エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

兄嫁も交えて、、、(その2)  

   

 続きです、、。もう少し、お付き合いを!!

 真由美をバックから、責めているときに、「延長確認コール」が入った。。
優希に「どうする??」と尋ねたが、、、無言のまま、、。  オレは、一旦、真由美から離れて、「すいませ〜〜ん、、延長します〜〜」と言って、インターフォンを切った。

 ソファーに仰向けになっている真由美に向かって、オレは、「真由美、次は、オレのを咥えろ」と命令口調で言った。。「もう、、、許して、、、、優希ちゃんも、見てるんだから、、」「お前が、咥えないなら、、、優希にやらせる、、ぞ!!」、、と言って、優希の方を見た。

 優希は、今、自分の目の前で起きている「光景」に、信じられないといった表情を浮かべているが、、姉のあのような淫らな姿に、自分を重ね合わせているようでもあった。

「どうなんだ!!真由美。。」、、、無言である。「そうか、、、わかった、。」、、、「わか、、、わかったわ、、」そういうと、、真由美は、オレのところで、跪き、、、オレの肉棒をゆっくり、咥えはじめた。

 オレは、、優希の手を引き、ソファーに座らせ、キスをした。、、、うぅ、、と言いながら、、顔をそらそうとすると「いやがって、いいのか、、真由美は、おまえの代わりに、オレのチ〇ポを咥えてるんだぞ!!」 オレは、優希のスカートを捲くり、パンティーを脱がし、指で、愛撫を繰り返した、、優希の口から、、「あぁ、、、いやぁ、、、、」という、かすかに声が漏れ出している、、。

 その時、カシャ、、、というシャッターを切る音が聞こえた、、。「えっ、、写真は、、、撮らないで!!」   32歳、38歳、の熟した人妻が、知らない男の、肉棒を咥え、、指で悪戯され、「悦」に入っている、、。最高のシャッターチャンスである。

 真由美のフェラチオ、優希の濡れ具合、、、また、オレの肉棒は発射状態になってきた。。

オレは、二人の人妻を床に四つんばいにさせ、、、バックから、思いっきり挿入した。二人とも、上半身は、衣服を身につけ、下半身は、むき出し状態で、後ろから激しく挿入されている。
最初、嫌がっていた、優希も、、、「あぁ、、う、、ふぁ、、、、いぃ、、、いぃ、、」とかすかに声が出てきた。。真由美は、もう、大洪水状態で、、「あぁ、、、気持ち、、気持ち、、いぃ、、、、はぁ、、、はぁ、、」と悶えている。。。

 今度は、オレが床に寝そべって、、、優希を跨らせ、、激しくしたから突き上げ、、真由美は、オレの顔のところに、跨らせ、、オレがクンニをして、、、、、

 カラオケルームは、二人の人妻の淫声と、クチュクチュという、嫌らしい音が、BGMとなって、部屋中に響き渡っていた。


 私たち3人は、何事もなかったかのように「会計」を済ませ、、帰りました。
言うまでもありませんが、今度は、ホテルで、会う約束はできています。

 続きです、、。もう少し、お付き合いを!!

 真由美をバックから、責めているときに、「延長確認コール」が入った。。
優希に「どうする??」と尋ねたが、、、無言のまま、、。  オレは、一旦、真由美から離れて、「すいませ〜〜ん、、延長します〜〜」と言って、インターフォンを切った。

 ソファーに仰向けになっている真由美に向かって、オレは、「真由美、次は、オレのを咥えろ」と命令口調で言った。。「もう、、、許して、、、、優希ちゃんも、見てるんだから、、」「お前が、咥えないなら、、、優希にやらせる、、ぞ!!」、、と言って、優希の方を見た。

 優希は、今、自分の目の前で起きている「光景」に、信じられないといった表情を浮かべているが、、姉のあのような淫らな姿に、自分を重ね合わせているようでもあった。

「どうなんだ!!真由美。。」、、、無言である。「そうか、、、わかった、。」、、、「わか、、、わかったわ、、」そういうと、、真由美は、オレのところで、跪き、、、オレの肉棒をゆっくり、咥えはじめた。

 オレは、、優希の手を引き、ソファーに座らせ、キスをした。、、、うぅ、、と言いながら、、顔をそらそうとすると「いやがって、いいのか、、真由美は、おまえの代わりに、オレのチ〇ポを咥えてるんだぞ!!」 オレは、優希のスカートを捲くり、パンティーを脱がし、指で、愛撫を繰り返した、、優希の口から、、「あぁ、、、いやぁ、、、、」という、かすかに声が漏れ出している、、。

 その時、カシャ、、、というシャッターを切る音が聞こえた、、。「えっ、、写真は、、、撮らないで!!」   32歳、38歳、の熟した人妻が、知らない男の、肉棒を咥え、、指で悪戯され、「悦」に入っている、、。最高のシャッターチャンスである。

 真由美のフェラチオ、優希の濡れ具合、、、また、オレの肉棒は発射状態になってきた。。

オレは、二人の人妻を床に四つんばいにさせ、、、バックから、思いっきり挿入した。二人とも、上半身は、衣服を身につけ、下半身は、むき出し状態で、後ろから激しく挿入されている。
最初、嫌がっていた、優希も、、、「あぁ、、う、、ふぁ、、、、いぃ、、、いぃ、、」とかすかに声が出てきた。。真由美は、もう、大洪水状態で、、「あぁ、、、気持ち、、気持ち、、いぃ、、、、はぁ、、、はぁ、、」と悶えている。。。

 今度は、オレが床に寝そべって、、、優希を跨らせ、、激しくしたから突き上げ、、真由美は、オレの顔のところに、跨らせ、、オレがクンニをして、、、、、

 カラオケルームは、二人の人妻の淫声と、クチュクチュという、嫌らしい音が、BGMとなって、部屋中に響き渡っていた。


 私たち3人は、何事もなかったかのように「会計」を済ませ、、帰りました。
言うまでもありませんが、今度は、ホテルで、会う約束はできています。

 - 未分類 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
これから家に寄って

もう6年半も前の話になるが・・・当時、俺は29歳(以下、田中けん)。彼女は27歳だった(以下、長谷川りな)。彼女のスペックは、155センチ・48キロ・Bカップ。(身長・体重は聞いたが、B/W/Hは聞いても測ったことないとのことで不明。)顔は、綺麗というよりかわいいという…

no image
★不倫ですが昼間から求めあっています

 彼との関係は1年以上になります。互いに家庭あり、同級生の子供もいて、しかも彼は主人の弟です。彼には前から、気になる視線を感じてて去年の春頃、告白され誘われていました。気にはなってたけど、主人の弟としてしか見てなかったし まさか今のような関係になるなんて思ってもなかった。初めて抱かれたのは、主人の実家へ帰省した時でした。  奥さんは、下の子が野球やってて来れなく、主人と彼とお義父さんは夜遅くまで飲ん

no image
教師と教え子の禁断関係 1-1

「転勤」突然の事でした。教職に就いて6年を迎えようとしている30歳の女性です。街場の学校を2校経て、今回が3校目でした。しかも、今住んでいる所から随分離れた田舎の中学校。通うには遠すぎました。去年の春、結婚したばかりの新婚夫婦に突然の別居生活。教師を辞めるべき…

no image
チャライ看護師との援交で抜きました

 知り合いの看護師の娘の伊織と今年初のエンをしてきました。看護師と言っても男ね~伊織の家は父娘家庭。父親は夜勤で留守なので伊織の部屋でしてきました。JC3で受験生のはずなんで「受験大丈夫なのかよ?」と言ったら「どーせ馬鹿なんだし、フリーターでもイイのよ」と気にしてない様子。まあ馬鹿だけどキツメの美人で顔も小さいしスタイルも良いしエロいのがナイスな伊織。

no image
母乳妻と

5年くらい前だけど、出会い系で知り合った子が産後3ヶ月。子供ができてからダンナが子供しか相手にしないんで、なんか欲求不満みたいな書き込みしていたので(一応、エッチはなしとか書いてたけど)、これはイケルかなと。そうです、何に期待したかというと・・・母乳です…

no image
ユサユサ

5年ぐらい前、俺は地方のホテルのフロント係をしていた。ホテルといっても名前だけで、旅館に近い所だった。男の俺は夕方出勤し朝帰る、いわゆる夜勤ばかりしていた。そんな俺も、た~まに朝出勤し夜退社する日勤に入ることもあった。そんな時は、後輩を連れてメシをj食うと…

no image
罪無きカップル2

岡田の車が見えなくなって、どれくらいたったのか?嫌な予感がした。ちなみに私の車はワゴン車なので、私も紗季も、後部座席にいます。紗季をは気持ち良さそうに寝てましたが、私は、スモークを貼ってたので、向こうから見えないので、岡田達の方を見てました。相変わらず男…

no image
人妻と少年(友達の息子)

コピペです。 私は45才の専業主婦をしている人妻です。 子供は高校2年生の長女と高校1年生の次女と1歳になる三女と生まれたばかりの四女がいます。 今から2年前の事、子供も手が離れる歳になり、自由な時間がふえたので近所のテニススクールに通いだしました。 幸…

no image
通勤途中

通勤で朝6時前の電車に乗るんだが、その日はたまたま一本早い電車に乗った。乗った車両には部活の朝練なのか、ジャージの上にスカートはいたJKが一人。マンガを読みながら座ってた。いかにも運動部系のショートカットで肌の浅黒い子だった。俺は斜め前に座っておもむろに…

no image
美しい人妻との中出しセックスはやめられません!

この女、夫と7歳の子供がいます。夫が米国勤務のエリートだけど、子供の学校の為、夫だけが単身赴任中なんです。僕は都内の某一流ホテルのロビーで彼女に一目惚れして、後をつけて声をかけました。ドキドキしながらもお茶に誘うのに成功しました。彼女は夫が米国に居るので何となく寂しいらしく、その日はそれだけで別れました。一週間後電話で誘い新宿で食事をしました。しっかりと化粧をした彼女はとても綺麗でした。食事の後、