エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★美人局ではなくて良かった

   

★美人局ではなくて良かった

 昨日の夕方、いつも見ている出会い系に16歳の子の書き込みがありました。どうやら金パのギャル系とのこと。ギャル好きの僕にはたまりません!!!今、学校帰りで制服で池袋にいるとのことなので、メールやり取りしながら池袋へ。5時に約束をしていたので、4時50分くらいにメールをすると、「まだシャンシャインの近く」とのことで、待たされた。

 待ち合わせは北口のカラオケ館の前、そこから少し離れたところで様子を見ていると10分くらいたって、制服のギャルが一人でやって来た。紺のセーターをダボダボに来て、背中ににカバンをリュックのように背負っている。もちろんルーズを履いてローファーのかかとを踏んでいる。
 しかも顔は愛内里菜を若くしたようなかんじでもう最高!!!みょうにドキドキしながら近づくと、そのギャルはカラオケ館の看板の前でたっている。金額の交渉は最初10と吹っかけてきたので、そんなにないといいながら、うやむやにしておいた。(これが後で。。。怖い思いをすることに)「○○ちゃん?」と声をかけると、携帯を見ていた彼女がうなずいた!

 ほんとにこんなかわいいギャルとこれからできるのかと思うと、もうあそこは爆発寸前。ガマン汁が出ているのがわかるくらいっだった。なれた感じで「ホテル、向こう。行こ」といってホテル街へ。制服の彼女とは入れるのかと心配していると、彼女は一軒のホテルに「ここでいい?」といいながら入っていき、すばやくエレベーターの方へ、僕が部屋を決めて鍵を受け取って追いかけていった。

 部屋に入ると彼女はソファーに座って携帯をいじり始めた。彼女のあとから部屋に入った僕は、彼女のボロいローファーの匂いを十分に堪能し、部屋の中へ。ソファーの彼女と少し世間話をして、早速交渉開始!デジカメを取り出し「写真撮らせて」すると「10くれるならOK。顔は写さないで」という。


 最高のギャルを目の前にした僕は、そんな金はないのにOKし、即撮影開始。彼女を机の上に立たせ、パンツを撮り、汚くて穴の開いたルーズをむさぼるように嗅いだ。一通りソフトな写真を撮ると、「シャワー入る」といって彼女はバスルームに入っていった。彼女のパンツ、ルーズ、ブラなどの匂いを嗅ぎまくり、彼女のパンツには僕のガマン汁をつけてやった。

 その後僕もシャワーを浴び、出てみると、彼女はもう制服を着て待っている。「やっぱ制服のままやりたいんでしょ?」なんていう子だろう。援助に慣れているようで怖い気もしたが、こんないいギャルとは二度とできない!!ゆっくりピンクローターで責めて、パンツを下ろすともうあそこは濡れ濡れで、指はすんなりと彼女の中に入る。

 彼女も感じているらしく、かわいい声をあげている。バイブを入れて彼女の手に持たせると、自分でバイブを激しく出し入れして、感じている。我慢の限界の僕は、パンツを下ろして彼女の口元にムスコを差し出した。すると彼女は無言のまま息子を咥え、ゆっくりと弄ぶ。。

 こんないいギャルが息子を咥えていると思うだけで爆発しそうなのに、抜群のフェラテクで、もう本当にやばかった。しかしちゃんとフェラ顔も写真に収めておいた。彼女は上目遣いにフェラをし続け、本当にイクすんぜんまでなったことろでやめさせた。やっぱりいくのは中だ!!


 ゴムをつけるといって、穴の開いた特性コンドーム(ただ先端に穴が開いてるだけ。。)をつけて、彼女の手にムスコを持たせた。ゴムがついているので安心した彼女は、そのままムスコを導き、こすりつけた。彼女の汁とガマン汁がからみあって、かなりの快感。。ゆっくり挿入すると、ゴムの穴からムスコが飛び出て、ゴムは根元にあるだけ。。まったくの生の感触、暖かく、ビラビラがあり、よく締まる。

 ぐちゅぐちゅといやらしい音を立てながらムスコは彼女に出入りする。彼女は制服のままブラをずらして、スカートも履いたまま。もちろんルーズも履いているうえにローファーまで。もうギャルをレイプしているような快感に、いつも以上に気持ちいい。その後、騎上位で入れると彼女は自分で腰を振り、クリを押し付けて感じている。

 今までにないほど気持ちよく、彼女の騎上位はほんとにスゴイもう一度正常位で入れた後に、本当にいきそうなのでバックで入れて、思いっきり奥のほうに中出ししてやった。彼女も相当感じて、疲れたらしく、確認もせずにそのままベットに倒れこんで、放心状態。。。これはやったと思い。ゴムをはずすふり。急いで穴の開いたゴムをティッシュに包んで捨てた。


 いっぱいでたよぉなどといいながら、また大きくなったムスコを触っていると、また妙にやりたい気分になってしまった。ぐったりしている彼女の脚やルーズを嘗め回し、半分無理やり彼女の口に入れた。嫌そうにしながらもやっぱりフェラテクは最高で、5分と持たずに2発目を彼女の口の中に発射!!この後、お互いシャワーに入った後、「お金ちょうだい」と来た。

「いま10万もってないから一緒に銀行言って」と言い訳のつもりで言うと「わかった、じゃ化粧してるから降ろしてきて。駅前のマックで待ってるからメールして」とのこと!こんなガードのゆるい子がいるのかと一瞬自分を疑ったくらいだった。こうなったら1円でも払うのが惜しい。ホテル代は先払いしてあるので、このままさようならしても彼女はホテルを出られる。

 僕は逃げるように「じゃメールする」といいつつホテルを出て、一目散に駅に向かった。このまま帰れない用事があったので、いつもは乗らない東武線でトンズラ。。こんなにうまくいくなんて!しかもあんなかわいいギャルのハメ撮り写真まである!っとウキウキだった。


 用事を済ませて自宅に帰って、さっそくハメ撮り写真を点検!顔もあそこもばっちりで、写真だけで2回も抜いてしまったぁ
・・ところが、その1時間後くらいに彼女の携帯からメールが。。恐る恐る見ると「逃げんな、お前がホテル入った時の写真を撮ってある。しかもお前は東武線に定期で乗っただろ。俺はお前の家までつけてたんだよ」「30万でゆるしてやる。それとさっき撮った写真のネガももってこい」!!

 一瞬冷や汗が出たが、よく考えると「定期?」これはパスネットで乗ったのがそう見えたらしい。しかも家までつけてきたといってるが、俺はまっすぐ家に帰っていないし、東武線沿線でもない。「ネガ?」いまどきデジカメ以外のカメラでハメ撮りするぁぁ??おかしい、これはホントの美人局ぢゃじない。

 メールの内容も幼稚だし、おそらく美人局のまねをしている高校生の男だろうと判断。無視していると「さっきの写真警察に見せるぞ」とのこと。「それじゃ彼女が職務質問されて、補導されちゃうね。彼女にわるいなぁ」ととぼけると「女補導されないそ」と言ってきた。


 これはどうやら彼女の彼氏のようだった。彼女に不利益なことを少し匂わすと、急におとなしくなり、それ以来音沙汰無し。結局大して怖い思いもせずに、いままでのなかで最高のギャルとタダでハメ撮りまでしてしまいました。。こんなことってもう絶対ないだろうなぁと思いつつ、彼女のフェラ写真やハメ撮りを見ながらシコシコしてます。

 - 未分類 , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
有名人官能小説 優香

「・・・なぁんでこの歳になってこんなカッコしなきゃなんないかな~・・・」優香は思わず呟いた。手渡されたのは、言葉通り、一般人が見ればぎょっとするようなコスチュームだった。モノ自体は別に珍しいものでもなんでもない。ただし、着用する年齢が大幅にずれている。し…

no image
僕の風俗体験日記

1996年、春。隆志はとある高校を卒業した。受験に落ちた隆志と、大学に合格した友人である健太郎は、とあるたくらみを企てていた。「なあ、健太郎よ。俺らはついに高校3年間で童貞捨てられなかったよな・・。」「ああ、そうだな・・。」 3月とはいえ、まだまだ冷たい…

no image
Y子

最近知り合いになったY子という子がいて、土曜にその子の家に遊びに行った。Y子は見た目からして地味です。背は160くらいで髪は肩までしかも眼鏡で痩せている訳でもなく太っているわけでもなく、特別かわいい事もない子です。Y子と知り合ったのは、友人の彼女が男っ気…

no image
パネルマジック

厨レポです。自分は20歳。とりあえずHPみながら電話予約。待合室で人と会いたくなかったので朝一を狙う。朝一は新人ともう一人空きがあるといわれました。お目当ての子がいたが満員御礼らしい。このスレで「新人は辞めとけ」というレスがあった気がしたのでもう一人の姫に決…

no image
白い雲のように

友達から飲まないか?との誘いを受けて、それを了承。少し仕事で遅れてしまいつつも友達の待つ飲み屋に着いてみると、もう既にかなり出来上がっている彼を発見。彼は出版関係の仕事をしていて、それが上手くいかないと彼は僕を呼び出し一緒に酒を飲みながら愚痴を言う。今回…

no image
最後のモテ期

初めてR子と知り合ったきっかけは会社同僚の女性Fさんでした。私はその当時、付き合っている彼女がいましたが、性格的には天真爛漫で母性溢れる感じの、少しぽっちゃり目の彼女でした。対してFさんは、スレンダーで大人な雰囲気たっぷりの落ち着いた女性。私は昔から、付…

no image
今の総理じゃないことは確かだ

「総理、ここのお料理は本当においしいんですね!」丸い目を一層丸くして、恵は並べられた懐石料理に舌鼓を打っている。もう別れてしまったが、IT長者との結婚生活で、贅沢はたくさん味わってきた。その恵でも、こんなに美味しい料理を食べる機会はほとんどなかった。いや…

no image
幼馴染の大○愛と

高校時代の同級生、真希から電話があった。「今度東京でてきてるツレだけでミニ同窓会するから、けえへん?」「ほんまか、久しぶりやな。誰くるん?」「女の子チームは4人くらいやと思うけど、男子にはそっちで声かけといてや」「わかったわ、でもこっちも3~4人が限度や…

no image
ゥゲ蕎淡折参

俺31歳 彼女22歳の時だった。休みの日の午後、彼女が「ご飯作ってあげる」と言って家にやってきた。前のデートの時も家に来てくれて、帰りしなの初キスの後、彼女をバス停迄送っていく間彼女がしなだれかかるようにして腕を組んできていたので、今日はチャンスがあれば最後…

no image
目撃された秘め事

 僕は大学に入るまで童貞。しかし、同級生の女の子と付き合うようになりました。 夜、大学構内や地下道の入口のようなところなど、人目のないところを選んでは、彼女を抱きしめ、キスし、彼女のシャツのすそから手を入れ、ブラのフォックを外して、彼女の胸を揉みました。…