エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

14歳の少年の患者と

   

個人病院に勤める看護婦です。
私の大切な患者さんについてお話します。

彼は14歳、生まれつき右足が不自由なうえに、交通事故でその足を
骨折して、うちの病院に運ばれてきました。

外来で時々きていたので、全く知らない訳ではありませんでした。
入院してからしばらくして、傷口の治療のため1階の診察室へ運ぶこと
になりました。

個人病院ですから看護婦も3人しかいないので、彼を運ぶのに2人で
とはいかなく、おんぶして連れて行こうと思い立ちました。

障害があるせいか身長も普通の14歳よりは小さく145cmほどしかない
ので大丈夫だと思ったのです。

治療が終わり病室へ戻るときも当然おんぶでした。

病室へもどる廊下の途中で突然、私の胸をにぎりしめてきました。
あまりに突然のことで、びっくりしましたが、そのまま病室へ戻りました。

そのことがあった日から、なんとなく彼のことが気になってしまうようになりました。

入院経験にある方ならご存知でしょうが、一人でお風呂に入れない患者
さんは、看護婦が体を拭くことになっています。

ギブスがまだ取れない彼もその1人です。
といっても個人病院なのでそんな患者さんは彼だけです。
なぜか、そういう仕事は一番年下の私が一番多くやらされる。

病室へ入ると、学校の先生が持ってきた宿題をやっていました。
「体拭きしようか?」と声をかけると、「はい」と言ってベッドの上を
片付け始めました。「服ぬいでね」、「はい」とても素直な返事です。

この前あんなことをした子とは思えないほどでした。
ふとみると、ほんとに見事にすっぽんぽんです。
なんか、とてもいとおしい感じでした。

オチンチンを洗っていると、やぱり14歳の男の子です。元気です。
半立ち状態なのに大量の精液を出し始めました。

恥ずかしいのか彼は黙ってしまいました。
私も気づかないふりをして洗いつづけていました。

さすがに若い。
さっき出したのにもうギンギンになってて、しかも、大きい。
わざとタマタマを揉んだりチンチンをしごいたりしていました。

そして2回目の発射。さっき出したのに結構な量が出てきました。
それでもまだ大きなままです。
「すごい・・・」、アソコが濡れるのがわかりました。

「まだ出そう?」ときくと、はずかしそうに「はい」と答えました。
しごきつづけてあげました。少し間隔をあけて3回目。
ようやく落ち着きました。

「いっぱい出たね。」
「うん。」
「他の看護婦さんに言ったらだめだよ。」
「はい。」

「この前、わたしのオッパイさわったでしょう?」
「だっておおきいから・・。ねえ、なにカップ?教えて」
「Eの88。すごいでしょう。じゃあね。」

数日後、体拭きの担当がまわってきました。
しかも、彼一人だけしかいない。

「おはよう。体拭きしようか?。」
「はい。」
「今日は何回出すつもり?」
「○○さんがしてくれたら何回でもいいよ。」
「へー、そりゃ楽しみだな」
「じゃ、脱いで」
「今日は、もうたってるじゃん。」

「だって、大好きな看護婦さんに体拭きしてもらえるもん。」
「他の看護婦さんのときは、出してないの?」
「勃つけど、どうにか我慢できる。」
「私のときは我慢しないんだ?」
「あんなにさわられたらできないよ」

そして陰部洗浄へ・・。見事3回爆発。

「もう出ないの?」
「出ると思うけど時間かかると思う。」
「そっか」

私は、彼の乳首をなめながら、手袋をはずし右手でしてあげました。
気持ちいいのか、全身ピクピクしています。

すると、ムクムクと大きく硬くなってきました。
さらに続けると白い液体が流れ出しました。

「記録更新だね」
「次、○○さんの体拭きまでオナニーしないようにしよう。
そしたら、7回くらいできそうな気がする。」
「我慢しなくていいよ。したいときはしないと、私みたいな看護婦さん
ばっかりじゃないんだからね。」

「わかった。ねえ、○○さんのオッパイ見たい、見せてお願い。」
「ギブスがとれて、お風呂に入れるようになったら見せてあげる。」
と冗談で言ったのに、「約束だよ、絶対だよ。」
必死になって言うのでつい約束してしまいました。

そしてついに、ギブスがとれ、お風呂に入る日がきました。
一人でお風呂に入るのが危ない患者さんには、看護婦が介助してあげます。

ナース服の上に魚屋さんがつけているようなエプロンに長靴、
これで、お風呂場に長時間いるのですから汗だくです。

病室の順番で彼が入るのは一番最後でした。
「お待たせ。お風呂いこうね。」「やっと、お風呂に入れる。うれしいよ。」

服をぬがせると、やっぱり勃ってる。
危ないので椅子にに座らせ、シャワーをかけてあげました。

「約束覚えてる?」「忘れてないわよ。ちょっと待ってて。」

誰か入って来ては大変なのでカギをかけ、そして全裸になりました。
ソープランド状態でした。

彼の体を洗ってあげていると、胸をさわってきました。
抵抗する気はありませんでした。
私も彼のチンチンを口にくわえました。

14歳、フェラチオの経験などなかったはずです、とても驚いた表情でした。
刺激が強かったのか、口の中にそのまま出してしまいました。

「気持ちよかった?」「うん、すごくよかった。」

彼を抱きしめ、乳首を吸わせました。
舌先で乳首を転がすようにやさしく舐めてくれました。
私も椅子に座り、チンチンをにぎりアソコへ導きました。

ゆっくりと腰を動かしました。
アソコのなかでも脈打っているのがわかりました。
そして、私の中に出してしまいました。

彼はリハビリの為、来月末までの入院です。

個人病院に勤める看護婦です。
私の大切な患者さんについてお話します。

彼は14歳、生まれつき右足が不自由なうえに、交通事故でその足を
骨折して、うちの病院に運ばれてきました。

外来で時々きていたので、全く知らない訳ではありませんでした。
入院してからしばらくして、傷口の治療のため1階の診察室へ運ぶこと
になりました。

個人病院ですから看護婦も3人しかいないので、彼を運ぶのに2人で
とはいかなく、おんぶして連れて行こうと思い立ちました。

障害があるせいか身長も普通の14歳よりは小さく145cmほどしかない
ので大丈夫だと思ったのです。

治療が終わり病室へ戻るときも当然おんぶでした。

病室へもどる廊下の途中で突然、私の胸をにぎりしめてきました。
あまりに突然のことで、びっくりしましたが、そのまま病室へ戻りました。

そのことがあった日から、なんとなく彼のことが気になってしまうようになりました。

入院経験にある方ならご存知でしょうが、一人でお風呂に入れない患者
さんは、看護婦が体を拭くことになっています。

ギブスがまだ取れない彼もその1人です。
といっても個人病院なのでそんな患者さんは彼だけです。
なぜか、そういう仕事は一番年下の私が一番多くやらされる。

病室へ入ると、学校の先生が持ってきた宿題をやっていました。
「体拭きしようか?」と声をかけると、「はい」と言ってベッドの上を
片付け始めました。「服ぬいでね」、「はい」とても素直な返事です。

この前あんなことをした子とは思えないほどでした。
ふとみると、ほんとに見事にすっぽんぽんです。
なんか、とてもいとおしい感じでした。

オチンチンを洗っていると、やぱり14歳の男の子です。元気です。
半立ち状態なのに大量の精液を出し始めました。

恥ずかしいのか彼は黙ってしまいました。
私も気づかないふりをして洗いつづけていました。

さすがに若い。
さっき出したのにもうギンギンになってて、しかも、大きい。
わざとタマタマを揉んだりチンチンをしごいたりしていました。

そして2回目の発射。さっき出したのに結構な量が出てきました。
それでもまだ大きなままです。
「すごい・・・」、アソコが濡れるのがわかりました。

「まだ出そう?」ときくと、はずかしそうに「はい」と答えました。
しごきつづけてあげました。少し間隔をあけて3回目。
ようやく落ち着きました。

「いっぱい出たね。」
「うん。」
「他の看護婦さんに言ったらだめだよ。」
「はい。」

「この前、わたしのオッパイさわったでしょう?」
「だっておおきいから・・。ねえ、なにカップ?教えて」
「Eの88。すごいでしょう。じゃあね。」

数日後、体拭きの担当がまわってきました。
しかも、彼一人だけしかいない。

「おはよう。体拭きしようか?。」
「はい。」
「今日は何回出すつもり?」
「○○さんがしてくれたら何回でもいいよ。」
「へー、そりゃ楽しみだな」
「じゃ、脱いで」
「今日は、もうたってるじゃん。」

「だって、大好きな看護婦さんに体拭きしてもらえるもん。」
「他の看護婦さんのときは、出してないの?」
「勃つけど、どうにか我慢できる。」
「私のときは我慢しないんだ?」
「あんなにさわられたらできないよ」

そして陰部洗浄へ・・。見事3回爆発。

「もう出ないの?」
「出ると思うけど時間かかると思う。」
「そっか」

私は、彼の乳首をなめながら、手袋をはずし右手でしてあげました。
気持ちいいのか、全身ピクピクしています。

すると、ムクムクと大きく硬くなってきました。
さらに続けると白い液体が流れ出しました。

「記録更新だね」
「次、○○さんの体拭きまでオナニーしないようにしよう。
そしたら、7回くらいできそうな気がする。」
「我慢しなくていいよ。したいときはしないと、私みたいな看護婦さん
ばっかりじゃないんだからね。」

「わかった。ねえ、○○さんのオッパイ見たい、見せてお願い。」
「ギブスがとれて、お風呂に入れるようになったら見せてあげる。」
と冗談で言ったのに、「約束だよ、絶対だよ。」
必死になって言うのでつい約束してしまいました。

そしてついに、ギブスがとれ、お風呂に入る日がきました。
一人でお風呂に入るのが危ない患者さんには、看護婦が介助してあげます。

ナース服の上に魚屋さんがつけているようなエプロンに長靴、
これで、お風呂場に長時間いるのですから汗だくです。

病室の順番で彼が入るのは一番最後でした。
「お待たせ。お風呂いこうね。」「やっと、お風呂に入れる。うれしいよ。」

服をぬがせると、やっぱり勃ってる。
危ないので椅子にに座らせ、シャワーをかけてあげました。

「約束覚えてる?」「忘れてないわよ。ちょっと待ってて。」

誰か入って来ては大変なのでカギをかけ、そして全裸になりました。
ソープランド状態でした。

彼の体を洗ってあげていると、胸をさわってきました。
抵抗する気はありませんでした。
私も彼のチンチンを口にくわえました。

14歳、フェラチオの経験などなかったはずです、とても驚いた表情でした。
刺激が強かったのか、口の中にそのまま出してしまいました。

「気持ちよかった?」「うん、すごくよかった。」

彼を抱きしめ、乳首を吸わせました。
舌先で乳首を転がすようにやさしく舐めてくれました。
私も椅子に座り、チンチンをにぎりアソコへ導きました。

ゆっくりと腰を動かしました。
アソコのなかでも脈打っているのがわかりました。
そして、私の中に出してしまいました。

彼はリハビリの為、来月末までの入院です。

 - 未分類 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
す・・す・・好きなんです?・・・5

ぎゅ…。「・・・・・。」「・・・・・。」永~……く感じた…おあずけ。何年も…じゃ、ないのに。なのに、永く、永く…感じた。「二人きり…だね。 大介さん。」「・・・うん。」ドキドキ・・。「…おあずけ…なんて。 いぢわるだよ…。」「・・・うん。」ドキドキ・・。…

no image
★あそこから白い液体が流れていました

 実習地の先生と2人っきりの部屋でのフィードバック。今日は金曜日。明日は休みだからと、いつもより長いフィードバック。先生は、今日の反省点をどんどん言わす。そして、私はどんどん落ち込んでくる。すると大きな手が私の頭を撫でた。「@L、自分を客観的に見て、そして次につなげるんだぞ。」そういって私を優しく抱いた。 しかし、いつの間にやら背中をさすっていた手は、私のお尻のあたりをさするようになり、そして私の

no image
手だけなら。

自分:21歳、大学生。彼女:20歳の大学生。146cmのロリ系、Dカップ。彼女に別れを告げられてから3ヶ月が経ったある週末、僕は未だ彼女への想いを拭いきれずに思い切って「今日暇だったら飲みに行かない?」とメールをしました。すると、彼女からは「久しぶりだね!う…

no image
さま~おぶらぶ

ほっとしてますwそれはなぜかと言うと、彼女ができたからです。実は今年に入って僕は彼女がずっといませんでした。仕事が終わって、家に帰って、食事や風呂を済ませ、次の日に備えて寝るだけ毎日そんな感じ、週末は外は盛り上がってるんだろうけど僕は、上京したばかりの22…

no image
★温泉の露天風呂に浸かっている時

 たまの休みにリラックスしようと鬼怒川まで行ったのですが・・ホテルに着くと、そこそこ混んでいてチェックインする人達でフロントが混んでいたため、少し時間を潰そうと売店などをブラブラすることにしました。 温泉饅頭などのお土産を物色していると、なんとなく視線を感じるので顔を上げると、20代前半くらい男性二人が私の方を見ていて、私と目が合うと慌てて視線を逸らしました。

no image
★しゃぶり好きな人妻には参りましたが

 ネットで知り合った人妻(35歳)とはメールでいろんな彼女の悩み事の聞き役で、いつもそれに対して慰めたりするのがやりとりの内容でした。何週間かメールを続けるうちに彼女が実は浮気したことがある。という告白をしてくれて、その内容はセックスには至ってないものの、若い学生に対してフェラチオをしてあげたという話でした。 実は彼女はフェラチオが大好きで、セックスよりもフェラチオが好きだというのです。こういう話を聞

no image
6年前に援した人妻~からまさかの電話が

 すごい偶然なんだけど5,6年前に円した人妻と電話がつながった。当時33くらいで背が小さくやせ型で好みだった。しばらく定期で付き合っていたが旦那の転勤とかで別れた。その後自分も引っ越し、ふらっと入ったテレクラでこの人妻と繋がったんだから世の中狭いものだ。声に聞き覚えがあり、話すうちに向こうも思い出してきて思い出話に花を咲かせた。

no image
真夏の夜の夢[16]

 再びミサキはパンツを引き始めた。パンツのお尻側はしっかり固定され、ミサキは前だけをめくっているという具合だ。どこまで引いても真っ白、本当にこの子にはちんちんが付いているのかとさえ疑問に思うほどだった。私は思わず身を乗り出し顕微鏡をのぞく子供のようにその…

no image
テント

屋外測定調査のために寝泊まり用テントが必要になった学校に4人用のテントがいくつかあるとのことで、貸してもらうことになったテントなどの備品担当は未婚の佐々木先生だった佐々木先生は誰もが憧れる25歳の女性の教師です背も高く、スレンダーなスタイルは伊藤美咲に似…

no image
彼女が風俗嬢だった過去2

"一番古いヤツをクリックする。さっき見た画像だが…ノーモザイクだった…思わずカウンターを振り返る。そこにいるMとおんなじ顔の女がボールを咥え、胸をはちきれんばかりに縛り上げられ手枷で拘束され、首輪までしてる。ヘアーも丸見え。あの服の下にこの体があるのか…正…