エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

夏休みに・・・

   

 遂に母美亜子(40)と関係を持ってしまった。きっかけは夏休みに電車
に乗った時に母が痴漢に遭った事だった。母が顔を唇をかみ締めているのを
見て「大丈夫?」と声を掛けると「大丈夫」と返してきたのでそのときは安
心していた。
 だが声を掛けた後も時々母は同じように何度か唇をかみ締めていた。少し
離れていたし、込み合っていたのでそれ以上は何も出来なかった。
 電車から降りて母に声を掛けようとしたとき、不意に母のスカートが目に
止まった。その日の母はタイト気味のスカートに薄手の白のブラウスだっ
た。そのスカートが微妙に、且つ不自然にめくれていて、しかも染みみたい
な汚れが付着していた。
 それだけではなく、汗で少し透けたブラウスの下のブラがずれているよう
に見えた。背中にホックのあるタイプのやつだったのだが、そのホックが外
れていたのだ。
 (痴漢に遭ったんだ、母さんは・・・)ショックを感じると同時に、興奮
している自分がいた。恐らく電車の中で、触られた挙句見知らぬ男の精液を
尻に掛けられたのだろう。「大丈夫」といったのは俺をトラブルに巻き込ま
ない為だと思った。
 母の横まで行き、「ほんとに大丈夫?」と声を掛けながら母の表情を窺う
と、顔は赤らみ、目は潤んでいた。それは彼女とエッチをしているときの彼
女の表情とそっくりだった。感じていたんだ!!俺が小さい頃に親父と死別
して以来一人で俺を育ててきた母にとっては、見知らぬ男の行為でさえ甘美
なものだったのか??
 その日の夜、まさかと思い洗濯機の中の母のパンティを調べると、やはり
クロッチの部分に愛液の跡であろう汚れが付着していた。母も感じていたの
は確かだろうが、オトコそのものを味わったわけではない。もしかしたらと
思い部屋の様子を窺うと、「あんッ、いいのぉ、頂戴ッオチンチン頂戴」と
自分を慰める母の声が聞こえてきた。
 俺は思わず中に入ってしまった。驚き、「隆司出てって」と叫ぶ母の股間
を指差し、「昼間痴漢に遭ったんでしょ?それが忘れられなくてオナニーし
てたんだ?」と聞く俺に、隠しても無駄だと悟ったのか母は素直に頷いた。
 中学位からこっそり母の着替えを覗いたりしていた俺は、初めて間近で見
る母の裸とオナニーに、トランクスを脱ぎすっかり勃起した自分のチンポを
母に見せた。
 実の息子のチンポであるにも関らず、目を釘付けにする母に「母さんも続
けてよ、俺もするから」と声を掛け見せ付けるようにしごき始めると、最初
こそ「だめよ隆司、やめなさい」といっていた母も「軽蔑しないでこんな母
さん」と言いながらGカップはある巨乳を俺の目の前で、揉みしだき始めた。
 「乳首自分で吸ってよ」とリクエストすると、素直に従う母。「乳首気持
ちイイ?」と聞くと「イイ、隆司、気持ちイイの。母さん乳首気持ちイイ
の」と答える母。「両手で開いてよ、昼間痴漢に触られた感じたところ」と
言うと、ゆっくりと開いていく母の股間。
 「どこを触られたのか言ってよ」と母の顔の間近でチンポをしごいてみせ
ると「オマンコよ、スカートまくられて指を入れられたの」と答えてきた。
「一人にやられたの?」と聞くと「分からない、前からも後ろからもおっぱ
いやお尻を触られて...最初は怖かったけど、母さん我慢できなくて...」
 「そのときみたいに自分でしてよ」と求めると、乱暴に母の指が膣を、ク
リトリスを蹂躙する。「怖かったの、でも気持ち良くって...でもあなたに心
配掛けたくなくて堪えていたの...」そう快感に喘ぎながら告白する母に「そ
んな風に乱暴にされるのが好きなんだ?もしかして母さんてマゾ?」と聞く
と絶頂間近の母が、「そうかも...こんな母さんでもイイの?」と涙目で聞い
てきた。
 「そんな母さんだから好きなんだよ、痴漢に遭ってオマンコ濡らす母さん
がね」「本当に?」「ああ、本当だよ、イクよ母さん」俺が絶頂に達しそう
なことを告げると、「隆司ッ一緒にイってェ母さんも、イ、イクのぉー」と
ブリッジをするように背中を逸らせて母は達した。その姿を見て俺も溜まっ
ていた精液を母の胸や顔に振りかけていった。
 ティッシュで自分の物を拭こうとすると、「待って、母さんがしてあげ
る」といって俺のチンポをいきなり口に銜えてきた。「えッ、か、母さ
ん?」と驚く俺に「ひかるちゃん(彼女)にはしてもらってるんでしょ?」
と淫靡な笑みを浮かべながら聞いてくる。俺も素直に「ああ、してくれる
よ、あいつも」と答えた。「でも母さんの方がずっと上手いよ」と忘れずに
付け加えた。
 「年の功かもね、ふふッ」と笑いながら袋に吸い付いたり肛門にまで指を
這わせてくる。「本当に父さんが死んだ後、誰とも付き合ったりエッチした
りしなかったの?」と聞くと、主婦仲間の乱交サークルに付き合ったりする
こともあって、段々と性感を開発されていったと...。中には自分の息子と関
係している人もいたらしい。
 「隆司時々母さんの着替えとかオナニー覗いてたでしょ。そういう人の話
聞いてて最初は信じられないって思ってたけど、隆司が覗いてるのに気付い
てからはあなたとエッチするのを想像するようになったの。異常だって分か
ってはいたけど、我慢できなくて、あなたにも彼女がいるって知っていたけ
どね...」
 優しく微笑みながら告白する母を俺は抱きしめた。そして「母さんの願い
を叶えて上げるよ、いいね?」ゆっくり頷く母を横たえ、母の足の間に体を
入れる。母のオマンコはべっとりと愛液で濡れていた。「おねだりしてよ母
さん」俺の求めに母は素直に頷き、「母さんのオマンコに隆司のオチンチン
を入れて」と言ってくれた。
 亀頭の部分が入っただけで逝ってしまいそうになる程、母の中はねっとり
と締め付けてきた。それでも何とか堪えて根元まで埋め込むと、何かに先端
が当たってきた。「んんッ、子宮口よ隆司。そこで擦って、グリグリって」
 言うとおりに子宮口に亀頭を擦り付けると「ヒイッ、イイのぉッ隆司ッ」
と快感の声を上げて悶える母。ひかるの時のようにリズムに変化をつける余
裕が全くと言っていいほどなかった。それほど実の母とのセックスは強烈な
快感を互いにもたらしてくれた。
 「ああッ母さん、もう逝きそうだッ」俺が告げると、「外に出して、今日
は危ない日だから外に出してッ」と膣外射精を願う母。だが、母の体はそれ
とは反対に足を(多分無意識に)俺の腰に絡み付けてきた。無意識に実の息
子の子種を求める母。「無理だよ母さん、我慢できないよッこのまま出すよ
ッ、あああッイクッ」
 さっきより更に大量の精液が母の胎内に注がれていくのが分かった。危険
日の母の胎内にある卵子めがけて俺の精子が泳いでいく。母は「出来ちゃ
う、隆司の子を孕んじゃう」取り乱す母の顔を俺はただ抱きしめながら、不
安と喜びを同時に感じていた。

 遂に母美亜子(40)と関係を持ってしまった。きっかけは夏休みに電車
に乗った時に母が痴漢に遭った事だった。母が顔を唇をかみ締めているのを
見て「大丈夫?」と声を掛けると「大丈夫」と返してきたのでそのときは安
心していた。
 だが声を掛けた後も時々母は同じように何度か唇をかみ締めていた。少し
離れていたし、込み合っていたのでそれ以上は何も出来なかった。
 電車から降りて母に声を掛けようとしたとき、不意に母のスカートが目に
止まった。その日の母はタイト気味のスカートに薄手の白のブラウスだっ
た。そのスカートが微妙に、且つ不自然にめくれていて、しかも染みみたい
な汚れが付着していた。
 それだけではなく、汗で少し透けたブラウスの下のブラがずれているよう
に見えた。背中にホックのあるタイプのやつだったのだが、そのホックが外
れていたのだ。
 (痴漢に遭ったんだ、母さんは・・・)ショックを感じると同時に、興奮
している自分がいた。恐らく電車の中で、触られた挙句見知らぬ男の精液を
尻に掛けられたのだろう。「大丈夫」といったのは俺をトラブルに巻き込ま
ない為だと思った。
 母の横まで行き、「ほんとに大丈夫?」と声を掛けながら母の表情を窺う
と、顔は赤らみ、目は潤んでいた。それは彼女とエッチをしているときの彼
女の表情とそっくりだった。感じていたんだ!!俺が小さい頃に親父と死別
して以来一人で俺を育ててきた母にとっては、見知らぬ男の行為でさえ甘美
なものだったのか??
 その日の夜、まさかと思い洗濯機の中の母のパンティを調べると、やはり
クロッチの部分に愛液の跡であろう汚れが付着していた。母も感じていたの
は確かだろうが、オトコそのものを味わったわけではない。もしかしたらと
思い部屋の様子を窺うと、「あんッ、いいのぉ、頂戴ッオチンチン頂戴」と
自分を慰める母の声が聞こえてきた。
 俺は思わず中に入ってしまった。驚き、「隆司出てって」と叫ぶ母の股間
を指差し、「昼間痴漢に遭ったんでしょ?それが忘れられなくてオナニーし
てたんだ?」と聞く俺に、隠しても無駄だと悟ったのか母は素直に頷いた。
 中学位からこっそり母の着替えを覗いたりしていた俺は、初めて間近で見
る母の裸とオナニーに、トランクスを脱ぎすっかり勃起した自分のチンポを
母に見せた。
 実の息子のチンポであるにも関らず、目を釘付けにする母に「母さんも続
けてよ、俺もするから」と声を掛け見せ付けるようにしごき始めると、最初
こそ「だめよ隆司、やめなさい」といっていた母も「軽蔑しないでこんな母
さん」と言いながらGカップはある巨乳を俺の目の前で、揉みしだき始めた。
 「乳首自分で吸ってよ」とリクエストすると、素直に従う母。「乳首気持
ちイイ?」と聞くと「イイ、隆司、気持ちイイの。母さん乳首気持ちイイ
の」と答える母。「両手で開いてよ、昼間痴漢に触られた感じたところ」と
言うと、ゆっくりと開いていく母の股間。
 「どこを触られたのか言ってよ」と母の顔の間近でチンポをしごいてみせ
ると「オマンコよ、スカートまくられて指を入れられたの」と答えてきた。
「一人にやられたの?」と聞くと「分からない、前からも後ろからもおっぱ
いやお尻を触られて...最初は怖かったけど、母さん我慢できなくて...」
 「そのときみたいに自分でしてよ」と求めると、乱暴に母の指が膣を、ク
リトリスを蹂躙する。「怖かったの、でも気持ち良くって...でもあなたに心
配掛けたくなくて堪えていたの...」そう快感に喘ぎながら告白する母に「そ
んな風に乱暴にされるのが好きなんだ?もしかして母さんてマゾ?」と聞く
と絶頂間近の母が、「そうかも...こんな母さんでもイイの?」と涙目で聞い
てきた。
 「そんな母さんだから好きなんだよ、痴漢に遭ってオマンコ濡らす母さん
がね」「本当に?」「ああ、本当だよ、イクよ母さん」俺が絶頂に達しそう
なことを告げると、「隆司ッ一緒にイってェ母さんも、イ、イクのぉー」と
ブリッジをするように背中を逸らせて母は達した。その姿を見て俺も溜まっ
ていた精液を母の胸や顔に振りかけていった。
 ティッシュで自分の物を拭こうとすると、「待って、母さんがしてあげ
る」といって俺のチンポをいきなり口に銜えてきた。「えッ、か、母さ
ん?」と驚く俺に「ひかるちゃん(彼女)にはしてもらってるんでしょ?」
と淫靡な笑みを浮かべながら聞いてくる。俺も素直に「ああ、してくれる
よ、あいつも」と答えた。「でも母さんの方がずっと上手いよ」と忘れずに
付け加えた。
 「年の功かもね、ふふッ」と笑いながら袋に吸い付いたり肛門にまで指を
這わせてくる。「本当に父さんが死んだ後、誰とも付き合ったりエッチした
りしなかったの?」と聞くと、主婦仲間の乱交サークルに付き合ったりする
こともあって、段々と性感を開発されていったと...。中には自分の息子と関
係している人もいたらしい。
 「隆司時々母さんの着替えとかオナニー覗いてたでしょ。そういう人の話
聞いてて最初は信じられないって思ってたけど、隆司が覗いてるのに気付い
てからはあなたとエッチするのを想像するようになったの。異常だって分か
ってはいたけど、我慢できなくて、あなたにも彼女がいるって知っていたけ
どね...」
 優しく微笑みながら告白する母を俺は抱きしめた。そして「母さんの願い
を叶えて上げるよ、いいね?」ゆっくり頷く母を横たえ、母の足の間に体を
入れる。母のオマンコはべっとりと愛液で濡れていた。「おねだりしてよ母
さん」俺の求めに母は素直に頷き、「母さんのオマンコに隆司のオチンチン
を入れて」と言ってくれた。
 亀頭の部分が入っただけで逝ってしまいそうになる程、母の中はねっとり
と締め付けてきた。それでも何とか堪えて根元まで埋め込むと、何かに先端
が当たってきた。「んんッ、子宮口よ隆司。そこで擦って、グリグリって」
 言うとおりに子宮口に亀頭を擦り付けると「ヒイッ、イイのぉッ隆司ッ」
と快感の声を上げて悶える母。ひかるの時のようにリズムに変化をつける余
裕が全くと言っていいほどなかった。それほど実の母とのセックスは強烈な
快感を互いにもたらしてくれた。
 「ああッ母さん、もう逝きそうだッ」俺が告げると、「外に出して、今日
は危ない日だから外に出してッ」と膣外射精を願う母。だが、母の体はそれ
とは反対に足を(多分無意識に)俺の腰に絡み付けてきた。無意識に実の息
子の子種を求める母。「無理だよ母さん、我慢できないよッこのまま出すよ
ッ、あああッイクッ」
 さっきより更に大量の精液が母の胎内に注がれていくのが分かった。危険
日の母の胎内にある卵子めがけて俺の精子が泳いでいく。母は「出来ちゃ
う、隆司の子を孕んじゃう」取り乱す母の顔を俺はただ抱きしめながら、不
安と喜びを同時に感じていた。

 - 未分類 , , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
叔母と禁断な肉体関係に・・

 あれは私が高校1年の夏に始まった。それは母親の5番目の妹のS叔母さんとのSEXだ。夏休み、両親は会社の夏休みで2週間海外旅行に行くことになった。その間、母親が私の面倒をS叔母さん(当時確か36歳)に頼んだことからだ。S叔母さんはご主人が単身赴任で海外出張中で、子供はいなく時間的に余裕があるためだった。

no image
★看護師さんの梯毛に反応して

 1ヶ月前に下腹部手術をした。毛を剃られる時、勃起したらどうしようと心配していたらそのとおりになってしまった。梯毛の前日?あらかじめ,看護師さんが来て「剃りますのでT字帯をしておいてください」と言った。その日、二人の看護師さんが来て、いよいよ作業開始。部屋は6人部屋でしかも、なぜか回りは女性といっても自分以外はおばあさんの部屋に入れられている。 寝巻きを着ていたので、いよいよ前を開けられ,T字帯(ふ

no image
新宿のホテルで 1

32歳のカイといいます。事実にもとづいた「フィクション」…です。掲示板で知り合った15歳のゆきこと会いました。ゆきこは僕が掲示板に投稿した体験談を読んでメールをくれた子です。エッチなメールのやりとりをした末、『ホントにしてみたい…』とのことで、新宿で待ち…

no image
明美を孕ませる

「ウッ!クッ!出る。出る!ウッウッツ、まだ出る!ウッウッ」ブリュブリュ? リュ、ブリュリュリュ?という擬音を伴って一週間溜めた大量の精液が高速に尿道を擦過する。脳が痺れる快感だ。無垢の処女地に無責任に汚液が撒き散らされる。「フー…明美、やっぱり初物は絞まりが違…

no image
妻のセクハラ調査

 我が家は夫の私42歳と妻36歳、小学6年生の息子の3人暮らしです。 私は 前々から妻がセクハラを受けているに違いない、と思っていました。何か心あたりがある訳ではありませんでしたが、妻はカラカワレ易く、押し切られ易い。そんな妻にちょっかい出さない奴の方は珍しい…

no image
ゴルフ旅行で?

ゴルフ旅行で?の続き温泉を出た俺たちは、出たところの大きなソファに座りながらジュースを飲んだ。そして今からまた香奈の部屋に行っていいか聞いたんだ。返事はもちろんOK。俺は一度部屋に入って荷物を置いてくると言い、部屋に戻った。そして一緒に来た友達の中でも一番仲…

no image
クリ責め(りさ

いっぱいしてほしいです…逝きまくりたいです…いっぱい舐めまわしてあげるよ…(玲の両足をぐいと開くと鼻先をパンツの上から押しあてて割れ目に沿って揺らし)んぁ…やらしい匂いがするよ…堪んない…あっっ…//匂いかいじゃやぁっ…恥ずかしい/あっ…鼻がクリちゃんに当…

no image
彼女とセフレが一気にできたw

クリスマス前、ほっとしてますwそれはなぜかと言うと、彼女ができたからです。実は今年に入って僕は彼女がずっといませんでした。仕事が終わって、家に帰って、食事や風呂を済ませ、次の日日に備えて寝るだけ毎日そんな感じ、週末は外は盛り上がってるんだろうけど僕は、上…

no image
携帯の番号、教えといたよ

きっかけは親戚の結婚式に出席してきた母から言われた言葉。 「○○くんにあんたの携帯番号教えておいたから、連絡くると思うよ」 この親戚というのも、一応私の従兄にあたる人だが、結構歳が離れていて、 あまり私自身とは交流がない人でした。 私は11人いるイトコの中で…

no image
長期停電で妻が隣の旦那に

これは数年前に起きた話です。我が家は、街からちょっと離れた所で、山間に出来た住宅地にあります。週末の午後7時位に、仕事を終え自宅に向かっていると、いつもは家の明かりがいっぱい点いている筈なんですが、何処の家も暗く不気味な雰囲気を醸し出していました。我が家も…