エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

昨日

   

 昨日(金曜日)彼氏から電話があって飲みにいくことになりました。
 私の家の近所でって。彼はお母さんと一緒に住んでるので帰らなきゃいけないし、土日以外で私の家に来ることはないんです。なので、ちょっとびっくり。
 でも、私の家の近所で飲んでたら、23時過ぎになっちゃったんです。盛り上がっちゃって。店を出て、彼がすっごい熱いキスをしてくれました。

 私の家の前に来たので、『明日、何時にする?』って聞いたら、『なんで? 家に入れてくれへんの?』って。
『だって…帰らなきゃでしょ?』って聞いたら、『今日は帰らんって言うて来たから泊まる』って。
 びっくり! そんなこと今までなかったもん。

 部屋に入ってベッドに座って、彼とキスしながら彼が私の胸を愛撫してきて、『今日は絶対するからな』って…。
 やっぱ、何か気がついてたのかな…
 私を裸にして、彼氏の足で私の足を押さえていきなりクリを触ってきたの。
 すっごい濡れてたみたいで、『さおりもしたかったんか? 濡れてるで』ってからかわれちゃいました。

 彼氏は、その体勢になったらすっごい激しく愛撫するの。手を押さえられてクリを愛撫されて、狂ってしまいました…。
 彼のおちんちんが私の入り口にあてられて、彼を抱きしめようとしたら、『さおり、大丈夫か?』って。心配されちゃうくらいに乱れちゃったみたいです。
『うん。入れて』っておねだりしたら、足を持ち上げてぐぐぐって入ってきました。

 すっごい激しいの。彼じゃないみたい。入れてってお願いしたのを後悔しちゃうくらいに激しくって、彼の動きが止まったときに彼に抱きついてだっこしてもらいました。
 しばらく座位でキスしながらしてたんだけど、私がしてあげたくなって、彼を押し倒しました。
 彼に跨って腰を振ります。今までなら彼は私が上になったら私にされるままだったのに、彼も下から突いてきて、私が動けなくなっちゃいました。

 そんな私を見て、彼はまた私を下にして激しくついてきたの。
 私は自分が何を言ってるか、というより、声を出してるのかどうかもわかんなくなっちゃって。
 朦朧とした中で彼の顔を見たら『さおり、いっていい?』って。
『お願い、イッテ』ってお願いしちゃいました。これ以上続けられたら死んじゃいそうで

 でも、それからも彼は激しく突きつづけて、彼がお腹の上に出したのを朦朧と感じてました。ふと気がついたら、私が彼の射精を手で手伝ってたんだけど…
 そんな自分にもびっくり。

 ぐったりしてて、そのまま眠っちゃいました。

 朝起きて、彼氏にしがみついてたら、彼も起きて、『一緒にお風呂に入って、もう一回しようと思ってたのに、寝てもたなあ』だって。
『お風呂入る?』って聞いたら、『うん。』って立ち上がったの。彼のおちんちんは少しだけ大きくなってました。
 昨日、すごかったなあ…って思ったら愛おしくなって、彼のおチンチンを自然に舐めてました。

『こら、さおり!』って言いながら彼も私の頭を撫でてるの。
 彼のが大きくなったので、手でこすりながら玉を下から舐めたり吸ったりしてみました。
『さおり、入れたいから』って、私を抱き上げようとするの。
 舐め続けようとしたんだけど、彼はぐって力を入れて抱き上げちゃいました。

 お風呂に行って二人でシャワーしてたら、彼の愛撫が始まったの。私を胸にぎゅって抱いて、手はクリを愛撫するの。
『おちんちん舐めたい』ってお願いしたら、手を離してくれて(舐めてほしかったみたい)、私が舐め始めたら頭を抑えて気持ちよさそうな声を出し始めたの。
『さおり、いっていい?』って聞かれたので口から出して、『だめ』っていじわるしちゃいました。

『入れて欲しい?』って聞くので、うなずいたら、『入れた瞬間にいってまうから、口でして。後でいっぱいしたるから』だって。
 すっごいかわいくなって、彼のおちんちんをいかないように、そっと舐めてたの。
『ほんま、お願い、いかして。なっ』って頭を撫でておねだりするの。すっごいかわいい。
 私は彼のおちんちんを咥えて、じゅぶじゅぶしゃぶってあげました。

 彼は私の口の中で爆発するみたいに射精しました。それも思いっきり。喉に直撃するくらいに。彼の顔を見たら、すごいうれしそうで、ぎゅって抱きしめられちゃいました。

 ベッドに戻ったら、私を押し倒してシックスナインで愛撫してきました。
 私は彼の勃起してないおチンチンをしゃぶってたんだけど、勃起させる前に舐められなくなっちゃって、柔らかいおチンチンを握ったまま、いかされちゃいました。

 彼は私の上から、私の下半身に移動して、舐めながら指で愛撫。
 すっごい暴れちゃって、彼に、『暴れたら舐めにくいやろ』って笑われながら、いつの間にか復活した彼に突かれて…
 意識不明な感じでした…(意味間違ってますが)
 そんなこんなで、今日は一日ベッドの中。彼は『今日は帰らなあかんけど、明日来るから』って帰っていきました。

 久しぶりに彼氏とセックスしまくっちゃいました。
 最近は普通に濡らされて、彼が入れてイッテおわりって感じばっかりだったからなんか、感動。
『さおり最近、したくなさそうやったから、遠慮しててんで』って言ってたけど…。
 やっぱ、あのセックスも昨日今日のセックスも、私の態度が関係してるんだろうな…と、少々反省な私でした。

 昨日(金曜日)彼氏から電話があって飲みにいくことになりました。
 私の家の近所でって。彼はお母さんと一緒に住んでるので帰らなきゃいけないし、土日以外で私の家に来ることはないんです。なので、ちょっとびっくり。
 でも、私の家の近所で飲んでたら、23時過ぎになっちゃったんです。盛り上がっちゃって。店を出て、彼がすっごい熱いキスをしてくれました。

 私の家の前に来たので、『明日、何時にする?』って聞いたら、『なんで? 家に入れてくれへんの?』って。
『だって…帰らなきゃでしょ?』って聞いたら、『今日は帰らんって言うて来たから泊まる』って。
 びっくり! そんなこと今までなかったもん。

 部屋に入ってベッドに座って、彼とキスしながら彼が私の胸を愛撫してきて、『今日は絶対するからな』って…。
 やっぱ、何か気がついてたのかな…
 私を裸にして、彼氏の足で私の足を押さえていきなりクリを触ってきたの。
 すっごい濡れてたみたいで、『さおりもしたかったんか? 濡れてるで』ってからかわれちゃいました。

 彼氏は、その体勢になったらすっごい激しく愛撫するの。手を押さえられてクリを愛撫されて、狂ってしまいました…。
 彼のおちんちんが私の入り口にあてられて、彼を抱きしめようとしたら、『さおり、大丈夫か?』って。心配されちゃうくらいに乱れちゃったみたいです。
『うん。入れて』っておねだりしたら、足を持ち上げてぐぐぐって入ってきました。

 すっごい激しいの。彼じゃないみたい。入れてってお願いしたのを後悔しちゃうくらいに激しくって、彼の動きが止まったときに彼に抱きついてだっこしてもらいました。
 しばらく座位でキスしながらしてたんだけど、私がしてあげたくなって、彼を押し倒しました。
 彼に跨って腰を振ります。今までなら彼は私が上になったら私にされるままだったのに、彼も下から突いてきて、私が動けなくなっちゃいました。

 そんな私を見て、彼はまた私を下にして激しくついてきたの。
 私は自分が何を言ってるか、というより、声を出してるのかどうかもわかんなくなっちゃって。
 朦朧とした中で彼の顔を見たら『さおり、いっていい?』って。
『お願い、イッテ』ってお願いしちゃいました。これ以上続けられたら死んじゃいそうで

 でも、それからも彼は激しく突きつづけて、彼がお腹の上に出したのを朦朧と感じてました。ふと気がついたら、私が彼の射精を手で手伝ってたんだけど…
 そんな自分にもびっくり。

 ぐったりしてて、そのまま眠っちゃいました。

 朝起きて、彼氏にしがみついてたら、彼も起きて、『一緒にお風呂に入って、もう一回しようと思ってたのに、寝てもたなあ』だって。
『お風呂入る?』って聞いたら、『うん。』って立ち上がったの。彼のおちんちんは少しだけ大きくなってました。
 昨日、すごかったなあ…って思ったら愛おしくなって、彼のおチンチンを自然に舐めてました。

『こら、さおり!』って言いながら彼も私の頭を撫でてるの。
 彼のが大きくなったので、手でこすりながら玉を下から舐めたり吸ったりしてみました。
『さおり、入れたいから』って、私を抱き上げようとするの。
 舐め続けようとしたんだけど、彼はぐって力を入れて抱き上げちゃいました。

 お風呂に行って二人でシャワーしてたら、彼の愛撫が始まったの。私を胸にぎゅって抱いて、手はクリを愛撫するの。
『おちんちん舐めたい』ってお願いしたら、手を離してくれて(舐めてほしかったみたい)、私が舐め始めたら頭を抑えて気持ちよさそうな声を出し始めたの。
『さおり、いっていい?』って聞かれたので口から出して、『だめ』っていじわるしちゃいました。

『入れて欲しい?』って聞くので、うなずいたら、『入れた瞬間にいってまうから、口でして。後でいっぱいしたるから』だって。
 すっごいかわいくなって、彼のおちんちんをいかないように、そっと舐めてたの。
『ほんま、お願い、いかして。なっ』って頭を撫でておねだりするの。すっごいかわいい。
 私は彼のおちんちんを咥えて、じゅぶじゅぶしゃぶってあげました。

 彼は私の口の中で爆発するみたいに射精しました。それも思いっきり。喉に直撃するくらいに。彼の顔を見たら、すごいうれしそうで、ぎゅって抱きしめられちゃいました。

 ベッドに戻ったら、私を押し倒してシックスナインで愛撫してきました。
 私は彼の勃起してないおチンチンをしゃぶってたんだけど、勃起させる前に舐められなくなっちゃって、柔らかいおチンチンを握ったまま、いかされちゃいました。

 彼は私の上から、私の下半身に移動して、舐めながら指で愛撫。
 すっごい暴れちゃって、彼に、『暴れたら舐めにくいやろ』って笑われながら、いつの間にか復活した彼に突かれて…
 意識不明な感じでした…(意味間違ってますが)
 そんなこんなで、今日は一日ベッドの中。彼は『今日は帰らなあかんけど、明日来るから』って帰っていきました。

 久しぶりに彼氏とセックスしまくっちゃいました。
 最近は普通に濡らされて、彼が入れてイッテおわりって感じばっかりだったからなんか、感動。
『さおり最近、したくなさそうやったから、遠慮しててんで』って言ってたけど…。
 やっぱ、あのセックスも昨日今日のセックスも、私の態度が関係してるんだろうな…と、少々反省な私でした。

 - 未分類 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
不動産会社の営業女性との体験談

 自分が当時一人暮らししてる、アパートの近くにマンションが建設されてて、そこの不動産会社の営業が来た時の話。土曜日の昼すぎ、特に用事もないのでテレビを見てたらインターフォンがなり、白黒画面ではっきりは見えないが若い感じの子が立っていたので、普段は居留守をするんだけど、暇だからまぁいいかと思いドアフォン越しで話してみると、「近くのマンションのご案内です、チラシを見てちょっとお話だけでも」と。

no image
★ドキドキした痴漢プレー

 掲示板で募集した知らない男性に触られた話です。私はときどき欲求不満になる時期があって・・かといって誰かとHしたいわけでも無く、どっちかといえばオナニーを他人の手でされたいような変な願望であり、出来れば長くじっくりとねちねち気持ち良く責められたいと思ってました。 だから電車だとすぐ終わってしまうので長くプレイが出来る場所。でも初対面とホテルとか個室は怖いので思いついたのが映画館でした。私は募集掲示

no image
ショーロリータ

20年近く前のお話をします。私は家電を扱う会社に勤めていた会社員で、社会人になったばかりでしたが、そこそこの収入を得ていました。昔から少女の毛の生えていないワレメが好きでしたが、大学時代から本格的にロリコン趣味に目覚めてしまい、ロリコンマンガでは物足りな…

no image
ロリ系な姉1

俺の名は早馬 圭司。一応高校生だ。というの殆ど学校にはいないから高校生と言えるのかは謎だ。え?ふだんは何してるかって?土手でさぼりか学校の屋上で寝てるな。・・・って、そんな事どうでもいい!今からする話は、俺の姉早馬 裕美との話だ。「・・・ふぁ~・・・」午…

no image
エロノートに書けば?

しずかは朝から俺のところに来た。≪みんながいないときに馬に犯されたいです≫自分から馬に犯されたいと言うとはなかなか言えることではない。しかし、どのみち犯されるのだからあきらめているのだろう。今日は机を用意してバックスタイルで手足を机の脚に括り付けたそして…

no image
★出会い系で人妻の損保レディと知り合い

 僕は34歳独身 Y子は38歳の人妻損保レディです。彼女とは 今年の8月初旬に某出会い系のサイトで知り合いました。Y子はスレンダーでなかなかの美人で、初めて会った時には 正直言ってびっくり なんでこんな綺麗な人が、出会い系のサイトで 男を求めているの?って思ったものです。 最初の2週間ぐらいは ごく普通にメール交換だけして勝負に出ました。やがて初めてのご対面の約束の日がやってきました。約束の2時間前に、わざと急

no image
看護婦さんにされたこと

俺は中3の時にインフルエンザになっちゃって小児科に行ったのね。で、一通り診察が終わったら、看護婦さん(キレイ系)が俺の手を持ったんだ。そしたら両手で俺の手を引いたものだから、「何すんのかな?」と思ったら、その手がスーッと…何と看護婦さんの胸に!「エーー!…

no image
★人妻ですが隣の若い男を摘み食い

 昨日のお昼です。隣の格好良い大学生の21歳とエッチしてしまいました。田舎町の5階建てアパートの2階に住んでます。22歳で結婚し5年、いまだに子供が出来ないのです。だからか??最近は夫との営みも少なくなり、月に1回あれば多い方です。 引っ越ししてきた当時、お隣に高校生がいる家族がいました。サッカーしてるみたいで、体格も良くイケメンタイプ。大学生になった頃から、格好良い好青年でも6歳?年下、子供らし

no image
幽霊強姦

「あなた四天王といわれて天狗になっているでしょう」恭佳が徹に吐き台詞を喋り立ち去りとそこに隆雄が来た。「ずいぶん言われたな、あの女は生意気だからな」「お前に頼みがある手を貸してくれないか」二人は耳打ちしてひそひそ話をする。数日後、徹たちは恭佳を呼び出した…

no image
彼女の成長

たびたびごめんなさい。ジャンルが違うかもしれませんが、先ほどはめいの紹介みたいになってしまったのでめいの露出、浮気体験談を少し書き加えたいと思います。まずめいが今までしてきた露出を少し紹介させてください。旅行では知り合いもいないので結構大胆になってくれま…