エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★美味しいスケート部の告白

   

★美味しいスケート部の告白

 フィギュアスケートって、女性には人気なんだけど、男性には全く人気が無くて、これほどおいしいスポーツはありません。俺も今、大学生なんだけど、スケート部の中でフィギャア部門は女子部員17人いて、男は俺1人。モテナイ訳ないよ。特にペアは、女の全身触りまくり、抱きまくりで楽しいよ。 そんな俺の初体験聞いてよ。悲しくもあり、楽しくもあった高校時代です。

 俺って自分でいうのも何だが、高校一年で身長が183センチ、体重72キロ、色白でたくましく、顔もジャニーズ系。身体も柔らかく、スケートは小学生の頃から地元で鍛えてたから 高校入ってすぐに○○県の強化選手に選ばれた。地元の実業団チームのリンクで練習してたんだけど、強化チームって、実業団の人が数名、大学生が10名、高校生が4名くらいだったんだけど、俺以外はすべて女だった。
 その他コーチやマネージャー入れると、合宿所の中は女30人の中に俺1人男という状況だった。夏休みには、合宿所でほぼ一ヶ月間に渡って、練習するんだけど、その合宿が俺の初体験の場だった。初めての日の練習の後、「隆君。男子浴室ひとりで使って良いからね。」当然の ように俺は男性用の浴室に入る。すると、外から女性の歓声が聞こえてきた。あわてて湯船に浸かると、お姉さんたちが、みんな素っ裸で入ってきた。

「あら~。隆君、入ってたの。一緒に入ろうよ。」声も出なかった。7,8人の女性が湯船の中に入ってくる。「緊張してる?」「練習の時、わざと私の胸に触ったでしょ。」「そうそう、隆君って、練習しながら、上からおっぱい覗きこんでるわよ。」「ヘー。隆君ってエッチなんだ。」何人もの女性(大学生、実業団)からからかわれて、恥ずかしさから声も出ませんでした。


 その時、同じ高校生の緑が先輩たちにつかまれて、風呂に入ってきました。緑は学校は違ったけど、中学の頃から大会に出ていて、ちょうど釈○○子に似たかわいい子で、中学生当時から好きでたまらない存在でした。その緑ちゃんが裸で俺の前に立ったのです。正確には立たされた。

「隆君の大好きな緑ちゃんよ。」「そうそう。隆君、いつも緑ちゃんの事探してるよね。」お姉さんたちには図星でした。両脇の大学生に緑ちゃんの小ぶりの胸が揉まれました。女同士、乳首つまんだり、全体をもまれて、緑も感じていたんだろう。それを見て、俺のチンポは勃起した。

「さあ、隆君も立って。」両脇から抱え上げるように湯船の中で立ち上がった。「きゃーーっ。元気、隆君。」「おっきい。」みどりの裸見て、胸揉まれる姿見て、すっかり興奮した俺のチンポは完全に上を向いていた。その時には全員が男子浴室に入っていた。おそらく、30人の女性の目が俺の勃起したモノを見つめて、喜んでいたに違いない。

 その代表格の紗枝さん。おそらく、24,5歳だったと思うが、その人の細い指で俺のでかいチンポがしごかれた。自分でやったことはあっても、そんな女性の手でされたことなんか一度も経験がない。「ガンバって緑ちゃんまで、飛ばしたら、後で、御褒美あげるわよ。」たくさんの女性の前で、恥ずかしくも、すぐに射精したんです。しかも大量に、ニメートル先の緑に掛かるくらいに爆発しました。


「キャーー。アハハ。ヤダー。アハハ。ウッソー。隆君。だめよ。アハハ。」もう、風呂場は大騒ぎになりました。大好きな緑は軽蔑するような眼差しで、チンポの先を見つめています。その後も何回も、みんなの前でオナニーしたり、先輩の女性の手で、無理やり出されたんです。それだけじゃなくって、夜になると高校生を除いては酒飲んで良いことになってて、宴会上で、たくさんの女性たちにのしかかられて、勃起したチンポにコンドームつけられ、順番に入れていったんです。

 みんな口々に「大きい。隆君。」フィギャアやってる女性って小柄な人が多いんで、みんな小ぶりで絞まりのいいマンコだったし、俺は経験も無いし、いつもすぐに出ちゃうんです。そのたびに酔ったお姉さんたちの笑い者にされて、それでも気持ちいいんで、すぐに反応して、また、勃起するっていうような状態でした。

 そんな夜が数日続いたあと、初めて、緑に挿入させてくれたんです。みんなの見ている前で、たくさんの女に囲まれ、みどりの身体を抱きました。緑は嫌がってました。それでも俺は緑の細い両足を抱えて、大事な部分に勃起したチンポを挿入し、みどりの華奢な身体に腰打ち付けた。でもすぐにみどりの身体から引き離されたんです。必死で緑の身体を抱き寄せようとしても、何人もの手で引き離された。


「アハハ。」「もういいだろ。緑ちゃんも満足したし、次は私たちに楽しませてよ。アハハ。」またしても、笑い物です。他の女性たちのマンコの中で果てました。緑の身体見せられ、みんなの前で、オナニーしました。緑もみんなの前でオナニーさせられたのも目にしたんです。結局この合宿中緑とはほとんどできず、僕のチンポは30人のお姉さんたちのオモチャとして、1カ月間もてあそばれました。

 毎日、毎日、笑われて、でも忘れられない思い出です。

 - 学生の体験談 , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★彼女と行った最悪なエロ旅行

 高校3年の頃、高校最後の思い出を作ろうと、同級生の彼女サツキと、泊まりで旅行に行った時の最悪な話。サツキは女友達、俺は男友達の家に泊まると、親にウソをつき一泊二日の予定で、東京へ向かった。サツキは、小柄で優しい、笑顔が可愛い女の子だった。 初日は地元では、なかなか出来ない手つなぎデートや、人がいないエレベーターなどでは、こっそりキスをしたりしながら、東京観光を楽しんだ。そして、夕方になり予約して

no image
★下宿の管理人はバツイチ女性

 22歳の学生です。下宿しているアパートの管理人さんをセフレにしています。管理人さんはバツイチなので、不倫ではないっす。管理人さんは、離婚後に子供を連れて実家へ戻り、実家が経営している賃貸アパートの管理をしているのです。 離婚の理由は知らないけど、顔だちも整ってるし、年相応に脂肪は付いてるけど、巨乳でスタイルもかなり良い。若い頃の写真を見せて貰ったけど、大抵のミスコンなら応募すれば第一次選考は通るだ

no image
★忘れられない、あの日のエロ出来事

 高校の時の出来事ですが・・夜遅くまで残っていた土曜日の帰り道、夕方から降り始めた雨に傘も差さずに濡れながら家路に急いでいると一台のクルマが横に・・・何か恐怖を感じて見ぬふりをしていると女性の声で「ねぇ、ねぇってば」と呼ぶ声がしました。振り向くと白いアコードに乗った30半ば位のしっかりした感じの綺麗な女性が「乗って!近くまで送ってあげる」言うのです。俺は見ての通りグッショリだと言うと「良いわよ、そん

no image
★ローカル電車での悪戯

 大学2年の時にローカル電車で帰宅していました。その電車は夕方でも始発から終点まで1両に多くても10人乗るかなという位で車掌もいないワンマンカーです。ある日、20時過ぎにいつもの様に私は車両の後ろ側に座り一番前に塾から帰る子供2人しか乗ってなかった時に、私が通ってた高校の最寄駅でカワイイ制服を着た女の子が乗ってきました。 私が通ってた時は地味な制服だったけど、その子は紺のブレザーにグレーのスカートを穿

no image
★旅先の仲居さんとのエロ

 1人旅の好きな私は確か22歳の大学の時、北陸を旅して片山津温泉に泊まった時のことです。夕食時に私の世話をしてくれた30前の仲居さんが、若いんだから浮世風呂にでも行ったらと誘ってくれた。浮世風呂は今のソープのことである。18,000円だけどほんとに若くて可愛い子がいるよと言った。 少しお酒の入っていた私は少し考えたが、仲居さんの誘いに乗った。浮世風呂で私の相手の女性が廊下で三つ指をついて待ったいた。私は顔を

no image
★田舎の祭りの夜の出来事

 その日は、村の鎮守祭の日でした。父は世話役だったので、夕方から家にはお客さんが出入りして、お酒や料理を振る舞い、とてもにぎやかでした。夜中におしっこがしたくなり、目を覚ましました。ふすまの間から光がもれ、ボソボソと話し声が聞こえるので、まだ、お客さんが居るのかな)と思いました。 部屋を覗くと、義孝君(同級生)のお父さんがまだ、お酒を飲んでいて、その横で母がお酌をしています。膝をくずし寄り添っていま

no image
★好意を持っていた他母親との体験談

 大学3年のときの話です。隣県の大学に進学していたのですが、夏に地元に帰ってきた時に、偶然、近所の女の子と親しくなりました。当時、JC2で彼女が犬の散歩しているときに、話しかけて親しくなりました。 元々犬が好きで彼女の飼っている犬を褒めると、本当に嬉しそうな顔をしたのが印象的でした。彼女の明るい笑顔が惹かれて毎日会ってたんですが、ちょっと隙があって、胸元から覗く幼い顔立ちに似合わない大きめな胸や、彼

no image
★おばちゃんとの初エッチ

 俺はオクテだったうえに男子高校だったので女との関わりが全然なかった。見た目は良くはないが普通だと思う。まぁ色が白くて幼い感じだったので中学時代なんかは同級生の女子からも弟扱い並だった。そんな俺でもはじめてのエッチは彼女と!と淡い期待を抱いていた。 しかしながら現実の初エッチは俺も悪いのかもしれないが熟女?に奪われた感じに高校を出て就職し、夏頃、客先のトイレに小便をしに入った。尿意をギリギリまで我

no image
こんな俺が後輩女の手コキから始まり・・

 僕は、去年の秋と冬に生徒会長を中学校で務めていました。その頃から、「あっ、N君!」と、特に後輩から言われるようになり、とうとうファンクラブまでできたらしいです。すきを見ては、一人で、もしくは集団で僕に接近してきます。ある日の事、部活帰りに一人で歩いていると、「ちょっといいですか?」一人の後輩がそう言って、僕を小さな公園に連れていきました。

no image
★知り合いのイチャイチャに嫉妬

 ある週末の朝、彼女が大学のゼミ飲みから帰ってきた日のこと。いつもはしっかり整えている髪の毛がややボサボサ気味で、酔いがまだ多少残っている彼女の姿に何かエロい色気を感じてしまった僕は、彼女がベッドに入るや襲い、激しいエッチをしました。 1回戦が終わってかなり満足した状態でベッドに寝ていると、突然「あのさ…話があるんだけど…」と切り出されました。急にローテンションな話しぶりに何か嫌な予感を覚えつつ、僕