エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★後輩に紹介してもらった出会い系サイト

   

★後輩に紹介してもらった出会い系サイト

 出会い系でGカップの女と会ってきた話。欲求不満でムラムラしていたら、後輩が出会い系でアポを取ってきてくれた。そいつは、そういうのばっかやってるやつだけどなかなかの成功率、というか性交率を誇っていてよく武勇伝を聞かされていた。今回は俺が「女抱きてぇー!」とか言ってたら、その後輩が「僕のセフレでよかったらどうぞ」だと。

 後輩からの紹介ということで出会い系サイトを通じて、メールのやり取りをしてさっそくその晩に会うことになった。いろんな話をしたがエロいこと中心に会話が進んだ。お互い興奮してきて待ち合わせ場所と時間を決めて、実際に会ってみると、たしかにGカップだが化粧が濃くて微妙。
 美人の部類だとは思うが、清純派好きの俺としてはやはりビッチにしか見えん。それでもいろいろ話してみるとけっこう喋りはおもしろい。もともと女と話すのは好きだからどんどん盛り上がって、なんで割り切りをしてるのかとか経験人数は何人かとか最初から構えずに、結構お互いの深い話ができた。

 早速ラブホに行った。気にせずチェックイン。一応一番安い部屋にした。部屋に入るなり、後ろからGカップをすくいあげるように揉みまくってやった。そのまま脱がせて、一緒にお風呂へ。ボディーソープを手で泡立ててふたりで洗いっこ。胸と股間は執拗になでまわしてやったわ。


 彼女の股間はトロトロで、すでに準備OKなご様子。乳首もビンビンで、強めにねじりあげても気持ちよさそうにしてやがる。ちょっとSっ気をだして、痛いぐらいの強さでつまんでもあえぐばかり。コレ痛いだろって思うんだが・・この女もしかしてMか? 思い切って尻をパーンとはたいてる。

「もっとぶって・・」え???なにこれ??もしかしてドM? まあ仕方ないから叩きまくったよ! 叩くごとにおまんこから汁が滲み出し、つーっと垂れてくる。そのうちに俺のちんこも完全に戦闘態勢が整ったから、バスルームの壁に手をつかせた彼女の背後からまんこの入口にこすりつけてやる。

 したらクリトリスに触れるたびに彼女の腰がヒクヒク動いて、俺のちんこにまんこを押し付けてきやがる。俺は動くでもなく、彼女の好きなようにさせていたが角度的にこれでは入らない。このままほっといたらどうなるかとか思いつつ「どうしたの?腰が動いてるよ?」「入れてほしいの?」とか軽めに言葉責め。

 彼女は黙ってハアハア言いながらうんうんと頷いていたので、俺は「しょーがねー淫乱だなぁ。入れてやるよ」と言いながらバックからズブリと俺の長いチンコを一気に挿入してやった。もちろんナマ挿入だ。その瞬間が彼女はかなり気持ちよかったらしく、軽くイったようにヒクヒクと俺のちんこを締め付けてくる。


 俺は好きなように腰をふり時おり彼女の丸くて白い尻をスパンキングする。結構強めに叩いてたから、白い肌が次第にきれいなピンク色に変わっていったのが印象的だった。バスルームに、彼女の喘ぎ声が響く。もうどーでもいいくらい俺も気持ち良くなってきて胸を揉みながら「イクわ。どーしよー、このまま中に出していいかー」って腰を振りながら聞いたらいきなり彼女が俺のチンコを抜き、くるりと振り返ったかと思うとそのままチンコを咥え、絶妙なフェラ&手コキ。

 めちゃくちゃ気持ち良いまま彼女の口の中にビュービューと射精が始まる。正直、マンコの中に出すより気持ち良い射精だった。今まで優位に立っていたはずなのにイカされたような感じになり、イッても止まらないフェラに、俺のほうが喘ぎ声を出す始末。最後の一滴まで絞り取られ、飲み干された。

 そのあとはベッドに行きマンコで一回、パイズリで1回イカしてもらった。結局その日はホテル代以外払うことはなかった。以来、毎週のように連絡がくるので、会うたびにタダでハメてやってる。ソフトな手錠とか大きめのバイブとかちょっとずつアイテムも充実してきた。


 ということで、彼女が居たのはギャルとフリーメールというサイト。区での検索もできるから、ご近所さんとも会えるかもよ。「割り切り」って言っても、エッチすれば情が湧くもんだ。最初からタダマン狙いでブスを捕まえるよりも、美人のギャルと仲良くなってタダマンさせてもらうようになる方が上手いやり方だと思う。

 ま、それも後輩から教えてもらった方法だけどな。割り切り女なら即日会えるもん。そりゃ成功率も高いわと納得した。

 - 会社員の体験談 , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★婚約者がいても女の子は

 半年ぐらい前の事だが、俺の働いてる職場にN子という見た感じはかなり、フェロモン系の女の子、歳は22歳だったか!? が事務のバイトで来てた。俺の働いてる職場には他にも、何人かは女の子が居るが、どれも普通な感じの子達。 そんな職場に色気のあるN子が来たので俺は惚れてしまった。俺以外にもN子はかなりのモテぶり。そんな中で俺はN子に仕事を教えるという名目で、N子と私生活の事とかも話すぐらい仲良くなった。

no image
★熟女が好きになった出来事

 もともと年上女性にしか興味はありませんでしたが、僕が熟女好きになった理由?二十歳頃のセックス体験です。職場で知り合った恵(あやと読むらしいです)との話です。職場で色々と親切にしてくれる当時40歳の小柄で可愛い恵に一目惚れしましたが、所詮彼女は人の妻で僕にはどうすることも出来ずに、彼女のいない僕は淋しい生活をしていました。 そんな或るお互いの休日前に何と彼女から食事の誘いの声が掛かり、退社後に僕は大喜

no image
★課長の奥さんを抱かせて頂きました

 38歳のサラリーマンです。私が就職したのは16年前、新人の私は課長のお宅へ呼ばれて奥様のお相手をした事があります。当時課長は57歳、あまり出世欲のない温厚な方でした。奥様は54歳、やっぱり大人しそうで上品な方でした。課長は、奥さんが妊娠しなくなったら、奥さんが他の男に中出しセックスされているところを見たいという、変わった性癖の持ち主でした。 課長は、課長のお子さんより若い私を指名して、若くて硬いペニスで

no image
★保険外交員さんのパンチラにムラムラ

 昨日、水曜日は振替休日で家でごろごろしてました。11時ごろチャイムが鳴ったので、渋々インターフォンを取ると「M生命です」と女性の声。「今、女房が留守だから、後にしてくれ」と、追い返そうとしました。すると「ご主人様ですか?ご契約の更新にお伺いしたのですが・・」「・・・」「それでは、書類だけ置いて行きますので、奥様にお渡し願いますでしょうか・・」仕方なく玄関のドアを開けました。 スーツ姿の女性が二人、営

no image
★神社の巫女さんと神秘的な体験談

 結婚8年の36歳、妻は32歳ですが、このお話に妻は直接関係ありません。私の1年先輩の元同僚で、今では課長代理に出世している三浦さんの話です。実は、三浦さんの奥様の小春は、私の元カノだったのですが、秘密はそれにとどまらなかったのです。 13年前、私は新卒で採用されましたが3流大卒なので、県庁所在地の本社ではなく片田舎の営業所へ配属になりました。私は、あんまり田舎町に住みたくなかったので、電車で15分の隣の市

no image
★妻の乱交にはまいりました

 気の合う友人達と自宅で忘年会をしました。妻も気兼ねなく飲める相手なので飲み、ホステス代わりを務めていました。気が付けば友人達とキスを交わしていました。どさくさに紛れオッパイを揉むやからも居て 大盛り上がりです。妻の身体の良さを知ってる奴等は皆で混浴温泉へ行こうと言い出したんです。 妻も皆のチンチン見たさに行こう行こうと大乗り気なんです。そのままの勢いでスーパー銭湯の家族湯へ向かったんです。男三人

no image
★ヤリマン女とのSEX話

 毎日真面目に勤務していると年休が余ってくる。人事からは少し年休消化をさせろと上司に指示が来るので「来年度の予算編成で忙しくなる前に少し休め。」と言われたので今日は年休を取った。フィアンセは酷い生理痛の関係で普段はあまり年休は取れない。 1人だけの休日になったのでヤリマンと性交した。ヤリマンにもヤリマンになった理由がある。男に手ひどく裏切られて男性不信になった場合や寂しがり屋の場合も多いが性快楽に

no image
★会社の人妻事務員を落した告白

 先週末に職場の忘年会があり、以前から目をつけていた人妻の事務員をぐでんぐでんに酔わせてラブホに連れ込み合体に成功。意識はそこそこあったものの足にきていて真っ直ぐ歩けなかったので、腰に手を回して抱きかかえながら、歩けるようになるまで「休むだけだから大丈夫。」などと騙し騙し強引にIN。 「早く帰らないと旦那に叱られる…」とか「子供が待ってるから…」とか言っていたが、部屋の入口でキスをしながら尻をなでま

no image
彼女が先輩とアナルSEXするなんて

 この前、仕事の同僚であり、彼女の理恵のHを見てしまいました。21時頃レジ締めをやった後、同じチェーン店のお店の前を通過して帰るんですが見慣れた車が止まっていました。「もう店閉まっているのにどうしたのかな」と僕は車を路駐して気づかれないようにバックヤード側のシャッターから店を覗きに入りました。このS店は店長がM先輩(既婚者)で、僕はよく応援で働きに来るので合鍵は持っていました。

no image
★幸運続きの出張先でした

 出張で京都へ行った時、土曜に打ち合わせが終わる予定だったが、月曜にも打ち合わせをすることになり、そのまま週末を過ごす事になった。土曜に夕食をしていると、隣のテーブルの二人組の女性(ゆうこ・まゆみ)とふとしたきっかけから話をし、意気投合し、夜の街へでかけた。11時も過ぎホテルへ戻り、部屋で再び飲むことに。 二人とも既婚者で、次第に、酔いと旅先の開放感で、会話もH系で体のタッチもOK状態だった。先に