エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★女先輩からSEXのイロハを教わった

   

★女先輩からSEXのイロハを教わった

 大学1年の夏休みに、同じ高校の2年先輩の女性から10日間ほどの九州旅行に誘われた。高校の時、同じクラブの先輩で、同じ大学でやはり同じサークルの先輩だ。すでに旅行計画はできており、私は自動車の運転と荷物持ち的な役目だった。彼女は温泉が好きで、しかもいろいろな混浴温泉も。

 女性一人での混浴にはちょっと抵抗があったのか、カップルでの入浴の方が入りやすかったのだろう。でも彼女は凄く大胆で、胸は何時も露出、タオルを四つ折ぐらいにしてヘアだけを隠していたり、時にはタオルなしで手でヘアを隠すビーナススタイルだったり、一緒の私が恥ずかしくて戸惑うことも多かった。
 最初の宿では風呂は別々だったが、部屋に戻るといきなり抱きつかれキッスをされた。私には初めてのキッスで体が硬直したような気がした。彼女の浴衣の紐を解き、前を広げたら黒々と茂る陰毛が現れた。興奮してとにかくペニスを差込みピストン運動で中だし。初めての女性のヘアと陰唇、挿入、射精。感動した。


 最初の夜と翌朝に、5回は挿入射精を繰り返した。次の夜からは、彼女のリードで落ち着いたセックスを楽しむことができた。彼女はちゃんと安全日に旅行をセットしていた。おかげで毎晩、生のペニスで中出し射精を楽しめた。避妊の大切さも彼女から教育された。「避妊を男任せにする女性とは付き合うな。あんたが苦労する」。これも彼女からの教育。

 その後、彼女が卒業するまで時々デートし、セックスを楽しんだ。コンドームの使い方も教わった。彼女は卒業してしばらくすると本命の彼氏と結婚した。私は彼女のセフレの一人だったようだが良い女性と付き合うことができたと思う。

 - 学生の体験談 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★女の体に興味があった時の修学旅行

 俺が高2の頃の修学旅行のお話だが、あの頃は激しかった。俺は理系のクラスで男ばっかりだった。クラスの女はみんなかわいくなく、違うクラスの女の子ばかり追いかけていた。あの頃はとにかく毎日が青春だった。俺は修学旅行前に絶対彼女を作ろうと思っていた。 とにかく手当たり次第イイ女に手を出していた。最初に手を出した女は3組のA子だった。A子は顔がSAYAKA似で胸はDcupぐらいで身長は165cmぐらいの少し髪が茶色いコ

no image
★逆援交のアルバイトをしています

 僕は40代半ばの奥様と月契約で援助してもらってます。親からも仕送りはもらっているのですが、それだけでは全然足りず、バイト三昧の日々でした。3つ掛け持ちしてたのですが、某有名スーパーでバイトしてた時に、そこの常連奥様に声を掛けられました。 カラオケBOXでもバイトしているのですが「そこのカラオケBOXで働いてるのを見たわよと。。」「そんなに働いて欲しい物でもあるの?」と聞かれたので生活の為と答えた

no image
若い時のオバサンとのエロ体験

 大学二年のときにオバサンを初体験した。38歳の奥さんだった。直子さんといった。中学生の子供の世話をしてあげていて、アルバイトも時々ご主人さんのお店でさせてもらっていて、そんな関係で、何人かの仲間と直子さんの家でご主人も交えて飲んで泊まらせて貰ったりした。直子さんを例えるなら石野真子の雰囲気があった^^

no image
★好奇心で女子更衣室を覗きに・・2/2

「ちょ、さわらないで!!!」飛び退く彼女。そのまま続く沈黙。耐えきれずに思い切って短パンを脱ぐ。あらわになる息子は先端から根元まで溢れた我慢汁でびたびたに濡れて、漏れ入る外からの光をテラテラと反射している。ただ、その見た目は恐怖で縮み上がっていた。 彼女はもう一度長椅子に腰を下ろすと足を組み、「はい、どうぞ」と腕を組む。ゆっくりと息子をしごく。くたくたの息子は全然元気にならない。立ったまま必死にこ

no image
★その瞬間、彼女の尻からオナラが

 大学のサークルの飲み会があり、二次会は俺の家で飲むことに。盛り上がった後、みんなリビングで雑魚寝していました。家主ということもあって最後まで起きていたところ、ホットパンツで太ももが出ている女の子を見て、 ムラムラした俺は、その子をオナネタにしようと思い、横向きに寝ていた彼女の後ろ側に、脚がちょうど目の前に来るように横になった。目の前のムッチムチの太ももと、アソコの匂いをたっぷりと嗅ぎながら、ズボ

no image
★下宿先の若奥さんに筆おろしで4回

 私は大学時代、下宿していました、家主のじじばば、その息子と奥さんその息子、で広大な敷地の農家とその敷地内のこじんまりとした母屋につながる6部屋ほどの下宿で、じじばばは農業、だんなさんは単身赴任。で北海道、主に下宿人の世話は若奥さん、毎日見ていても飽きない、清楚で明るくて、やさしい感じでスタイルはやせ気味、胸はほとんど中学生レベル、 そしてちょっとアンバランスな大き目のお尻、よくサークルで遅くなり

no image
★先輩とした忘れられないSEX

 高校時に留年食らった先輩みさよが同じクラスになり、それはそれは喜びました。その先輩は化粧がちょいとキャバいけど身体は今で言う紀香的の感じでした。不良でお馬鹿さんだったけど卒業式前に「大好きでした! 今度会って下さい」と告白したら「卒業できたらね。」と。 そしてなんと同級生も同じクラス、しかしやはり先輩らしく振る舞い真面目系の僕にはお声も掛かりませんでした。しかし何故かよく2人になる時間が出来たり

no image
★下宿の管理人はバツイチ女性

 22歳の学生です。下宿しているアパートの管理人さんをセフレにしています。管理人さんはバツイチなので、不倫ではないっす。管理人さんは、離婚後に子供を連れて実家へ戻り、実家が経営している賃貸アパートの管理をしているのです。 離婚の理由は知らないけど、顔だちも整ってるし、年相応に脂肪は付いてるけど、巨乳でスタイルもかなり良い。若い頃の写真を見せて貰ったけど、大抵のミスコンなら応募すれば第一次選考は通るだ

no image
★水着イベントの楽屋裏でのラッキーな出来事

 学生時代オートバイ便のバイトをしばらくしていた時期があった。某テレビ局の取材テープを夕方のニュースに間に合わす為に現場で待機するのだが、その日は大きなマリンショー(ボートやジェットスキー、スキューバ、アウトドア関係etc..)で、要するに見本市みたいなものだが、 私は”控え室”でカメラマンからテープを手渡しと連絡を受け、テレビ局の腕章とpressのIDタグをもらって会場へ入っていった。会場は広すぎて場所を探す

no image
★ローカル電車での悪戯

 大学2年の時にローカル電車で帰宅していました。その電車は夕方でも始発から終点まで1両に多くても10人乗るかなという位で車掌もいないワンマンカーです。ある日、20時過ぎにいつもの様に私は車両の後ろ側に座り一番前に塾から帰る子供2人しか乗ってなかった時に、私が通ってた高校の最寄駅でカワイイ制服を着た女の子が乗ってきました。 私が通ってた時は地味な制服だったけど、その子は紺のブレザーにグレーのスカートを穿