エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

文化祭に招待されて・・・ 2

   

 昨年の9月初旬、2年前と同じように俺が卒業した高校から「学校へ寄付をした方を文化祭に招待します」という内容の招待状が郵送されてきた。

 2年前、文化祭へ招待されて特別なサービスをしてくれたSから「来年も来てくれますか?」と聞かれて「また来るよ」と答えた俺は招待状が来たら文化祭へ行くことにしていたので仕事があっても「予定が入っている」ということにして文化祭へ行くことにした。

 俺が卒業した高校の文化祭は9月の第3土曜日と日曜日の2日間で、1日目は学校関係者(PTAなど)と招待者だけが出入りできて2日目は一般公開となっていた。

 招待状を持って高校の正門から校内へ入ると前年と同じように受付があり、招待状を受付へいる生徒に見せると「こちらにどうぞ」と言って近くの会議室へ連れて行かれた。
 会議室へ入ると数人の招待者が生徒を話をしていて、少しすると俺のところに生徒が来て「今日は来ていただきありがとうございます。本日は生徒がガイド役になって・・・」と説明を始めた時に俺が「去年も来たから分かっているよ。アルバムがあるんだろ」と言ってアルバムを見せてもらい、Sの写真があることを確認すると俺は生徒へ「この生徒を」と言って呼んでもらうことにした。
 少しするとSが会議室に来て、俺の顔をみると覚えていたようで「お久しぶりです」といってすぐに2人で一緒に校内を歩くことになり、俺はSに「今年も学校を出るまで一緒にいれるの?」と聞くと「はい。去年と一緒です」と答えた。
 俺は卒業生の上に前年にも招待されて文化祭を見ているのでこの年は体育館で吹奏楽の演奏を聴いてから新しい出し物やイベントをSに紹介してもらってから早めに昼食を食べ、食後に「Sちゃん、ちょっと早いけど・・・例のサービスを・・・」と言うとSは「はい。こちらにどうぞ」と言って普段はあまり使われなくなった教室へ行くことになった。
 教室に着いて俺が「サービスは去年と一緒なの」と聞くとSは「少し変りました。時間は3時間で『フェラ&手コキ』は1、000円、『本番(SEX)』は3、000円というのは同じですが5、000円支払うと時間が5時間になって女子生徒2人と本番ができます」と説明した。
 俺が「2人一緒にサービスしてくれるの?おれとも別々?」と聞くと「どちらでもいいですよ」と答え、俺は「2人でサービスをして」と言って5、000円を渡すとSは携帯電話で電話を掛けて少しすると女子生徒が1人教室へ入ってきてSが「今年の4月に入学した私の妹でEちゃんです。一応、サービスのことは説明しています」と言った。
 俺はSと一緒にEから少し離れたところへ行って小さい声で「EちゃんはHの経験はあるの?」と聞くとSは「Eちゃんは処女です。文化祭の準備の時に特別なサービスのことで説明をしたら『お姉さんが一緒で優しい人なら・・・』と言って私と一緒にサービスをすることに・・・」と言った。
 俺とSはEがいるところへ戻り、最初は椅子に座って話をしながら俺はSの太ももを触ったり制服の上から胸を触ったりしてSはズボンの上から俺の股間周辺を触ったりして少しするとSが「Eちゃん、ゆっくりでいいからMさん(俺)を触って」と言ってEは俺の身体を触り始め、俺はSの制服のボタンをはずして制服の中に手を入れてブラの上から胸を触ったりした後にブラのホックをはずして胸を直接触ったりした。
 少しして俺はSの胸を触るのをやめてEの胸を触り始めるとEは「ア・・・」と声を出して逃げるような仕草をしたがSがEのうしろに移動して「Eちゃん・・・このまま動かないで・・・」と言いながら抱きしめて動けないようにした。
 俺はEの制服のボタンをはずしてブラの上から胸を触り、ブラのホックをはずして直接胸を触るとEは「ア・・・ン・・・」と声を出し始め、SはEから離れて俺の身体を触り始め、俺はEの胸がSより小さいような感じがしてEの胸を触りながら「サイズは?」と聞くと「85のD」と言った。
 このごろになると俺のチンチンは大きくなり始めていて、ズボンとトランクスを脱ぐとSが俺のチンチンを触り始め、完全に勃起すると「Eちゃん・・・触ってみて・・・」と言い、Eは俺のチンチンを見た時に「大きい・・・」と言ってビックリしたようだったが触り始め、Sが手を添えたりして手コキのやり方を教えたりしていた。
 Eは手コキに慣れていないせいかチンチンの勃起の勢いが弱まり、Sは俺の耳元で小さい声で「いきそうになったら教えてください」と言って床に座って椅子に座ったままの俺の脚を広げてパイズリは始め、完全に勃起するとパイズリをやめてフェラを始めた。
 少しすると俺はいきそうになって小さい声で「いきそう」と言うとSはフェラをやめてEに「続きをやってみて」ち言ってEがフェラの続きをすることになった。
 俺はすぐにいきそうになって「いきそう」と言うとEはフェラをやめようとしたがSが「そのまま続けて」と言ってフェラを続けさせ、俺はそのままいってEの口の中に精子を出し、少しするとSが「精子を出さないようにして・・・」と説明してEは精子をこぼさないようにしながらチンチンを口から出し、口の中の精子をティッシュへ出した。
 その後、3人で教室にある机を広めのベッドのように並べて上に乗り、最初はSのスカートの中へ手を入れてショーツの上からオマンコの周辺を触ったりしているとEはその様子を見ていた。
 Sのショーツの中に指を入れようとするとSは「ちょっと待ってください」と言って俺はスカートから手を出すとショーツを脱ぎ、「いいですよ」と言うと俺はスカートの中に手を入れてオマンコを直接触るとSは「アン・・・ア・・・ン・・・」と声を出してクリを触ると大きい声で「アアン・・・」と言い、俺が「妹が見ているよ」と言ってスカートをめくってクリを舐め始めるとSは「イヤ・・・恥ずかしい・・・アア・・・」と言い、少しすると「もうダメ・・・」と言いながら身体を痙攣させた後に力が抜けた。
 様子を見ていたEはビックリして「姉さん・・・どうしたの?大丈夫?」と言い、Sは乱れた息を整えながら恥ずかしそうに「大丈夫・・・いっちゃった・・・」と言った。
 Sがいった後、俺はEのスカートの中に手を入れてショーツの上からオマンコのあたりを触り始め、少しすると「ちょっと待ってください」と言って俺がスカートから手を出すとショーツを脱いだ。(Sの真似をして脱いだと思う)
 Eのスカートの中へ手を入れてオマンコを直接触るとすでに濡れていて、オマンコ周辺を触っていると指がクリに触れて「キャ・・・アン・・・」と声を出し、俺が「どうしたの?」と聞くと「初めての感触・・・気持ちいい・・・」と言い、「もっと気持ちよくしてあげるよ」と言って俺はEのスカートをめくってクリを舐め始め、Eが「イヤ・・・」と言って拒否をしようとしたがSが「かわいいオッパイ」と言ってEの胸を触り始め、俺はクリを舐め続けると「キャ・・・姉さん・・・ダメ・・・アア・・・」と声を出した後に身体を痙攣させて力が抜け、SがEに「いっちゃったの?大丈夫?」と聞くとEは「ウン・・・大丈夫・・・すごく気持ちよかった・・・」と言った。
 このごろになると俺のチンチンは回復して大きくなり始めていて、Sが俺のチンチンをフェラして完全に勃起するとSがポーチからコンドームを取り出してチンチンに装着して本番をすることになった。
 俺とSが本番をしようとした時、横になっていたEが身体を起こして興味津々という感じで見始め、Sは「Eちゃんに見られていると恥ずかしい」と言ったが俺は「あとでEちゃんがHをしているところを見れるよ」と言いながらSのオ門戸へ俺のチンチンを入れ、「Hをしているところを妹が見ているよ」とか「入っているところを妹が見ているよ」よ言葉攻めをしながら本番をするとSは「イヤ・・・ダメ・・・」と言いながら身体は反応していて、少しするとEが「大きいオッパイ」と言いながらSの胸を触り、Sは「キャ・・・ア・・・ダメ・・・」と言って身体を痙攣させて杜からが抜け、Sがいったことが分かった。
 俺はフェラで一度いっているせいかこの時にはいけず、Sのオマンコからチンチンを抜いても勃起したままでEは俺のチンチンを見て「エ・・・すごい・・・」と言ってびっくりしているようだった。
 俺はEと本番をすることにしていたがSと本番をした後のコンドームをそのままEに使うのは気が引けたのでいったんコンドームをはずしてからEの胸やオマンコを触ったり舐めたりして、Eが「アン・・・ン・・・ア・・・」と声を出し始めたごろにSから新しいコンドームを受け取ってチンチンに装着してEと本番をすることになった。
 Eと本番をする時に俺は「初めてなの?」と言うとEは「ハイ」と言い、俺はチンチンをゆっくりとEのオマンコへ入れようとするとEは「痛い」と言い、Sが「緊張しないで・・・初めては最初は痛いんだから・・・」と言いながらEの胸を触ったりした。
 俺のチンチンがEのオマンコへ完全に入るとEは両手を伸ばして俺に抱きつくような仕草をして、俺が身体を重ねるようにEへ覆い被さるとEは「痛いけど・・・気持ちいい・・・」と言い、俺が身体を起こして腰を動かすと「イタ・・・ヤ・・・ア・・・」と声を出した。
 Eのオマンコはきつく、痛みを我慢しているのか締め付けるような感触があり、少しすると俺はいきそうになって「いきそう」と言いながら腰の動きを早めるとEは我慢しているのか「ア・・・ン・・・ヤ・・・」としか声を出さず、俺がいくとほぼ同時にEは「ア・・・ア・・・ダメ・・・」と言って力が抜けた。
 俺はEのオマンコからチンチンを抜くと血がついていて、Eの様子を見ると横になったまま動く気配がなくて気絶をしていることが分かった。(緊張と痛みで気絶したのだと思う)
 俺は心配になってEの身体を少し揺さぶったりするとEは気づいて、俺とSが最期の様子を説明して俺が「気持ちよくていっちゃったよ」と言うとEは「私は気持ちよすぎちゃったみたい・・・」と言って俺とキスをした。

 本番が終わった後、俺はトランクスとズボンを着てSとEは制服を直すと時間が30分ほど残っていて、俺はEの制服のボタンをはずしてブラのホックをはずして胸を直接触り始めるとSが俺の股間周辺を触り始め、俺は気持ちよくてチンチンが大きくなり始めたためにEの胸を舐めるのをやめてズボンとトランクスを脱ぎながら「Sちゃんが触るからこうなったよ」と言って大きくなったチンチンを見せた。
 Eはビックリした表情をしていて、俺はSの耳元で小さい声で「本番・・・やりたいな・・・」と言いながらSの腹部をさするとSは少し考えて「ちょっと待ってください」と言ってショーツを脱いで俺に「横になってください」と言い、俺が仰向けになるとポーチからコンドームを出してチンチンに装着し、スカートで隠れる状態になったがSは俺のチンチンの角度を調整しながらオマンコへ入れた。(この時、Eは様子を見ていた)
 Sはチンチンがオマンコへ入るとゆっくり動きながら「ア・・・ン・・・」と声を出し、時間ぎりぎりにいきそうになって「いきそう」と言うとSは「私も・・・」と言って動きが少し早くなり、俺がいくとSは「アア・・・もうダメ・・・」と言って俺に覆い被さって少しすると小さい声で「いっちゃった・・・」と言い、サービスの時間が終わると俺はトランクスとズボンをちゃんと着てSとEは制服を直し、教室から出て少しして家へ帰った。

 次の日、文化祭の2日目へ行くとSとEが一緒にいて、俺に気づくとSが「今日も来てくれたんですね」と言い、「今日は2人とも忙しいの?」と聞くとSは「忙しくないです」と言い、Eは「一緒に校内を見て回りましょうよ」と言って3人一緒に校内を見ることになった。
 この日は一般の人もいたが校内を一通り回った後、Sが「今日はどうしますか?よければ昨日みたいに・・・」と言い、前日に使用した教室へ行って無料で本番をすることになった。(Eはまだ痛いようだったが気絶せずに俺と一緒にいった)
 この日の本番が終わった後、Sは「私は来年の4月で卒業をするので文化祭のサービスをするのはこれで最後です」と言い、俺はSへ「学校とは関係なく会おうよ」と言うとSは「エ・・・アノ・・・」と言い、「付き合おうよ」と言うと「ハイ」と行って俺とSは付き合うようになり、Eha文化祭が終わると3年の男子生徒と付き合い始めた。

 昨年の9月初旬、2年前と同じように俺が卒業した高校から「学校へ寄付をした方を文化祭に招待します」という内容の招待状が郵送されてきた。

 2年前、文化祭へ招待されて特別なサービスをしてくれたSから「来年も来てくれますか?」と聞かれて「また来るよ」と答えた俺は招待状が来たら文化祭へ行くことにしていたので仕事があっても「予定が入っている」ということにして文化祭へ行くことにした。

 俺が卒業した高校の文化祭は9月の第3土曜日と日曜日の2日間で、1日目は学校関係者(PTAなど)と招待者だけが出入りできて2日目は一般公開となっていた。

 招待状を持って高校の正門から校内へ入ると前年と同じように受付があり、招待状を受付へいる生徒に見せると「こちらにどうぞ」と言って近くの会議室へ連れて行かれた。
 会議室へ入ると数人の招待者が生徒を話をしていて、少しすると俺のところに生徒が来て「今日は来ていただきありがとうございます。本日は生徒がガイド役になって・・・」と説明を始めた時に俺が「去年も来たから分かっているよ。アルバムがあるんだろ」と言ってアルバムを見せてもらい、Sの写真があることを確認すると俺は生徒へ「この生徒を」と言って呼んでもらうことにした。
 少しするとSが会議室に来て、俺の顔をみると覚えていたようで「お久しぶりです」といってすぐに2人で一緒に校内を歩くことになり、俺はSに「今年も学校を出るまで一緒にいれるの?」と聞くと「はい。去年と一緒です」と答えた。
 俺は卒業生の上に前年にも招待されて文化祭を見ているのでこの年は体育館で吹奏楽の演奏を聴いてから新しい出し物やイベントをSに紹介してもらってから早めに昼食を食べ、食後に「Sちゃん、ちょっと早いけど・・・例のサービスを・・・」と言うとSは「はい。こちらにどうぞ」と言って普段はあまり使われなくなった教室へ行くことになった。
 教室に着いて俺が「サービスは去年と一緒なの」と聞くとSは「少し変りました。時間は3時間で『フェラ&手コキ』は1、000円、『本番(SEX)』は3、000円というのは同じですが5、000円支払うと時間が5時間になって女子生徒2人と本番ができます」と説明した。
 俺が「2人一緒にサービスしてくれるの?おれとも別々?」と聞くと「どちらでもいいですよ」と答え、俺は「2人でサービスをして」と言って5、000円を渡すとSは携帯電話で電話を掛けて少しすると女子生徒が1人教室へ入ってきてSが「今年の4月に入学した私の妹でEちゃんです。一応、サービスのことは説明しています」と言った。
 俺はSと一緒にEから少し離れたところへ行って小さい声で「EちゃんはHの経験はあるの?」と聞くとSは「Eちゃんは処女です。文化祭の準備の時に特別なサービスのことで説明をしたら『お姉さんが一緒で優しい人なら・・・』と言って私と一緒にサービスをすることに・・・」と言った。
 俺とSはEがいるところへ戻り、最初は椅子に座って話をしながら俺はSの太ももを触ったり制服の上から胸を触ったりしてSはズボンの上から俺の股間周辺を触ったりして少しするとSが「Eちゃん、ゆっくりでいいからMさん(俺)を触って」と言ってEは俺の身体を触り始め、俺はSの制服のボタンをはずして制服の中に手を入れてブラの上から胸を触ったりした後にブラのホックをはずして胸を直接触ったりした。
 少しして俺はSの胸を触るのをやめてEの胸を触り始めるとEは「ア・・・」と声を出して逃げるような仕草をしたがSがEのうしろに移動して「Eちゃん・・・このまま動かないで・・・」と言いながら抱きしめて動けないようにした。
 俺はEの制服のボタンをはずしてブラの上から胸を触り、ブラのホックをはずして直接胸を触るとEは「ア・・・ン・・・」と声を出し始め、SはEから離れて俺の身体を触り始め、俺はEの胸がSより小さいような感じがしてEの胸を触りながら「サイズは?」と聞くと「85のD」と言った。
 このごろになると俺のチンチンは大きくなり始めていて、ズボンとトランクスを脱ぐとSが俺のチンチンを触り始め、完全に勃起すると「Eちゃん・・・触ってみて・・・」と言い、Eは俺のチンチンを見た時に「大きい・・・」と言ってビックリしたようだったが触り始め、Sが手を添えたりして手コキのやり方を教えたりしていた。
 Eは手コキに慣れていないせいかチンチンの勃起の勢いが弱まり、Sは俺の耳元で小さい声で「いきそうになったら教えてください」と言って床に座って椅子に座ったままの俺の脚を広げてパイズリは始め、完全に勃起するとパイズリをやめてフェラを始めた。
 少しすると俺はいきそうになって小さい声で「いきそう」と言うとSはフェラをやめてEに「続きをやってみて」ち言ってEがフェラの続きをすることになった。
 俺はすぐにいきそうになって「いきそう」と言うとEはフェラをやめようとしたがSが「そのまま続けて」と言ってフェラを続けさせ、俺はそのままいってEの口の中に精子を出し、少しするとSが「精子を出さないようにして・・・」と説明してEは精子をこぼさないようにしながらチンチンを口から出し、口の中の精子をティッシュへ出した。
 その後、3人で教室にある机を広めのベッドのように並べて上に乗り、最初はSのスカートの中へ手を入れてショーツの上からオマンコの周辺を触ったりしているとEはその様子を見ていた。
 Sのショーツの中に指を入れようとするとSは「ちょっと待ってください」と言って俺はスカートから手を出すとショーツを脱ぎ、「いいですよ」と言うと俺はスカートの中に手を入れてオマンコを直接触るとSは「アン・・・ア・・・ン・・・」と声を出してクリを触ると大きい声で「アアン・・・」と言い、俺が「妹が見ているよ」と言ってスカートをめくってクリを舐め始めるとSは「イヤ・・・恥ずかしい・・・アア・・・」と言い、少しすると「もうダメ・・・」と言いながら身体を痙攣させた後に力が抜けた。
 様子を見ていたEはビックリして「姉さん・・・どうしたの?大丈夫?」と言い、Sは乱れた息を整えながら恥ずかしそうに「大丈夫・・・いっちゃった・・・」と言った。
 Sがいった後、俺はEのスカートの中に手を入れてショーツの上からオマンコのあたりを触り始め、少しすると「ちょっと待ってください」と言って俺がスカートから手を出すとショーツを脱いだ。(Sの真似をして脱いだと思う)
 Eのスカートの中へ手を入れてオマンコを直接触るとすでに濡れていて、オマンコ周辺を触っていると指がクリに触れて「キャ・・・アン・・・」と声を出し、俺が「どうしたの?」と聞くと「初めての感触・・・気持ちいい・・・」と言い、「もっと気持ちよくしてあげるよ」と言って俺はEのスカートをめくってクリを舐め始め、Eが「イヤ・・・」と言って拒否をしようとしたがSが「かわいいオッパイ」と言ってEの胸を触り始め、俺はクリを舐め続けると「キャ・・・姉さん・・・ダメ・・・アア・・・」と声を出した後に身体を痙攣させて力が抜け、SがEに「いっちゃったの?大丈夫?」と聞くとEは「ウン・・・大丈夫・・・すごく気持ちよかった・・・」と言った。
 このごろになると俺のチンチンは回復して大きくなり始めていて、Sが俺のチンチンをフェラして完全に勃起するとSがポーチからコンドームを取り出してチンチンに装着して本番をすることになった。
 俺とSが本番をしようとした時、横になっていたEが身体を起こして興味津々という感じで見始め、Sは「Eちゃんに見られていると恥ずかしい」と言ったが俺は「あとでEちゃんがHをしているところを見れるよ」と言いながらSのオ門戸へ俺のチンチンを入れ、「Hをしているところを妹が見ているよ」とか「入っているところを妹が見ているよ」よ言葉攻めをしながら本番をするとSは「イヤ・・・ダメ・・・」と言いながら身体は反応していて、少しするとEが「大きいオッパイ」と言いながらSの胸を触り、Sは「キャ・・・ア・・・ダメ・・・」と言って身体を痙攣させて杜からが抜け、Sがいったことが分かった。
 俺はフェラで一度いっているせいかこの時にはいけず、Sのオマンコからチンチンを抜いても勃起したままでEは俺のチンチンを見て「エ・・・すごい・・・」と言ってびっくりしているようだった。
 俺はEと本番をすることにしていたがSと本番をした後のコンドームをそのままEに使うのは気が引けたのでいったんコンドームをはずしてからEの胸やオマンコを触ったり舐めたりして、Eが「アン・・・ン・・・ア・・・」と声を出し始めたごろにSから新しいコンドームを受け取ってチンチンに装着してEと本番をすることになった。
 Eと本番をする時に俺は「初めてなの?」と言うとEは「ハイ」と言い、俺はチンチンをゆっくりとEのオマンコへ入れようとするとEは「痛い」と言い、Sが「緊張しないで・・・初めては最初は痛いんだから・・・」と言いながらEの胸を触ったりした。
 俺のチンチンがEのオマンコへ完全に入るとEは両手を伸ばして俺に抱きつくような仕草をして、俺が身体を重ねるようにEへ覆い被さるとEは「痛いけど・・・気持ちいい・・・」と言い、俺が身体を起こして腰を動かすと「イタ・・・ヤ・・・ア・・・」と声を出した。
 Eのオマンコはきつく、痛みを我慢しているのか締め付けるような感触があり、少しすると俺はいきそうになって「いきそう」と言いながら腰の動きを早めるとEは我慢しているのか「ア・・・ン・・・ヤ・・・」としか声を出さず、俺がいくとほぼ同時にEは「ア・・・ア・・・ダメ・・・」と言って力が抜けた。
 俺はEのオマンコからチンチンを抜くと血がついていて、Eの様子を見ると横になったまま動く気配がなくて気絶をしていることが分かった。(緊張と痛みで気絶したのだと思う)
 俺は心配になってEの身体を少し揺さぶったりするとEは気づいて、俺とSが最期の様子を説明して俺が「気持ちよくていっちゃったよ」と言うとEは「私は気持ちよすぎちゃったみたい・・・」と言って俺とキスをした。

 本番が終わった後、俺はトランクスとズボンを着てSとEは制服を直すと時間が30分ほど残っていて、俺はEの制服のボタンをはずしてブラのホックをはずして胸を直接触り始めるとSが俺の股間周辺を触り始め、俺は気持ちよくてチンチンが大きくなり始めたためにEの胸を舐めるのをやめてズボンとトランクスを脱ぎながら「Sちゃんが触るからこうなったよ」と言って大きくなったチンチンを見せた。
 Eはビックリした表情をしていて、俺はSの耳元で小さい声で「本番・・・やりたいな・・・」と言いながらSの腹部をさするとSは少し考えて「ちょっと待ってください」と言ってショーツを脱いで俺に「横になってください」と言い、俺が仰向けになるとポーチからコンドームを出してチンチンに装着し、スカートで隠れる状態になったがSは俺のチンチンの角度を調整しながらオマンコへ入れた。(この時、Eは様子を見ていた)
 Sはチンチンがオマンコへ入るとゆっくり動きながら「ア・・・ン・・・」と声を出し、時間ぎりぎりにいきそうになって「いきそう」と言うとSは「私も・・・」と言って動きが少し早くなり、俺がいくとSは「アア・・・もうダメ・・・」と言って俺に覆い被さって少しすると小さい声で「いっちゃった・・・」と言い、サービスの時間が終わると俺はトランクスとズボンをちゃんと着てSとEは制服を直し、教室から出て少しして家へ帰った。

 次の日、文化祭の2日目へ行くとSとEが一緒にいて、俺に気づくとSが「今日も来てくれたんですね」と言い、「今日は2人とも忙しいの?」と聞くとSは「忙しくないです」と言い、Eは「一緒に校内を見て回りましょうよ」と言って3人一緒に校内を見ることになった。
 この日は一般の人もいたが校内を一通り回った後、Sが「今日はどうしますか?よければ昨日みたいに・・・」と言い、前日に使用した教室へ行って無料で本番をすることになった。(Eはまだ痛いようだったが気絶せずに俺と一緒にいった)
 この日の本番が終わった後、Sは「私は来年の4月で卒業をするので文化祭のサービスをするのはこれで最後です」と言い、俺はSへ「学校とは関係なく会おうよ」と言うとSは「エ・・・アノ・・・」と言い、「付き合おうよ」と言うと「ハイ」と行って俺とSは付き合うようになり、Eha文化祭が終わると3年の男子生徒と付き合い始めた。

 - 未分類 , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
美人な女上司が落ちていく・・2/2

■美人な女上司が落ちていく・・2/2(会社員の告白) たしかに、保護観察処分が前科に当たるかどうかは分からないが、就職にプラスのはずがなかった。年齢にしても、それ以上に定時制高校を退学という学歴もどうだろうか。私は、今日結論を出すのは無理だなと思い、日を改めることにした。「そのような泣いている状態では面談は続けられないので、日を改めましょう」「分かりました。なんとか許してください。再検討してください。

no image
★銭湯の番台男性の視線

 8月下旬の夕方、市主催のイベントにボランティアとして参加した後、活動を通じて知り合った市内の大学に通う女の子に誘われて市内唯一の銭湯に行きました。私も近隣の公営温泉施設は時々利用しますが、これまで公衆浴場に入ったことはなく、その銭湯の存在も知りませんでした。 女の子は他県の出身で、大学近くのアパートで一人暮らしをしています。子どもの頃から親に連れられて地元の温泉施設に通っていたせいか、アパートの

no image
近親との恋愛なんて普通は成立しない

まずはスペック。俺、当時は高校1年から2年。DQN、ボッチ。身長は170ちょい。結構モテたからブサメンでは無かったと思いたい。。。姉、身長160無いくらい。黒髪のストレート。結構髪が長かった。年齢は俺の一つ上。Dカップ。これは下着見たから間違いない。妹、身長…

no image
★夫が病気になり間がさして

 33歳の主婦です。5つ上の夫が病気で入院しました。1年位自宅治療でベッドで寝ていましたがやっと病院へ。入院して3日後、義父が心配して来てくれました。義父は家のかたずけを手伝って貰い、入院費用まで出してくれて、夕方義父は帰ると言うので、私は引き留めて腕を振るって食事を作りました。 義父とお酒を飲みながら今日の御礼を言っていたら、今まで一人でつらかったこともあり義父にしがみついて泣き出していました。

no image
好き者妻

「合コンとか、ダメとは言わないけど飲み過ぎたらダメよ。」「・・・・・」「酔って男の人について行ったら危険なのよ!」「・・・・・」「男にチヤホヤされても・・・」今年成人した大学生の長女に電話で妻が注意している。俺は苦笑してしまった。俺は43才のサラリーマン、妻は…

no image
はじめての白人と黒人とのセックス

一昨日六本木ヒルズで友達の美香と二人でショッピング中観光で来た黒人と白人(共にアメリカ)の二人連れに声をかけられ、浅草、東京タワー、台場等を案内し、夜は居酒屋へ行きたいと言うので居酒屋で盛り上がりました。赤坂の某ホテルに泊っているので「makeloveok?」とのことで、外人は2人共経験がありませんでしたので相談の結果、経験してみようと友達と二人で一緒に行き、私は白人、友達は黒人とそれぞれ別の部屋でしました

no image
場所を選ばずどこでも

サナ、20歳です。以前の彼の話をします。元彼は性欲が強いというか簡単に言えばサルみたいな感じですね。とりあえずどこでもやりたがりました。普通にデートしてても腰に手をまわしてきたかと思ったら胸やお尻を触ってきたり。最初は恥ずかしかったのですがだんだんとなれて…

no image
続・私が高校の夏休み頃の話です・・・

その日は母と一緒に帰り、後日病院に来た時、松葉杖を突いて休憩所に居るおじさんを見付け、この間の事を聞いてみると、「ああ、もう興奮が収まらなくてなぁ・・・奥さんに話し掛け、近づいて来た所で尻を撫でて見たんだ。奥さんは「キャッ」と言いながら、冗談は止めてって…

no image
悦子日記 江波さん 看病の日々・・・

悦子日記 江波さん 看病の日々・・・前にも書きましたが江波さんとのラブラブの思い出です。江波さんは糖尿病の治療中でした。デイトをしたり、お買い物には付き合っていただけますが、お泊まりでのデイトは経験が有りません。江波さんは婿養子さんですからお家を空けると…

no image
女子部屋侵入

高校の時、俺は英語部に入っていた。別に英語が得意でも好きでもなかったのだが、当時20代半ばのえらい美人のグラマーの先生が顧問だと知って、はっきり言ってスケベ心だけで入部したのだ。その部は、美人の顧問にもかかわらずとてもこじんまりしていて、3年間で部員が1…