エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

下の階に住んでいるおじさんと人妻美佐子 2

   

 早朝、美佐子の夫の慎一は、あわただしく ト−ストとスクランブルエッグをコ−ヒでたいらげると妻の美佐子とは、ほとんど会話もなく会社へと行った。そういう生活が何年も続いているのである。夫は細身で、仕事しか頭にない真面目な男である。夫婦の間では、冗談めいた会話は全然なかったし、あまり笑うこともない。夫とは同じ職場で知り合った関係であった。一応社内恋愛であった。夫の母と美佐子の母が偶然、友人同士で、夫の慎一さんのことも子どもの頃から知っていた。美佐子の母と夫の母とが、結婚話を進め、トントン拍子で結婚してしまったというのが現状である。美佐子はお嬢様育ちで、世間知らずなところがあった。いわゆる箱入り娘である
 今の結婚生活では、夫婦の夜の営みは、年数回っていうほどである。それも、子どもが欲しいっていう気持ちだけなのである。
しかし、子どもには恵まれていない。 
 ここに引っ越してきて1週間が過ぎた。美佐子は気晴らしに公園に散歩へ出かけた。美佐子は勤めにでたいのだが、夫は妻は専業主婦だっていう考えから許してくれなかったのである。  季節は真夏で、とても暑かったが心地よい風を身体に受けて、青々とした雑木林の中を歩くと気持ちもよかったのである。 夏らしく少し短めのワンピ−スだった。 少しすると、後ろから「こんにちは奥さん」っていう軽やかな声がしたので振り向くと下の階にすんでいる木戸であった。白いランニングシャツに短パンの姿である。美佐子は、50代とはいえ筋肉質の木戸の身体を見てしまった。 木戸は、微笑みながら、「奥さんが歩いていたのは遠くからでもすぐにわかりましたよ、だって綺麗で美人ですからね」ってにこやかに話した。美佐子は少し顔を赤くして「そんな冗談でも うれしいですよ」と答えた。
実は、木戸は、たまたまその日は仕事が休みで、2階の下の階のドアの開く音がして 窓の外をみると美佐子が短いワンピ−ス姿で公園の方角に向かって歩いている。その後ろ姿から、歩くたびに美佐子の大きな柔らかいお尻が揺れている。風が吹くたびに美佐子の太ももも見え隠れしている、胸も大きいのがわかる。エアコンのない木戸の部屋は蒸し風呂で、汗をいっぱい掻きながら 食い入るように美佐子の後ろ姿を見ながら、すぐに部屋から出て美佐子の後を追ったのである。
 木戸は「ここの公園は気持ちいいでしょう。奥さん」 「ほんとうに気分も気持ちよくなりますね」って答え、木戸の人懐っこい話しかけに好意を持った、2人で並んで いろいろと話をするのだが、木戸は、話上手で美佐子は、口に手をあててクスクスと笑った、久しぶりの笑であった。しばらくした、木戸は、ベンチに座ろうと言い、美佐子も少し歩き疲れたので、ベンチに座り おしゃべりをつづけたのである。 はなしの途中でも美佐子は、木戸の筋肉質の胸を無意識のうちにチラチラと見ていたのを美佐子自身 気づいていなかった
 木戸の汗の臭いも、それほど気にはならなかった。 美佐子は時計を見ると2時間はたっていた。まだ30分ぐらいのような感じであった。家で洗濯物をベランダからかたづけたり、夕食の準備もあったので。美佐子は、「今日は、いろいろとお話してくださり ありがとうございました。とベンチから立ち上がり、頭を下げてお礼を言った。そして立ち去ろうとした瞬間の出来事である。美佐子の大きなお尻を、木戸の手が触ったのである。「あ ごめんごめん、ベンチの木くずがついていたので」もちろん嘘である 「すいません、ありがとうございます」美佐子は、また、頭を下げてお礼を言い 家路へと着いた。

 木戸は、立ち去る美佐子を見て 「やはり、俺好みのやわらかいケツをしてるな。 世間しらずの箱入り主婦って感じだ。ケツを触られて 頭を下げてお礼を言ってやがるぜ。俺が睨んだ通り 一度男を知ったら淫乱女になるぜ さて、これからどう料理していくかな」 夏の風の中を歩いていく美佐子を見ながら、獲物をねらったハイエナのような目つきをしているのであった。

 早朝、美佐子の夫の慎一は、あわただしく ト−ストとスクランブルエッグをコ−ヒでたいらげると妻の美佐子とは、ほとんど会話もなく会社へと行った。そういう生活が何年も続いているのである。夫は細身で、仕事しか頭にない真面目な男である。夫婦の間では、冗談めいた会話は全然なかったし、あまり笑うこともない。夫とは同じ職場で知り合った関係であった。一応社内恋愛であった。夫の母と美佐子の母が偶然、友人同士で、夫の慎一さんのことも子どもの頃から知っていた。美佐子の母と夫の母とが、結婚話を進め、トントン拍子で結婚してしまったというのが現状である。美佐子はお嬢様育ちで、世間知らずなところがあった。いわゆる箱入り娘である
 今の結婚生活では、夫婦の夜の営みは、年数回っていうほどである。それも、子どもが欲しいっていう気持ちだけなのである。
しかし、子どもには恵まれていない。 
 ここに引っ越してきて1週間が過ぎた。美佐子は気晴らしに公園に散歩へ出かけた。美佐子は勤めにでたいのだが、夫は妻は専業主婦だっていう考えから許してくれなかったのである。  季節は真夏で、とても暑かったが心地よい風を身体に受けて、青々とした雑木林の中を歩くと気持ちもよかったのである。 夏らしく少し短めのワンピ−スだった。 少しすると、後ろから「こんにちは奥さん」っていう軽やかな声がしたので振り向くと下の階にすんでいる木戸であった。白いランニングシャツに短パンの姿である。美佐子は、50代とはいえ筋肉質の木戸の身体を見てしまった。 木戸は、微笑みながら、「奥さんが歩いていたのは遠くからでもすぐにわかりましたよ、だって綺麗で美人ですからね」ってにこやかに話した。美佐子は少し顔を赤くして「そんな冗談でも うれしいですよ」と答えた。
実は、木戸は、たまたまその日は仕事が休みで、2階の下の階のドアの開く音がして 窓の外をみると美佐子が短いワンピ−ス姿で公園の方角に向かって歩いている。その後ろ姿から、歩くたびに美佐子の大きな柔らかいお尻が揺れている。風が吹くたびに美佐子の太ももも見え隠れしている、胸も大きいのがわかる。エアコンのない木戸の部屋は蒸し風呂で、汗をいっぱい掻きながら 食い入るように美佐子の後ろ姿を見ながら、すぐに部屋から出て美佐子の後を追ったのである。
 木戸は「ここの公園は気持ちいいでしょう。奥さん」 「ほんとうに気分も気持ちよくなりますね」って答え、木戸の人懐っこい話しかけに好意を持った、2人で並んで いろいろと話をするのだが、木戸は、話上手で美佐子は、口に手をあててクスクスと笑った、久しぶりの笑であった。しばらくした、木戸は、ベンチに座ろうと言い、美佐子も少し歩き疲れたので、ベンチに座り おしゃべりをつづけたのである。 はなしの途中でも美佐子は、木戸の筋肉質の胸を無意識のうちにチラチラと見ていたのを美佐子自身 気づいていなかった
 木戸の汗の臭いも、それほど気にはならなかった。 美佐子は時計を見ると2時間はたっていた。まだ30分ぐらいのような感じであった。家で洗濯物をベランダからかたづけたり、夕食の準備もあったので。美佐子は、「今日は、いろいろとお話してくださり ありがとうございました。とベンチから立ち上がり、頭を下げてお礼を言った。そして立ち去ろうとした瞬間の出来事である。美佐子の大きなお尻を、木戸の手が触ったのである。「あ ごめんごめん、ベンチの木くずがついていたので」もちろん嘘である 「すいません、ありがとうございます」美佐子は、また、頭を下げてお礼を言い 家路へと着いた。

 木戸は、立ち去る美佐子を見て 「やはり、俺好みのやわらかいケツをしてるな。 世間しらずの箱入り主婦って感じだ。ケツを触られて 頭を下げてお礼を言ってやがるぜ。俺が睨んだ通り 一度男を知ったら淫乱女になるぜ さて、これからどう料理していくかな」 夏の風の中を歩いていく美佐子を見ながら、獲物をねらったハイエナのような目つきをしているのであった。

 - 未分類 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
賭けマージャン

マージャンで彼女を賭けた。お互い彼女も知っている仲間4人でマージャンしていたら「彼女を賭ける」こととなった。最初は冗談のつもりだったけど、話が盛り上がってお互い引くに引けない約束となってしまった。当然、その場には彼女達はいない訳で、クリスマスに行くことにな…

no image
『お前の奥さん 犯られちゃうぞ!』

『お前の奥さん犯られちゃうぞ!』友人の渡辺から突然のメールが入った。渡辺というのは妻の会社の同僚だ。かつては俺も妻と同じ会社だったため渡辺とは同期であり、友人でもあった。妻とは社内恋愛の末、結婚し、俺は結婚後に転職して今は別の会社に勤務している。妻の由希…

no image
★これは罠か・・あっというまに結婚

 忘年会を兼ねた会社の慰安旅行で、36歳になる8つ年上の独身女とやってしまいました。宿でお宴会が終わってから、同僚数人と温泉街のスナックへ繰り出したんですが、そこへ女性陣数人が合流。カラオケにも行って宿に帰ったんですが、 その途中があまり覚えてなくて、気が付いたらホテルの宴会場にある舞台の袖にある小部屋(座布団置き場?)で、その彼女とバックで突いていました。

no image
(童貞を捨てた時の初体験談)

初めて僕が童貞を捨てた時の話しをしたいと思います。私の名前は教えられないので、久村という名前にしておきます私は23歳にもなって童貞を捨てずに、てか捨てれずにずっと23年間生きてきました・・・。私自身童貞である事が自分の中のコンプレックスでもあり、恥ずかしいと思っ…

no image
★主婦ですが・・とんでもない体験をしました

 高1の一人息子の夏休み初日にとんでもない体験をしてしまいました。私は42歳、専業主婦です。主人は46歳、仕事の帰りも遅く、月に1、2度の愛情の感じられないセックスが5年位続いています。主人以外と関係を持つ勇気も無く、週3のオナニーで私の身体は満足しています。通販でローター、バイブ、と色々と揃えて楽しんでいました。  平日の昼間は、一人きりなので、マンションのドアにカギを掛けて、リビングで一時間位楽し

no image
続続続続・仮名はなださんのアパートで…

くどーちゃんの目の前には、是非とも見たいと思っていたタキシード姿のはなちゃんがいた。タキシードはシルバー系ので、胸元には白いお花が添えられていた。「はなちゃん、世界一、素敵…。」私が見とれていると、「ありがとう。くどーちゃん、世界一、綺麗だよ。」とはなち…

no image
★神待ち女と出会うチャンス

 恋ナビ24HⅡで家出した20歳の娘と初めてセックスしたとき以来、はっきり言ってこんなに簡単にエッチできるのかと言う思いになりました。家出した娘は、切羽詰まってるので、お持ち帰りの確率は格段に上がります。 合コンやナンパの場合、当たり前ですが、女性は帰る家があるのです。でも家出少女は帰る家が無い。よっぽど嫌われない限りお持ち帰りできるのです。それはイコールエッチできることを意味します。最近の若い女の子

no image
弟の相談

学生の弟と横浜のマンションに二人で暮しています。今年のGWのあと弟が「1年つきあった彼女にフラれた」と言って涙グジョグジョで帰ってきたんです。「いっしょに飲も、話聴いてあげるから」ってウィスキーを二人でグビグビ。二人ともいいかげんにヘベレケになったのに、…

no image
★スキー旅行で出会ったOL2人組

 去年の冬のことでしたね。野郎の連れと2人でスキー旅行に行ったときのことでした。俺れの泊まってた温泉旅館は内湯は男女別、露天は混浴の造りでした。あまり大きくない露天だったので男女別にできなかったのでしょうw もちろん宿の手配をしたのは俺れ。ネットで片っ端に調べ上げ、混浴露天のある宿を見つけたのさw昼間のスキーではナンパの成果はなく、けど天気に恵まれてかなり滑りこんだんで心地よい疲労感で宿に着きまし

no image
後輩の妻

ちと強引にやっちゃう話だけどいかがですか?お待たせしました。こんな時間だけどやっと書く時間ができました。俺は某独立系ソフト会社のSEです(起きてる時間でわかってくれると思うけど。。。)現在32歳、独身。問題の後輩H雄は、専門学校卒で3年前に入社してきまし…