エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★保険外交員さんのパンチラにムラムラ

   

★保険外交員さんのパンチラにムラムラ

 昨日、水曜日は振替休日で家でごろごろしてました。11時ごろチャイムが鳴ったので、渋々インターフォンを取ると「M生命です」と女性の声。「今、女房が留守だから、後にしてくれ」と、追い返そうとしました。すると「ご主人様ですか?ご契約の更新にお伺いしたのですが・・」「・・・」「それでは、書類だけ置いて行きますので、奥様にお渡し願いますでしょうか・・」仕方なく玄関のドアを開けました。

 スーツ姿の女性が二人、営業スマイルを浮かべ立っておりました。二人とも30代前半か、中々色っぽいお姉さん達です。「失礼いたします。お忙しいところ申しわけございません」一人の方が中に入って来て、名刺を出しました。入ってきたとたんプ〜ンと甘い香りが鼻を突きます。
 そして、すぐさまバッグの中から書類を取り出そうと、しゃがみ込みました。短めのスカートから太ももが半分ぐらい露出しました。「来月で満期になります」「へーえ、そうなの」「現在のプランのまま継続されるか、もう少し掛金を増やして・・」ふんふんと話を聞く振りをしながら丁度彼女の正面、太ももの奥が見やすい位置に腰を降ろしました。


「新しい特約もいろいろ出来まして・・」「ふーん」「プランをいくつか用意して持って参りましたので・・」と、革製のカバンからパンフレットを取り出そうとしました。すると脚が開いて股間が丸見えになりました。無意識なのか、それともわざと見せ付けているのか分からないが、光沢のあるパンストごしに付け根のパンティーまで丸見えです。ゴクッと生唾を飲み込みました。

[PR]一度は使って見て下さい!。燃えます。逝きます。大人のおもちゃの通販[PR]

 彼女は気にする風でもなく説明を続けます。俺は話など上の空で、彼女の股間に釘付けになっていました。「まあ、だいたい分かったけど、女房とも相談してみないと・・」「はい。ぜひこの機会に・・」今、思うと、アレも営業(勧誘)のテクの一つかも知れない。綺麗なお姉さんのパンチラを見せられ、つい契約書にハンコを押してしまう男も少なくないだろう。


 M生命のY田さん、昨日は大へん良い目の保養をさせていただきました。今度来る時はあなた一人で来て下さい。中でゆっくり、お話を伺います。

 - 会社員の体験談 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★オヤジが女2人を連れて来れてくるなんて

 私がある田舎に勤務していたとき、私のアパートの隣に住んでる単身赴任のオヤジと仲良くなり、休みの前の日はよく二人で酒を飲んでましたが、あるとき「女ナンパしてくるわ」といって30分ぐらいしてくると30代の女性二人連れてきました。 一人は知らない女性(ゆき・仮名)でしたが、もう一人は私の勤務する会社のパートさん(しょうこ・仮名)でした。しょうこは、美人でしたが、男好きで地元では有名な女性で結構嫌われ者でし

no image
★職場の飲み会で打ち解けて・・

 職場の(複数の部が合同)飲み会で、業務の話しかしたことが無い女性と隣り合わせになった。最初は話が全然弾まなかったものの、学生時代のクラブが同じだった事が途中で分かり、俄然盛り上がった。一次会が終わり、二次会の店(カラオケ)に向かう途中で『一曲歌うぐらいだろうね』との問いかけに少し真顔の顔で『別の店に行く?』と答えてきた。 こちらの『行こうか?』には答えず腕をくまれ、二次会の店と逆の方向に歩き出した。

no image
女性を抱けたラッキーな出張

 先日ラッキーな出来事があったので書きます。仕事で九州の少し大きな街へ行って、初めて泊まるビジネスホテルでの出来事ですが、夕方チェックインしてから部屋へ行き荷物を置いて外へ出ました。取引先との接待というか、ただの飲み会という感じで居酒屋へ行ってたらふく飲んで食べて、そのあとお決まりのクラブへ行ってホステスと話しながら時折サービスだと誤魔化しながら、オッパイ触ったり太股を触ったり2時間ほど遊んだ後に

no image
★仕事で外国に行った時のエロ話

 仕事でイタリアを訪れたときのこと。レストランでひとりぽつんと食事しているときのことでした。「どちらからですか?」顔をあげると、品のある女性が笑顔で立っていました。彼女はイタリアに20年住んで、日本人向けの広告代理店を経営されているとのことでした。 派手な顔立ちに、品のある服装に内心心が動きました。年齢は「40過ぎよ。でもまだ若いのよ。」彼女の積極的なトークで始まった食事は大変楽しいものとなりました。

no image
★旅館での温泉のハプニング

 3ヶ月ほど前、彼女と九州のある温泉へ行った時のことです。そこは家族湯4つ、女湯、男湯の順に平行に並び前方に広がる海がウリの様でした。ボクと彼女は一番右側の家族湯に通されたのですが(つまり右隣が女湯)そこは湯船の前に庭があり、その先が海というロケーションでした。 彼女とは付き合いも長くお互いに温泉が好きだったので、皆さんが想像するヘンなこと目的ではなく、単にのんびり二人で過ごすために家族湯を選んで

no image
★職場に来る営業の女性との話

 職場に某乳飲料の営業の女性が出入りしていました。これって、子持ちの方がやっていますので、普通はそれなりの年齢の女性が来るのですが、彼女は子持ちながら22歳という若い女の子でした。 いっつも笑顔で愛想が良く、小野真弓に似た感じの彼女は、当然ながら職場のおじさんの人気者でした。いつもお尻を触るおじさんもいたのですが、明るく切り返していましたね。おれは当時26歳ですでに結婚していましたが、それでも可愛

no image
★若い女体を好きな様にして良いのだろうか

 新入社員の有希子は高校を出たばかりの18歳で、長い髪の清純無垢な美少女でした。それは半年前、酔っ払いに絡まれていたところを助けた女子高校生でした。半年振りの偶然の再会は、俺よりも有希子の方が感激が大きく、声を掛けようか迷っているうちに有希子の方からアプローチをかけてきました。 断る理由などありません。こんな清純派の美少女を手に入れられるのは、私レベルの男では今後ありえないと思いました。私は入社2年

no image
★今年の夏の出来事の一つでエロ話

 私は37歳の会社員です。結婚して10年、小学校1年の娘が1人おります。2〜3年前から妻がチャットを始めるようになり、特定な人と私に隠れてメールのやり取りをし始め、それが私に見つかって「もう2度としません」と約束したのは1年位前でした。  そして、8月15日のこと・・朝の早い時間に妻の携帯からYahooメールを何気なしにチェックしてみたら、そこには妻の不倫相手A(以後Aと呼びます)との赤裸々なやり取りが残されていました

no image
★同僚の魅力的な熟女さんは酒乱

 4年ほど前,今の職場に移ってから出会った。同僚の熟女さんは,もう50才になろうかという、熟女さんだったが,とてもそんな年齢には見えない。美しさとスレンダーボディを持っていて、若造の私から見ると非常に魅力的な存在だった。仕事ぶりもテキパキしていて、なぜこんな人が独身なのかと思うくらいだったが、 しばらくして飲み会があったときに、その理由がわかった。ひと言で言えば「酒乱」若い男性社員をつかまえてはにじり寄

no image
★会社の先輩が自分の奥さんを

 会社の一番信頼できる先輩に頼まれて、奧さんのミクさんと深い関係になった。寝取られ性癖の先輩の要求はエスカレートしていき、それに応えて俺も、ミクさんに対してあらゆる事をしてしまうようになっていった。人妻のミクさんに、夫の先輩ですらしたことがないことをするのは、甘美な果実のように俺の心を捕らえて放さなかった。 そんな中、日頃のお礼と言いながら先輩が俺に手渡してきたUSBメモリの中には、地獄と天国が入っ