エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

可憐の女店主が全裸で土下座した

   

大学生の時、よく近所のラーメン屋に行っていた。
そこは可憐の女店主が威勢良くラーメンを作ることで評判の店だった。

その日も僕は醤油ラーメンを頼んで、雑誌片手に麺を啜っていた。
ランチ時間の過ぎた変な時間だったためか店には僕以外客はいなかった。
そこへ、見知らぬ男達がぞろぞろと入ってきた。
全員派手なシャツに光りものを身につけていて、明らかにヤバそうな感じだった。
僕は目を合せないように、すぐに下を向いて雑誌に目を落とした。

彼らは酒にでも酔っているのか、大きな声で喚くようにしゃべり
静かだった店内が急に五月蠅くなった。
僕は麺をかき込むように食べて、大量に残してしまったスープに軽く後ろ髪引かれながら
席を立った。
そして、雑誌を棚に戻して、さあ、会計をしようとした時、
男のうちの一人が急に大声を上げた。

「熱っちいな!、てめー!こらあ!」

振り返ってみると、
アルバイトの若い男の子が躓いたのか、僕の食べ残したドンブリを落としてしまい
男達のうちの一人の服に、ラーメン汁がまともに掛ってしまっていた。

パンチパーマの男が
「お兄ちゃん、とんでもないことしてくれたなぁ」と低い声で言いながら、バイトの子の胸倉を掴んだ。

「お客さん、暴力は止めてください!」
慌てて女店主が厨房から飛んできて、良く通る声で言った。

「はあ?まだ暴力なんざふるってないだろうが」
男はドスのきいた声で言った。

「この兄ちゃんに服を汚されたんだ。俺達は被害者だ。きちんと誠意を見せろや」

女店主は頭を下げながら、「クリーニング代を出します」と言った。

「クリーニングしても、こんな醤油のシミは治らないんだよ!」

「じゃあ、弁償します」

「ふざけんな!そういう問題じゃねえんだよ!それに、火傷した痛みはどうしてくれんだよ?」

僕は「いや、食べ残しのスープだし熱くないだろ」と心の中で囁いたが

女店主は、「じゃあ、どうしたら許してくれるんですか」と言った。

男は可憐の女店主の全身を
舐め回すように見てから、にやりと笑った。

「裸になってもらおうか」

「え?」

「裸になって詫びろって言ってんだよ」

僕はドキドキしながら、成り行きを見守った。

女店主は少し考えるような素振りを見せてから
顔を上げて、キッと睨むように男を見つめて
「分かりました」と言った。

男達はそれを聞いて、嫌らしい笑みを浮かべた。

女店主は素早くエプロンを外すと
ジーンズとトレーナー姿になった。

女店主を見つめる男達の目には、残酷な色がありありと浮かんでいた。
それはそうだろう、自分達の目の前で一般の女性がストリップをしようというのだから。
僕もゾクゾクしながら成り行きを見守っていた。

女店主はトレーナーの裾を掴んで脱ごうとした所で、少し顔を赤らめながら
「○○君、貴方は、奥に行ってて」とバイトの男の子に言った。

男達は、それを聞くと、嬉しそうに
「別にいいだろ、お前も、ここへ居ろ」
「そんなことより、早く脱げや!」
と囃したてた。

女店主は諦めたような顔をした後、トレーナーを一気に脱いだ。
ベージュのシンプルなブラジャーと白い素肌が剥き出しになった。
男達の囃したてる声の中
女店主は、ジーンズを降ろし、ブラジャー、パンツと脱いで、
ついに全裸になった。

「うっは!恥ずかしい格好やなぁ」
「そこでケツ突き出して土下座しろや!」

僕は、とても見ていられなかった。

ラーメン店『可憐』の女店主、65歳、推定体重85kgのブヨブヨの裸を見るのが恐ろしくて、
僕は1000円札を置いて、慌てて店を出て行った。

大学生の時、よく近所のラーメン屋に行っていた。
そこは可憐の女店主が威勢良くラーメンを作ることで評判の店だった。

その日も僕は醤油ラーメンを頼んで、雑誌片手に麺を啜っていた。
ランチ時間の過ぎた変な時間だったためか店には僕以外客はいなかった。
そこへ、見知らぬ男達がぞろぞろと入ってきた。
全員派手なシャツに光りものを身につけていて、明らかにヤバそうな感じだった。
僕は目を合せないように、すぐに下を向いて雑誌に目を落とした。

彼らは酒にでも酔っているのか、大きな声で喚くようにしゃべり
静かだった店内が急に五月蠅くなった。
僕は麺をかき込むように食べて、大量に残してしまったスープに軽く後ろ髪引かれながら
席を立った。
そして、雑誌を棚に戻して、さあ、会計をしようとした時、
男のうちの一人が急に大声を上げた。

「熱っちいな!、てめー!こらあ!」

振り返ってみると、
アルバイトの若い男の子が躓いたのか、僕の食べ残したドンブリを落としてしまい
男達のうちの一人の服に、ラーメン汁がまともに掛ってしまっていた。

パンチパーマの男が
「お兄ちゃん、とんでもないことしてくれたなぁ」と低い声で言いながら、バイトの子の胸倉を掴んだ。

「お客さん、暴力は止めてください!」
慌てて女店主が厨房から飛んできて、良く通る声で言った。

「はあ?まだ暴力なんざふるってないだろうが」
男はドスのきいた声で言った。

「この兄ちゃんに服を汚されたんだ。俺達は被害者だ。きちんと誠意を見せろや」

女店主は頭を下げながら、「クリーニング代を出します」と言った。

「クリーニングしても、こんな醤油のシミは治らないんだよ!」

「じゃあ、弁償します」

「ふざけんな!そういう問題じゃねえんだよ!それに、火傷した痛みはどうしてくれんだよ?」

僕は「いや、食べ残しのスープだし熱くないだろ」と心の中で囁いたが

女店主は、「じゃあ、どうしたら許してくれるんですか」と言った。

男は可憐の女店主の全身を
舐め回すように見てから、にやりと笑った。

「裸になってもらおうか」

「え?」

「裸になって詫びろって言ってんだよ」

僕はドキドキしながら、成り行きを見守った。

女店主は少し考えるような素振りを見せてから
顔を上げて、キッと睨むように男を見つめて
「分かりました」と言った。

男達はそれを聞いて、嫌らしい笑みを浮かべた。

女店主は素早くエプロンを外すと
ジーンズとトレーナー姿になった。

女店主を見つめる男達の目には、残酷な色がありありと浮かんでいた。
それはそうだろう、自分達の目の前で一般の女性がストリップをしようというのだから。
僕もゾクゾクしながら成り行きを見守っていた。

女店主はトレーナーの裾を掴んで脱ごうとした所で、少し顔を赤らめながら
「○○君、貴方は、奥に行ってて」とバイトの男の子に言った。

男達は、それを聞くと、嬉しそうに
「別にいいだろ、お前も、ここへ居ろ」
「そんなことより、早く脱げや!」
と囃したてた。

女店主は諦めたような顔をした後、トレーナーを一気に脱いだ。
ベージュのシンプルなブラジャーと白い素肌が剥き出しになった。
男達の囃したてる声の中
女店主は、ジーンズを降ろし、ブラジャー、パンツと脱いで、
ついに全裸になった。

「うっは!恥ずかしい格好やなぁ」
「そこでケツ突き出して土下座しろや!」

僕は、とても見ていられなかった。

ラーメン店『可憐』の女店主、65歳、推定体重85kgのブヨブヨの裸を見るのが恐ろしくて、
僕は1000円札を置いて、慌てて店を出て行った。

 - 未分類 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
処女膜が破れる時に。。。

「処女に挿入したら挿入に抵抗があって膜が破れる時プチっとした感じがした」という投稿を時々見かけますけど、それって本当?と思いますね。大体において「完全にふさがっている」なんてことがあったら、生理の時にどこから血が出るの?私は処女とは3人経験がありますけど、「プチッ」なんてことなかったですけど。   一人目は高校の同級で、こっちも初めてだったのでそんな余裕もなく、相手も初めてなんだけど、それほど痛が

no image
叔母は僕のチンチンを口に含みフェラ

もう4年前のことです。東京の大学に進学が決まり、田舎から出てきた当初は右往左往している僕を親戚の叔父さん夫婦がいろいろ面倒を見てくれました。叔父さん夫婦には子供がいない為、僕を息子のように可愛がってくれました。ことあるごとに食事やお酒の相手に呼ばれて学業のこと、健康面のこと、恋愛のこと、就職のことなどいろいろと相談に乗ってもらったりもしていました。

no image
真夜中のベランダでエロ行為

 良く遊ぶ、奥さんがいるんですが、真夜中のベランダでするのが好きなんです。だいたい2〜3時ぐらいかな。横の住民にばれそうでばれないのがたまらなく良いみたいです。立ちバックでするからピストンすると、結構大きな音でパコパコパコパコいってます。昨日なんか本当にお隣さんがベランダへ出てきたのでかなりあせりました。

no image
肌がスベスベ気持ちかったw

最近、サイト上で知り合った何人かとメールのやりとりをしてるんですが、ついに念願の初出会いに成功しました!!+。(ノ`・Д・)ノオォオォ。+゚このブログを作った時にも書いてあるのですが、目的は逆サポではありましたが、初心者でしかもメタボなオヤジがいきなり逆サポを狙うの…

no image
ふとしたきっかけで

(1) 私はごく普通の会社員、37才。妻と子供二人(5才男、2才女)がいる(Mという名字である)。 職場でもプライベートでも特に、もてると言うわけでもなくごく普通に女性とは会話ができるような男だ。 ただ、学生の頃には、一緒に歩いていると「姉さん?」と友人…

no image
想い出のおばさん(友達の母)

あれは10年ほど前の出来事でした。当時僕は小学6年生でした。小学3年生頃から仲の良かった友達Y太の家によく遊びに行ってました。Y太の母親は特別に美人ってことでもなかったのですが、俺の母親よりも上品で優しそうなおばさんでした。おばさんといっても当時は32、3歳ぐら…

no image
35歳過ぎると結婚はほぼ不可能

35歳過ぎると結婚はほぼ不可能 できたのは「男性で3%女性で2%」「35歳過ぎて結婚できた男性はわずか3%」。2010年の国勢調査でこんな衝撃的な結果が出た。ネット上では「身を持って感じている俺…」「昔ほど結婚生活にメリットがなくなっているんだから当然」など、さまざ…

no image
ふとしたキッカケで出会った女性と・・1/4

 私はごく普通の会社員、37才。妻と子供二人(5才男、2才女)がいる(Mという名字である)。職場でもプライベートでも特に、もてると言うわけでもなくごく普通に女性とは会話ができるような男だ。ただ、学生の頃には、一緒に歩いていると「姉さん?」と友人に聞かれるような年上系の(本当は同い年)女性と同棲していた時期もあり当時は毎日のようにやることもやっていた。(その割には挿入すると早いのだが・・)。

no image
★妻の本性(淫乱)を知りました

 長い時間かけて、首を縦に振らない妻を、根気強く説得してやっとの思いで3Pにこぎつけた。嫌がる妻に、愛するがゆえに見たいんだと懇願して。相手も慎重に選び、友達の谷山を選んだ、以前から妻を異性として見ている気がしたからである。 私の勘は的中!谷山は私が3P話をした驚きよりも、妻とセックスできる喜びに盛り上がっていきました。そして3Pを行ったのですが、谷山のチンポがあんなにデカイ事は、私自身も全く知ら

no image
泥酔状態の妹

 この前、妹(23歳)がひどく酔っ払って帰ってきてリビングのソファーに倒れこむように寝ました。 僕は一人でリビングでテレビを見ていて妹のだらしない泥酔した姿をしばらく見ていました。 妹はスカートを穿いていてパンティが見えそうです。僕はついスカートをめくり…