エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

後悔のセックス

   

 仕事の都合で妹夫婦の家に数週間ほど居候することになった。 妹は29歳、子供はまだいなかった。

 私は35歳の独身で彼女もいなく毎日悶々とした日々が続いていた。

 ある日私が仕事休みで、昼間家に一人でいた時、ふと洗濯かごに妹の下着があるのに気がついた。 私はなんとなくそのショーツを手に取った。 黒とピンクのわりと派手なパンティだ。私は思わず舐めた。狂ったように舐めまわし同時にペニスをしごいた。 おそろいのブラジャーもあったのでそれも手に取り、匂いを嗅ぎ、舐めまわしそのまま射精した。

 それからというもの私は妹の下着でオナニーをするようになった。時には妹の使ったコップや箸など舐めてもオナニーした。
妹の下着、服、パンストすべて身に着けてオナニーもした。

 私は妹夫婦のセックスが見たくてたまらなかった。実際見るのは不可能なので声だけでもと妹夫婦が寝室に入ってからドアに張り付き物音を聞いた。

 そんなある夜、妹夫婦のセックスの声を聞くことが出来た。妹はハァハァアンアンと結構激しかった。私はその喘ぎ声でもうはち切れるぐらいにペニスが立ち激しくオナニーした。

 私はもう妹とセックスしたくてしたくてもう限界だった。そんなある日妹の夫が出張で二日ほどいない夜、妹は何処かで呑んできたらしく酔っ払って帰ってきた。ソファーにだらしなく座ってる妹を見て、やるならいましかないと思い私は妹をそのままソファーに押し倒した。

 心臓がもうバクバクと飛び出しそうになりながら私は妹にのしかかった。 妹はビックリしたのか何がなんだかわからないのか、なになにどうしたのお兄ちゃんと叫んでる。

 私は半分泣きそうな顔をして頼むやらしてくれと妹に哀願した。妹はそんな事許す訳がありません。いやだいやだ何考えてんのよ、お兄ちゃんという感じで抵抗します。 しかし私のしつこい押しと頼む頼むの思いが受け入れられ、とうとう妹はじゃぁ一回だけだよという事でセックスしてあげるという事になったのです。

 妹と私は寝室に入り、妹は着ている服を脱いで下着だけでベットにもぐりこんだ。私もすぐにパンツだけになりベットにもぐりこんだ。

 私はすぐにキスをした。妹は口を閉じたままだ。私はキスを続けた、同時にブラの上からオッパイも揉んだ。この日妹の下着は黄色い下着だった。

 ブラを外し、乳首をつまんだ私はキスを続けた。妹はまだ口は閉じていたが、乳首をコリコリとしてるうちに口が少しずつ開いてきた。 私はしつこくキスを続けた。私はパンティの中に手を入れた。ジットリとぬれていた。クリをなぞった。妹は感じていると思うのだが声を出さなかった。アソコに指を入れた。妹はさすがに少しずつハァハァ言い始めた。かき回した、ビチョビチョになってる。キスをすると口を開いた。舌を入れるとわずかだがチョロチョロと舌を出してきた。

 乳首を吸い、アソコを指でかき回した。妹の手が私のペニスを触り始めた。私がキスをするとむこうから舌を入れてきた、妹はハァハァ言いながら私のギンギンになったペニスをしごいてる。私はもうそれだけでいきそうになり、もう入れていいかと聞いた。

 妹は小さく頷き私はもういきそうなペニスを挿入した。

 ああやばい、もういきそうだ。私は入れても動かすことが出来ずにそのままでいた。少しでも動かすといきそうだ。妹は不思議そうな顔をしてどうしたの?動かしてと言った。私は動かすとすぐにいっちゃうよと話すと、妹はそれでもいいから動かしてと言った。

 私は腰を動かし始めた、もうダメだいくよというと、妹はうんいいよといい強く突いてと言った。私は強く突きすぐにはてた。

 終わった後、妹はすぐに背中を向けた。私はなんて事をしたんだと後悔した。もう妹とはセックスしないと思った。しかしこれから妹との性的関係が始まるのだった。

 仕事の都合で妹夫婦の家に数週間ほど居候することになった。 妹は29歳、子供はまだいなかった。

 私は35歳の独身で彼女もいなく毎日悶々とした日々が続いていた。

 ある日私が仕事休みで、昼間家に一人でいた時、ふと洗濯かごに妹の下着があるのに気がついた。 私はなんとなくそのショーツを手に取った。 黒とピンクのわりと派手なパンティだ。私は思わず舐めた。狂ったように舐めまわし同時にペニスをしごいた。 おそろいのブラジャーもあったのでそれも手に取り、匂いを嗅ぎ、舐めまわしそのまま射精した。

 それからというもの私は妹の下着でオナニーをするようになった。時には妹の使ったコップや箸など舐めてもオナニーした。
妹の下着、服、パンストすべて身に着けてオナニーもした。

 私は妹夫婦のセックスが見たくてたまらなかった。実際見るのは不可能なので声だけでもと妹夫婦が寝室に入ってからドアに張り付き物音を聞いた。

 そんなある夜、妹夫婦のセックスの声を聞くことが出来た。妹はハァハァアンアンと結構激しかった。私はその喘ぎ声でもうはち切れるぐらいにペニスが立ち激しくオナニーした。

 私はもう妹とセックスしたくてしたくてもう限界だった。そんなある日妹の夫が出張で二日ほどいない夜、妹は何処かで呑んできたらしく酔っ払って帰ってきた。ソファーにだらしなく座ってる妹を見て、やるならいましかないと思い私は妹をそのままソファーに押し倒した。

 心臓がもうバクバクと飛び出しそうになりながら私は妹にのしかかった。 妹はビックリしたのか何がなんだかわからないのか、なになにどうしたのお兄ちゃんと叫んでる。

 私は半分泣きそうな顔をして頼むやらしてくれと妹に哀願した。妹はそんな事許す訳がありません。いやだいやだ何考えてんのよ、お兄ちゃんという感じで抵抗します。 しかし私のしつこい押しと頼む頼むの思いが受け入れられ、とうとう妹はじゃぁ一回だけだよという事でセックスしてあげるという事になったのです。

 妹と私は寝室に入り、妹は着ている服を脱いで下着だけでベットにもぐりこんだ。私もすぐにパンツだけになりベットにもぐりこんだ。

 私はすぐにキスをした。妹は口を閉じたままだ。私はキスを続けた、同時にブラの上からオッパイも揉んだ。この日妹の下着は黄色い下着だった。

 ブラを外し、乳首をつまんだ私はキスを続けた。妹はまだ口は閉じていたが、乳首をコリコリとしてるうちに口が少しずつ開いてきた。 私はしつこくキスを続けた。私はパンティの中に手を入れた。ジットリとぬれていた。クリをなぞった。妹は感じていると思うのだが声を出さなかった。アソコに指を入れた。妹はさすがに少しずつハァハァ言い始めた。かき回した、ビチョビチョになってる。キスをすると口を開いた。舌を入れるとわずかだがチョロチョロと舌を出してきた。

 乳首を吸い、アソコを指でかき回した。妹の手が私のペニスを触り始めた。私がキスをするとむこうから舌を入れてきた、妹はハァハァ言いながら私のギンギンになったペニスをしごいてる。私はもうそれだけでいきそうになり、もう入れていいかと聞いた。

 妹は小さく頷き私はもういきそうなペニスを挿入した。

 ああやばい、もういきそうだ。私は入れても動かすことが出来ずにそのままでいた。少しでも動かすといきそうだ。妹は不思議そうな顔をしてどうしたの?動かしてと言った。私は動かすとすぐにいっちゃうよと話すと、妹はそれでもいいから動かしてと言った。

 私は腰を動かし始めた、もうダメだいくよというと、妹はうんいいよといい強く突いてと言った。私は強く突きすぐにはてた。

 終わった後、妹はすぐに背中を向けた。私はなんて事をしたんだと後悔した。もう妹とはセックスしないと思った。しかしこれから妹との性的関係が始まるのだった。

 - 未分類 , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
ヘルス店の女性は近所の奥さんで、ビックリ!

 人妻ヘルスに行きました、コースは一番高い110分コース、そこのヘルスは、完全に外からのぞけない部屋です、まあ、本番確立50%と結構高く、何人かは生中出しをしました、前回は、少し違いました。写真指名は無い為あくまでもお店に任せるのですが、部屋に入るとなんとその日の人妻ヘルス嬢は、近所の奥さん、お互い顔を見合い、「え~。」と言う感じ、向こうはあせってましたよ。「本当に、チェンジ良いですか。」とか言い

no image
知り合った美人妻にこっそり中出し

現在、妻子持ちです。独身時代の中出し体験を報告します。当時、よく《暇女アポ掲示板》でセックスしまくっていた。この日も昼から暇女アポ掲示板に投稿後、好みのタイプと体型を条件に登録し、女性のメールを待っていた。当時は会員数も多かったので、投稿すると30分ぐらい…

no image
★出会い系で知り合ったサラリーマン

 結婚したのは6年前、ハタチのころわずか結婚1年で、欲求不満が募っちゃって、でも身近にそんなはけ口にできるような相手も居なくて、ヒマつぶしのつもりで出会い系に登録した。そこで会った男たちのことを吐き出したいと思う。 出会い系で知り合った三十路半ばの既婚サラリーマン。メガネとスーツが似合ってて、手がきれいだった。1週間くらい毎日メールしてて、誠実そうだったから会うことにした。会って、軽く会話して、そ

no image
E先輩と再会

E先輩と再会皆様現在、出張が終わり帰っている途中です。新幹線の中は暇なのでとりあえず昨日あった出来事をアップします僕は掲示板でE先輩との事を書くようになりE先輩の事を思い出ようになっていました。そして久しぶりに東京に出張僕は久しぶりに先輩の携帯に電話しまし…

no image
妹とエッチな事2

3つ下の妹、陽子とのエッチな行為が楽しく毎日隙あらばエッチな行為をしていました。僕は小6になり股間にチョロチョロ毛が生え始めた頃ついに精通を迎えました。もちろんもっと小さい頃から知ってた事なのでいつもの快感に射精が加わり少々後処理が面倒で煩わしかったです(…

no image
初恋の人…

稲が青々と生長し初夏の風になびいている。そんな田圃の中の国道を一人、車を運転し、ふる里の墓参に向かった。あれこれ思いに耽って運転していると、過ぎ去った想いが甦る。そんな思いに、まだ高校生だった頃の彼女を思い出した。あれから三十年が過ぎている。すると彼女は…

no image
★パートの人妻達をつまみ食い

 スーパーで店長をしています。年上で人妻が大好きな私にはいい職場で、18人いる奥さん達の中の9人と関係をしました。店長になる2年前までは熟女のいる風俗通いでしたが ニオイフェチの私には物足りないものでした。 でもパートの奥さんたちにはシャワーもさせずにマンコを舐めてます。仕事終わりの奥さんとホテルヘ行くので みんなマンコはニオイます。仕事中も関係した奥さんをみると「マンコ臭いんだろうなぁ」あんなに

no image
彼女の友達

俺は22歳大学生で、彼女が一人暮らししてる部屋で半同棲してます。彼女は19歳大学生、で彼女の高校時代の地元の友達が一週間ほど部屋に泊まりに来ることになり、三人で遊びに行ったり飲みに行ったり、何事もなく楽しく過ごしていました彼女の友達アヤコは結構かわいくて…

no image
援助のお誘いを受けました…

友人の経営する居酒屋であるイベントのチケットを無理やり買わされたのがきっかけになろうとはこの時は思いもしなかったが…。俺は嫁に相談もせず会社を辞めた。ギャンブルで大穴を的中し約2年分の年収をGET!会社の先行きも不透明だった。だから辞めた。暇だった俺はデ…

no image
三年来の鬱憤

672新着 :1/3 sage :2007/09/21(金) 23:11:37 0うーんやっぱり男のカキコだと叩かれるんだね。・・・ここで「だからやめとくわ」とか言い出したらとんだ誘い受けなんで、ちゃんと書くけど俺と嫁は互いの両親が気に入らない同士。親と離れて東京のマンションで暮らしていた…