エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★ヘルパーの綺麗なお姉さんと良い事しました

   

★ヘルパーの綺麗なお姉さんと良い事しました

 6月上旬にギックリ腰で10日ほど入院しました。いやぁ、大変でしたよ。 日増しに体中痛くなって、腰以外でも首は回らなくなるし、腕は上がらなくなるし、膝、足首は神経痛が出てきて、まさに「寝返りも打てない」状況でした。 でも、ほかの部分は元気なんですよねぇw

 ひーひー言いながら、タバコ吸いに喫煙室まで歩行器使って行ったりしてました。退院まで、何度か風呂の機会がありました。上体をどこかで支えていないと何ともならないので、ヘルパーさんに介助していただかないと入浴は困難でした。 1度目の入浴はまったく余裕なく、まさに「なすがまま」状態で、とにかく「汗を流したい」「手伝ってもらってありがとう」以外の気持ちはありませんでした。
 本当に脱ぐのも大変だったです。…ちょっと…かなり…タイプの妙齢のお姉さんで、元気ならアタックしてました。残念ながら、そこまでの余裕はありませんでした。 お姉さん「前のほうは自分で洗いますか?」 自分「…はい」今を思えば、惜しいことをしたものだと思います。


 その翌々日、2度目の入浴は、じつのところ結構の余裕がありました。時間が来て呼ばれたので行ってみると、なんと1度目と同じヘルパーさんです。「痛いょ~」などなど少し甘えてみました。ひーひー言いながら脱衣して着座。シャワーの温度を確認して、足先、手先からかけていきます。

 タオルで泡を立て、手際よく上体のほうから洗っていってくれます。ここで、思わぬ妄想をしてしまい愚息が頭をもたげます。気がついたと思いますが、何も言いません。いたずら心で、胸に手を伸ばしてみました。「こ~らっ!」と怒られてしまいます。防水エプロンのゴワゴワした感触越しの、柔らかい感触が手に残りました。

 せっかくですので、タイミングをみて抱きかかえるようにお尻を触ってみます。こちらは防水布は回っていないので、ふくよかなお尻をショーツが包み込んでいる様子が手にとって分かります。ついでに、ショーツのラインもたどっておきました。「もぉ~!ダメだって!」また怒られてしまいました。今度は、目線の高さまでしゃがんで真顔で怒られました。


 なんか、衝動的にヘルパーさんを抱き寄せてキスしてしまいました。少し離して…角度を変えてもう1度キス。今度は少しディープ。あさっての方向に出続けているシャワーの音が響きます。防水エプロンが素肌に触れる感触に妙な興奮を覚えながら、お互いの手指は頭から首筋、背中から臀部へとカーブを描きます。

 しばしの抱擁のあと、ふと離れます。
「これ…」恥ずかしくも、怒張した愚息を指さしました。
「…あららwしょうがないわねw」
「手袋あったら気持ち悪いよね。」スルッとビニール手袋をとって、やさしく愚息を触ってくれました。
玉袋から肛門付近、竿もサワサワと触りつつ。

 こちらからキスを求めると、髪をかき上げながら応じてくれました。「もっとキスしてよ?」甘えてみます。「ん…」 程なく、白濁液を放出しました。いやぁ溜まってるのなんの。

お姉さん「内緒だよ」
自分 「な・い・しょ」
お互い、口に人差し指を当て確認しました。

 ひーひー言いながら脱衣場へ移動。体を拭いてもらいながら、目線が合ったら時々キス。 一通り、身支度をしてもらって廊下で歩行器をあてがってもらってから、努めて明るい声で「お世話になりました。」と一言。「お大事に。」とお姉さん。

 その後、廊下ですれ違っても軽く会釈をするぐらいでした。症状も軽快し、自宅療養となりました。今では、日常に復帰しています。なんか、ヘルパーのお姉さん…好きになってしまいました。でも、どうにもならない。。

 - 社会人の体験談 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★彼女から出された結婚の非常識な条件とは

 (長分)妻の真希との結婚式は、私の立場を思い出させるものでした。真希は、私などでは釣り合いが取れないと自覚するほど、美しい女性でした。私なんかと結婚してくれたのは、本当に奇跡のようなものだと思います。 私がプロポーズした時、真希は私に二つの条件を出しました。それは、一生彼女を離さないことと、彼女が私以外の男性と自由にセックスをすることを認めるというものでした。でも、それは彼女の照れ隠しのようなも

no image
★彼女とSEX贅沢な時間

 彼女は家庭の事情で働きに出る事になった。某生命保険の外交。ある日の夕方彼女から携帯に電話があった。もしもしって答えると・・ああっ、あんっ・・オナニー電話をしてきた。立駐のワゴンの中でしているらしい。 いいっ・・ほしい・・あなたのがほしい・・私が入れるよって言うとうん!ちょうだい。しばらくテレエッチを楽しんだ。明日会えない?って聞いてくる。仕事は?と聞くと、その会社は出勤して外回りすると仲間の女性同

no image
★犯罪ですが露出癖が直らなくて・・

 僕には・・露出癖があります。それまでは、夜、ちょっと外でチンコをだしてみたりオナニーしてみたり程度で、誰にも見られることはありませんでした。でも・・先週いつもどおり、夜露出しながら街を歩いていると、マンションの一室に目が止まりました。なんと20代前半かと思われる女の人が着替えているのがカーテンの隙間から見えるのです!! 興奮した僕は、すかさず、近づきました・・上着を脱ぐ、下のスカートを脱ぐと黒の

no image
★初の女体を愛撫し男になれました

 今では結婚して20年になりますが、恥ずかしながら童貞を捨てたのは25歳と人に比べて遅めでした。捨てた相手は上司の行きつけのスナックのママでした。水商売の方なのできれいに化粧はされていましたが、年は50を超えていたと思います。 そのスナックには上司に何度も連れて行かれていたので、当然ママとも顔見知りでした。その日は上司とは一緒じゃなかったんですが、私は会社が終わったあと一人でご飯を食べて、駅へ向かう途

no image
★女子大生と変態プレイの告白

 先日待ち合わせでとメールをいただいた女性とプレイした体験談を書きたいと思います。今回はあちらからのプレイ内容に要望がありまして、電車の中でバイブを入れられたいとのこと。しかも相手は20歳過ぎの女子大生。 希望としては、痴漢されてそのままバイブを中にねじ込まれ、パンツで固定されたまま歩いて好機の目にさらされたいと言う超過激なプレイのお誘いでした。

no image
★1日に凄いエロ体験しました

 アブノーマルと言えるかわからないんですが、この前すごい体験をしました。実は今、佳子・裕子という2人と同時に付き合ってるんです。その日は大学の授業が午後からだったので、9時くらいまで寝てたら看護婦の佳子が夜勤から帰ってきて、寝ている僕にいきなりフェラをしてきました。 生理が近いからエッチな気分だと言って・・佳子はアナルを舐めるのが好きで、僕を4つんばいにして後ろから攻めてきました。そして僕にまたがっ

no image
★飲むと勇気が沸きやっちゃいました

 とにかく、あの日は飲んだ飲んだ。ワインに始まってウイスキー、ウオツカ、テキーラ…泥酔以上、酩酊未満。最後は何が何だか分からなくなった。潰れてこそいないが、ほとんど意識がぶっ飛んだ状態。これから話すのは、飛び飛びの記憶を無理やりつなげて、状況証拠と関係者証言を加えた話だ。 気がつくとあたりは真っ暗。どこかは分からんが、とりあえず俺の部屋ではなさそうだ。俺はカーペットに胡坐をかき、低いテーブルに突っ

no image
★ジョキング途中に泥酔い女性を発見

 私はこの春より仕事の配置転換でデスクワーク中心の仕事になり、運動不足を感じていたので、週に3~5日のペースで夜に歩くようにしました。最近では、近くの公園まで2Km程歩き、公園のグランドを2Km程走り、帰りは遠回りをして4Km程歩くようにしています。 途中、線路沿いを歩き駅で降りた人と一緒になる事がありますが、足早に歩いているので大抵追い抜きます。いつも、小さいLEDライト、ハンドタオル、小銭をウ

no image
★挿入させない女にからかわれた

 はじめてホテルに行った時・・下はイヤ!ダメ!と言ってパンティを脱がせない・・パンティの上からも触らせない・・少し握っただけ・・最後は手コキで胸に出した・・ 二度目ホテルに行った時・・下はイヤ!ダメ!と言ってパンティを脱がせない・・パンティの上からは触わらせた・・フェラもイヤ・・最後は手で出してくれた・・

no image
★年増のパンテーラインに興味津々  

 僕はおばさんの大きなお尻に小さいパンティーラインが大好きです! 僕はある小さな雑居ビルの2階にある居酒屋でバイトをしていますが、3階にはスナックが入っていて50歳ぐらいのママさんと30歳ぐらいの女性が働いていて、まあぼちぼちはやっているみたいで、いつも7時ごろ店にやって来ます。 その店の50歳ぐらいのママさんは、ややふっくらしていてお尻も大きく90センチ以上あってとても魅力的で、しかもいつも白いスラックスや