エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

オヤジのチンポとおふくろのふっくらオマンコ

   

 私の子供の頃は、男子は丸刈り、女子はオカッパか三つ編みが普通だった。それでもって、こどもの床屋は親がやるのが通り相場だった。
たいてい母親がバリカンで刈り、首筋とか顔を剃るのが父親がやっていた。庭にいすを出し、首の周りの風呂敷を巻き、落ちた髪の毛は庭ほうきで掃除した。床屋がないわけではなかったがそれだけまずしかったのだ。その当時の日本は。どこも同じだったからソレを貧しいとか恥ずかしいなんて思いもしなかった。首筋なんかを剃るのは父親の仕事で風呂に一緒に入り、洗い場で父がひげを剃るカミソリで剃ってもらった。なあんて書くと、どこがエッチな話かと。
 オヤジにじっとしてろと怒られながら、剃ってもらい、その後、オヤジは洗い場の壁にぶら下げてある鏡を見ながら自分のひげを剃るのがいつものパターンであった。私は湯船につかりながら、オヤジが立ってひげを剃るのをみながら、ちょうど自分の目の高さにあるオヤジのチンポによく見とれていた。それはこどもの目から見ればグロテスクな逸物であり、先っぽには完全にムケ返っているでかい亀頭が付いていた。子供心に自分の朝顔のつぼみみたいな細いのとは大違いなのに興味津々でありました。母親ともよく入ったので、ふっくらした土手にふんわりした恥毛が生えていてその下あたりから割れ目がある。洗い場にタワシをかけるときに後ろから見えるお尻の穴と割れ目の間は繋がっていず、そのへんにもわずかながら薄い恥毛が生えていた。まだ、ぼっきもはじまってないガキでも結構興味を持っていた。らしい。
 精通が始まり、チンポが立ち始めてからは当然一人で入るようになり、そんなある晩、洗い場で洗っているといつものようにチンポが立ち上がり、大砲のように突き出した状態になった。、その時ガラッと窓が開き、母親が覗き込んだ。「湯加減はどお?」とっさに湯桶で股を隠したが、勃起してムケた亀頭が母親の目に入ったらしい。瞬間的に窓が閉められた。母親にとって息子の勃起したチンポはどう感じたろう。
すっごい!息子もおとななんだとおもったかどうか、それから、母親はいきなり開ける事はなくなった。
その頃になると、かつて見とれていたオヤジのムケかえった巨大な亀頭が夜に母と同衾すると固く反り返り、洗い場で見た母の柔らかく閉じた割れ目を押し広げ、巨大な陰茎は母の愛液にまみれながら、なんども抽送されたりして、睦言を云いあいながら、おびただしい精液が堰を切って子宮口に吐き出される。そんな妄想が頭の中を駆け巡ってばかり居た。お風呂で剃ってもらっていたのは小学校の低学年だったから、その後妹が生まれている。よくその頃、祖母が一緒に寝ようと誘ってくれていた。アレはそういうことだったのか。両親二人きりの閨房で子種を宿すべく奔放に、夫婦のお楽しみを満喫していたのだ。当時,私8歳、そうすると母は29歳父は34歳か。そりゃ、種付けでなくても
やりまくり時代だったか。そうだなあ、子が学校へ上がって手が空いて、夫婦生活に関心が戻り、成熟したカラダになっている母を男盛り、
チンポのたち盛りの父がほおってはずがない。母のオマンコは毎晩乾く暇もなかったとおもう。いや、母が父のチンポなしで寝られなかったのが正解か。そういや、あの頃、母の敷きふとんだけ下半分にバスタオルがひいてあった。当時はなんで母だけ?っていうと「お母さんは夏でも腰が冷えるから、、」といってたが、あれは父の精液や母の愛液で敷きふとんが汚れるからだったんだな。よくあのタオルは洗濯してたなあ。そういや、夜中に小用に立った時、便所で母とはち合わせ、母がしゃがんでるのを見たけど、寝間着をまくって用を足してたけど、
その下にパンツを履いてなかったなあ。、まだある。風呂から上がった父がパンツを履かず、前に宛てがってうろうろしてたのを、母が「はきなさいよ、みっともない」とたしなめたら、「今日はパンツをはかずにせにゃならんことがあるから」といったらだまってしまった。

 

 私の子供の頃は、男子は丸刈り、女子はオカッパか三つ編みが普通だった。それでもって、こどもの床屋は親がやるのが通り相場だった。
たいてい母親がバリカンで刈り、首筋とか顔を剃るのが父親がやっていた。庭にいすを出し、首の周りの風呂敷を巻き、落ちた髪の毛は庭ほうきで掃除した。床屋がないわけではなかったがそれだけまずしかったのだ。その当時の日本は。どこも同じだったからソレを貧しいとか恥ずかしいなんて思いもしなかった。首筋なんかを剃るのは父親の仕事で風呂に一緒に入り、洗い場で父がひげを剃るカミソリで剃ってもらった。なあんて書くと、どこがエッチな話かと。
 オヤジにじっとしてろと怒られながら、剃ってもらい、その後、オヤジは洗い場の壁にぶら下げてある鏡を見ながら自分のひげを剃るのがいつものパターンであった。私は湯船につかりながら、オヤジが立ってひげを剃るのをみながら、ちょうど自分の目の高さにあるオヤジのチンポによく見とれていた。それはこどもの目から見ればグロテスクな逸物であり、先っぽには完全にムケ返っているでかい亀頭が付いていた。子供心に自分の朝顔のつぼみみたいな細いのとは大違いなのに興味津々でありました。母親ともよく入ったので、ふっくらした土手にふんわりした恥毛が生えていてその下あたりから割れ目がある。洗い場にタワシをかけるときに後ろから見えるお尻の穴と割れ目の間は繋がっていず、そのへんにもわずかながら薄い恥毛が生えていた。まだ、ぼっきもはじまってないガキでも結構興味を持っていた。らしい。
 精通が始まり、チンポが立ち始めてからは当然一人で入るようになり、そんなある晩、洗い場で洗っているといつものようにチンポが立ち上がり、大砲のように突き出した状態になった。、その時ガラッと窓が開き、母親が覗き込んだ。「湯加減はどお?」とっさに湯桶で股を隠したが、勃起してムケた亀頭が母親の目に入ったらしい。瞬間的に窓が閉められた。母親にとって息子の勃起したチンポはどう感じたろう。
すっごい!息子もおとななんだとおもったかどうか、それから、母親はいきなり開ける事はなくなった。
その頃になると、かつて見とれていたオヤジのムケかえった巨大な亀頭が夜に母と同衾すると固く反り返り、洗い場で見た母の柔らかく閉じた割れ目を押し広げ、巨大な陰茎は母の愛液にまみれながら、なんども抽送されたりして、睦言を云いあいながら、おびただしい精液が堰を切って子宮口に吐き出される。そんな妄想が頭の中を駆け巡ってばかり居た。お風呂で剃ってもらっていたのは小学校の低学年だったから、その後妹が生まれている。よくその頃、祖母が一緒に寝ようと誘ってくれていた。アレはそういうことだったのか。両親二人きりの閨房で子種を宿すべく奔放に、夫婦のお楽しみを満喫していたのだ。当時,私8歳、そうすると母は29歳父は34歳か。そりゃ、種付けでなくても
やりまくり時代だったか。そうだなあ、子が学校へ上がって手が空いて、夫婦生活に関心が戻り、成熟したカラダになっている母を男盛り、
チンポのたち盛りの父がほおってはずがない。母のオマンコは毎晩乾く暇もなかったとおもう。いや、母が父のチンポなしで寝られなかったのが正解か。そういや、あの頃、母の敷きふとんだけ下半分にバスタオルがひいてあった。当時はなんで母だけ?っていうと「お母さんは夏でも腰が冷えるから、、」といってたが、あれは父の精液や母の愛液で敷きふとんが汚れるからだったんだな。よくあのタオルは洗濯してたなあ。そういや、夜中に小用に立った時、便所で母とはち合わせ、母がしゃがんでるのを見たけど、寝間着をまくって用を足してたけど、
その下にパンツを履いてなかったなあ。、まだある。風呂から上がった父がパンツを履かず、前に宛てがってうろうろしてたのを、母が「はきなさいよ、みっともない」とたしなめたら、「今日はパンツをはかずにせにゃならんことがあるから」といったらだまってしまった。

 

 - 未分類 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★バックでしか逝けない性癖の人妻です

 付き合って四人目の人と、32歳の時(二年前)結婚しました。でも私は今まで付き合ってきた人が心ない人ばかりで、エッチにはかなりのトラウマがありました。最初に付き合った人と、三番目に付き合った人に「なんか、おまえのって今まで付き合った中で緩い」って二人にも言われちゃったんです。 それから自分の体じゃダメなんだって、彼が気持ちよくないんじゃないかってエッチに集中できなくて濡れなくなり、彼の性格も嫌だった

no image
まあいつものセックス大好き妻の話なんだ。

ちょっと長くなるけど色々とあったから書いてみるまあいつものセックス大好き妻の話なんだ。長らく続いたセフレ夫婦さんと、若い玩具君との関係を切った。自分が年明けからおやじの会社に勤めることになった。当面は実家近くのアパートの一階と二階を借りる。一階は自分と妻…

no image
女子に混じって身体検査

ぼくは、大学4回生です。昨日、大学の保健管理センターで学生全体の身体検査がありました。大体の時間分けがされていて、法学部の4回生男子は10時から12時のあいだまでというものでした。ぼくは、このサイトを見ていて、なんとか女性の裸を見物できないかと考えており…

no image
ヤッタ熟女が・・・あの人だったとは・・・

  僕は熟女が大好きな17歳の高2です。15歳の時に人妻さんの味を知ってから  余裕で100人以上の人妻さん・熟女さんとやりまくってます。  その中にはある芸能人も数人います。(ちょっと自慢ですが)    周りの友達にも何人か熟女好きはいます。学校では、…

no image
寝ている妹の部屋で・・・

俺が始め手を出したのは中学3年で妹は小学6年だった。 寝ている妹の部屋に入り、指でマムコ周辺をゆっくり撫で続けていたら始めは嫌がっていたが徐々に足を開いてきたので・・・その後、いやいやをする妹に何度か迫っては関係は続けていたんだ。でも、断っておくが挿入はしていない。だからこそ続いたんだろうと思う。しかし妹が、高校になると俺は就職で九州に行くことになりその関係は終わった・・・かに見えた。年末に帰って

no image
えっそれってレイプじゃない?

妻は私と付き合う前まで、私の友人と付き合っていました。二人が別れて半年後に私達の交際がはじまったのです。普段お付き合いのある共通の友人達の間では、「あいつよく友達の元彼女と付き合えるよなあ!」と噂になっていました。しかし、時間が経つにつれそんな噂もなくなり私達は二年後には結婚しました。私の友人の妻の元彼も祝福してくれて、結婚式2次会の司会までやってくれたほどです。結婚生活が始まって半年ほど経った頃

no image
★女性同僚が泥酔いしたので狼に

 先日、会社内で飲み会があり同僚のKちゃんが呑み過ぎて意識不明になり、なりゆきで僕が車で家まで送る事になった。Kちゃんの家はクルマで20分ぐらいの場所にあり、送っている最中に道が分からなくなったので、後部座席の彼女に道を尋ねると返事がないので、のぞいてみるとぐっすり眠り込んでる様子。  この日の彼女はジーパンに、上はビビットカラーのキャミソールで、胸元からほんの少しのぞいてる。白くふくよかな胸元が何

no image
ジュニアアイドルみたいな水着の奧さんにプールで中出し

大学も夏休みで、暇を持てあましてたら、姉貴に子供達をレジャープールに連れてってくれと頼まれた。甥は小学4年生と6年生で、つきっきりで見てなくてもいいので、それほど面倒ではないし、もともと暇だったので行くことにした。姉貴の車を借りて、久々の運転なので超安全運…

no image
親友の妹

俺が大学時代の話、当時中学1年生だった親友の妹が俺に気があるのは、気付いていた。親友である兄貴の方は結構鈍感でそれには気付いていなかったようだが、何気に妹から直接連絡をもらったりしていた。思春期を迎えたばかりの女の子に「デートしてみるか?」という言葉は刺…

no image
大家に寝取られた(Ver.0.9)

 山陰の田舎から東京本社へ転勤になって、九州の田舎育ちの私達夫婦は、初めて都会で生活することになりました。会社には社宅もあったのですが、妻が窮屈だというので自分たちで賃貸のマンションを借りることにしました。交通の便も良く、造りも良いマンションでしたので、…