エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★人妻とのデートの終着駅はやはりSEX

   

★人妻とのデートの終着駅はやはりSEX

 暮れに家には忘年会で泊りと偽って、人妻亜美とデートと言うか二人きりの忘年会をしてきました。朝9時に待ち合わせして車で出掛けます。高速の車中では、私の肩に頭をのせながら股間に手をのばし、握ったり軽く叩いたり刺激をしながら《夜が待ち遠しいね》なんて言います。

 自分こそ待ち遠しいくせに、そんなことを言うんです。危ないのですが、走行中にキスしたり、スレンダーながらDカップの胸をブラ越しに揉みしだくと、《はぁはぁ》息をあらげてきますが、《それ以上は夜にね》と胸を揉む手を払い除けようとします。亜美は、長時間のドライブと昨日までの仕事と家事の疲れで眠くなったようで、シートをリクライニングさせ身体を横たえます。
《ごめんね、10分だけ寝かせて》『いいよ、おつかれさま』と快く了承すると、1分もしないうちに寝息をたてているのか身体は動きません。まだお昼前、10分以上も時間が過ぎた頃、亜美は寝返りのように身体の向きをかえて、お尻をこちらに向けてきました。私はシメシメと思いながら左手でイタズラを開始します。


 しなやかな括れと、自称86センチのお尻、膝上のミニワンピの裾は大きなお尻とシートの生地のために、少し上にズリ上がり、太股の付け根が運転中の私をそそらせます。柔らかな太股は触ってと言わんばかりに、私を挑発してきます。ミニワンピの裾をお尻から少し捲ると、黒いタイツから透けた淡いピンクか白かショーツが丸いお尻にピッタリと密着しています。

 今にも臭いを嗅ぎたい衝動にかられますが、運転中のためそうもいきません。仕方ないので手探りで太股の間から隙間をつくりながら侵入を試みます。亜美は寝ながら何か違和感を感じたのか右足を動かします。動かした脚に私が手を添えて、太股を開こうとします。運よく太股は少しの隙間をつくり落ち着きました。

 すかさず左手を太股から秘宮を包むショーツの中の核心のところに到達出来ました。縦筋に沿いながら一本の指を押し宛ながら抜き差しをします。繰り返すと、温もりと湿り気を感じたので、その指を鼻に当て臭いを嗅ぐと、何とも甘酸っぱいような、尿の臭いも混じった独特の臭いに、私の分身が頭をもたげます。


 とても我慢できず。車はパーキングの周りに車の少ない隅へ止めました。疲れきっている亜美はまだ起きる気配なし。私は亜美のワンピをそっと限界まで捲り上げ、タイツとショーツを一緒に右手で引きながら、左手を亜美の背中から割れ目へと侵入させます。そして肛門を柔らかく触りながら秘宮の湿った秘裂へと、中指を滑り込ませることに成功。

 亜美は突然起き上がって《ひゃ~ん》《なになに~ダメだよ~何してるん》と慌てて左手を引き抜こうと身体を捻りながら、私の腕を掴みます。でも、男の私の腕力に敵う訳もなく、秘裂をまさぐる指に、更に蜜を溢れさせてきます。《こんなとこでダメだって》《誰かに見られちゃうじゃ~ん》とやめるよう訴えますが、私はそのまま続けます。

 亜美は身体を小刻みに震わせながら《あぁぁうくひゃ》とかわいい声で喘ぎ始めると《ダメ 感じちゃう》と声を絞り出すと、シートにうつ伏せになるように体制を変え、シートにしがみついてお尻を突き出して震えます。こうなればこっちのモノ、右手でタイツとショーツを一気に太股までズリ下げ、左手の中指と薬指でクリを摘まみあげながら人差し指でカリカリと掻くよう刺激をします。


 亜美はこれにスゴく弱いため、《あ~ぐ~いく、いく、イクイク、いっちゃうからダメ~》と叫びます。私はその声に驚いて怯むのですが、亜美はクリの刺激が弱まったのを察知して《やめちゃうの?》と甘え声になります。今度は右手の中指と薬指で秘裂から中へ指を進めていくと、亜美は身体を仰け反らせながらブルブルと震えて喘ぎ声はいっそう泣き声のような、呻き声に変わっていきます。

 指を抜き差ししながらGスポット辺りを掻くように刺激を繰り返すと《ダメ ダメ~ 出ちゃう出ちゃうから~》と泣き声に似た掠れた声で訴えてきて、持てる目一杯の力で抵抗してきて《車のなかが汚れちゃうから~許して》と泣きながら訴えます。そして行為を仕方無くやめると、股間を両手で押さえながら震える身体と声で《も~う、オパンチュ気持ち悪くなっちゃったじゃ~ん》と訴えてきます。そこがまた可愛いくてイタズラしたくなるんです。

 私はズボンのファスナーを下ろし、パンツの隙間から分身を引き出すと、既に先走り汁がパンツを濡らし、鬼頭からも流れ滴るようになっています。亜美のうなじを優しく掴み私の股間へと誘います。亜美は辺りを見回しながら、《ここで?》と心配そう。でも先走り汁に黒光りし極大に近い大きさと硬さを得た分身を見ると《仕方ないな~》と嫌そうに呟きながら、滴る汁を舐めてから、肉棒にシャブリつき、ブシュブシュと音をさせながら頭を上下させていく。


 人妻のバキュームフェラって淫靡で気持ちいい。なぜでしょう?と言っても独身女とは経験無いのも事実です。私は遅漏の気があるので、気持ちいいけど中々いきません。フェラでいったのは過去一回だけ。到着が遅れるので諦めて気分を変えて車を走らせます。

 - 人妻・不倫の体験談 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★教育者の女校長先生と淫らな事に

 妻の予定が着かず 小学校の父兄参観に行った時です。初めて行った参観日は 子供の祖母や母親ばかりの女性だけで、男は僕1人だけでした。お母さん達の中教室の隅で小さくなり娘の授業を見てると、校長先生が入って来て声を掛けてくれ少し居場所が出来た気がし助かりました。 それから半月もした頃、同僚と飲み帰る時ホテルの前で、男性達をタクシーで見送る校長先生の姿が有りました。僕の姿を見つけた校長先生が「マユちゃんの

no image
★人妻に遊ばれているのは俺の方かも

 今2人のセフレがいて、お互いの都合が合えば好きなことをやりあってますが、最近は自分が利用されてる感じなので、ここに書いてみようと思います。一人は40代半ば。旦那とは10年以上レスと言ってて、やる時は擬似恋愛風にしたいタイプ。 風呂でいちゃついて、湯船の中で繋がるのが好みらしい。ベットでする時もキスしながらのセックスが好き。中だしはあまりさせてくれないが、とにかく顔射が好き。

no image
★1時間は喘いでいる隣の人妻とのエロ談

 単身赴任で住んでいるアパートは自分以外全てファミリーだ。右隣は30代の小さな子供がいる夫婦。左隣は50代後半の夫婦二人。真下は40代の子供無し夫婦。自分は熟好き、声フェチなので最高の場所だ。右隣の夫婦は大体一日おきに励んでいるようだ。(何せ壁が薄いから良く聞こえるんだよね。控え目な奥さんの喘ぎ声が興奮します!ただこの奥さんはスレンダーなのでイマイチ好みと合わないけど、若いからかわいい声。 真下の奥さん

no image
★昔のクラスメートの熟した女体に鼻息が・・

 年末に帰省した時、本屋で中学2,3年に同じクラスだった聡子にバッタリ会った。真面目で学級委員だった聡子は昔の面影をかなり残した聡明な顔をしていた。お互い来年は36歳の年男と年女だなんて話していたが、聡子に「私、中学のとき克ちゃんのこと好きだったんだよ。」なんて言われて、冗談で「じゃあ、思い出にホテルにでも行くか?」と言ったら、「えー、本当に?ダブル不倫だよ。大丈夫かなー」とその気になったので引っ込み

no image
★転勤してきた部下を口説き抜きまくる・・1/2

 私は46才管理職ではあるけれど部下を持たない「特命部長」で、ある意味フリーな立場で若い連中の悩みや不満を聞い、てガス抜きするようなこともやっている。カミサンとははっきり言ってもう2年もしてないセックスレス性欲旺盛なので、以前は彼女とかセフレみたいな女性もいたけど、最近はいないので月イチでラブホで人妻デリヘルを呼んで発散してる。 1年前に私の部署に転勤してきた30才の黒岩由美は、165くらいの長身

no image
★人妻さんのSEXテクニックがすばらしい

 昔はよくソープランドに行っていたが、可愛い人妻さんとエッチするようになったら、そんな所へ行く気にもならなくなってしまった。中年の人妻さんは人間も出来ており、身体も熟れて情感豊かで最高だ。 やはり最高のエッチは、惚れた者どうしがお互いを愛おしみながら、身も心も素っ裸になって抱き合うことだと思う。男にとっては大好きな彼女が自分の愛撫によって乱れ狂ってくれることほど嬉しいものはない。

no image
★SEXさせて頂いているパートの人妻

 2年ほど前からパートで工場にきてる人妻のK(現在39歳)さんにSEXさせてもらってます。Kは見た目もきれいで年令よりも若く見え、ノリもよく職場でもすぐにみんなに好かれていました。ただ胸が小さいのが難点だったけど、子どもを3人生んでるのでそこは仕方ないです。 Kと最初にセックスしたのは会社の忘年会でした。ベロベロに酔ったKを介抱してた時にムラムラしてしまい、障害者用のトイレでなかば強引に襲ってしまい

no image
★面接に応募してきた色っぽい人妻

 僕はあるチェーン店で、責任者をしている幸一40歳。もちろん家族はいます。最近スタッフが数名退職していき、補充をしようとしているのですが、なかなか、、本当に仕事をしようとしている人にめぐり合えず、もうだいぶ面接もどうでもよくなってきていました。 僕の考えが変わっているのか、面接にはスーツで来るものと思っているのだが、結構ラフな格好で来る人が多いのだ。それがもう何人目だろうか、ようやく見た感じ面接のし

no image
★子作りってアレするんですよね

 ある奥様です。「私と子作りしてくれるかしら?」「え?!子作りって、あの~」「本気なのよ、あなたならいいわ」営業担当で外に出るのも多く、よく立ち寄ってお昼の弁当を買い、そこでレジをしていや奥さんと顔見知りになってました。 駐車場で弁当を食べたりしていた、そんなある日のこといつもように店に入った。「お昼のお弁当ですか、よろしければ、私の家が近くで一時までですから、待っていてもらえるなら家で一緒にいか

no image
★女を抱ける思わぬチャンスが到来

 大学を出たものの就職に失敗し、あるファストフードと居酒屋でバイトをしていたころの話。ファストフードの店で一緒に働く、ミキさんという26歳の若妻と仲良くなった。彼女は結婚して6年になるけどまだ子供がいなかった。 なんとしても子供が欲しいとかで、一緒にお昼を食べながら、基礎体温の話や旦那とのエッチ話でよく盛り上がった。結構あけすけで落ち着いた人だった。顔は美人じゃないけど、唇が厚いスケベ顔。一緒に昼