エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

妻・慶子を貸し出してしまった(2)

   

 社長の脇田は、昼間の公園に行き、公園を散策している人達に観えそうで観えないところでセックスを行うのが好きであった。
 慶子は、公園で全裸にされると恥ずかしさと観られたらどうしょうかと思う気持ちで興奮してしまっていた。股間から愛液を垂らしながら歩かされたこともあった。
 誰かが来ると前ボタンのワンピースを着せてくれたがその瞬間は、ドギマギしてしまう。

 少し小高くなっている丘に屋根つきの展望台がある。ここでバックから挿入される。ヌレヌレの膣には、極太のペニスでもすんなりと納まってしまう。
 下に主婦の3人連れが来る。脇田は、声を挙げさそうとピストンを速めるがここで変な声を挙げると覗かれてしまう。
 必死で声が出ないように口を押えていた。3人が観えなくなるとそのダガが外れたように絶叫して果ててしまった。

 股間からは精液がポタポタと落ちてくる。バックもティシュも車の中にある。歩道に精液を落としながら車に戻ってきた。

 その3日後に同じ場所に連れて行かれた。
「お願い、公園は嫌よ」
「嫌、嫌と言いながら愛液を流しているのは誰なのだろうか」
 そして、車から降りるとワンピースを取られた。
 内心はドキドキしながら歩いていく。そのドキドキ感が肉体を燃え上がらせる。

「誰か来る」
 ワンピースを返してくれ、急いで着て何食わない顔をしてすれ違う。

 小高い展望台でバックから犯され、精液を中出しされる。そのまま社長は、ワンピースを持って歩いて行ってしまった。

 全裸で展望台に残された。誰かが昇ってくると隠れるところがない。
 大人3人が歩いてくる。そのまま展望台に登ってきている。木のベンチの陰に隠れるが隠れきれない。
「誰かいる----」
「裸の女がいる」
「我々がくることを待っていたのだ。犯してくださいと----」

「お願い---来ないで---」
尻の穴を丸出しにして、おまんこから愛液を垂らしている」
 3人の男達に囲まれて逃げることができない。絶望すると言うことはこのようなことなのかと思えた。

 一人がベンチに仰向きになった。その男の上を跨がされ、膣にペニスが進入してきた。もう一人がアヌスにペニスを挿入された。
「そこはダメです-----」
 喘ぎながら口を開けたところに三本目のペニスに口を占有されてしまった。
 名前も知らない男達に青空の下で犯された。1時間くらいの間に、3人の精液を3穴に受けてしまった。全裸のまま失神してしまった。

 戻ってきた脇田社長に抱え上げられて車に乗せられて、モーテルに直行してくれた。
 暖かいお湯で汚された肉体を洗い流し、膣の中はビデで何度も洗浄した。

 社長の脇田は、昼間の公園に行き、公園を散策している人達に観えそうで観えないところでセックスを行うのが好きであった。
 慶子は、公園で全裸にされると恥ずかしさと観られたらどうしょうかと思う気持ちで興奮してしまっていた。股間から愛液を垂らしながら歩かされたこともあった。
 誰かが来ると前ボタンのワンピースを着せてくれたがその瞬間は、ドギマギしてしまう。

 少し小高くなっている丘に屋根つきの展望台がある。ここでバックから挿入される。ヌレヌレの膣には、極太のペニスでもすんなりと納まってしまう。
 下に主婦の3人連れが来る。脇田は、声を挙げさそうとピストンを速めるがここで変な声を挙げると覗かれてしまう。
 必死で声が出ないように口を押えていた。3人が観えなくなるとそのダガが外れたように絶叫して果ててしまった。

 股間からは精液がポタポタと落ちてくる。バックもティシュも車の中にある。歩道に精液を落としながら車に戻ってきた。

 その3日後に同じ場所に連れて行かれた。
「お願い、公園は嫌よ」
「嫌、嫌と言いながら愛液を流しているのは誰なのだろうか」
 そして、車から降りるとワンピースを取られた。
 内心はドキドキしながら歩いていく。そのドキドキ感が肉体を燃え上がらせる。

「誰か来る」
 ワンピースを返してくれ、急いで着て何食わない顔をしてすれ違う。

 小高い展望台でバックから犯され、精液を中出しされる。そのまま社長は、ワンピースを持って歩いて行ってしまった。

 全裸で展望台に残された。誰かが昇ってくると隠れるところがない。
 大人3人が歩いてくる。そのまま展望台に登ってきている。木のベンチの陰に隠れるが隠れきれない。
「誰かいる----」
「裸の女がいる」
「我々がくることを待っていたのだ。犯してくださいと----」

「お願い---来ないで---」
尻の穴を丸出しにして、おまんこから愛液を垂らしている」
 3人の男達に囲まれて逃げることができない。絶望すると言うことはこのようなことなのかと思えた。

 一人がベンチに仰向きになった。その男の上を跨がされ、膣にペニスが進入してきた。もう一人がアヌスにペニスを挿入された。
「そこはダメです-----」
 喘ぎながら口を開けたところに三本目のペニスに口を占有されてしまった。
 名前も知らない男達に青空の下で犯された。1時間くらいの間に、3人の精液を3穴に受けてしまった。全裸のまま失神してしまった。

 戻ってきた脇田社長に抱え上げられて車に乗せられて、モーテルに直行してくれた。
 暖かいお湯で汚された肉体を洗い流し、膣の中はビデで何度も洗浄した。

 - 未分類 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
ネカフェで

はじめまして、わたしの体験を告白します。私はネットカフェの露出を以前からやってました。個室でパンツ脱いじゃったり、パンツはかないままに飲み物とりにいったりしてました。昨日も個室でパンツ脱いでドキドキしてたら、あるエッチなチャットのサイトを見つけて、なんと…

no image
★仕事の為に我慢して枕営業しましたが・・2/2

 何分かそんな状態が続いて、私はいつの間にかバイブを追い掛けてお尻を振っていました。恥ずかしいとか考えられなくて、早くアソコに押し付けて欲しかったんです。そしていよいよ部長さんがバイブをアソコに押し当てた時には、一瞬で言葉も出ないままイッてしまいました。 すっっっっごい気持ちよかったんです。今までの彼氏なんかとはぜっんぜん違う!その後はバイブがドンドン大きくなって、最後には男性器の形をしたバイブが

no image
マッサージをする家内

街外れに温泉施設が出来た。施設内には、風呂が3種類とサウナ・マッサージ・ゲームコーナ・憩の場が設置されている。客は、家族連れやご老人が多く見られた。開店当時は賑わっていたが、最近は人気が少なく特に平日は老人の溜まり場だそうだ。長年勤めた会社も不景気になり、…

no image
美人女医の恥ずかしい姿

自分は某大学の医学部に通っている学生です。いわゆる医者の卵というやつです。もちろん医者とは違い何かすごいことができるわけではないのですが(笑)自分たちは医師国家試験に合格するまでに実習ですべての科をローテートし経験をつまなければなりません。そんな実習の中で…

no image
★浴室係の愛人とのエロ話

 温泉の浴室係をしている愛人・松村綾子のアパートで一晩を過ごした。朝5時過ぎ、綾子は仕事に出かけた。私はそのまま、布団にくるまっていた。隣室の和美という女性が来ることになっていたのだ。夜、綾子に言われていた。 「隣に和美さんいうて、50過ぎの人がおるんじゃが、あんたのこと話したら、ものすご、うらやましがられたんよ。13年前に離婚して、ずっと一人なんよ。うちと一番仲がええ人でな、いっつも、男がほしいなあ、

no image
★バスツアーで色白の上品な奥さん夫婦と・・

 妻と格安バスツアーに参加しました。一泊の温泉グルメツアーです。参加者のほとんどがお年寄り夫婦で、四十代の私達が一番若いんです。途中途中で物産館などに寄りながらの旅行でした。昼食はお寿司やら食べ放題のバイキングでした。そこで気が付いたんです私達と同年代と思われるご夫婦と仲良くなったんです。 気さくなご夫婦で奥様も綺麗な人でした。妻も感じの良い人達ねっと気に入ってるようでした。互いに行楽地では写真を

no image
母が・・・

家の隣には両親が所有している借家があります。結構古くて、住んでいる住人は、土方系のおじさんばかりです。おじさんたちも皆同じ会社で働いてる人っぽいです。今時家賃は大家である両親が毎月徴収しに行きます。先日、父が不在だったため母(45)がたまたま徴収に行く事に…

no image
やっぱり大きいおっぱいだ…パイズリしてほしいな…

 先日、後輩の男の子と二人で残業することになりました。最近肩凝りがひどい私が、PCを打ちながら肩を叩いたり首を回したりしていると「僕、マッサージ得意なんですよ」と、後輩クンが言ってきて、頭痛がしてくるぐらい辛かったので「じゃあ、ちょっとお願い」と頼みました。得意と言うだけあって、ツボをいい具合に押してくれて、とても気持ちよかったです。後輩クンは「うわ~、ガチガチに凝ってますね~」などと言いながら、肩

no image
初めて経験する合コンで妻がエッチな事に

ナースの妻が合コンに初めて参加する事になりました。事の発端は、妻の働く職場の後輩が合コンに誘われた事がキッカケだった。結衣ちゃん(25歳)が男友達から職場同士の合コンしようよ!と誘われたらしい。独身のナース5人(25歳*2・24歳・27歳*2)が参加する事になってい…

no image
部長に無理やり(完全版)

26歳の会社員です。私は,結婚していて夫がいます。 でも,いつも,男の人たちは,私が結婚していることを知っていて誘おうとします。 「人妻」というのは,一つのブランドなのですか? 男の人たちは,若い子が好きだと思っていましたが,「人妻」というのは 後腐れなく遊…