エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★SEXで挿入して体がひとつになる時

   

★SEXで挿入して体がひとつになる時

 体が本当にひとつになるとき、男はさらに奥に、女は自分の体の底の底に男を招く。セックスが生殖の義務から解放されたとき初めてそれは成立する。私の愛する熟女はその境界線に現在いる。妊娠する確立は少ないけれどゼロではない。だが、彼女は知っている。もうそろそろ大胆になれることを・・。

 彼女の体が本当のセックスの境地を求め始めているのが私にはわかる。ご主人とは裸でしたことがないという。私と出会わなければ彼女のセックスは子供つくりの手段でしかなかった。。最近の彼女は体の中心に中心に私を迎えようとしている。まるで卵子が精子を選び、迎えているかのようだ。
 時間の中で溶けて交わり、再びそれぞれの家庭へ戻ってゆく・・。家庭では交わるけれど決して溶けたりはしない。この世の性と不合理は承知しているつもりだ。同じ世代に生まれたら決して交わることはできなかった。立場と年齢差が二人をどこまでも守ってくれるだろう。う~~ん・・

 - 人妻・不倫の体験談 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★夫が入院中の上司の奥様との秘事

 50代の会社の上司に新年の挨拶に昨日、伺ったら。12/31にノロウイルスに掛かり入院中でした。上司が4日に私が来ることは奥さんに伝えてあったので、知らずに挨拶に出かけました。上司宅に着いて玄関に奥さんが出てきました。家に入れて貰い、奥さんに上司はとたずねると入院中とのこと。 4日に私が来るので会社には、私から連絡するように頼まれました。私の会社は食品加工なのでノロ・157とかに厳しいです。奥さんも48時間経っ

no image
★友達の奥さんと1回きりの不倫

 飲み屋で友達の奥さんに会い一緒に飲むことになり、酔った勢いで手を繋いでました。奥さんがトイレに立ち戻ってくると奥さんから手を繋いでくるので、腰に手を回したり密着してました。 0時をまわり「もう帰らないとダメ?」と聞くと「今日はね旦那いないのよ 独身よ」と言うので「じゃぁ今夜付き合ってもらうかな 朝まで」と言いホテルヘ行きました。キスをして盛り上がってシャワーもせずに69で舐めあいました。上手なフ

no image
★男からみれば人妻って魅力的

 僕の住んでる所は、1階がワンルームで2階が家族向けの3DKになっていて、そこに住んでいる人妻の裕美さんとの事。僕は大学生で1人暮らし、裕美さんは36歳で旦那さんと2人暮らしで子供はいない。旦那さんとも顔見知りでよく面倒をみてくれていて、部屋に食事に招かれる事もありました。 普段あまり女性と接する機会もなく裕美さんの存在は大きくて、オカズにしてしまう事もありました。ある日の事、僕は普段料理といえばイ

no image
★1時間は喘いでいる隣の人妻とのエロ談

 単身赴任で住んでいるアパートは自分以外全てファミリーだ。右隣は30代の小さな子供がいる夫婦。左隣は50代後半の夫婦二人。真下は40代の子供無し夫婦。自分は熟好き、声フェチなので最高の場所だ。右隣の夫婦は大体一日おきに励んでいるようだ。(何せ壁が薄いから良く聞こえるんだよね。控え目な奥さんの喘ぎ声が興奮します!ただこの奥さんはスレンダーなのでイマイチ好みと合わないけど、若いからかわいい声。 真下の奥さん

no image
★団地妻との面白いエロな経験

 学生時代に酒屋で御用聞きのアルバイトをしていたときのことです。午前中に注文を取りにお得意先である市営団地を回ります。私の勤め先は小さな酒屋で、エレベーターの無い団地の4階5階が主な客先です。団地は若い所帯が上層階に多く、奥様方は大半が30歳前後。春先からはじめたアルバイトにも慣れてきた夏休みのことです。 団地の5階のとあるお宅を訪ねて「まいどぉ、○○酒店で~す!」とチャイムを鳴らすと、奥から「ハー

no image
★面接に応募してきた色っぽい人妻

 僕はあるチェーン店で、責任者をしている幸一40歳。もちろん家族はいます。最近スタッフが数名退職していき、補充をしようとしているのですが、なかなか、、本当に仕事をしようとしている人にめぐり合えず、もうだいぶ面接もどうでもよくなってきていました。 僕の考えが変わっているのか、面接にはスーツで来るものと思っているのだが、結構ラフな格好で来る人が多いのだ。それがもう何人目だろうか、ようやく見た感じ面接のし

no image
★一夜だけの浮気の切ないSEX

 先日、大学のときのサークル仲間と5年ぶりの同窓会のようなものをしました。2次会のカラオケが終わり、「そろそろ終電もなくなるし、帰ろう」ということになりました。みんな社会人で明日も平日。俺は明日は休みなのでもっと飲んでもよかったのだが、家には結婚3年目の奥さんが待っているので帰ることにした。 その帰り道、後輩のKちゃんと同じ電車に乗る。終電間近ということで車内は込み合っていた。その後輩は学生時代か

no image
★隣の奥様は元CAでやはり美人です

 私の住むマンションに最近越してきた若いご夫婦、引越しの挨拶にやってきた際に初めてお会いしたその奥様は、それはもう綺麗で綺麗で驚きました。聞けば過去には某航空会社のCAだったとのことで、綺麗なのも納得です。清楚な佇まいと落ち着いた雰囲気で、男なら絶対放っておかないタイプ。この美人奥様を落とした旦那さんは尊敬しちゃいますね。 しかしこの時、私のセックスレーダーはしっかり反応し、どうにかしてやろうと思っ

no image
★いよいよその時が来ました

 これは以前お客さんのところでの話です。そのお宅の奥さんは46歳ですごく上品で、まじめそうなそれでいて和風の美人で私はひそかにあこがれていました。その奥さんの家に行って手続きをしようとしたとき、その地域はすこし田舎でもあるので、鍵はかかっていません。 いつものように門を入って、チャイムをならさずに玄関あけて声をかけて入ろうとすると、奥からなにやらあやしい声、うめくような声がしてきました。そのときはほ

no image
★転勤してきた部下を口説き抜きまくる・・1/2

 私は46才管理職ではあるけれど部下を持たない「特命部長」で、ある意味フリーな立場で若い連中の悩みや不満を聞い、てガス抜きするようなこともやっている。カミサンとははっきり言ってもう2年もしてないセックスレス性欲旺盛なので、以前は彼女とかセフレみたいな女性もいたけど、最近はいないので月イチでラブホで人妻デリヘルを呼んで発散してる。 1年前に私の部署に転勤してきた30才の黒岩由美は、165くらいの長身