エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

2ショットチャットで知り合った男性と

   

 はじめまして。21歳・♀です。
先日、2ショットチャットで知り合った男性と会ってきました。

 彼氏と別れたさみしさから、なかば自暴自棄な気持ちになっていました。
相手はどんな人でもいい気分でした。

メッセージをいくつか見て、26歳と歳が近くて、また優しそうな印象の方の
部屋に入室しました。

 最初から会ってエッチすることが目的だったから、話はすぐにまとまりました。
そして最寄の駅までむかえるに来てもらえることに。

 チャットで話していたときの感じとはちょっと違うなあと思いつつ、話をしながらドライブをしていました。
それから大きな公園の駐車場に車を停められました。
たぶん最初からそこへ連れていくつもりだったのでしょう。辺りは暗くて、ひと気もありませんでした。

「どんな下着履いてるの」
「ん、白...」
「ちょっと見せてもらえるかな」

会って数分しか経っていない男性にもう下着をみられるなんて。
片方の手でスカートをめくりながら、肩を抱き寄せられてキスされました。
「なんかネギ臭いよ。何食べたの?」
と、わたしは恥ずかしさを笑って必死にごまかしていました。

 それから上着をたくし上げられ、ブラジャーのホックを外されました。
私は胸の大きさに自信がありませんでした。
「ちっちゃくて可愛いね」
乳首を吸われ、舌で転がされているうちにあそこがヌルッとしてくるのを感じて、
ああ、もうエッチしちゃってるんだと実感が強まっていきました。

 下着だけの姿にされ、
「フェラとか得意?」と尋ねられました。

うーん、得意じゃないけど...、と、相手のおちんちんをさすりながら思い切って口にふくみました。
「うん...気持ちいいよ...」
フェラをしながら、中指でクリをいじられ、挿れてほしい気持ちが高まって仕方ありません。

「そろそろいいかな」
「うん...。挿れて」
車の後部シートにふたりで移り、私は相手におもむろに腰をしずめていきました。

「あっ...痛い...」
「きついよ。すごくいい...」
腰をつかまれて、下からゆっくり突き上げられました。

一回突き上げられるごとに頭がじんと痺れて、
初めて会った男の人とエッチして感じている自分が、どこか汚れた存在に思えました。

 せまい座席に押し倒されて、足をつかんで一層激しく腰をうちつけられました。
もうそのときには、必死にこらえていた声も我慢できなくなっていました。
車内の窓という窓が、ふたりの熱気で白く曇っていました。

「あ、ヤバイ、イっていい?○○(私の名前です)のおまんこでイっていい?」
「うん、いいよ、きて。いっぱい出して」
ゴムはつけていましたが、わたしの中でドクドクと脈動するおちんちんを感じました。

 それから相手の男性は性欲を満たして満足したためか、取り繕うようなぎこちない会話をしてから駅まで送ってもらいました。
初めからおたがいの身体だけを目的として会ったのだから、これでいいのだと、心のどこかの後悔を納得させながら帰路をたどりました。

 また会いたいとの旨のメールをその後もしばらく度々受け取りましたが、私は返事をすることもなく、今では何事もなかったかのように、新しい彼氏とそれなりの生活を送っています。

 はじめまして。21歳・♀です。
先日、2ショットチャットで知り合った男性と会ってきました。

 彼氏と別れたさみしさから、なかば自暴自棄な気持ちになっていました。
相手はどんな人でもいい気分でした。

メッセージをいくつか見て、26歳と歳が近くて、また優しそうな印象の方の
部屋に入室しました。

 最初から会ってエッチすることが目的だったから、話はすぐにまとまりました。
そして最寄の駅までむかえるに来てもらえることに。

 チャットで話していたときの感じとはちょっと違うなあと思いつつ、話をしながらドライブをしていました。
それから大きな公園の駐車場に車を停められました。
たぶん最初からそこへ連れていくつもりだったのでしょう。辺りは暗くて、ひと気もありませんでした。

「どんな下着履いてるの」
「ん、白...」
「ちょっと見せてもらえるかな」

会って数分しか経っていない男性にもう下着をみられるなんて。
片方の手でスカートをめくりながら、肩を抱き寄せられてキスされました。
「なんかネギ臭いよ。何食べたの?」
と、わたしは恥ずかしさを笑って必死にごまかしていました。

 それから上着をたくし上げられ、ブラジャーのホックを外されました。
私は胸の大きさに自信がありませんでした。
「ちっちゃくて可愛いね」
乳首を吸われ、舌で転がされているうちにあそこがヌルッとしてくるのを感じて、
ああ、もうエッチしちゃってるんだと実感が強まっていきました。

 下着だけの姿にされ、
「フェラとか得意?」と尋ねられました。

うーん、得意じゃないけど...、と、相手のおちんちんをさすりながら思い切って口にふくみました。
「うん...気持ちいいよ...」
フェラをしながら、中指でクリをいじられ、挿れてほしい気持ちが高まって仕方ありません。

「そろそろいいかな」
「うん...。挿れて」
車の後部シートにふたりで移り、私は相手におもむろに腰をしずめていきました。

「あっ...痛い...」
「きついよ。すごくいい...」
腰をつかまれて、下からゆっくり突き上げられました。

一回突き上げられるごとに頭がじんと痺れて、
初めて会った男の人とエッチして感じている自分が、どこか汚れた存在に思えました。

 せまい座席に押し倒されて、足をつかんで一層激しく腰をうちつけられました。
もうそのときには、必死にこらえていた声も我慢できなくなっていました。
車内の窓という窓が、ふたりの熱気で白く曇っていました。

「あ、ヤバイ、イっていい?○○(私の名前です)のおまんこでイっていい?」
「うん、いいよ、きて。いっぱい出して」
ゴムはつけていましたが、わたしの中でドクドクと脈動するおちんちんを感じました。

 それから相手の男性は性欲を満たして満足したためか、取り繕うようなぎこちない会話をしてから駅まで送ってもらいました。
初めからおたがいの身体だけを目的として会ったのだから、これでいいのだと、心のどこかの後悔を納得させながら帰路をたどりました。

 また会いたいとの旨のメールをその後もしばらく度々受け取りましたが、私は返事をすることもなく、今では何事もなかったかのように、新しい彼氏とそれなりの生活を送っています。

 - 未分類 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
さっきの続きをお願します

オフィスで机をならべている奈津美と最近、深い関係になりました。奈津美はいわゆる総合職で、27歳。旦那さんは弁護士、子供なしという典型的なDINKSです。私は34歳。妻は都市銀行勤務の総合職。子供なし。二人は似たような境遇で、「夫婦で過ごす時間が少ない」と…

no image
目の前で痴漢が行われていた

夜19時の、席は埋まってるけど全然混んでない井の頭線で、下北沢から乗って来た男が私の隣に立っている女の子の後ろにスーッと近寄った。男は薄いスウェットみたいな生地のズボンの上から自分の股間をきゅきゅっと揉んだ。男が手を離したソコは、横になった富士山のように…

no image
★遊園地でのエロ行為は緊張します

 彼氏と二人で遊園地に行ったときの話です☆いろんな乗り物に乗って楽しんでいるうちに、彼が「お化け屋敷に入ろう」って言い出したんです。私は怖いからイヤだって言ったんだけど結局入ることになって・・。 そのお化け屋敷は乗り物にのって勝手にすすむやつで、私は最初から周りを見ないように彼にしがみついて目をつぶっていました。そしたら彼はちょっと興奮してきたみたいで、私の胸を揉み始めました。ビックリして体をひこ

no image
少女の花びら ?

"『 第十章 美少女の下部になる教頭 』、「うっ眩しい・・」夏季に入り太陽の強い日差しが肌を小麦色に焼くモクモクと上がる入道雲に手が届きそうそうだひまわりと小麦色肌の少女達が合う季節になった「夏」・・・それは・・・女性達は肌を露出全開性欲を煽りたて男を誘惑…

no image
マッチョな中年男性の性処理をさせられた過去

2年程前の話になります。当時、17歳だった俺は友人数人と夜遊びをしていました。(金曜日の夜でした)友人の両親が出かけていて誰も居ないと言う事もあり、未成年でありながら酒を飲み加減を知らない私はヘロヘロ状態だったんです。深夜1時を回り、俺は友人の家を後に自宅に…

no image
★旦那が出張中に出会い系で男を弄る私

 旦那が出張中に浮気をしました。相手は出会い系サイトで知り合った35歳の男性です。結婚して4年も経つと夫婦生活も落ち着き、単調な毎日が続いていました。夜の方もめっきり回数が減り、より淡泊に。 そんな日々に嫌気がさしていた時、週刊誌に載っていた、人妻.NETというサイトにアクセスしてみたんです。正直、相手は誰でも良かった。

no image
★憧れていた女の子とのエロ体験

 高校時代の夏休みの話。俺の家は海が近い。しかし夏休みになったら家族連れが大挙して訪れるような大型ビーチはない。が、50メートル前後だろうか、そのぐらいの小さな砂浜があるのだ。って言っても満潮時には浜の両端が海水に満たされてしまうんだから、認知度は極めて低く殆ど真夏でも人は見かけたことがない。比較的遠浅で遊泳にも適してると思うし俺的にはお気に入りなんだけどね。 だから本当に地元の連中しか知らない穴場

no image
お花見で女をお持ち帰りした体験談・・1/2

 去年の花見での出来事です。♂3人(俺、A、B)で純粋にナンパ目的で某花見会場に向かいまいした。俺達は高校からの付き合いで、その時は3人とも大学生3年でした。途中、酒屋でビールや日本酒、つまみを買いそろえ下準備はOK!で、会場につくが無論、場所取りなどは一切無し!缶ビールを飲みながら会場をぐる?と一周。♀だけのグループを検索、捜索。

no image
駐車場で

会社の仲間と居酒屋へ行った時のこと。みんな仲良くて、色々なバカな話や仕事のこと、どんどん盛り上がり、みんな酔っ払ってました。そのなかで、20の後輩が、もうフラフラで、あまり呂律が、まわってなかった。「そろそろ」と後輩が嫁に電話をして、「迎えにきて」と電話…

no image
★思わぬ後輩からの粋な差入れ

 どーもです、大晦日の話しですが、31日は中学時代の仲間と年超しパーティーをすることが恒例となっており31日の夜に久しぶりに昔の仲間と会い、男8名で大盛り上がりで騒いでおりました。 23時過ぎに仲間の一人がタバコを買いに行くと言うので、4名で近くのコンビニへ行ったときに入口付近でたむろしていた若者5名(18位)にいきなりガンを飛ばされた友人Aが酔っていたからなのか、いきなりの顔面キック!