのビジネスホテルに泊まると言って週の半分は帰らない。