エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★熟女が許してくれる行為が嬉しい

   

★熟女が許してくれる行為が嬉しい

 東京近郊のショッピングモールでのことです。よく映画見にいくのですがファーストフードの外の席でいつも昼食をとっています。くるたびにぽっちゃり40代ぐらいの女性がコーヒーだけで同じ席にいるんです。

 3回目の時に思い切って声をかけてみました「いつもいますね。待ち合わせですか?」すると「お金なくて遊んでくれない?いくらでもいいよ」私は冗談っぽく「お金ないしなー2千円しかもってないし・・」おどろいたことに「ほんとうにお金ないからいいですよ」えーーびっくりです。
「でもどこでやるの?」彼女は「ほとんど使わない3回にトイレがあるの、ホテル代ないしそこでどうですか?」むらむらきました「いいですねーやろうやろう」と話はまとまりトイレに向かいました。ほんとうにだれもいません。ショップもないフロアでおどろきました。さっそこ女子トイレの個室にはいりズボンさげてパンツさげました。

 彼女はいきなりフェラ・・玉もしゃぶり音たててバキューム、自分でシャツをまくりブラを上にずらしました「でっかいねー」巨乳ですFかGでしょ。おもいっきりもみました「ところで俺ゴムもってないよ」彼女は壁に手をついて後ろ向きで自分でピンクのつるつるパンツをさげながら「わたしももってないからしょうがないよ」ぽっちゃりでかいおしりをかかえながら、おまんこに唾をたっぷりぬっていっきに入れました。


 もう最初から激しくピストンです。映画の時間もせまってるし・・もう一度正面むかせてフェラさえました。便器のふたにすわらせ大股びらきで激ピストンです。彼女は口を自分でふさいで声をころしていました。「いっちゃうけどいい?」すると「いいよ・・私もきもちいい」わたしはそれを聞いていっきに中で大放出!「え・・中で出したの?」彼女は中だしではなく外に出してということだったのか・・「いっていいっていうから出したよ中に」もうおまんこから精液がだらだら流れ出ています。

「あなたならいいよ。病気はいやだからさせないんだけど」私はすごく刺激されてしまい「君はセックスすきなの?」彼女は「ほんとうはお金よりセックスがしたいんだ。きっとあなたとはセックスの愛称がよさそうだし趣味もあいそう・・あたし変態なんだ」えーー「俺も変態・・複数とか寝取られとかいいよね。


 このトイレもいいし・・アナルとかもどうなの?」服をととのえながら「アナルだいすき・・輪姦もされたい・・もう一度アナルでやってよ」要望に応えるべきか「いいよ パンツぬいで」アナルに唾べっとりつけてまったいっきに突っ込みました・・今もモールにもいかせてるし輪姦もやっています。最高は11人にやってもらいました。6人に公園でさせたときがいちばんもえましたね・・

 - 人妻・不倫の体験談 , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★子作りってアレするんですよね

 ある奥様です。「私と子作りしてくれるかしら?」「え?!子作りって、あの~」「本気なのよ、あなたならいいわ」営業担当で外に出るのも多く、よく立ち寄ってお昼の弁当を買い、そこでレジをしていや奥さんと顔見知りになってました。 駐車場で弁当を食べたりしていた、そんなある日のこといつもように店に入った。「お昼のお弁当ですか、よろしければ、私の家が近くで一時までですから、待っていてもらえるなら家で一緒にいか

no image
★中出しOKな不妊症の人妻との体験談

 俺 当時32歳 見た目普通。 相手 Aさん 当時28歳 見た目 黒谷友香。俺はフリーで中小向けの社内SEみたいなパソコン便利屋をやってて、社内サーバ管理からwebページ作成、社員向けExcel研修など、何でもやってます。どれも中途半端なスキルだけど・・ だいたい便利がられて、他の会社を紹介してもらうって感じで、どうにか食いつないでます。その会社も紹介で行って、事務の人に一通り社内の人に紹介してもらった時が初対面

no image
★コンビニのお客の人妻との体験談

 夏に地元の避暑地でバイトをしていた時に知り合った奈緒子さん。三諸シばの髪の長い清楚な感じの女性でした。働いてたスーパーでバイトをしてからしばらくして現れるようになり、一週間位してから近くのコンビニで遭遇し話しかけられました。子供を二人連れていて「スーパーにいた人だよね?」と声を掛けられて話しをして、 何日かしてまた。コンビニで遭遇していると「近くなのかな~?」と聞かれて歩いて数分だと話すと、「そっ

no image
★騎乗位が凄い人妻とのSEX

 旦那が浮気をしているらしく、追求してもいっこうに取り合わない。Hも10ヶ月してないそうで、人妻.NETに登録したそうです。はんぶんあてつけ?みたいにも感じました。メールですでに会って気に入らなければその場で別れ、気に入ればそのままホテルへいくことを約束していたので、待ち合わせ場所からそのままホテルへ。 写メも送っていたので大丈夫だと思ってました! 部屋を選び、エレベーターに乗った。エレベーターの中で待

no image
★濡れすぎる人妻にとまどうも・・

 10年近く付き合ってる主婦がいる。とはいえ、1年に数回しか逢わないし、まったくあわなかった年もあった。あまりに近くということもあり、面倒なことにならない様にした結果なのだが・・ 元々浮気を嫌ってた女だったが、最近はどうでもよくなったのか、時間が合えば逢う努力をしてくれる。昨年暮れ、ホテルに入るなり、お互い貪るように口を合わせた。舌を絡ませながら、敏感な耳に指を入れると「・嫌・」でも、言葉とは裏腹

no image
★夫への罪悪感をなくした人妻って

 普通のセックスに飽きてしまい、人妻や恋人がいる女性しか興味がなくなった私は、より強い刺激を求めて、身近な人間の妻に手を出してみることにした。私の会社の大黒柱のような男である間宮をターゲットにし、その妻の美帆を堕とすことにした。 公私ともに仲の良い二人なので、私の背徳的な興奮は久しく感じたことのないレベルにまで高まっていた。そして、それは上手く行き、美帆は私のペニスに完堕ちした。社長室に、新規開拓

no image
★家庭教師の美味しいエロな事

 家庭教師の母親、42才の一枝(仮名)はややぽちゃの目のぱっちりした色白の主婦で、着衣のまま嵌められるのが好きだ。しかも、真っ昼間の旦那がいないときが。学生の僕は暇を持て余しているので丁度いい。あらかじめ行く時間を予告して行くことが多いが、たまに突然訪問して普段の平凡な主婦の日常生活にズカズカ入り込んで、旦那しか知らない(はずの)秘貝を使わせてもらっているという罪悪感を伴う快楽は何物にも代え難い。

no image
★色白で清楚な人妻に携帯を拾われ

 先々週 おいしい思いをした。ある日、部屋についてカバンを覗くと携帯がない! どうも、どこかで落としたようだ。急いで公衆電話を探し自分の携帯へ電話すると、30代と思われる女性が電話に出た。携帯が落ちていて拾ったから交番に届けるとこだったみたい。  今から取りに行くからと場所を伝えて約束場所に行くと、色白むっちりで清楚な30代後半くらいの女性がいた。お礼にご飯を奢らせてほしいというと、忙しいからと断ら

no image
★精液の有効活用はやはり女性と絡む事

 社会人1年生の俺が配属先はある地方都市、借りたアパートの隣に51歳の一人暮らしのおばさんがいた。名前を春子さんといい、エクボが可愛い優しい女性で、知らない街に住む俺に親切にしてくれて、週末は一緒にご飯を食べたりしていた。ゴールデンウィークに帰省したお土産を持って、それを肴にお酒を飲んだ。 可愛いと思っていた春子さんが少し上気して色っぽくなった。母子ほどの年の差なのに俺は春子さんに女を感じてしまった

no image
★他人の奥さんが気になる

 幾ら仲の良い夫婦でも、5年、10年と年輪を重ねると何度かマンネリ化することは避けられないと聞いていました。でも、自分達だけは別と思っていましたが、他所の畳と他人の奥さんは綺麗に見えるものなのですね。 先輩から「お前の奥さんを一度抱きたい」も何度も言われました。最初は、冗談だと思っていました。結婚して10年妻も35歳になり、以前のように燃えなくなっていたことは事実です。この先輩に誘われるまま、一週間のハ