エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

2ショットチャットで知り合った男性と

   

 はじめまして。21歳・♀です。
先日、2ショットチャットで知り合った男性と会ってきました。

 彼氏と別れたさみしさから、なかば自暴自棄な気持ちになっていました。
相手はどんな人でもいい気分でした。

メッセージをいくつか見て、26歳と歳が近くて、また優しそうな印象の方の
部屋に入室しました。

 最初から会ってエッチすることが目的だったから、話はすぐにまとまりました。
そして最寄の駅までむかえるに来てもらえることに。

 チャットで話していたときの感じとはちょっと違うなあと思いつつ、話をしながらドライブをしていました。
それから大きな公園の駐車場に車を停められました。
たぶん最初からそこへ連れていくつもりだったのでしょう。辺りは暗くて、ひと気もありませんでした。

「どんな下着履いてるの」
「ん、白...」
「ちょっと見せてもらえるかな」

会って数分しか経っていない男性にもう下着をみられるなんて。
片方の手でスカートをめくりながら、肩を抱き寄せられてキスされました。
「なんかネギ臭いよ。何食べたの?」
と、わたしは恥ずかしさを笑って必死にごまかしていました。

 それから上着をたくし上げられ、ブラジャーのホックを外されました。
私は胸の大きさに自信がありませんでした。
「ちっちゃくて可愛いね」
乳首を吸われ、舌で転がされているうちにあそこがヌルッとしてくるのを感じて、
ああ、もうエッチしちゃってるんだと実感が強まっていきました。

 下着だけの姿にされ、
「フェラとか得意?」と尋ねられました。

うーん、得意じゃないけど...、と、相手のおちんちんをさすりながら思い切って口にふくみました。
「うん...気持ちいいよ...」
フェラをしながら、中指でクリをいじられ、挿れてほしい気持ちが高まって仕方ありません。

「そろそろいいかな」
「うん...。挿れて」
車の後部シートにふたりで移り、私は相手におもむろに腰をしずめていきました。

「あっ...痛い...」
「きついよ。すごくいい...」
腰をつかまれて、下からゆっくり突き上げられました。

一回突き上げられるごとに頭がじんと痺れて、
初めて会った男の人とエッチして感じている自分が、どこか汚れた存在に思えました。

 せまい座席に押し倒されて、足をつかんで一層激しく腰をうちつけられました。
もうそのときには、必死にこらえていた声も我慢できなくなっていました。
車内の窓という窓が、ふたりの熱気で白く曇っていました。

「あ、ヤバイ、イっていい?○○(私の名前です)のおまんこでイっていい?」
「うん、いいよ、きて。いっぱい出して」
ゴムはつけていましたが、わたしの中でドクドクと脈動するおちんちんを感じました。

 それから相手の男性は性欲を満たして満足したためか、取り繕うようなぎこちない会話をしてから駅まで送ってもらいました。
初めからおたがいの身体だけを目的として会ったのだから、これでいいのだと、心のどこかの後悔を納得させながら帰路をたどりました。

 また会いたいとの旨のメールをその後もしばらく度々受け取りましたが、私は返事をすることもなく、今では何事もなかったかのように、新しい彼氏とそれなりの生活を送っています。

 はじめまして。21歳・♀です。
先日、2ショットチャットで知り合った男性と会ってきました。

 彼氏と別れたさみしさから、なかば自暴自棄な気持ちになっていました。
相手はどんな人でもいい気分でした。

メッセージをいくつか見て、26歳と歳が近くて、また優しそうな印象の方の
部屋に入室しました。

 最初から会ってエッチすることが目的だったから、話はすぐにまとまりました。
そして最寄の駅までむかえるに来てもらえることに。

 チャットで話していたときの感じとはちょっと違うなあと思いつつ、話をしながらドライブをしていました。
それから大きな公園の駐車場に車を停められました。
たぶん最初からそこへ連れていくつもりだったのでしょう。辺りは暗くて、ひと気もありませんでした。

「どんな下着履いてるの」
「ん、白...」
「ちょっと見せてもらえるかな」

会って数分しか経っていない男性にもう下着をみられるなんて。
片方の手でスカートをめくりながら、肩を抱き寄せられてキスされました。
「なんかネギ臭いよ。何食べたの?」
と、わたしは恥ずかしさを笑って必死にごまかしていました。

 それから上着をたくし上げられ、ブラジャーのホックを外されました。
私は胸の大きさに自信がありませんでした。
「ちっちゃくて可愛いね」
乳首を吸われ、舌で転がされているうちにあそこがヌルッとしてくるのを感じて、
ああ、もうエッチしちゃってるんだと実感が強まっていきました。

 下着だけの姿にされ、
「フェラとか得意?」と尋ねられました。

うーん、得意じゃないけど...、と、相手のおちんちんをさすりながら思い切って口にふくみました。
「うん...気持ちいいよ...」
フェラをしながら、中指でクリをいじられ、挿れてほしい気持ちが高まって仕方ありません。

「そろそろいいかな」
「うん...。挿れて」
車の後部シートにふたりで移り、私は相手におもむろに腰をしずめていきました。

「あっ...痛い...」
「きついよ。すごくいい...」
腰をつかまれて、下からゆっくり突き上げられました。

一回突き上げられるごとに頭がじんと痺れて、
初めて会った男の人とエッチして感じている自分が、どこか汚れた存在に思えました。

 せまい座席に押し倒されて、足をつかんで一層激しく腰をうちつけられました。
もうそのときには、必死にこらえていた声も我慢できなくなっていました。
車内の窓という窓が、ふたりの熱気で白く曇っていました。

「あ、ヤバイ、イっていい?○○(私の名前です)のおまんこでイっていい?」
「うん、いいよ、きて。いっぱい出して」
ゴムはつけていましたが、わたしの中でドクドクと脈動するおちんちんを感じました。

 それから相手の男性は性欲を満たして満足したためか、取り繕うようなぎこちない会話をしてから駅まで送ってもらいました。
初めからおたがいの身体だけを目的として会ったのだから、これでいいのだと、心のどこかの後悔を納得させながら帰路をたどりました。

 また会いたいとの旨のメールをその後もしばらく度々受け取りましたが、私は返事をすることもなく、今では何事もなかったかのように、新しい彼氏とそれなりの生活を送っています。

 - 未分類 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★初3PでSEXを覚えた猿のように狂いました・・1/3

 高校2年のときの話。当時、同じクラスのAとB(ともに女)と俺は、3人でいつも一緒に遊んでいた。校内はもちろん、校外でも頻繁に一緒になって遊んでいたが、誰もが「仲の良い3人だな」と思うくらいで、恋人云々、付き合ってる云々という噂はまったくたたず俺自身も仲の良い女友達程度にしか思っていなかった。 また、俺の周りの友達(男)も、その状況が羨ましいとか妬んだりもせず、本当に普通に、普通の付き合いをしてい

no image
妹の浮気現場

 妹(33歳子供2人)が家の障子を直して欲しいというので、仕事の合間をみて妹の家に行った。妹から既に合鍵を預かっていて鍵を開けて家に入った。 鍵を開けて中に入るとなにやらリビングの方で人の声が、誰もいないはずだがと思いながら入ってみると、なんと妹がr真昼…

no image
実践練習

27才 一つ下の婚約者と童貞と処女で初めてのセックスをした。彼女が痛がって困ったが、血も出たので処女膜が完全に受け入れ体勢になったら大丈夫だ、良くなるからとお互い我慢して半年経った。セックスがお互い苦痛になってきた。彼女からの提案で、初めて風俗童貞を破って…

no image
★体が疼いて相手を募集した体験談

 数年前にどうしてもHしたくなって、あるサイトで1回限りの相手を募集したことがあります。1番に連絡来た人に返信したら時間はあまりないので、手近な場所でという話で少し離れた公園の男性トイレの個室ですることになりました。 先に私が入ってノック3回で開けることにして待機しました。その間もドキドキでかなり濡れてしまっててヤバかったです。すぐにできるようにフレアミニのスカートでTバックを履いていました。いざノッ

no image
★社員旅行でコンパニオンとエロ体験

 もう、だいぶ前ですがある会社で社員旅行が企画されました。都内に8営業所あり年中無休なので一同に集まるのは不可能で、一つづつ交代で実施する事に。酒が飲めない私は幹事に任命されました。女性事務員のいない、10人の小さい営業所です。マイクロバスの手配から旅館の予約、観光地の見学予定と慣れない幹事の仕事をこなし当日を迎えました。 バスの中からみんな、飲み始め楽しい旅行となりました。旅館に到着し宴会が始ま

no image
彩音

(無題) 投稿者:彩音 投稿日:5月19日(金) 16時33分59秒 この間、彩音(20)と友達の美穂(20)と彼氏(36)と3Pになっちゃいました。 前から、彼氏が可愛いと大絶賛の美穂と三人で彩音の家でお酒を飲みながら 話してたんだけど、だんだんみんな酔っ払って来ちゃっ…

no image
★男をその気にさせる女のいたずら

 私は32歳でバストが98のGカップあるんですけど、この前シティホテルで出張マッサージさんを頼んじゃいました。その時部屋は暖房をかけていたので、服装は胸元の大きく開いたタンクトップに、膝上20cmくらいのミニスカで待ってました。 もうどきどきでちょっと濡れてるのがわかりました。そして、来たのは25くらいの若いお兄さんでした。いきなり目線は私の胸の谷間に釘付けでした^^それだけですごい感じちゃったの

no image
若き日の思い出

俺が小学5年生のときに両親は離婚しました。俺は父親に引き取られ、父親との二人暮らしになったんですが、父親は仕事の帰りが遅い日が多く、夜の8時や9時ってことはほぼ毎日でした。そんなこともあり、よく悪さをして先生に怒られることも多く、簡単に言えば、まじめな方では…

no image
★旦那が出張中に出会い系で男を弄る私

 旦那が出張中に浮気をしました。相手は出会い系サイトで知り合った35歳の男性です。結婚して4年も経つと夫婦生活も落ち着き、単調な毎日が続いていました。夜の方もめっきり回数が減り、より淡泊に。 そんな日々に嫌気がさしていた時、週刊誌に載っていた、人妻.NETというサイトにアクセスしてみたんです。正直、相手は誰でも良かった。

no image
★綺麗なお姉さんは罪ですね

 25歳の自称きれいなお姉さんです。満員電車に乗るとなぜか痴漢によく会います。電車に乗ってぼーっとしてたらお尻に手のひらの感触が…はじめはカバンが当たってるのかと思いました。やだ、また痴漢?満員だから動くこともできません。 怖くて後ろも見ることもできません。はじめは痴漢は手の甲で私のお尻を触ってたのですが、私が抵抗しないとわかったら手のひらで私のお尻を包み込むように触ってきました。