エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

真夏の夜の夢[14]

   

 私たちはまず布団を抱くマサルの腕を解くところから始めた。ベッドに片膝をつき、静かに指を一本ず
つ広げていく。マサルの手は汗ばんでいた。一本、また一本。その様子をミサキはマサルの足の方から興
味深そうに眺めている。手が布団から離れると、手首をそっと両手で掴み横へずらしていく。一瞬、マサ
ルの寝息が大きくなった気がして、二人ともその状態で制止した。その時のミサキの顔ったら、眼をまん
丸にして、子供のシーサーみたいなんで、そのせいで思わずマサルの腕を落としてしまいそうになった。
それからしばらく待ってその腕をベッドのわきにそっと置いた。
 マサルは見事に仰向けになり、両手はだらんと横に広げられている。だだ、あとは丸まった布団がマサ
ルを縦に二分するように乗せられているだけだった。ようし、そう心に呟き、私は上半身にかかる布団を、
まるで宝を覆う布を取り払うかのように、そっと慎重に持ちあげた。その間にミサキはマサルの右足に引っ
かかる布団を取り外す。私はミサキの手際の良さに感心した。そして、私たちは細長い布団の両端をそれぞ
れが持ち、それを床の上に危険物でも取り扱う業者のようにそっと置いた。私たちは一瞬見つめ合い、そし
て再びマサルに視線を戻す。
 マサルは文字通りパンツ一枚の姿でそこにいた。無防備にも片膝を曲げ、口をぽかんとあけて寝息をたて
ている。いたずらじみた八重歯がわずかに見える。それは先ほどよりもいくらか深い眠りに入っているよう
だった。あらためてマサルの体を眺めていると、やはりとても中学生の体格とは思えるものではなかった。
あどけなさが残るのではなく、まさに今この時にしてあどけない顔をしているのである。「かわいい……」、
今度は本当に小さく呟いてしまった。ミサキは私を見て満面の笑みで頷く。

 私たちはまず布団を抱くマサルの腕を解くところから始めた。ベッドに片膝をつき、静かに指を一本ず
つ広げていく。マサルの手は汗ばんでいた。一本、また一本。その様子をミサキはマサルの足の方から興
味深そうに眺めている。手が布団から離れると、手首をそっと両手で掴み横へずらしていく。一瞬、マサ
ルの寝息が大きくなった気がして、二人ともその状態で制止した。その時のミサキの顔ったら、眼をまん
丸にして、子供のシーサーみたいなんで、そのせいで思わずマサルの腕を落としてしまいそうになった。
それからしばらく待ってその腕をベッドのわきにそっと置いた。
 マサルは見事に仰向けになり、両手はだらんと横に広げられている。だだ、あとは丸まった布団がマサ
ルを縦に二分するように乗せられているだけだった。ようし、そう心に呟き、私は上半身にかかる布団を、
まるで宝を覆う布を取り払うかのように、そっと慎重に持ちあげた。その間にミサキはマサルの右足に引っ
かかる布団を取り外す。私はミサキの手際の良さに感心した。そして、私たちは細長い布団の両端をそれぞ
れが持ち、それを床の上に危険物でも取り扱う業者のようにそっと置いた。私たちは一瞬見つめ合い、そし
て再びマサルに視線を戻す。
 マサルは文字通りパンツ一枚の姿でそこにいた。無防備にも片膝を曲げ、口をぽかんとあけて寝息をたて
ている。いたずらじみた八重歯がわずかに見える。それは先ほどよりもいくらか深い眠りに入っているよう
だった。あらためてマサルの体を眺めていると、やはりとても中学生の体格とは思えるものではなかった。
あどけなさが残るのではなく、まさに今この時にしてあどけない顔をしているのである。「かわいい……」、
今度は本当に小さく呟いてしまった。ミサキは私を見て満面の笑みで頷く。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
混浴露天風呂で遭遇したオナニー女

数年前、仕事終わってそのまま一泊で北川温泉に行ってきた。混浴だから溢れる性欲を抑えて身体を洗い誰かが入って来るのを待った。一組目、地元の爺さん連中。うざいと思いながらも温泉に浸かってたが、長湯過ぎてダウン。時間が早かったと思い、年寄りが寝た11時過ぎに再度…

no image
人妻の加奈さんと期間限定の恋人になった

俺は22歳の大学生で、留年しながら遊んでばかりいた。運良くそれなりにイケメンに生まれてきたので、コンパやナンパで、女には不自由せずに面白可笑しく過ごしていた。ただ、セックスの相性が良いと思うことはあっても、惚れるという気持ちになったことはなく、まともに女性…

no image
レイプで処女喪失

 高2の時、私と友達2人がバイトをしていて、金曜の夜にバイト仲間とカラオケに行って、その中の大学生の先輩の家が近くだったので、友達2人と寄る事になりました。 しばらく話していると、Aは「コンビニに行って何か買ってくる」と入って出て行きました。Bはトイレに…

no image
親友に刺された…恐るべき月姫

俺がまだ高2だった頃の話。季節は11月で、「そろそろ今年のクリスマスのために女を捕まえなきゃなー」なんて親友のNと話していた。ところで、みんなさんは「月姫」をご存知だろうか?そうあの有名な18禁ゲームである。俺たちは地元のなんちゃて進学校に通っていたんだが、…

no image
義理の妹の旦那が盗撮マニア

俺の妻の妹、つまり義理の妹の旦那が盗撮マニアだった。気付いたのは今年の正月。嫁さんの実家に帰省したんだが、夜、若い親族連中だけで集まって、近所の義妹の家で飲むことになった。実家より新しいし、リビングが広くて居心地が良いからな。なんせ実家の方は、年寄り連中…

no image
最近のホテルは凄いんだね!

職場の40代既婚女性(パート)と仲良くなり良く話すようになった。ある日、恋愛話からラブホテルの話へ。彼女いわく若い時は良くホテルに行って昼寝をしていたと。そこだと良く寝れるらしい。ある日話しをしながら雑誌を見てる彼女から、「なにこれ~」と彼女の目線の先にあ…

no image
陸上部だった彼女

大学出たてだった俺は、フリーター状態だった。バイト以外では特に打ち込むものもなく、前略恋愛プロフィールで、女をあさるのが趣味と化していた。はじめの一年間はサクラに騙されすっぽかし食らうこともあったが、あとは手慣れたもの。サクラをかぎわけ、若い娘やら熟女や…

no image
とまってしまったえれべーたー

とまってしまったえれべーたー  学校が休みの土曜日、リュウくんとマミちゃんは、カゼをひいてねこんでしまったタッくんのうちにお見まいに行きました。  タッくんの家は、十かい建てのマンションのいちばんてっぺんにあります。  タッくんの家には、ふだん、せ…

no image
★綺麗な人の体がおじいちゃんの回春剤なんです

 私は毎朝、犬を連れて散歩しています。家の近くの運動公園を2周するのが日課です。今、楽しみなことが一つあります。それは7月頃から毎朝ジョギングをする女性と親しくなったことです。いつも「おはようございまーす!」と、明るく声をかけてくれます。色白で目鼻立ちがはっきりした綺麗な人です。 本人は「最近太っちゃってぇ・・」と体型を気にしていますが、私から見ればグラマーでとても健康的な女性だと思います。大きな胸

no image
★温泉で女性の裸天国を味わいました

 3ヶ月ほど前、彼女と九州のある温泉へ行った時のことです。そこは家族湯4つ、女湯、男湯の順に平行に並び前方に広がる海がウリの様でした。ボクと彼女は一番右側の家族湯に通されたのですが(つまり右隣が女湯)、そこは湯船の前に庭があり、その先が海というロケーションでした。 彼女とは付き合いも長くお互いに温泉が好きだったので、皆さんが想像するヘンなこと目的ではなく、単にのんびり二人で過ごすために家族湯を選ん