エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★女の子もSEXしたいんですね

   

★女の子もSEXしたいんですね

 出会い系で○7才のゆいちゃんと会った。待ち合わせの場所で待っていると、電車が人身事故で遅れているとメールが来た。その日はちょっと寒かったので、近くのファーストフードで暖かいコーヒーを飲みながら待っていた。30分位してからメールが来て、待ち合わせ場所に着いたと言うのでゆいちゃんの服装を聞いて急いで店を出た。服装を確認して声をかけると、緊張しているのか小さい声で返事をした。

 ホテルまで歩く間、学校の事とかを聞きながら、緊張が少しでも取れるようにジョーダンも言いながら明るく話した。ホテルへ着いてお風呂の準備をして、お湯がたまる間にこれまでの経験を聞いてみた。一応前の彼氏とは入れるところまで試したが、痛くて入らなかったので途中で止めたと言う事だった。
 お風呂の準備が出来たので一緒でも言いかと聞いたら、恥ずかしそうにうなづいてくれた。2人順番に体を洗ったあとに、ゆいちゃんを後ろから抱きしめる形で一緒にお風呂に入った。おっぱいが小さいのを気にしていたが、小ぶりだけど形が良くスタイルも良いので、ほめて僕の好みだと言ったらうれしそうに笑ってくれた。


 そのまま後ろからおっぱいをもみながら、首筋にキスをして、唇にもキスをしながら軽くおっぱいとあそこを触っていった。しばらくそうしていたが、段々と暑くなってきたのでそろそろお風呂をあがることにした。体をよく拭いてからベッドに行き、ゆいちゃんが来るのを待っていた。

 ゆいちゃんがベッドに入ってきたのでそのまま優しく抱きしめて、キスから始めてそっと胸を触っていった。段々と唇を下の方に移動して、首筋から肩、そして胸を舐めた。胸は乳輪の外側から舐め始めて、乳輪を乳首を避けるように舐めて、最後に舌の先で乳首を転がすように舐めた。

 そうしながら片方の手で、空いている胸を軽く揉んでいき、おっぱいの周囲から乳首まで円を描くように指先で愛撫した。最後に乳首は指先で軽く転がすように撫でた。おっぱいを愛撫していた手を徐々に下の方に移動した。下の毛まで行ったら、上から軽く触って、その後は太ももを足の付け根から膝まで撫でて、膝から足の付け根まで撫でるのを繰り返した。


 ゆいちゃんが足をもぞもぞさせてきたら、性器の真ん中は避けて、足の付け根からびらびらの手前までを指を2本使って、両側を軽く撫でていった。しばらくそれを続けて、ゆいちゃんの息が荒くなってきたら、いよいよ性器の真ん中に指3本を軽く当てて、細かく振動させた。

 十分に濡れてきたら、中指を割れ目に入れて下から上へ、上から下へと、ぴちゃぴちゃと音を立てながら素早く動かした。そうやって中指に愛液を十分に付けてから、ゆいちゃんの反応を見ながら中指を少しずつ穴に入れてみた。痛がらないようなので、少し指を出し入れしてみた。

 ゆいちゃんは感じているようで、ますます息が荒くなってきた。体をゆいちゃんの股の間に移して、愛液で濡れたアソコを舐めると、少しだけすっぱい味がした。しばらく舐めているとゆいちゃんが声を出し始めた。股間を舐めながら、中指を出し入れすると息が荒くなり、とうとういってしまった。


 その後、フェラを教える事にした。でも、前の彼氏に何回かした事が有るらしく、めちゃめちゃうまくは無いが十分気持ち良かった。その後、69状態にして再び処女のアソコを味わった。ちんちんも十分大きくなってきたので、彼女を下にしてキスをしながら膣に少しづつ優しく指を入れ膣口を広げる。段々と緊張も取れて膣の入り口も柔らかくなってきたので、いよいよ挿入することにした。

 ロ-ションのおかげで挿入は意外とスム-ズで、根元までゆいちゃんの中に入れると先端に感じる子宮口と処女特有の締め付けが気持ち良かった。少し腰を前後に動かすとゆいちゃんが顔を歪め声を洩らす。痛いのかと聞くと気持ち良いと言う。キスをしながら段々と早く腰を動かしていく。初体験の快楽に本気で没頭し、喘ぐゆいちゃんの顔はとても可愛く○7才とは思えないほど色っぽかった。


 すぐに僕は我慢できなくなり、ゆいちゃんの中で射精し、しばらく余韻を楽しんだ後ちんちんを引き抜いた。ゴムの中に貯まった性液を見せるとゆいちゃんは少し興味を示し、指でしばらく触っていた。その後少しベッドでおしゃべりをして、2人で仲良くお風呂に入った。

 ホテルを出て別れる時に感想を聞くと、あんまり痛くは無かったし気持ち良かったと言っていた。もし良かったら、またいつでも会うよって言ったら、これで自信が出来たからまた彼氏を作ると言っていた。

 - 出会い系の体験談 , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★交流掲示板で女を探しまくりGET

 時間が空いてたんで夕方くらいから、ライン非婚者交流掲示板で今から遊べそうな子のID検索をして飲みに行こうと誘いまくる。そしたらある一人の子が私もお酒大好きなんです。なんていってきたから奢るから飲み行こうよと誘うとすんなりOK。マンションも近いし駅の近くの飲み屋で落ち合うことに・・ 現れたのはそこそこかわいいweb関係の仕事をしている、25歳のおとなしめの女の子。とりあえず乾杯とおもいきや?? 注文したのは

no image
★人妻との堪能なSEXの体験談

 熟妻コミュで絡んだ。42歳の人妻Мさん。Mさんの仕事終わったってのが書いてあったからおつかれの書き込みした。ダイレクトでメッセ交換して待ち合わせ場所へ行った。お互い写メ交換してて、俺の顔はメールで送ってたしMさんは写メと同じ白ヒールだったからすぐあえた。 画像より可愛いねつってハグされた。服は皮のコート。タイトのスリット入ったミニスカートに刺繍入ったアミタイ。ロクシタンの香水つけてた。コンビニで

no image
★何でもしますので助けて下さい

 今朝ふと目が覚めて何気なく携帯を開いて、習慣になっている某出会い系サイトをチェック。相変わらず常連の書き込みが多いが見慣れない感じの書き込みを発見。詳しく読んで見ると「何でもしますので助けて下さい」何て書いてある。「更には慣れていないので」等とも・・どうやらシングルママで支払いに困っている様子。気になり早速メールをすると朝が早いにも拘わらずすぐに返事が来た。お昼位から下町の某駅で待ち合わせを希望

no image
★やはり美人とSEXしたい男の性

 美人のマグロを抱いても、マネキンみたいで味気ない時はあります。そんな時にブスでもいいから肉感的な女と欲望のままに思いっきりセックスをしたい。やる前はもう自分から好んで、ブスとセックスするために出会い系でブスを漁ってしまう。ブスでもいざ肉体を前にすると勃起しちゃう男の性。 そして発射後に襲われる後悔の波という経験は男だったらあるだろう。先日の話、俺は35にもなって出会い系経由の掲示板を使うしかない若

no image
★掲示板で神待ちの女と出会えた体験談

半年前に一人暮らして彼女もいなかったけど、最近掲示板で神待ち女を釣ったww 神待ちの女って最近もう家出とかじゃなくなってるの知ってる? 前は、家出とか、家に帰りたくないとかだったけど最近もうそんなの通りこして、一緒に住みたいとか、終電逃したとかで、家に泊めてくれる女が多いでもサクラも多い・・ 俺はもともと出会い系とか使うタイプの人間じゃなかったし、出会い系とかそういうのうさん臭くてきらいだったのね

no image
★ギャルはエロ無防備で中出し放題

僕はギャルが苦手だが、最近なぜかギャル率が高いんだよな。だから苦手なんじゃなくて、ホントは好きなんじゃないかと思い始めている今日この頃…今回もよく使っている、セフレ割切り板というセフレサイトを使って、少し前からメールを続けていたギャルと中出しSEXに成功した。 待ち合わせにはミニスカ、パンストで現れた。色白で清潔感もあってなかなかのレベル。身長も高くかなりの美脚だ。自分は生足派だがこの女はスタイルもい

no image
★熟女をただ者では無いと直感して

 仕事を終えて少し町をぶらついていると、たいへん浮いた服装をした女性とすれちがいました。彼女の服装は黒のロングタイトスカートに茶色のエナメルのジャケットと花柄のブラウス、更にエンジのベレー帽とミントグリーンのハイヒールでした。 ただ者では無いと瞬間に感じ尾行しました。彼女年齢は50代後半から60代前半と見ましたが(実年齢は53歳でした)、妙な色気があり、なんとしてもナンパしてやろうという気持ちになりました

no image
★専業主婦との出会い

 細身で程よい肉感のある菜○緒似の人妻と、メールしていたのだがお互いに忙しくて中々会うことができず、知り合って1ヶ月にしてやっと会うことができた。1番最初なので、とりあえずレストランで食事をした。 その後ドライブしたのだが「まだ帰りたくないな~」などと甘えた口調でねだってくる…。初対面だったので、ホテルに行く予定はなかったがこんな美人で、しかも菜々緒に似ていることもあり菜○緒とヤッているシチュエーシ

no image
★こんな可愛い子を今から抱くと思うと

 俺 大阪 ♂ 34  180/72 (ハゲ)監督(ex.ヒ(ハ)ゲ浅野)。相手 大阪 女 32 既婚子無 ☆きれい度2かわいい度3 田中麗奈。スペック低そうな鬼女が「ネット恋愛って??」という書き込みしているので、どうせ返事来んやろうと空爆。「おもしろーい♪メールありがとう」と短文で返事くる。せっかくなのでいろいろ口説いてみると楽々こっちのペースに。  5往復ほどで会う話になり「いや、あの、俺と会うってことは俺に抱かれる

no image
★43歳のバニーガールとの話

 彼女と知り合ったのはある出会い系でのオフ会だった。そのオフ会はハプニングバーを見学するというもの、滞在時間は長めだが本当に見学のみ、そこで行為に至る人はほぼ皆無だが、その後につながるので少し参加費は高いけれどよく参加していた。 それに年齢層も若干高めのその出会い系は、好奇心旺盛な人妻が多く毎回満席と好評だ。参加者はハプニングバーに入ったらコスプレする決まりで、店舗備え付けの衣装に着替え雑談スペー