エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

映画のついでに

   

 短大を出て,病院でご飯づくりに携わっている彼女。今年で24歳のなつみだ。ある日の夜なつみと電話で話をしていると「あ,キャッチが入ったから待ってて」と言うので電話を切った。数分後に再びなつみから電話がかかってきた。
 なつみ「ねえねえ,今から映画見てくるね。」
 俺  「えっもうすぐ22時だよ。」
 なつみ「もう友だちにいいよーって言っちゃったもーん。」
 俺  「いいけどさぁ。いつもの真由美ちゃんか?」
 なつみ「今日は真由美はいかないよ。」
 俺  「ふーん。・・・。」
 なつみ「23時半に終わるみたいだから家につくのは24時かな。帰ったらまた電話するね。」
というわけで時計の針が夜中の1時をまわったところで携帯が鳴った。

 さて,このときは追求はしなかったが,後日この日の帰りが遅かった理由を聞いてみた。思ったとおりだった。一緒に映画を見に行った相手はよく遊ぶ男(遼)で,恋愛関係になったことはなく,ご飯を食べたり映画を見たりするだけの関係らしい。そしてりょうには彼女がいる。
 そんな男と映画を見終わって帰ろうと映画館の近くを歩いていると,あやしい男が声をかけてきた。簡単に言うと「カップルでAV出ませんか?」ってこと。最初は二人で笑っていたらしいが,男の巧みな話術によって,話だけは聞いてみようということになったらしい。で,当然のように,二人でエッチなことをして出演料をもらうという説明だったみたい。
「実はただの友だちで・・・」なんていう話をしていたら,AV男が「その方が面白い」とうことになり,出演料が最初の説明のときよりもよくなって・・・。出演OKしたらしい。
人が通らない場所へ案内されて,立ったままキスしながら服の上から胸もんで。ここまでで3、000円ゲット!したらしい。
「服をまくって生で揉んでみよっか?。」「かわいいねー。」
なんて言われてるうちにほんとに遼に後ろから生乳を見られながらもまれたってさ。10、000円ゲット。
一旦手が止まり,おっぱい丸出しのまま,さらに先へ進む交渉がスタート。
スカートまくってパンティずらして指突っ込んでクチュクチュして・・・。
スタッフ「フェラで10、000円だけどどうします?」
なつみ 「絶対無理?!」
はい。30、000円でオッケー。だって。
胸丸出しでパンツ下がったまんまでひざついて遼君のをペロペロ・・・パクッと。
遼君に胸をもまれ,はずかしいところをカメラに晒しながら5分ほどで口内発射。興奮していた遼君は大量に放出して,うまい具合に(?)口からちょっと漏れたって。
「一度カメラに口の中を見せてごっくんしよっか?」っていいながらスタッフが10、000円を手に持ってたから飲んじゃったって。
本番はせずに終了。合計53、000円を手にして帰宅。時計の針は帰宅予定より1時間遅れて夜中の1時。

その後,彼女とは・・・。


出典(?):オリジナル

 短大を出て,病院でご飯づくりに携わっている彼女。今年で24歳のなつみだ。ある日の夜なつみと電話で話をしていると「あ,キャッチが入ったから待ってて」と言うので電話を切った。数分後に再びなつみから電話がかかってきた。
 なつみ「ねえねえ,今から映画見てくるね。」
 俺  「えっもうすぐ22時だよ。」
 なつみ「もう友だちにいいよーって言っちゃったもーん。」
 俺  「いいけどさぁ。いつもの真由美ちゃんか?」
 なつみ「今日は真由美はいかないよ。」
 俺  「ふーん。・・・。」
 なつみ「23時半に終わるみたいだから家につくのは24時かな。帰ったらまた電話するね。」
というわけで時計の針が夜中の1時をまわったところで携帯が鳴った。

 さて,このときは追求はしなかったが,後日この日の帰りが遅かった理由を聞いてみた。思ったとおりだった。一緒に映画を見に行った相手はよく遊ぶ男(遼)で,恋愛関係になったことはなく,ご飯を食べたり映画を見たりするだけの関係らしい。そしてりょうには彼女がいる。
 そんな男と映画を見終わって帰ろうと映画館の近くを歩いていると,あやしい男が声をかけてきた。簡単に言うと「カップルでAV出ませんか?」ってこと。最初は二人で笑っていたらしいが,男の巧みな話術によって,話だけは聞いてみようということになったらしい。で,当然のように,二人でエッチなことをして出演料をもらうという説明だったみたい。
「実はただの友だちで・・・」なんていう話をしていたら,AV男が「その方が面白い」とうことになり,出演料が最初の説明のときよりもよくなって・・・。出演OKしたらしい。
人が通らない場所へ案内されて,立ったままキスしながら服の上から胸もんで。ここまでで3、000円ゲット!したらしい。
「服をまくって生で揉んでみよっか?。」「かわいいねー。」
なんて言われてるうちにほんとに遼に後ろから生乳を見られながらもまれたってさ。10、000円ゲット。
一旦手が止まり,おっぱい丸出しのまま,さらに先へ進む交渉がスタート。
スカートまくってパンティずらして指突っ込んでクチュクチュして・・・。
スタッフ「フェラで10、000円だけどどうします?」
なつみ 「絶対無理?!」
はい。30、000円でオッケー。だって。
胸丸出しでパンツ下がったまんまでひざついて遼君のをペロペロ・・・パクッと。
遼君に胸をもまれ,はずかしいところをカメラに晒しながら5分ほどで口内発射。興奮していた遼君は大量に放出して,うまい具合に(?)口からちょっと漏れたって。
「一度カメラに口の中を見せてごっくんしよっか?」っていいながらスタッフが10、000円を手に持ってたから飲んじゃったって。
本番はせずに終了。合計53、000円を手にして帰宅。時計の針は帰宅予定より1時間遅れて夜中の1時。

その後,彼女とは・・・。


出典(?):オリジナル

 - 未分類 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
美少女の同級生が痴漢されていて、自分も痴漢に参加したエッチ体験談

同級生が痴漢されていて、自分も痴漢に参加したエッチ体験談。いつも最強線で通学している2年の男子です。先日は人生変わる様な凄い経験してしまいました。確かに最強線は込みますが僕はいつも遅い時間帯で通学していたのでラッシュのピークはずれていました、しかし、たまた…

no image
人妻クラブへようこそ

あるサイトで人妻クラブという秘密クラブがある事を知った。興味本位でアクセスし、会員となった。携帯に人妻クラブからメールが入電。[明日、極秘会合有り。参加されたし]の連絡。取あえず出向いてみた。地下に降りてドアの前に立ち、呼び鈴を押す。会員番号カードを見せ…

no image
★売れていない美人女優とSEXした体験談

 職場かどうかは微妙だが、俺が20代の独身時代の話。当時俺は零細企業に勤めてた。社長に俺、女の子4人の広告会社。転職するはずだった会社の知り合いの社長で、ちょっと助けてやってくれみたいな・・感じで乗り気じゃないまま入ったが、社長はいい人で仕事は楽しかった。  職場にいた女の子はみな若かったけど、残念ながら全然好みじゃなかった。あるとき俺が営業から戻ると社内には社長一人でなにやら電話で話してた。こみ

no image
オナニー中に電話がかかってきた時のこと

文化祭の準備を一緒にやってる班に気になる女友達がいて、なんかの連絡網で今夜電話するからねって言われて、家の電話番号を教えた。 俺は携帯持ってないから、メールで事務的に済まされる可能性は無い。確実に、直接、声を聞いて話せる!好きな女子から今日、電話がかかっ…

no image
逢ったら細くてスタイルがいい美人さん

 31歳の三つ上の人妻と知り合い、逢う事にしようとしたが、なかなか逢うのをためらってた。「人に逢うつもりはない…」とか「結婚してるからさぁ…そういうのは」と言ってて、あった事は無い人の様子で「三十過ぎの子持ち女より独身の若い子の方がいいよ!」と言ってたが、何度か誘って「一度逢う?」と言われて逢いました。

no image
巨乳OLに中出しセックス体験談

私は31歳になる営業マンです。毎日外回りしてるんですが、お客さんのところにおじゃまするには、数件で、ほとんどはなにかしら、どこかでさぼっています。それである日、営業先から帰るのが遅くなって、会社も週末だからみんな帰っていて、(うちの会社は週末は残業禁止なんです)でもなぜか熟女OLの工藤さんは残って資料の整理をしてたんです。 「あら、まだいたんですか?」「うん、今日やらないと間に合わないから、特別に

no image
★青春のHでエロい思い出

 年上風俗嬢と2年前のことです。新卒で会社に入社したオレは営業部に配属され、とある地方都市に営業に向かいました。その頃の私は、学生と違い、まとまったお金を手にした事で懐が温かく感じられ、外回り中に風俗に行く事も度々でした。ある日の昼過ぎに、適当に仕事を済ませ、駅裏の寂れた繁華街を歩いていると、数店の風俗店が有る事に気づきました。 そして、その内の何件かは昼間から営業をしている事が分かると、小金をも

no image
職場の後輩に強制射精

4歳年下の子に失神させされたことがある。会社の後輩なんだが、もう最初からいきなり責めモードでずっと主導権にぎられっぱなしだった。キスだけでビンビンにさせられ、あっというまに射精寸前。「出ちまう」って必死で目で訴えてもやめてもらえず、服着たままノータッチチン…

no image
★旅行中でも常にHモードな夫婦です

 私は恥ずかしくて自分からは迫った事はないけど、エッチ大好きで敏感で濡れやすい、そして夫のリクエストには従順だ。週末に一泊旅行に行った。夫に求められるままノーブラタンクトップにカーディガンを羽織り、フワッとした膝上位のスカートの下にノーストッキングでエッチなパンツ。 けして露出趣味がある訳ではなく一見清楚で普通の服装。夫は宿に着くまでの間、ひたすら私の敏感なトコにイタズラをし、続けて体をウズウズさ

no image
★血の繋がりはない兄と

 兄、と言っても血の繋がりのない兄です。母と私、母子家庭でした。小学校三年の正月、突然母が再婚の話しをしました。正直、私は乗り気ではありませんでした。今の苦しい生活から抜け出したい、母の強い説得で相手に会うことを承諾しました。 身なりのいい紳士と、人の良さそうな中学生、それが最初の印象でした。それもそのはず、継父はお医者さん、連れていかれた家も凄い立派なもので、母が再婚したらここに住めるのかと、私