エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

寝取られてた妻!

   

 私の妻知子は先月35歳になったばかりの美人ではないけど、かわいい
感じのスラッとした、スタイルのいい女性です。
妻は私と結婚する前から、ある製薬会社で働いています。
私の職場でも妻の会社の医療機器を使っているため、消耗品等の部品を発注することがよくあり、世間で言うお得いさんになっています。
そのためか、うちの担当者から一泊での慰安旅行件忘年会に誘われました。
その担当は、私とそこで働いている妻が夫婦であることは知りま
せんでした。
つまり結婚した後に入社した新人さんがうちの担当だったためです。
 私も妻の会社の社員旅行なんて行った事がなったので、楽しみにして
妻を驚かせようと、内緒にしていました。
しかし驚かされたのは私の方でした。
 当日、仕事が遅くなってしまい、遅れてその会場につくと、すでに
皆さん出来上がっていて、中にはそのまま寝込んでしまっている人も
いました。
その中で、会場の角のあたりで数人の男性が集まっていて、異様な
雰囲気が伝わってきます。
私は妻を捜してうろうろとして歩きまわって見ましたが、姿が見えません。
 そのとき角の集団から「毎年これが楽しみで、来てるんだぜ」
?と思いその集団の中心をのぞくと、そこに妻がいました。
しかも服がはだけて、胸が丸出しです。
私「何やってるんだ!」と声に出しかけた瞬間
妻「あぅー気持ちいいよー、、ぁぁ」妻の下には、一人の男が仰向けに
寝ており、その男の物を受け入れ、腰をくねくねと振っていた。
男A「次は俺だぜ、早く終わらせるよ」
妻「やだーもっとするーあぁもっと奥まで突いてー」と腰を上下に振っています・・
妻は酒は好きだが、酔ってしまうと何をしているのかわからなくなってしまう。
過去にナンパされお持ち帰りされた事が何度か有った・・・泥酔状態で中出しされて
焦った事も有った妊娠こそはしなかったが・・次は離婚という事で許したのだが・・・
そのことで俺は普段、妻が飲み会にいくときは、門限を決めて迎えに行っていた。
その心配していた悪夢が目の前で行われている。
男A「ちょっちょっと、知子さん!出ちゃうよ!」急に下にいた男が言ったが
お構いなしに腰を振りつづけ、ついには中に出されたようだ。
その男達の異様な雰囲気に圧倒され、ただ呆然と見ている事しか出来なかった。
妻「まだー私逝って無いーおちんちん早くー欲しいー・・」
男B「知子さんほらさっきより大きいの有るよ」
妻「それ・それ欲しい大きいの待ってたのー」
私は目を疑いました其の男の物は黒人並の大きさでした。
妻は自ら其の巨根を握り締め自分の膣口にあてがい腰を落としていました。
「ズブズブ・ズブと巨根が全部妻の胎内に飲み込まれてました」
其の光景を男達はガン見しながら呆れた様子で話していました
男達「Bの巨根全部飲み込んだよ内の肉便器もうガバマンコに成ってるよ・・」
男A「あーあ之が毎年楽しみなのにもう事務員使い物に成らないな・・・」 
妻「あん、あん、大きい、之よ之なの!!」
男B「知子さんのおまんこ締まるよ、」
妻「もっとズコ・ズコしてー掻き回してー」
妻は巨根に跨り激しく腰を振っていた。
男B「知子さん凄いよ奥まで咥え込んでるよ!」
妻「奥まで届くー子宮壊れちゃうー」
男B「知子さんの肉壷気持ち良いですよ」
妻の顔を見ると白目を向いていてアヘ顔に成っていました・・・
妻「あは・あは・腰が止まらない・・・」
男B「あっもう出そうです知子先輩中に出しますよ」
妻「熱い子宮に来るー赤ちゃん出来ちゃうー」
巨根の男も妻の膣内で果てました、チンポが抜けると妻のアソコから糸を引きながら精液が
ドロッと垂れてきました・・・よく見ると膣口が大きく穴を開けていました。。。
男CがBの巨根の余韻に浸っている妻を今度は正常位の形に寝かせています
妻「まだするのーもう疲れちゃった・・・」
妻はこう言いながらも男達のなすがままに成り大股を開いています・・
男C「うわっBのチンポの後じゃガバガバじゃんスカスカだよ太平洋マンコだよ」
そんな屈辱的な事を言われながらも妻は残り4人の男達にも中出しされていました・・
最後の男が中出しした後フラフラな妻に今度はクスコを挿入していました
中を覗くと妻の膣口から子宮口が見えています、白濁液が溜まっていました
約8人分の精液です・・・男達が妻のアソコをカメラで撮影していました
ネットに流すみたいな話をしている社員もいました・・・
男性社員達が一通り中に出した後、その中の一人が俺に話し掛けて
来ました、巨根の持ち主でしたBこそがうちの担当だっんです。
「あ、来てたんですか、内の事務員とどうです一発?
毎年恒例なんですよ酔うと肉便器に成るらしいんですよ・・ピル飲ませたから中出し
誰でもOKなんですよ殆どの社員が中出ししてますから・・・」
私はカッとなったが、逆に異常な興奮もしていて、妻を押し倒していた。
妻はまだ酔いが覚めておらず、というよりその異常な雰囲気に酔っているようだった。
妻のアソコを見ると、白く泡立った精液が大量に溢れ、床に垂れ糸を引いている。
そこに自分の物を入れると、ツルッと簡単に挿入出来てしまいました・・・
Bの巨根にズボズボに拡張されていて中もヌルヌルとしていて抵抗がない状態にされていました。
大事な妻の中に出した男達に見られながら、妻を抱いていることに興奮し激しく腰を振った・・・
「毎年恒例だから、今年はうちの事務員さん独り占めしていいですよ中出しも勿論OKです」
担当が私に声をかけた。
妻の中に入れたまま抱きかかえ、自分の部屋へ連れて行った。
私はゲストだったため一人部屋だったから、誰にも邪魔はされない。
部屋の中でも、妻を抱き続けた3回は中出し、した。
「よっちゃん(私)、なんでここにいるの?、、、ぁん」
やっと酔いが覚めてきたようだ。
「あん、、、、、、、ぁん、、、見てたの?」
「毎年なのか?」
「わかんない、、、あ、、、気が付くと、やられてるんだもん、、あ」
涙が出てきた、、、、。
妻も泣いていた。
事が終わって、じっくりと話を聞くと、私と結婚する前から、宴会行事の
後には、誰かにやられていたらしい。
私と結婚して、門限を決められてからは無かったが、泊りがけの宴会の
時には、やられてしまっていた。
妻にやられているときの内容を説明してやった。
起きたときにはいつも隣に一人しかいないので、複数にやられていると
は、思っていなかったらしい。既にガバマンにされてしまったが・・・
私は妻に仕事と酒を辞めさせた。

 私の妻知子は先月35歳になったばかりの美人ではないけど、かわいい
感じのスラッとした、スタイルのいい女性です。
妻は私と結婚する前から、ある製薬会社で働いています。
私の職場でも妻の会社の医療機器を使っているため、消耗品等の部品を発注することがよくあり、世間で言うお得いさんになっています。
そのためか、うちの担当者から一泊での慰安旅行件忘年会に誘われました。
その担当は、私とそこで働いている妻が夫婦であることは知りま
せんでした。
つまり結婚した後に入社した新人さんがうちの担当だったためです。
 私も妻の会社の社員旅行なんて行った事がなったので、楽しみにして
妻を驚かせようと、内緒にしていました。
しかし驚かされたのは私の方でした。
 当日、仕事が遅くなってしまい、遅れてその会場につくと、すでに
皆さん出来上がっていて、中にはそのまま寝込んでしまっている人も
いました。
その中で、会場の角のあたりで数人の男性が集まっていて、異様な
雰囲気が伝わってきます。
私は妻を捜してうろうろとして歩きまわって見ましたが、姿が見えません。
 そのとき角の集団から「毎年これが楽しみで、来てるんだぜ」
?と思いその集団の中心をのぞくと、そこに妻がいました。
しかも服がはだけて、胸が丸出しです。
私「何やってるんだ!」と声に出しかけた瞬間
妻「あぅー気持ちいいよー、、ぁぁ」妻の下には、一人の男が仰向けに
寝ており、その男の物を受け入れ、腰をくねくねと振っていた。
男A「次は俺だぜ、早く終わらせるよ」
妻「やだーもっとするーあぁもっと奥まで突いてー」と腰を上下に振っています・・
妻は酒は好きだが、酔ってしまうと何をしているのかわからなくなってしまう。
過去にナンパされお持ち帰りされた事が何度か有った・・・泥酔状態で中出しされて
焦った事も有った妊娠こそはしなかったが・・次は離婚という事で許したのだが・・・
そのことで俺は普段、妻が飲み会にいくときは、門限を決めて迎えに行っていた。
その心配していた悪夢が目の前で行われている。
男A「ちょっちょっと、知子さん!出ちゃうよ!」急に下にいた男が言ったが
お構いなしに腰を振りつづけ、ついには中に出されたようだ。
その男達の異様な雰囲気に圧倒され、ただ呆然と見ている事しか出来なかった。
妻「まだー私逝って無いーおちんちん早くー欲しいー・・」
男B「知子さんほらさっきより大きいの有るよ」
妻「それ・それ欲しい大きいの待ってたのー」
私は目を疑いました其の男の物は黒人並の大きさでした。
妻は自ら其の巨根を握り締め自分の膣口にあてがい腰を落としていました。
「ズブズブ・ズブと巨根が全部妻の胎内に飲み込まれてました」
其の光景を男達はガン見しながら呆れた様子で話していました
男達「Bの巨根全部飲み込んだよ内の肉便器もうガバマンコに成ってるよ・・」
男A「あーあ之が毎年楽しみなのにもう事務員使い物に成らないな・・・」 
妻「あん、あん、大きい、之よ之なの!!」
男B「知子さんのおまんこ締まるよ、」
妻「もっとズコ・ズコしてー掻き回してー」
妻は巨根に跨り激しく腰を振っていた。
男B「知子さん凄いよ奥まで咥え込んでるよ!」
妻「奥まで届くー子宮壊れちゃうー」
男B「知子さんの肉壷気持ち良いですよ」
妻の顔を見ると白目を向いていてアヘ顔に成っていました・・・
妻「あは・あは・腰が止まらない・・・」
男B「あっもう出そうです知子先輩中に出しますよ」
妻「熱い子宮に来るー赤ちゃん出来ちゃうー」
巨根の男も妻の膣内で果てました、チンポが抜けると妻のアソコから糸を引きながら精液が
ドロッと垂れてきました・・・よく見ると膣口が大きく穴を開けていました。。。
男CがBの巨根の余韻に浸っている妻を今度は正常位の形に寝かせています
妻「まだするのーもう疲れちゃった・・・」
妻はこう言いながらも男達のなすがままに成り大股を開いています・・
男C「うわっBのチンポの後じゃガバガバじゃんスカスカだよ太平洋マンコだよ」
そんな屈辱的な事を言われながらも妻は残り4人の男達にも中出しされていました・・
最後の男が中出しした後フラフラな妻に今度はクスコを挿入していました
中を覗くと妻の膣口から子宮口が見えています、白濁液が溜まっていました
約8人分の精液です・・・男達が妻のアソコをカメラで撮影していました
ネットに流すみたいな話をしている社員もいました・・・
男性社員達が一通り中に出した後、その中の一人が俺に話し掛けて
来ました、巨根の持ち主でしたBこそがうちの担当だっんです。
「あ、来てたんですか、内の事務員とどうです一発?
毎年恒例なんですよ酔うと肉便器に成るらしいんですよ・・ピル飲ませたから中出し
誰でもOKなんですよ殆どの社員が中出ししてますから・・・」
私はカッとなったが、逆に異常な興奮もしていて、妻を押し倒していた。
妻はまだ酔いが覚めておらず、というよりその異常な雰囲気に酔っているようだった。
妻のアソコを見ると、白く泡立った精液が大量に溢れ、床に垂れ糸を引いている。
そこに自分の物を入れると、ツルッと簡単に挿入出来てしまいました・・・
Bの巨根にズボズボに拡張されていて中もヌルヌルとしていて抵抗がない状態にされていました。
大事な妻の中に出した男達に見られながら、妻を抱いていることに興奮し激しく腰を振った・・・
「毎年恒例だから、今年はうちの事務員さん独り占めしていいですよ中出しも勿論OKです」
担当が私に声をかけた。
妻の中に入れたまま抱きかかえ、自分の部屋へ連れて行った。
私はゲストだったため一人部屋だったから、誰にも邪魔はされない。
部屋の中でも、妻を抱き続けた3回は中出し、した。
「よっちゃん(私)、なんでここにいるの?、、、ぁん」
やっと酔いが覚めてきたようだ。
「あん、、、、、、、ぁん、、、見てたの?」
「毎年なのか?」
「わかんない、、、あ、、、気が付くと、やられてるんだもん、、あ」
涙が出てきた、、、、。
妻も泣いていた。
事が終わって、じっくりと話を聞くと、私と結婚する前から、宴会行事の
後には、誰かにやられていたらしい。
私と結婚して、門限を決められてからは無かったが、泊りがけの宴会の
時には、やられてしまっていた。
妻にやられているときの内容を説明してやった。
起きたときにはいつも隣に一人しかいないので、複数にやられていると
は、思っていなかったらしい。既にガバマンにされてしまったが・・・
私は妻に仕事と酒を辞めさせた。

 - 未分類 , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★山奥の温泉地の出来事の話

 盆休みに行けなかった温泉へ行って来ました。平日でおまけに大雨で客も少なく大浴場は貸し切り状態でした。山奥の温泉で 外に行く事も無く なんとなくテレビで過ごすのも嫌なので また風呂へ 妻に どうせ誰も来ないから男風呂に来いよと誘うと 大丈夫かなと言いながらも 入る事にしました。 二人でのんびり浸かってると ガラガラと戸が開き私達より若い三十代の男性が入って来たんです。妻を見て アッ間違えたと言うと

no image
ビルの一角で手コキ…。

僕(21)と彼女(21)が付き合って1年過ぎた頃の話です。彼女は自分で「私痴女っ気あるんだ」と言ってる通りのエロさで、細身でお姉系の見た目からは想像つかないような子でした。その日も普通にデートをして、そろそろ終電という23時半過ぎ頃、僕らはスタバを出て最…

no image
母乳妻と

5年くらい前だけど、出会い系で知り合った子が産後3ヶ月。子供ができてからダンナが子供しか相手にしないんで、なんか欲求不満みたいな書き込みしていたので(一応、エッチはなしとか書いてたけど)、これはイケルかなと。そうです、何に期待したかというと・・・母乳です…

no image
夫にも見せたことのない姿を晒して

私は東京外国語大を卒業し松○電工の本社に就職しました。今は名前が変わってしまった会社です。そこで5つ年上の今の夫と知り合い、25歳の時に結婚しました。夫は私を本当に愛してくれ、私も夫を心から愛し、幸せな結婚生活でした。しかし、結婚から1年後、義父が舌癌に掛か…

no image
★劇団の打ち上げ酒でのハプニング

 以前ちいさな劇団でお芝居をしてたことがある。女の子は私をいれて二人、男の子は四人のほんとに地味な劇団。あんまりお客の来ない公演のあんまり盛り上がらない打ち上げは稽古場として借りていた倉庫で行われた。誰が言い出したのか、打ち上げは芝居でつかってた衣装を着て参加するという決まりがあった。 衣装は何着かあったが、みんな水着で出るシーンがあったので、水着がいいということになった。倉庫でお酒飲むのに水着は

no image
リンパマッサージ行ったらイカされたったったwwwwwwww

それは今日、まさに3時間くらい前のことなんだ。俺は今日、神田の方に用事があって外出した。帰りにアキバのパンチョでナポリタンを食べたあと、ブラブラと御徒町方面まで歩いた。理由は御徒町のてもみんに寄ろうとしたからだ。俺はひどい肩こりで、特に右肩が痛いくらいに…

no image
童貞の僕が体験した、3Pが4Pの乱交に・・

 僕の初体験は21歳の夏と遅めなものでした。大学生だった当時、出会いもなく悶々とした生活の中で、とにかく早く童貞を捨てたいと言う気持ちばかりが先走っていました。ストリップなどで女性の秘めた部分は既に見てはいましたが、その中に自らを入れる行為はどんなに気持ちのよいものなのか?そればかり想像してオナニーにふけっていました。

no image
つまり感じさせられたら女は断れずヤラれる?

みんな彼女とか奥さんがいるのにやり放題ですね。。本当にそんなに簡単にセックスできるんですか?日本人といえば特定の異性がいればもう他には女性なんて必要ない人種だと思っていたのですが、実際は違うということでしょうか?女性も女性ですよね。最初はイヤイヤ言ってい…

no image
泥酔いしたバイト先の女の子と・・2/2

 耳や首筋を舐めながら強引に唇を舐めてみた。んんっっ!と顔を振って抵抗はしてたけど、唇に吸い付き前歯を舐めまくってたらすぐに口が開いた。俺の舌が千鶴の舌と触れあった瞬間、少し千鶴の舌が逃げるような動きになった。だけどそのまま強引に舌を絡めつつ指を動かしまくると、諦めたように舌が絡んできたのが分かった。

no image
★従妹はいい女になり性欲が

 墓地に向かう途中、小さな川のほとりを100mくらい歩いた。そこには無数の曼珠沙華が真っ赤に咲いていた。従妹の真紀と手を繋いで曼珠沙華に囲まれて歩いた。盆と正月と春秋の彼岸、年に4回会う真紀ちゃんは2歳年下、俺をお兄ちゃんと呼んで慕っていた。いつも一緒にお風呂に入り、本家の2階で仲良く寝ていた。 でも、成長するにつれあまり本家に泊まる事はなくなり、会うのは年1回、お盆だけになっていた。俺が東京にある大学