エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

人妻の妹

   

 私の妹はもう35歳ですが、まだ兄である私とセックスする関係が続いています。

 妹は夫もいて子供も一人います。私は37歳で独身です。 初めて関係をもったのが、妹が15歳の時でしたからもうかれこれ20年も関係が続いてる事になります。

 始めの頃は毎日のようにセックスしていました。 妹の彼氏が出来てからは少なくなりましたが、それでも親の顔を盗んでしょっちゅうセックスしていました。

 やがて妹は28歳の時、結婚して子供が出来て私と別々に暮らすようになりました。 妹が結婚しても私たちの関係は終わらずたまに会ってセックスしました。

 ある日夫が出張でいなくなるという事で私は妹の家に泊まりに行きました。5歳の子供は実家にあずけました。

 最近セックスする時は下着姿で目隠しをして手を前に縛ります。 そしてそのまま放置です。 そのままの状態で置いておくと、やがて妹は体をモゾモゾいわせ声を出し始めます。

 「うぅん・・あぁ・・・ん・・」

 もうアソコはぐっちょり濡れていることでしょう。

 「あぁん・・う〜ん・・さわってぇ・・・ねぇ・・・」

 私は下着の上から胸とアソコを触ります。 

 「ああん・・あん・・あぁ・・」

 私がそよそよと触っていると妹は。

 「ああぁん・・ねぇ・・ビリビリしてぇ・・・」

 ビリビリとはローターのことです。 私はローターをパンティの上から当てます。モーターの音が響きます。

 「あああぁ・・いい・・・きもち・・いい・・・」

 この日妹は上下水色のパンティとブラと同じく水色のスリップでした。 私はローターをパンティの上から当てつづけフェラをさせます。

 妹はアイマスクを着けたままフェラをします。すごくエッチです。妹はもう我慢できなくなりました。

 「はぁっ・・ああん・・ねぇ・・もう・・いれてぇ・・はやくぅ・・いれてぇ・・・」

 私もフェラでもういきそうでしたので、すぐにいれます。パンティを脱がしいれました。

 「はっ!・・あっ!・・・あぁ〜ん・・いい・・・きもちいい・・・ああん・・」

 ああ・・わたしも気持ちいい・すぐにいきそうだ。わたしはどちらかと言うと早漏でありなかなか長持ちしないのである。

 「あん・・ああん・・いい・・きもちいい・・ついてぇ・・もっとついてぇ・・」

 ああっもういきそうだやばいこれ以上強く突いたらいってしまう。わたしは妹に、もういきそうだと言うと。

 「だめぇ・・もうちょっとがまんしてぇ・・まだいかないで・・」

 私はもうだめだと言ってお前はもういきそうかと聞くと。

 「もうちょっと・・ねぇ・・もっとつよくついてぇ・・そうすればあたしもいくから・・」

 私はもういくつもりで激しく突いた。

 「ああん!あん!あん!いい!きもちいい!ついて!もっとついて!いい・・ああん・・あたしもいきそう・・」

 ああっ! ダメだ!私はもういく! ああっ!

 「うっ!・・・・・・あっ!・・いくっ!・・・・・・・・・・・・」
 

 

 

 私の妹はもう35歳ですが、まだ兄である私とセックスする関係が続いています。

 妹は夫もいて子供も一人います。私は37歳で独身です。 初めて関係をもったのが、妹が15歳の時でしたからもうかれこれ20年も関係が続いてる事になります。

 始めの頃は毎日のようにセックスしていました。 妹の彼氏が出来てからは少なくなりましたが、それでも親の顔を盗んでしょっちゅうセックスしていました。

 やがて妹は28歳の時、結婚して子供が出来て私と別々に暮らすようになりました。 妹が結婚しても私たちの関係は終わらずたまに会ってセックスしました。

 ある日夫が出張でいなくなるという事で私は妹の家に泊まりに行きました。5歳の子供は実家にあずけました。

 最近セックスする時は下着姿で目隠しをして手を前に縛ります。 そしてそのまま放置です。 そのままの状態で置いておくと、やがて妹は体をモゾモゾいわせ声を出し始めます。

 「うぅん・・あぁ・・・ん・・」

 もうアソコはぐっちょり濡れていることでしょう。

 「あぁん・・う〜ん・・さわってぇ・・・ねぇ・・・」

 私は下着の上から胸とアソコを触ります。 

 「ああん・・あん・・あぁ・・」

 私がそよそよと触っていると妹は。

 「ああぁん・・ねぇ・・ビリビリしてぇ・・・」

 ビリビリとはローターのことです。 私はローターをパンティの上から当てます。モーターの音が響きます。

 「あああぁ・・いい・・・きもち・・いい・・・」

 この日妹は上下水色のパンティとブラと同じく水色のスリップでした。 私はローターをパンティの上から当てつづけフェラをさせます。

 妹はアイマスクを着けたままフェラをします。すごくエッチです。妹はもう我慢できなくなりました。

 「はぁっ・・ああん・・ねぇ・・もう・・いれてぇ・・はやくぅ・・いれてぇ・・・」

 私もフェラでもういきそうでしたので、すぐにいれます。パンティを脱がしいれました。

 「はっ!・・あっ!・・・あぁ〜ん・・いい・・・きもちいい・・・ああん・・」

 ああ・・わたしも気持ちいい・すぐにいきそうだ。わたしはどちらかと言うと早漏でありなかなか長持ちしないのである。

 「あん・・ああん・・いい・・きもちいい・・ついてぇ・・もっとついてぇ・・」

 ああっもういきそうだやばいこれ以上強く突いたらいってしまう。わたしは妹に、もういきそうだと言うと。

 「だめぇ・・もうちょっとがまんしてぇ・・まだいかないで・・」

 私はもうだめだと言ってお前はもういきそうかと聞くと。

 「もうちょっと・・ねぇ・・もっとつよくついてぇ・・そうすればあたしもいくから・・」

 私はもういくつもりで激しく突いた。

 「ああん!あん!あん!いい!きもちいい!ついて!もっとついて!いい・・ああん・・あたしもいきそう・・」

 ああっ! ダメだ!私はもういく! ああっ!

 「うっ!・・・・・・あっ!・・いくっ!・・・・・・・・・・・・」
 

 

 

 - 未分類 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
有名芸能人とのエッチな体験談!

こんにちは、僕は25才の男です。これは先日あった夢のような体験のお話です。僕はフリーターで、今は芸能プロダクションの事務をしています。ちなみに僕の容姿ですが、ラグビーをしていたので体は大きくて、ウエイトトレーニングは続けてるので、まだまだゴリマッチョを維…

no image
やられた…。

僕(ショウ)と彼女(レナ)は高3の頃から付き合ってかれこれ3年が経ち、お互いに会おうとすることも少なくなり、エッチもマンネリ気味。そろそろ別れの時期がきてるかなと思ってました。それを大学のサークルの先輩に飲みながら相談していると、「じゃー俺のセックスフレ…

no image
★SEX好きでも飽きるものは飽きる

 子供が二人も出ると、もう女房とのアレは、惰性でお勤めを果たすだけ、おもしろくもありません。女房相手には、よほど溜まった時しかその気になれませんが、どうしたわけかそれが他人妻なら、いつでも何度でも来い、ということになるから不思議です。 大きな仕事が舞い込んできたとき、人手が足りないということで、パートを雇うことになりました。実験技術が必要な仕事なので、なかなか適任者が見つかりません。結婚して専業主

no image
風呂専がデリヘル初体験

 25歳の時、職場の先輩に初めて連れて行かれて以来、息抜きに風俗といえばずっとソープだった。 結婚してからもそれは変わらず、嫁ができないで溜まったら早朝のお風呂屋さんへゴー!な日々。 ソープの何がいいって、基本タブーがないところ。 挿入までワンセットだし…

no image
切欠なんかどうでも良い

俺の兄貴は地元では知らない者が居ないくらいのワルだった。喧嘩が異常に強く、中学になると大勢の仲間とつるんで高校生相手に喧嘩ばかりしていた。3つ年下の俺が中学生になる頃には、兄貴の仲間は物凄い人数になっていた。信じられないことだが、その中には現役の右翼の構成…

no image
ネカフェにいた女が釣れたww

この前掲示板使って、すげー間抜けな女の子と会ってきた。その女の子はネカフェ難民、いわゆる神待ち少女で、俺が使っている掲示板にたまたま現れた。最初は本当かどうか半信半疑でメールを送った。返事が返ってきて、それから何度もやり取りをしたが実際に会ってみない限り…

no image
性奴に堕ちる時

1年程前のことだが、40近くのいい年になって中学の同窓会とやらに出席した。この年になって初めて出席する事にした理由は、唯一会いたい女性がいて、当時クラスのマドンナ、いや学年のマドンナの美由紀が来ると聞いたからであった。当日来たのは15名で、美由紀の容姿は…

no image
同じ町内

俺はスポーツジムに通い始め6年になります。去年の9月にジムで、ナイスボディーでレオタードを着た可愛い30過ぎくらいの女性に声をかけられたのです。「○○さんですよね、同じ町内の○○聡美です」「運動不足と体脂肪減らそうと思い、今月から入会したの」「知らない人…

no image

俺は先日、千葉のJR某駅から歩いて10分位の某ショッピングセンターの化粧品売場で、偶然にも万引きしている若い女を見かけたので、店の外に出たところで声をかけて女を呼び止めた。 彼女はギョッとして大きな目を見開き、俯いてしまった。 俺は警察を呼ばないで目をつぶる…

no image
忘れられない人妻との一発

 先月、雨の降った日のこと。 職場で結構仲のいい女「24歳人妻、バレーの大友にちょっと似てる、かなりおバカ)が、そんなに職場内寒くないのにガタガタ震えていた。「寒いの? 風邪でもひいたのか?」「いや、今朝会社来る時駐車場のところで転んじゃってずぶ濡れになっちゃったんですよ 」「あ~そりゃ大変だ。」傘差して携帯みながら歩いていたら滑って水たまりにスライディングしたとのこと。