エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★芸者遊びのエロ体験談

   

★芸者遊びのエロ体験談

 ワシは若い時から芸者遊びを覚えてしまった。お客に料亭に連れて行かれたのが事の始まりだった。そこで西川流の踊り手の奈津子と出会った。中々の日本的な美人でワシの好みにピッタリの女だ。料亭には若いお客が少ないとみえ、若いワシは結構モテた。奈津子とデキたのは三ヶ月後の事だった。食事に誘い、何回か回数を重ねる内に奈津子は結構お酒を飲んでいた。

 ほろ酔い加減の奈津子と芝公園を腕を組んで歩いた。しがみつくように身を寄せて歩く奈津子。樹木の陰でワシは奈津子を抱き寄せてキスを繰り返した。奈津子に抵抗は無かった。暗闇の中で暫く抱き合ったままだった。酔いが回ってる和服姿の奈津子。ネッキングした。「ここじゃイヤ。場所変えてッ」奈津子が囁いた。大門の近くにある小さな旅館に入った。
 折り重なるように布団の上に重なったワシと奈津子。奈津子の和服の襟元を開いてネッキングの連発。次第に和服の裾が乱れ、奈津子の白い美脚が艶めかしく見える。ワシは思いっきり裾を開いて奈津子の太腿に手を入れた。奈津子のふくよかな太腿がワシの性欲をそそり立たせた。

 取りあえず肉体的な結合だけしておこう。とワシは和服の裾を押し上げてパンテイーを摺り下した。少なめの毛の中に奈津子のピンク色のオマンコが見える。口をあてて舐めった。
「アアア嗚呼ッーー感じるわッーー」奈津子は股を大きく開いた。
若いワシはいきり立った肉棒を遠慮なしに挿入させた。
「ウウウウッーー」ワシの肉棒を入れ込んで奈津子は呻いた。

 激しいピストン運動で奈津子は和服を乱しながらワシの腰を抱え込んだ。容赦なく奈津子の子宮の中に生出しさせた。和服の裾を大きく取り乱して奈津子はグッタリしたままだった。奈津子のオマンコからは愛液が爛れ出ていた。ワシはタオルで和服や腰巻が汚れないように敷いてあげた。

[PR]貴方もセフレをゲットしませんか・・すぐ会えると評判「PCMAX」

 それから、おもむろに和服の帯を解き始めた。腰巻をも解いた時、奈津子の体臭が漂った。若いから、ワシの肉棒がまたしても直立した。目をつぶってる奈津子の全裸に覆いかぶさり美脚を大きく広げ一気に入れ込んだ。奈津子の喘ぎ声が大きい。気持ち良さそうに腰を揺らして交尾してくれる。

 そして騎上位。腰を上下させる奈津子の髪が乱れる。「あなたーーッ」奈津子が急に覆い被さって果て捲ってる。西川流の踊り手だけに体が柔らかくシナヤカだ。その日を境にして奈津子はワシの愛人になった。当時の奈津子は34歳だった。24歳で新橋芸者になったという。ワシで何人目かは知らない。奈津子はいつも和服姿。


 奈津子と銀座や赤坂のクラブにも連れて行った。美人ゆえに声をかける男もいるし、スカウトじみたママさんもいた。奈津子がワシの愛人の間、奈津子は多くのセックスの奥戯を教えてくれた。奈津子とセックスする場所は殆どがラブホテルだ。京都に一緒の時は、一晩中やりっぱなしだった。

 奈津子とは三年間、愛人関係を続けた。ワシはその後多くの女性と関係したが、全て奈津子が教えてくれた奥戯を思い出しつつ、精をだしてやってる。奈津子の性戯は素晴らしい。

 - 風俗系の体験談 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★SEXの相性って人生に必要ですね

 あーん、今日は疲れましたーー。へろへろにされてしまった・・。今日はホテトル、とかデリヘル?情報誌に載せる 写真の撮影があって、(そんな雑誌がこの世にあるなんて知りませんでしたわよ) 実はコスプレも興味があって、エッチ下着も大好きな愛香は自前の(笑)、女王様ばりの 黒のガーターにピンヒール、っていでたちでしたので そりゃー、自分のやる気も相乗効果で高まってる、ってものですが今日のお客さんは、もう愛香以上に

no image
★飲み屋のママさんとエロ関係に

 仕事帰りによく行くスナックを覗いたら、あいにく満員。ママが「団体さんが入ってるんでゴメンね。よかったら私の友達のお店紹介するけど・・。」ってな感じで教えてもらったスナック。ドアを空けるとお客はおろか店の人さえいない。俺「すいませ〜ん。誰かいますか〜。」カウンターの後ろのキッチンから「ごめんなさ〜い。すぐ参りま〜す。」と女性の声。 カウンターに腰を下ろし、タバコに火をつけた。「ごめんなさいねぇ。ち

no image
★風俗レビューの告白・・1/2

 就職して3年ぐらいの少し余裕が出来た頃、先輩に誘われて初風俗デビューした。正直俺はモテなかったし、女の経験だって1人しかいなかった。そんなレベルで行くとハマるぞ!とよく言われてたから、自ら行こうとはしなかった。金曜だったかな、飲んでる時に「風俗行くか!」となり、そのまま連行された。 初めての風俗だからそれはもう究極に緊張してた。池袋の細長いビルで、ケバケバしい外観の入り口を今でも思い出します。週末

no image
★家計苦で風俗嬢になりSEXが好きに・・

 私が二十二歳の時だった。三歳年上の主人と結婚して、一年目に主人がお風呂場で倒れ救急車で病院に。退院後も一年の間療養することになり、私が家計を助けるためにキャバレーにつとめることになってしまった。一日体験で短い制服を着てお客を接待するのが恥ずかしくて無理だと、その一日で辞めようと思ったけど、家に帰ってベッドに寝てる主人を見てるうちに、 医療費や家賃、生活費のことを考えると辞めるに辞められずに覚悟を

no image
★風俗の裏バイトに足を踏み入れた告白

 私は、結婚五年目の33ですが、最近の不況により旦那の収入が激減し、パートだけでは苦しくなり、未経験の風俗勤めをしました。たまたま、同窓生の知り合いが風俗店を経営していたので、思いきって相談してみたんです。 知り合いの店と言うのが不安というか、躊躇したのですが、風俗とか水商売とかに無知な私は、知らない店で働く方が不安だったのと、前に紹介された時に働かないかと誘われてもいたんです。知り合いと言っても、

no image
★おばさんのマッサージに勃起するなんて

 沖縄に出張したときです。夜疲れたので、マッサージをお願いしようと、ホテルでメニューを見ると、オイルマッサージというものがありました。「えっ?」と疑いましたが、ランクでいえば結構いいホテルでしたので、怪しいものではないだろうと思い、お願いすることにしました。 30分後にノックの音がしました。やってきたのは50代くらいのおばさんでした。「オイルマッサージってどんなんですか?」ちょっと不安な俺。「今から用意

no image
★元AV嬢と念願が叶いSEXできました

 やりたい女の子がいまして、やっとやりたい放題にやることができました。彼女は元AV嬢で元ヘルス姫でした。両方に元が付くのは就職してアパレル店員に転身したため、身体を晒す仕事からは全て引退したんです。ヘルス店では3回程指名して自宅へ呼び、本番までやってました。(追加有りで) しかしながら転職後一切連絡が取れなくなりました。(個人的にメールしてましたがアド変更により不通に)知ってる情報は、本名、住んでる

no image
★デリヘリのサービスのテク名は色々

 近ごろ、たま~にデリを利用します。基盤、円盤、追盤。いろいろとやり方はあるようですが、女性もあの手この手で「気持ちよくなりたい願望」「増収願望」等々、いろいろな欲望を満たしているようですが、要するに誰とでもでは無いにしろ、デキるという事ですね。 今年になって4名のデリ嬢を呼びましたが、そのうちの2人は基盤OKでした。いままでデリ嬢に聴いた条件を簡単にまとめると、1、ルックスが好みであること。2、

no image
★受験前に筆下ろし体験して感動

 今日、ソープランド「F]へ行き筆おろししました。本当はノリコっちとしたかったけど、ノリコっちは今時の女子高生らしくなく、結婚まで処女でいたいいうんで僕は、童貞をソープの女で捨てる覚悟を決めました。すっごいドキドキでした。 待合室で5分も待たないうちに磯野貴理子みたいな女の人がちょっと怖い感じで現れて一緒に部屋にいきました。モジモジしていると女の人はさっさとパンティー一枚になっていろいろ話しました

no image
★風俗レビューの告白・・2/2

 残り10分ほどあったので、俺は戸惑いながらお礼を言った。「こんなに気持ち良いエッチは初めてだったよ、本当にありがとう」って。さおりは喜んで抱き付いてきて、また舌を絡ませるキスをしてきてた。「アタシね、月に1回あるかないかしか出勤してないんだぁ~」 「そっかぁ~じゃ俺は運が良かったんだね」 「先輩に感謝しなきゃだぞw」 「しとくwあとでゴチっとくw」 「メアド大丈夫?」 「え?俺の?大丈夫だけど」