エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★悪友に妻を犯された告白

   

★悪友に妻を犯された告白

 競馬場で知り合った悪友Tに妻を犯されました。Tは妻に自分の彼女を私に寝取られたと言い、妻をホテルに連れ込み...競馬友達のSが「Tがお前の女房と寝たって言いふらしてるよ」と電話をかけてきた。詳しい話を聞くと妻のセックスのときの癖や身体の様子など、妻の裸を見たものでなければわからない話をしていたらしい。

 妻を問いただした。妻はあっさりと白状した。私がTの彼女を抱いたと思っていたらしい。嘘だとわかった妻は、申し訳無さそうにすべてを語った。
「どんな感じだったんだ?」
「ホテルに連れ込まれて、裸にされて...
「それで?」
「あそこを舐められているうちに、だんだんしたくなってきて...
「フェラチオもしたのか?」
「おちんちんくわえさせられて... 」
「どうだった?」
「すごく硬かった... 」
「大きさは?」
「太さは普通だけどすごく長かった... 」
「どれくらい填められたんだ?」
「わからないけど、結構長かった... 」
「イッタのか?」
「うん、2回... 」
「そんなに良かったのか?」
「奥まで突かれるから、変な気分になって... 」
「で、どこに出したんだ?」

「中はだめって言ったのに... 」
「中に出したのか?」
「だって... 」
「許したんだろう?」
「私、それどころじゃなくて... 」
「他の男に出されて何とも無いのか?」
「だって... 」
「一回だけか?」
「ウウン... 」
「二回もしたのか?」
「... 」

「何回したんだ?」
「5回...
「お前、自分からも求めたんだろう?」
「だって...一回も五回も同じでしょ?」
「そんな...」

 なぜか私のペニスはコチコチに勃起していた。すぐに妻を裸にして妻の中に押し入った。妻はすでに普段の何倍も濡れていた。妻の中にペニスを入れたままピストンを繰り返した。時折キュッキュッと私のペニスを詰めつけて来る。奴はこの中でペニスを締め付けられながら快楽を味わったのだ。

 全裸の妻が白い裸体を開き、長いペニスの往復を何時間も味わいながら、その柔らかくとろけるような感触にガマンできずに、ペニスの先から快楽の白濁した液を妻の中に思う存分吐き出したのだ。悔しいけれど、今までに一度も味わったことが無い股間を突き上げるような快感が私を掻き立てた。

 いつもは当たるはずの無い妻の内部を私のペニスが突き上げた。「あなた?いつもと違う...興奮してるの?」妻が尋ねた。私は無言のまま妻を責めつづけた。いつもの何倍もの快感の束が身体中から一点に集まってきた。すべての快感がペニスの先に集中し細い管から一気に快感を吐き出した。

 その晩、私はペニスが赤く腫れ上がるまで妻を責めた。「私が他の男に抱かれるのって、そんなに興奮するの?」妻がつぶやいたが、返事もせずに眠りについた。もう一度...そして目の前で...そんな気持ちを押さえつつ・・それから毎晩妻を抱いている。

 - その他体験談 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★SEXアクメに貪欲な妻には手を焼いています

 私達夫婦は 兵庫県の田舎に住んでいます。CarSexが好きで よく近所の山に行っては 大胆にSexをしていましたが このサイトを知り 妻の千里と相談 車を横付けしての鑑賞ならOKと言う事で募集をして 姫路のご夫婦とお会いしました。さっそく山へ車を走らせ いつもの場所に着き 隣の車のPlayを意識しながら いつもより乱れていました。 ご主人とはメールで相談していたので 妻の耳元で お隣りのご夫婦を こっちに呼ぼうかと聞くと

no image
★ペニスを自慢する男ってテクはダメ

 高子と申します。すごく素敵な彼に恵まれて、周りから『奇麗になった』『若くなった』って言われることが増えました。図々しい感じではありますけど、自分でもそう感じます。大切にしたい人、大切にしてくれる人がいるって大切ですね。 若くなった、奇麗になったと言われるのは、嬉しいのですが、言って欲しくない人がいます。その人は夫です。浮気はするし、それを隠そうともしないで、甲斐性だとうそぶく、責めてもせせら笑う

no image
★アダルトショップの店長から紹介

  私の書き込みは、見ずらい読みずらいと思いますが、我慢して下さい。さて本題に入りますが、昨日某アダルトショップに、いた子とエッチした。そこのショップは、アダルトグッズ、制服など・・を、扱ってる店なので、店長から注文したのが届きました。電話があった。 私は店に着き、注文した荷物を受け取り、お金を払い店長にじゃあまたと言って、店を出ようとしていた。そして店長がさんと、私を呼び止めた。そして実は、店

no image
★レディース集団のリンチ現場に遭遇

 先日、残業で遅くなり自宅近くの住宅街を通り抜けるときに、団地のゴミ集積所で集まっている集団がいた。最初はたまっているだけかと思ったらレディースのケンカで、関わりたくないから道を変えようかと考えていると向こうも俺を認識したらしく、リーダー格の女が行くぞ!と言ってバイクで走り去っていった。 少し安心したが集積所でうずくまっている人がいて、近くまで来て女だと分かった。素通りしようと思ったけど、周りに誰

no image
★仕事の為に我慢して枕営業しましたが・・2/2

 何分かそんな状態が続いて、私はいつの間にかバイブを追い掛けてお尻を振っていました。恥ずかしいとか考えられなくて、早くアソコに押し付けて欲しかったんです。そしていよいよ部長さんがバイブをアソコに押し当てた時には、一瞬で言葉も出ないままイッてしまいました。 すっっっっごい気持ちよかったんです。今までの彼氏なんかとはぜっんぜん違う!その後はバイブがドンドン大きくなって、最後には男性器の形をしたバイブが

no image
★いまだに信じられないこんな偶然

 7歳年下の女房は47歳、山口智子に似てて可愛らしい。俺も女房もバツイチ、お互い子供はいなかったから離婚のハードルが低かった。結婚期間は俺が4年、女房が3年と短かったが、交際期間は俺が4年、女房は1年と差があった。 俺と女房が知り合った頃は、交際期間が短いとお互いを良く知らないで結婚になるからダメだといった俺に対し、長すぎた春は倦怠期が早いと女房が言ってた。女房27歳、俺34歳で再婚、交際期間は1年半とチト微

no image
★私を見ている見知らぬ女性って

 きのう電車の中での体験です。事務所を出ていつもの地下鉄に乗ろうと、駅のホームに いたところ、じっとこちらを見ているきれいな女性(推定35歳)がいました。 目が合うとすっとそらすんですが、明らかに私を見ています。 そんなことはないかな、と思いながらもなんとはなしに同じ列に並んでみました。電車に乗るとちょうど横に立っている状態になり、そんなに混んでいるわけではないのにすっと横にくっついてきました。

no image
★混浴で妻のアソコを他人が

 妻と初めて混浴を体験して来ました。もう恥ずかしがる歳でもないさと気休めの言葉で、妻をその気にさせ混浴へと向かいました。何を隠そう、そう言う私も混浴初体験でした。ドキドキしながら脱衣所へ入ると・・どうやら先客が・・ まず私が先に中は意外と広く、数人のおじいちゃんがこれなら安心と思い妻に咳払いで合図を送ると、ハンドタオルで前を隠しながら入って来ました。隅っこで掛かり湯を使うと自然とくたびれた乳が、湯

no image
★あるんですね!?スーパー銭湯で

 近くにあるスーパー銭湯に行きました。一時間ほどして体もあったまり帰ろうとしたとき、よく清掃?のおばちゃん?的なひといますよね、そのおばちゃんに欲情しました。おばちゃんとは書いてますが、それほど汚い感じでもなく、スタイルはよく、熟女好きな自分にとっては最高でした。 床を拭いているおばちゃんの目の前で、わざとおちんちんを見せつけるように拭いてみたりしました。向こうは見ないでおこうという気持ちなんでし

no image
★アパートの合鍵

 頼子が久しぶりに深酒した。午後六時に始まった小学校の同窓会が二次会に流れ、三次会に付き合ったところまでは憶えている。でも、その後、どうやって家までたどり着いたのか殆ど憶えていなかった。それでも酒には強い方なので足取りはしっかりしている。 玄関で鍵を差し込もうとするのだが、何度やっても上手く入らない。おかしいな、と思いながら別の鍵を差し込むと今度はすんなり入った。「何だ、こっちの鍵だったの。」深く