エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★忘れられない人妻との初体験

   

★忘れられない人妻との初体験

 7年前の冬、僕は大学2年生で、長野県の白馬のスキー場のペンションで住み込みのバイトをしていました。ペンションのオーナーは父親の友人で会社を退職した後、ご夫婦で始められたばかりの方でした。すごく家庭的なペンションで、宿泊客も1組か2組という感じで、住み込みのバイトも僕1人でした。

 お昼間オーナーのご主人は、スキー場のレンタルスキーのショップをされているので夕方まではいなくて、オーナーの奥さんも夕飯の準備や買い出しや、ご主人の手伝いなどでペンションを離れるので、僕が掃除と留守番をするという仕事でした。ちょうどお正月の今ぐらいの時期でした。
 元旦から2組のお客さんが泊まっていて、お正月ということもあって夜になるとオーナーご夫婦と僕もお客さんに混じっておせちやお鍋を一緒に食べて、僕も二十歳になったということでお客さんからお酒を飲まされたりして、仲良くなっていました。お客さんは2組とも東京からの方で、1組の方は3日に帰られて3日の晩はもうひと組の家族だけになりました。


 そのお客さんは東京からのご家族で、30代後半か40代前半ぐらいのご夫婦と、小学生高学年の男の子の3人家族でした。ご主人は大学までスキーをされていたらしく、すごくさわやかな感じの人でした。そして・・その奥様がすごく色っぽくて綺麗な方でした。ご主人は気さくな方で、他のお客さんがいたときから夕食時に楽しい話をたくさんされて、

 僕にもお酒をごちそうしてくれたりいろんな話を夜遅くまでしてくれていて、お正月だから特別にオーナーもそんな状況を許してくれていました。

 3日の晩オーナーが先に休んだあと、そのご夫婦と僕は深夜までスキーの話や男女の話などいろいろな話で盛り上がりました。その頃つきあっていた初めての彼女(といっても男女の関係にはなっていたわけではない)との事を相談したり・・ご主人がいろいろ恋愛の攻略方法なんかを僕にアドバイスしてくれたり・・。


 その横で奥さんは楽しそうにだまってうなずいていたり、男二人の会話を馬鹿にしたり・・すごくかわいくて、でもすごく色っぽくて・・僕はご主人と話しながらチラチラと奥さんを見ていたとおもいます。そして奥さんともよく目が合っていてドキドキしていました。奥さんはニットのセーターにスパッツのような格好でした。

 すごく綺麗で、胸の膨らみに僕は目が釘付けになっていました。そしてその最後の夜が終わって、そのご家族は次の日の晩に帰る事になっていました。次の日の朝、最後のスキーを楽しまれる予定だったのですが、朝から奥さんの体調がよくないということで朝ご飯のあと(奥さんは一人で部屋で寝ていて)ご主人と息子さんだけがオーナーと一緒にスキー場に向かいました。

 その後、オーナーの奥さんも体調が悪くなったお客様の奥さんのお昼ご飯だけ用意して出かけられました。僕がその奥さんのお世話を夕方まですることになったんです。最初に朝ご飯をトレーにのせて・・お部屋まで持って行きました。ドキドキして震えながらノックしましたが、「は~い、どうぞ~」という奥さんの声がして中に入りました。


 思ったより元気で、奥さんは布団に入られたままで話しました。僕が「ご主人と、息子さんはオーナーとスキー場に行きました」「今日は夕方まで僕が下にいますので何かありましたら内線ベルを鳴らしてください」と伝えると、奥さんも「うんわかった。」とすごくかわいく答えてくれました。僕はドキドキしたままでしたのフロアにおりていきました。

 - 人妻・不倫の体験談 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
友人の奥さんの恥じらいにムクムク

 私が34〜5歳の頃の話で、友人の家で飲むことになった。人妻はこの友人の奥さんです。奥さんは確かこの時32〜3歳だったと思います。かなり飲んで、友人はその場で寝込んでしまった。私は帰ることにし、玄関で靴を履いていると、玄関まで見送ってくれた奥さんが、私を見つめているのに気が付き、私がなにか?とたずねると、両腕を私の背中に回して、顔を私の胸に埋めた。私は、驚き、立ち尽くしていると、彼女は顔を上げた。私はた

no image
★忘年会で人妻とヤリ納め

 この間会社の忘年会で帰りに悪酔いした人妻とやりました。ヤンママ風でおっかない雰囲気で酒癖が良くなくて、二次会後に帰ろうとしたら「お前帰るなら美香もタクシー拾ってやれ」と言われて、タクシー拾いに行く途中に帰りたくないと言われて歩いてたら「ここ行こう」と言われラブホに向かうから止めたら「なによおばさん扱い!?」と言われて黙って入り、部屋でいきなり股間触って来て服を脱ぎ下着を脱ぎ「舐めて」だって。 ム

no image
★不倫相手にハーフの黒人を紹介した話

 数年前に同じ会社の人妻とエッチを繰り返しました。相手は5つ上で、二年位関係した女。色白の綺麗な女だったが俺に彼女が出来てバイバイしたが、同じ会社なので話はしたりしてた。たまたま二人になった時に、「最近どうよ」と言う話になり、向こうが「エッチしてないし刺激がない!」とか。「外人と遊んだら?」と言うと「知り合う機会ないからね」と言うから、知り合いのハーフの黒人を紹介すると言ったら 食いついて来て、会

no image
★騎乗位が凄い人妻とのSEX

 旦那が浮気をしているらしく、追求してもいっこうに取り合わない。Hも10ヶ月してないそうで、人妻.NETに登録したそうです。はんぶんあてつけ?みたいにも感じました。メールですでに会って気に入らなければその場で別れ、気に入ればそのままホテルへいくことを約束していたので、待ち合わせ場所からそのままホテルへ。 写メも送っていたので大丈夫だと思ってました! 部屋を選び、エレベーターに乗った。エレベーターの中で待

no image
★いよいよその時が来ました

 これは以前お客さんのところでの話です。そのお宅の奥さんは46歳ですごく上品で、まじめそうなそれでいて和風の美人で私はひそかにあこがれていました。その奥さんの家に行って手続きをしようとしたとき、その地域はすこし田舎でもあるので、鍵はかかっていません。 いつものように門を入って、チャイムをならさずに玄関あけて声をかけて入ろうとすると、奥からなにやらあやしい声、うめくような声がしてきました。そのときはほ

no image
★メル友の清楚な人妻がマサカの告白

 3年前、一般の出会い系サイトで横浜に住む早紀さんとメル友になりました。彼女はその時45歳。僕より6つ年上の専業主婦。名門女子大の文学部を卒業しただけあって、メールの文章はしっとりと落ち着き、ただ日常に起きたことが書いてあるだけで、エッセイでも読むような気分になったものです。 そんなわくわくするメールのやり取りが数ヶ月続いたある日、小説の話から発展してSMの話題になりました。彼女から届いたメールには「学

no image
★フェチ変態との不倫のエロ情事

 私は今、W不倫してます。お相手(めぐみ37才)とは、もうカレコレ6年ぐらいのお付き合いになります。お互いがお互いの性癖を理解した、とても相性のイイえっちな関係です。少しお互いの性癖の話をしますと…私は匂いフェチで、めぐみは汗フェチです。この微妙に似ている性癖が、長続きの秘訣のひとつかな?と思っています。 めぐみは、お風呂での汗かきセックスや、わざと暑くした部屋での汗かきセックスに、妙に興奮するみたい

no image
★他人の妻に魅力を感じる俺の体験談

 女性の好みは人それぞれですが、私は人妻に魅力を感じるのです。一人の男性を愛し、生活を共にして性生活を営んでいる女性の色香が好きなのです。単なる熟女好きとは一線を画します。一般に、女性は乳房も女陰も男性に見られることを拒み、服の上からでさえ触れられる事を嫌います。でも、愛する男性には喜んで晒し、直接触れられれば更なる喜びを感じるのです。 そしていつしか寝食を共にする夫婦となるのです。妻となった女性

no image
★人妻に気持ちいい事してもらっています

 人妻さんは「初めて会った人とホテルなんて今までなかったよ」とちょっとうつむいて恥ずかしそうでしたが、僕は彼女以外の女性とするのが初めてだったのと、緊張と興奮で、ホテルまでの道のりの事は覚えていません。 部屋を選んで入室し、たまらず人妻さん(Rさん)を抱き締めつたないキスをしました。すると、Rさんは「彼女以外の初めての女が私で、本当に後悔しない?」と聞いてきたので、「絶対にしません!」と答えると、Rさ

no image
★週2回は人妻とハメまくっています

 先日の話です。休日に日帰り温泉に行ってきました。そこは露天風呂だけ、混浴のところでしたが、平日の昼間だし誰もいないと思い、期待もしないで行ってきました。お客さんは数人いましたが露天風呂は、雨も降っていましたので誰もいませんでした。室内の温泉に入り、その後少し休んでいたところ、声をかけられました。 見ると私の会社に、出入りしている智子でした。彼女も湯上りで話をしながら休んでいました。帰るとき、彼女